FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
29位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


ついに「ドキドキプリキュア」も最終回を迎えてしまいましたね・・・
だけどこの一年間に感謝感激ですし、
見ていて良かったという思いで一杯ですね。
だけど2/2になると、
「今度の新しいプリキュアは・・・」とか
「キュアラブリーは可愛い」とかが始まるので
2/2までは、「ドキドキ」の余韻を楽しんでおきましょう・・・





それにしてもキュアハートは強い!!
何なのでしょう、あの強さは・・・そして心も強いしぶれないし、同時に優しい・・・
「パルティノンモード」に最終変身してからは、
最後のボスを実質的に一人で撃破していましたし、
あのスピード感と戦闘能力の高さは、
マジ歴代最強と言えるような気もします。
マジで、キュアムーンライトを超越する程の圧倒的強さでしたね・・・
しかもパルティノンモードに変身できたのは、マナ一人だけと言うのも凄過ぎ・・・
これまでの歴代プリキュアの最終決戦の場合、主人公のピンク系だけでなく
全メンバーが最終変身をとげるのが普通でしたけど、
「ドキドキ」は最後までマナが一人飛び抜けていましたね。
それにしてもキュアハートの最終変身フォームは、神々しいというか、
もはや「女神」の領域に達していましたね。
歴代の中では、キュアピーチとか
キュアハッピーのプリンセスフォームが何か「女神」の領域に近い感じがありましたけど、
キュアハートもそうした神の領域に達していたような気もします・・・

戦闘の中で、ハートが
「全世界を滅ぼしたら、自分以外の人間が存在しなくなったら、
 横入りも信号無視も相手を傷つける事も出来なくなってしまうのだよ・・
 そうしたらジコチューではなくなるのだよ」という提示がありましたけど、
この辺りは「なるほど・・・」と何か考えさせられるものがありました。
確かに他人がいるからこそ、
「こいつを何とか排除したい・・」とか
「こいつさえいなくなれば・・」と思うものなのでしょうけど、
世界で自分一人だけになってしまえば、確かにそれはそれで空しいもの・・・
確かに誰にでもそうした「自己中心的なモノ」は持っているのだけど、
自分もいるし他人もいる世界では、
「共栄共存の関係」とか「相手への配慮」といつたものが必要なのだという事を
最後に高らかに歌い上げたフィナーレだったようにも
思えます。

以前「ドキドキ」で一番貧乏くじを引いたのはジョー岡田かもとか書きましたけど、
実際はベールが正解でしたね・・・
だけど敵幹部で、消滅もしないし粛清もないけど、特に改心もせずに何となく生き残ったという
パターンは初めてですね。
これは中々面白い提示なのかも・・・
だけど、イーラと六花さんに関しては、もう一捻り欲しかったような気もしますね・・・

そうですね、さすがにトランプの国王は退陣せざるを得なかったようですね・・
(そりゃ国家全体を一度崩壊させたのだから仕方ないか・・・)
だけどトランプ王国はどういう経過を経て、王国からトランプ共和国へ体制が激変したのだ・・・??
まさかクーデター??
それとも民衆による革命・・・??
だけどよりによって何でジョー岡田が初代大統領なのだ・・・??
何よりも人間界とトランプ側の時空が解放されたことで、
一番儲かったのは「四葉財閥」なのかな・・・(笑)

ま最後まで突っ込みどころ満載でしたけど、
無事にこうやって一年間楽しむことが出来ました。

ホント、「ドキドキ」に感謝の気持ちでいっぱいです。

同時に2/2から開始される「ハピネスチャージ」も期待一杯です!!!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

こんばんは!

今日は、コメントありがとうございます。
プルキュア可愛いのは知っているのですが
見たことが無くて・・・済みません。
2月2日にあるのですね。
見てみます~♪

それでは、おやすみなさい。

間違い


ごめんなさい。
打ち間違えました~
「プリキュア」でした。

それでは、改めて おやすみなさい。

プリキュア、是非ご覧ください・・

kiyumi 様

コメントありがとうございます。
「プリキュア」にも興味を持って頂きありがとうございます。
幼児番組の域をはるかに超越し、部分的には中学生の指導教材にも使えそうな程
奥深い要素はあると思いますよ。
ま、何よりも可愛いですしね。
2/2から9代目プリキュアの「ハピネスチャージ」が始まりますので、興味があるようでしたら
是非ご覧になって下さい。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1005-6d8d65a2
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |