FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


「サンライズ・マーチ」というと、若い世代の皆様ですと2005年の課題曲を連想され、
私のようにオールド世代ですと、1982年の課題曲を連想するのではないのかなと思ったりもします。
そして中間の世代は1997年の課題曲Ⅰ / ライジング・サン を連想するのかもしれないですね。

厳密に言うと
2005年の課題曲は「サンライズマーチ」
1982年の課題曲は「サンライズ・マーチ」というのが正式タイトルです。

1982年の「サンライズ・マーチ」は、私が高校二年の時の吹奏楽コンクールの課題曲Dです。
余談ですけど、吹奏楽関係者において20世紀生まれと21世紀生まれを見分ける方法の一つとして、
「課題曲をA~Eと呼ぶ方は20世紀生まれの方、課題曲をⅠ~Ⅴと呼ぶ方は21世紀生まれ」というのは
「吹奏楽あるあるネタ」としては鉄板のようですね・・(笑)
ちなみにですけど、課題曲にAとかⅠとか表記自体無い時代に吹奏楽コンクールを経験された皆様は多分御年60以上の
皆様なのかな・・?と思われます・・(汗・・)

1982年当時私達の高校は課題曲にC/アイヌの輪舞を選曲したのですけど、
(私としては出来れば課題曲B/序奏とアレグロは吹いてみたかったですね・・)
同じ課題曲と自由曲ばかり吹いていると結構飽きたりもするもので、そんな時に
よく気分転換の曲としてこの「サンライズ・マーチ」は吹いたものでした。
技術的にも特に難しい部分も無く吹いていても実に楽しくハッピーになれる曲だったと思います。
冒頭のファンファーレ・展開部・トリオ・再現部・エンディングとその構成はまさに吹奏楽コンクールのマーチという感じで、
典型的にわかりやすい吹奏楽コンクールのマーチだったと思います。
激辛講評で有名な音楽評論家の上野晃先生はこのサンライズマーチに関しては「並の普及品」と結構さり気なく
酷評していたのは上野先生らしい話でしたね・・

だけど・・・・

このサンライズマーチですけど、シンバル奏者にとってはかなりプレッシャーがかかる曲だったかもしれないです。

冒頭がいきなりシンバルのffで「バシャ―ン!!」という一撃から開始されるのですから
シンバル奏者にとっては大変神経を使う曲だったと思いますし相当緊張する課題曲だったと思います。
実際、地区予選とか県大会とかで下手くそなチームがこの課題曲Dを選曲し
シンバル奏者がミスったり、しょぼい音を出したり、スカッと空振りに近い音を出したこともありましたし、
ジャーン!!という豪快な音ではなくて「ぼしゃーん」というへんちくりんな音を出したりと
当時は色々と珍演が続出していましたね・・・・(汗・・)

擁護する訳ではないけど、コンクール課題曲で、ソロで開始される曲とか
非常に音が薄く書かれた部分から開始される曲とか弱奏で開始される曲というのはかなり難しいと思いますし、
指揮者にとっても奏者にとっても「やりにくい・・」という感じなのだと思います。
強奏の出だしの場合、正直誰か一人ぐらいミスっても全然ごまかすことは可能なのですけど
ソロとか音が薄いと誤魔化す事自体が至難の業という課題曲もあったと思います。
その意味では、例えば1992年の課題曲A/ネレイデスとか1992年の課題曲B/フューチュリズムとか
1981年の課題曲A イリュージョンとか 1983年の課題曲C/カドリーユとか1988年の課題曲A/深層の祭りとか
1996年の課題曲Ⅰ/管楽器のためのソナタとか2000年の課題曲Ⅲ/胎動の時代の冒頭は
かなり指揮者泣かせでもありましたし奏者泣かせの課題曲の一つだったと思います。

1982年の課題曲D/サンライズマーチは演奏するチームによって表現は全然異なっていたと思います。
例えば亜細亜大学のように豪快で押して押して押しまくる「前進あるのみ!!」の演奏も大変印象深かったですし、
就実高校のように金管ではなくて木管主体の演奏として表現したチームもありましたし、
福岡工大付属高校のように「正統派マーチ路線」みたいなスタイルもありました。

どの演奏もすてきなな「サンライズ・マーチ」でしたけど
就実高校みたいに「爽やかで清楚なサンライズマーチ」も全く別の意味での「新しい可能性」を感じさせる演奏であり
私は今でもこの演奏は大好きですね!
ちなみにですけど、就実高校の村松先生は練習時に、トリオの部分をより奏者にイメージさせるために
「青く光る空~ 輝く太陽」などみたいに歌詞を付けて奏者たちに歌わせていたというすてきなエピソードも
残されています。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

胎動の時代の思い出

その年、団長(指揮者兼)がどうしても胎動の時代でコンクールに出場したかったようですが、自分も含めて仕事の都合上、どうしてもコンクール当日に参加できない団員が数名いたためやむを得ず出場を断念した経緯があります。
バスクラ吹きの自分(メンバー的に唯一の低音木管)が出られないというのが一番の要因だったようですが、自分自身、曲自体があまり好きではなかったとは口が裂けても言えません。

あと、胎動の時代と言えば、寒い駄洒落好きのおじさん(池辺晋一郎)の作った曲のイメージですね(笑)。

その年のコンクールから半年後に地区の新人演奏会で同じ年の課題曲の道祖神の詩と合わせて2曲続けて演奏しましたが、
胎動の時代でバスクラ、道祖神の詩ではエスクラと、
なぜか曲想も使用楽器も両極端。

今でも覚えているのが、その演奏会での出来事。

ステージに上がり、自分の席を見たらピアノ椅子。
もともと背が高いので普段からピアノ椅子に座る必要がなかった上に、
実際座ってみると、バスクラ(ショートベル)のペグが床から完全浮いてしまう状態。

今更椅子の交換もお願いできないので、
結局持ち替え用に用意してもらっていた普通のパイプ椅子に座り、
ピアノ椅子は持ち替え用の椅子として使用。
(多分、ピアノ椅子を持ち替え用の椅子として使ったのは自分だけと思います)

会場係の中学生の子には申し訳なかったのですが、
その子にとっては、バスクラ奏者=ピアノ椅子なのですね。

池辺晋一郎

某大学の卒業生 様


ピアノ椅子に腰かける木管奏者というとコントラバスクラというイメージがありましたけど、普通のバスクラですと、
ご指摘の通りショートベルは床から浮いてしまいそうですね・・(汗・・)
胎動の時代も道祖神の詩も私はとても大好きな曲でしたけど、胎動の時代はそうそう・・あの駄洒落先生でしたね・・(笑)

N響アワー等でも例えば「四重奏団は始終相談ばかりしている」とか
「ベートーヴェンの大公に対抗できるピアノ曲は存在しない」とかとにかくくっだらねーシャレばかり
壇ふみを相手に発していたのが大変印象的でした!

池辺さんというと私的には90年の課題曲A/ランドスケイブがとても大好きです! 中間部のピッコロの鳥のさえずりみたいな
響きが大変印象的でした!

サンライズ・マーチ、懐かしいです。

自分が中2のときの学校の課題曲でした。
確か7月上旬のコンクール出場申込み前まで、その前の地域吹奏楽連盟の各学校・楽団ごとに演奏する定期発表演奏会までは、課題曲Cの「アイヌの輪舞」を練習したり演奏したりしてましたが「無難に」という顧問の先生・3年生の先輩方の意向が申込み締め切りギリギリで尊重され、サンライズ・マーチに変更になりました。(ちなみに前年の中1のときも、イリュージョン→シンフォニック・マーチとギリギリで変更の経緯あり)
トランペットだった自分的には、全体を通してトリオ以降に6~7小節しか休符がない曲且つ冒頭のシンバルの後はトランペットだけのファンファーレの曲でしたので、演奏終わるとトランペットパートは「あー、疲れる……」と言って死んでましたね(笑)。

最近のマーチの課題曲は、いつの年なのか区別しづらいほど似かよってますので、音楽的魅力には欠けると思います…。

82年のサンライズ・マーチ

一秋田県民 様


サンライズ・マーチは金管奏者、特にトランペット奏者の皆様にとっては「やっかいでエネルギーを使う曲」と言えるのかも
しれないですね!
冒頭のシンバル奏者もプレッシャーが掛かるしその後に展開されるトランペットのファンファーレも奏者にとっては
腕の見せ所だけど大変そうですよね・・!

ちなみにこの課題曲のトリオの部分のメロディーを考案したのは82年の東北大会で花輪を撃破した
グランドキャニオンの仙台第一の生徒というのは意外と知られていないのかもしれないですね・・

エントリー寸前の課題曲変更は嫌ですよね~

ちなみに私自身も1978年は、課題曲は一端はかぞえうたで決まっていたのに、唐突にジュビラーテに変更されてしまい、
部員一同ガッカリしたというあまり楽しくない思い出もあったりします。

確かに・・

21世紀以降のマーチの課題曲は似たような曲想が多く、あまり「個性」は感じないですね・・
その中では「SLが行く」は結構大好きです!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3951-6560ed52
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |