FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
25位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム





「ラーメン大好き 小泉さん」のヒロインの小泉さんはほぼ笑わないキャラですし、無愛想でクラス内でも他のクラスメイトと
談笑しているシーンは悠・美沙・潤・乃愛ちゃん以外とはほぼ皆無ですし、
あのミステリアスな雰囲気が小泉さんの最大の魅力と言えるのかもしれないです。
小泉さんは学業成績も基本的には優秀なほうですけど、授業中もその脳内はラーメンのことばかり考えているせいなのか
どちらかというと終始ポーーッとしている印象すら感じられます。

小泉さんの原作漫画弟5巻に収録されている「昨日のラーメン」という話の中において、小泉さんがいつも以上に
ポーーとされていて、しかも首がかなり傾いていて、中村美沙が言うには「ナナメっている小泉さん」という雰囲気でも
あったりします。
ツンデレツインテ美少女の中村美沙の声優さんは今最も輝いている声優さんの一人の鬼頭明里さんですけど、
鬼頭さんというと昨年放映のアニメの中では「トニカクカワイイ」の低音ボイスの司ちゃんがとても印象的でしたし、
「ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」の近江彼方ちゃんの眠たそうな雰囲気の演技もとてもすてきでした~♪
鬼頭さんは2017年前後からボチボチとメインキャラの役をつかんでいましたけど、ラーメン大好き小泉さんの美沙役は
躍動のきっかけの作品の一つなのかもしれないです。

さてさて、それでは小泉さんはどうして冒頭画像のように首が傾いてナナメっているのでしょうか・・?

_convert_20190709000304.jpg


私自身、かれこれ20年近く住宅業界にいるせいか、特に埼玉県においての地盤の強さ・弱さについては結構熟知
している感じでもありまして、一般論で言わさせて頂くと、秩父~熊谷方面の地盤は大変堅固であり
特段地盤補強工事は必要ないのに対して、浦和~川口~越谷方面の地盤は荒川沿いという事もあり、
地盤は大変脆弱で家の新築工事をする際には地盤補強工事は不可欠と言えそうです。
うちの奥様の元の家を解体・建て替え工事をする際に、事前に地盤調査を実施し私も立ち会ったのですけど、
表層から何m測定してもN値という支持層が計測されず、10m近く測定しても支持層が出なかった際には
「あーあ、うちは完璧な軟弱地盤じゃん・・、これで地盤補強工事といって5m近い杭を建築地に数十本入れなくては
いけない事が判明したから、またまた余計な費用が発生してしまう」と思いっきりドン引きしたものでした。
換言すると「よく今まで建物が持ちこたえていたよね・・」と感じたものでしたし、
軟弱地盤→地盤沈下→家が傾いたり基礎に断裂が発生してしまうという事態は事前に防止できたから、これはこれで仕方が
ないのかもしれない・・と感じたものでした。

このように軟弱地盤地に建物が立っていたり地震等による二次被害の液状化現象が発生すると、地盤沈下等を引き起こし
建物自体が傾いてしまうという事は決して珍しい話ではないと思いますし、
はたまた建築業者の手抜き工事等によっても、例えばフロアにビー玉を置くと、ビー玉が何もしなくても傾斜により
勝手にコロコロと転がっていくという建物の傾きという事も稀にですけどあったりもします。
私自身もそうした傾斜の建物の現場調査に同行した事があり、その際は平衡感覚が微妙にずれるとか
少しめまいみたいな感覚を感じていたものでした。

「ラーメン大好き 小泉さん」原作漫画第5巻「昨日のラーメン」に収録されていた地盤沈下によってラーメン店が傾いたお店
というのは実は実際にかつて存在していたお店でもありました。
それが和歌山に店舗があり地盤沈下の影響で店舗そのものが傾いたことが評判になったラーメン店「まる豊」さん
でもありました。
まる豊さんは1982年に紀の川沿いの物置小屋を改修した店舗として開業したのですけど、
調理場を含めて約13平方メートルでカウンター9席だけという小さいお店でもあり、
豚骨しょうゆをベースにストレート麺を使った中華そばが人気で夫婦で切り盛りして営んでいたそうです。
川沿いにあるため地盤がゆるく、開業5年を経過したころから店舗が傾き始め、
ラーメン鉢を置くとスープがこぼれたりお客さんがふらついたりするなどして店舗の傾きが表れ始め、
開業から10年後には南西に8度傾斜していったそうです。

まる豊の店主のご主人は、店舗自体の改修は行わず、傾いた店舗のまま実に2017年まで営業をし続けます。

傾いたラーメン丼ではお客さんも食べにくいだろうと考え、
丼が水平になるように工夫された木製の平板(たいらいた)と呼ばれる板を敷き、
同じく木製のこぼれん(厚さ3センチ、長さ10センチ)を鉢の下に入れて傾きを微調整して食べるというスタイルが
確立されていき、常連客ファンの間で評判となっていった経緯があったりもします。

しかしさすがに行政側から「それはまずいでしょ・・」と指導が入り、2017年をもって傾いたお店での営業を停止して
西へ約2キロ移動した住宅街の一角に新店舗をオープンさせました。
新店舗での客席数は約20と傾いた店舗の倍になったそうです。
新店舗はもちろん傾いてはいませんけど、旧店舗の看板をそのまま使用し、外壁にわざとななめに貼り付けた他にも
平板の上にラーメン鉢を置き、傾いた状態を再現しこぼれん棒で調整して食べることもできるようなオプションも用意し、
旧店舗の傾きのお店の雰囲気を体感して貰う事も可能との事です。

021_convert_20190707172039.jpg

020_convert_20190707172018.jpg

小泉さんがナナメっている理由は言うまでもなくその前日に地盤沈下で店内が傾いた「まる豊」でラーメンを食べていて
その斜めの感覚が翌日になっても残っているからというものですけど、
ということは小泉さんは、昨日は都内からわざわざ和歌山までまる豊のラーメンを食べに行っていた!ということになります。

ちなみにですけどこの「昨日のラーメン」の掲載は2016年ですので、まる豊さんが新店舗に移転する1年前の話という事に
なります、
ラーメンに関してはやたらと情報が豊富で早い小泉さんにとっては、
まる豊さんがまもなく店舗移転という情報を把握していたということなのかもしれないです。

そう言えば「パパパパパイン」のパイナップルラーメンの話の際も、小泉さんと潤が行ったお店は移転前の旧店舗であり、
現在のお店の位置とは異なるものですけど、こういう所にも現在進行形の連載とリアル店舗の動向の絡みも感じられ
大変面白いものがあるように思えます。

小泉さんも移転前のまる豊さんにて、こぼれないようにと平板を使用してラーメンを食べていました~!

それにしてもラーメンに関してだけは小泉さんのすさまじいヴァイタリティーには感服させられますね~♪

小泉さんは都内在住ですけど「まる豊さんで傾いたラーメンを食べたい!」と思ったら、和歌山まで飛んでいく点は、
「さすがラーメン女王は違うよね~」と感じてしまいますし、実際小泉さんは試験前日にも関わらず
盛岡の納豆チーズキムチラーメンが食べたいと思ったら、本当に盛岡まで飛んでいき、試験当日の朝に都内に
戻ってきていますからね~!

それにしてもナナメったボーーッとした雰囲気の小泉さんもかわいくてすてきですね~♪





ここから先はdream fantasy2
アミグリさんが描かれた美しい絵の転載&ご紹介コーナーです。

本記事はナナメった小泉さん記事でしたので、それに呼応する形で(??)アミグリさんが過去に描かれてきた
首を傾げた感じのポージングのナナメった雰囲気の東方キャラのイラストを転載&ご紹介をさせて頂きたいと思います。

上記の聖白蓮さんはアミグリさんが2014年9月に描かれた「サマーひじりん」です。

この白蓮さんはとても美しいですね~♪

ほのかなお色気がとっても上品に描かれていると思いますし上品なお色気も伝わってきますし、
一見するととてもじゃないけどお寺の住職さんとは思えない世俗の美しさに溢れていると感じられます。
すこしけだるい感じがするのは、このすてきなイラストが描かれたのは9月でしたので、
残暑のだるさと季節の変わり目の哀愁みたいなものが示唆されているものだと思います。

白蓮さんがナナメった雰囲気はむしろ小泉さんの傾斜度合いよりも上なのかもしれないですけど、
小泉さんがボケっ・・とした雰囲気を感じさせるのに対して、白蓮さんはけだるさの中にもどことなく気品を感じさせているのは
白蓮さんの聖職としての矜持という事なのかもしれないです。


happypache_convert_20120224133449.png


続きまして、アミグリさんが2012年2月に描かれたパチュリーさんです。

このパチュリーさんは上記の白蓮さん以上にファンタジーな雰囲気を感じさせていると思います。
描かれた2012年というのがアミグリさんの淡い作風の時代という事もあるのですけど、
少しぼんやりとした雰囲気がいかにもパチュリーさんらしいと思いますし、背景の本が「動かない大図書館」という二つ名の
パチュリーさんに相応しいとも感じられます。

パチュリーさんのこの優しげな微笑に癒されそうですね~♪

パチュリーさんが首を傾けておられるのは、紅魔館の地下の図書館にコソ泥にきた魔理沙をとっ捕まえて
「ふふ・・本当に仕方がない魔法使いよね・・」と慈愛の表情を浮かばれると同時に
「魔理沙なんだから仕方がないか・・」と半ば悟りの諦めの境地に達したお顔とも言えそうです。

掲載時のアミグリさんのコメントとして
「丸筆とエアブラシメインに塗りました!
線画の色を淡くしたのと、目の塗り方を大幅に変えたので、
今までの私の絵柄と全然雰囲気変わったなぁと思ってます」との事ですけど、このパチュリーさんをもって
2012~13年頃のアミグリさんの淡い作風路線が本格的に開始されていた事を示唆されていたのかもしれないです。





続きましてアミグリさんが2019年4月に描かれた霊夢です

この霊夢はアミグリさんは「らくがき霊夢」と評されていますけど
とてもじゃないけどらくがきというレヴェルではなくて、霊夢のかわいらしさと気品が十分に反映できている作品と
言えるのは間違いないと思います。
背景無し・キラキラ無しという事があり、それによって霊夢そのもののかわいらしさ・美しさが
ストレートに伝わっていると思いますし、
背景とキラキラが無いとなんとなくですけど、貧乏神社の清く正しき美しき巫女さんという雰囲気もありますし、
「お金なんかなくたって私は清楚に生きていける!」みたいな若き巫女さんの凛々しい決意みたいなものすら感じ取れそうです!

上記の霊夢はいつもより色彩が少し濃い感じもあり、それが霊夢の存在感を高めているようにも感じられますし、
首を少し傾けているのがなんともいえずとってもかわいいです!

上記のアミグリさんが描かれた白蓮さんとパチュリーさんと霊夢の権利はこれらの作品の絵師様であるアミグリさんに
帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきなイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにかわいい霊夢を描く人のブログってどんなもんなのだうろ・・? 」などと興味がある方は、
是非アミグリさんのブログdream fantasy2を ご覧になって頂きたいと思いますし、
宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログdream fantasy2 に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

それにしても都内在住なのに盛岡でも和歌山でも日帰りでも一泊二日でもラーメンの目的のためだけに飛んでいく
小泉さんのラーメン愛は素晴らしいものがありますし、小泉さんはもしも再度緊急事態宣言が発令されたとしても
ラーメンを食べるためにはどこにでも駆けつけそうな感じでもありますね~♪
スポンサーサイト



美少女やJKさんたちが頭をすっぽりと覆ったフードや黒マントを身にまとったとしたら、それはとてつもなくミステリアスに
感じるのかもしれないです。
マントを着たキャラというと「ガールズ&パンツァー」のアンツィオ高校のドゥーチェ!というか・・アンチョビが大変印象的
でしたけど、アンチョビの場合はミステリアスというよりは熱血漢という印象のほうが強いですね~♪

そしてなんとなくですけど、マントを身にまといフードで髪をすっぽりと覆い隠しているというと魔女とか占い師といった印象も
あったりします。
あのような独特な外見でたとえば水晶玉とかタロットカードなどを使用した占いをされてしまうと、なんとなくですけど
そのミステリアスな雰囲気に押されて、指摘されたことをなんでも「当たっている!」と感じてしまうのかもしれないですし、
見た目の雰囲気というものは占いというちょっと怪しくて妖しいことを生業にされている方には大事なのかもしれないです。

フードを頭にすっぽりと覆い隠した占い師というと歴代プリキュアにもいましたね~♪



歴代プリキュアにおける占い師といえば、イース時代のせつなという例があり、せつな自身は「私の占いは全てインチキ」と
認めていましたけど、ハピネスチャージプリキュアにおいてもいおなによるミスフォーチュンの占い」というものもありました。
あれは単なるお祭りの余興だったのかな・・??

いおなの占いはよく当たると評判になっていたようですけど、あの当時のいおなはひめのことを忌み嫌っていましたので、
ひめが絡む占い事項については相当いおな自身の主観が入っていたのかもしれないです。
例えば・・
〇めぐみとひめの将来の運勢は最悪・・・

 →これは言うまでも無くガセネタ、大外れでした・・

〇石神りんちゃんの恋がうまくいく・・・
 
 →結果的にりんちゃんは誠司に振られて、これもまたガセネタ、大外れでしたね・・

歴代プリキュアの占いは当たらない・インチキ・ガセネタというのが定番なのかもしれないです。

ただ、水晶玉を手にかざしフードで髪を覆っていた占い師・いおなはどことなく神秘的でミステリアスな雰囲気を醸し出して
いたと思います。

miko_convert_20210402131109.jpg

東方の世界でもマントにフードを身に纏い水晶玉に手をかざしているいかにも胡散臭そうなインチキ占い師もいましたね~♪

それが東方茨歌仙の「道を誤る巫女」の回で、またまた金儲けのためにインチキ占いに励んでいる霊夢でしたけど、
霊夢がマント・フードを身にまとっても「妖しい」という雰囲気は皆無で、いかにもインチキで怪しい占い師が金儲けのために
テキトーなことを話しているような雰囲気が満載でした。

霊夢の場合、占いを自らの金儲けの道具として使い、人間の心に内在する将来や来世に関する
不安心理を揺さぶる事で、結果的に「それでは神様にすがってお祈りしましょう・・そのためにも御守りは是非購入して下さいね」
と言う事に留めていたらまだよかったのかもしれないですけど、そうした人間の不安心理に対して
不安に対して不安感でもって対応したり、一般論的なアドバイスをしてあげる事で、占いをお願いしてきた人間たちに
「巫女さんに話を聞いて貰えてよかった~」みたいなスッキリ感を持ってもらう事で、決してその人の悩みや不安感が
解消された訳ではないけど、なんとなく占ってもらって多少安心した・・みたいな安堵感をもって貰う事で
占いの報酬をたっぷりと貰い、結果的に本来の占いは巫女さん活動の補助的活動に過ぎないのに、巫女さんの本分を忘れて
占いというある意味現世利益的な金儲け活動に走ったというのがいかにも霊夢らしい話なのかもしれないです。

7d1dd27d-s.jpg


暑い夏でも長袖にフードにマントといういかにも不気味で魔女らしい外見をしていたキャラというと、2019年夏アニメの
「女子高生の無駄づかい」のメインキャラの一人でもあったマジョが大変印象的でした~♪

マジョはオカルトマニアのコミュ障でもあり、双子姉妹の姉の方であったりもします。
妹の琥珀は友達も多いしごくごく普通の感覚のJKさんであるのに対して、姉のマジョの方はかなり個性的でして、
幼少期からグロテスクなものを好み、成長するにつれてオカルト話やホラー話や死体などに興味を持つようなり、
周囲から不気味がられ友達ができず、すっかり内気で根暗な子になってしまい、高校に入学した当初は不登校気味であり、
他の女子に対しても被害妄想のようなものを抱くようになり、完全なコミュ障からの引きこもりになってしまった経緯もあります。
(アニメでは、第1話の入学式の場面にフードを被った状態で登校しますが、それ以降第5話までは
学校自体に登校してきませんので、アニメでもずっと未登場状態でした)

というか・・現役JKさんが晴れの入学式の場で、あんな不気味なマントやフードで全身を覆っていたら
周りの人たちはドン引きしてしまうのも当たり前の話なのかもしれないです・・

やはりマントやフードで全身をすっぽり覆っていると人はそれをどことなく不気味または神秘的と感じるのかもしれないです。

アニメ版の第6話「マジョ」以降、バカやヤマイやリリィたちと絡みが増えて、学校にもほぼ毎日登校するようにもなり、
原作漫画においては無事に1年2組から2年2組に進級を果たしています。
「女子高生の無駄づかい」は基本的にはバカの田中の本当にどうでもいいネタ等日常のゆるさから構成されているのですけど、
時々少しいい話もあったりして、その一つがマジョが同じく少しばかり他人とのコミュニケーションが苦手なロボから
「全ての人に好かれるなんて不可能」「わかってくれる人だけ大事にすればいい」という言葉を受けて
もう少し頑張ってみよう・・という気持ちを持ったりするのもそうしたシーンの一つと言えそうです。
マジョは根は優しいし、自分のコミュ障を改善し友達を作ろうと努力したり相手に歩み寄ろうとする姿勢もありますし、
学校に登校するようになって以降は、バカ・ヲタ・ロボのグループに4人目として加わることも他のキャラと比べて多いようにも
感じられますし、バカ達の存在により少しずつ人とのつながりを持つことができつつあるマジョとも言えそうです。

マジョは人とのコミュニケーションが苦手という点では、ロリ・ヤマイ・ロボなど他のキャラとの共通点もありそうですけど、
マジョが一番一生懸命に人とコミュニケーションをとろうとしている気もしなくもありませんし、そうしたマジョの健気さが
私的にマジョに好感を感じる一因なのかもしれないです。
独特の世界観を持っているという点ではヤマイと共通しますが、マジョの奇妙な世界観は本気であるという点が
ヤマイとの違いなのかもしれないです。
マジョは自身に内在するヘンな世界観をそのまま有したまま、他者とのコミュニケーションも図っていこうと頑張る点に
共感を感じるのかもしれないです。

c30a447f-s.jpg

18abcd2d-s.jpg


第6話「マジョ」の回で、妹の琥珀に騙されてバカたちのいるファミレスに駆け付けた際のマジョの衣装はやはり魔女らしい
雰囲気に溢れていましたけど、あの時点での魔女の髪形は長髪でした。
その後、バカたちにプレゼントした御守りの人形は実はマジョの髪からできているというある意味恐ろしい事実もあったりした
ものでした~♪

ちなみにマジョは魔女らしく??実はタロットカード占いが得意であり、マジョの自作のカードを用いた占いは本人曰く
99%もの的中率を誇り、未来までも予測することができるそうです!
原作漫画においても、マジョが街角でうさんくさそうなインチキ占い師から声を掛けられ、その占い師は
「あることないことテキトーな事を言ってこのJKの不安感を煽って、先祖供養等の石を購入させてしまおう」という典型的な
詐欺師みたいな占い師でもあるのですけど、結果的にマジョはその占い師の出身地・家族構成などをピタリと
当てたばかりか、その占い師の子供が間もなく手術を受けることもちゃんと当てていましたし、その手術が無事に成功し
その占い師も将来的に売れないたこ焼き屋に商売替えすることすら的中させています!

この驚異の的中率や未来の予測というのも素晴らしいものがありますし、マジョは将来的にこの才能を活かして
自宅等で占いのお店を開業したら、意外と繁盛するのかもしれないですし、
そうやって他人の占いをする事で他人とのコミュニケーションがより自然と図られるようになっていき、マジョにも案外
普通の恋や普通の家庭生活も将来的に送れる可能性も意外とあるのかもしれないです。

そうした意味において、占いというツールはマジョにとっては生活の糧になりそうなものでもあると思いますし、同時に
マジョにとっては他人とのコミュニケーションを図る上では貴重なツールと言えるのだと思います。

そのあたりが霊夢や歴代プリキュアたちの胡散臭い占いとの違いなのかもしれないです。




ここから先はdream fantasy2
アミグリさんが過去に描かれた絵のご紹介コーナーです。

本記事はマントやフードを被った女の子はミステリアスな雰囲気といった記事を書くつもりでしたけど、なぜかしりませんが
話が「女子高生の無駄づかい」のマジョにされましたので、
改めてフードやマントを身に纏ったミステリアスな美少女の絵でもって〆させて頂きたいと思います。

上記の絵はアミグリさんが2018年1月に描かれたアズールレーンのロイヤル陣営からのエレバスです。

エレバスの元ネタはイギリス海軍所属エレバス級モニター艦一番艦エレバスでして、更にここに
ヘクラ級臼砲艦エレバスの要素を加味して擬人化したキャラクターと言えると思います。
一番艦という事でエレバスにはテラーという妹がいたりもします。
分類としては砲艦に該当し、スキル発動時の決め台詞の「いっぺん、死んでみる?」 はエレバスを象徴する言葉なのかも
しれないです!
エレバスは死神っぽい雰囲気も多々あり、ちなみにエレバスという名前の由来は暗黒の神でもありますので、
全体的にはダークで悪魔っぽい雰囲気もあるのかと思います。
死神というと色彩的なイメージでは黒または灰色という感じでもありそうなので、エレバスの銀髪は死神のイメージ通りと
いえそうです。

アミグリさんが描かれるエレバスは死神というよりも神秘的で神職みたいな雰囲気を醸し出されているように
感じられます。
ロイヤル所属ということでイギリス淑女みたいな雰囲気もうまく表現されていると思います。
そして艦装は黒と白を基調としていてどことなく生と死または天使と悪魔みたいなイメージもあるのですけど、
アミグリさんが描かれるエレバスはそうした天使・悪魔というよりはゴスロリっぽい現代的なかわいらしさをイメージされていて、
とてもかわいいしどことなく霊感を宿している少女みたいな雰囲気があると感じました。

この長い銀髪もすてきですし赤い目も魅力的ですね!
そして猫耳っぽいフードは獣耳っぽいものも感じさせてくれていると思います。
そしてこの縞ニーハイも一際異彩を放っていると感じられますし、エレバスの縞ニーハイは白黒という事もあり、
ゴスロリと神秘的要素の両方を伝えていると思えます。
そして同時に黒いマントも神秘的な雰囲気を醸し出しているようにも感じられます。

nekomimikoko_convert_20121022102341.png


アミグりさんの描かれた絵をもう一枚ご紹介させて頂きたいと思います。

エレバスはミステリアスな雰囲気に溢れていましたけど、フードを身にまとったかわいいオリジナルの女の子を
ご覧いただきたいと思います。

上記はアミグリさんが2012年10月に描かれた「ねこみみパーカー」です。

アミグリさんの絵は東方キャラでもそうなのですけど、たまにですけどこういう
かわいいにゃんこの「猫耳」が登場する事があり、これがとってもよくお似合いだと思います。
その中でも特に早苗さん・ルーミア・咲夜さん・諏訪子がとてもかわいかったのが印象的です。
(アミグリさんが描かれる橙・お燐ちゃんといった東方猫娘もとってもキュートでかわいいです~♪)

上記のオリジナルの「ねこみみパーカー」の女の子はとってもかわいいです!

アミグリさんが描かれる女の子としては長ズボンは大変珍しくもありますので、大変貴重なものがあると思います。
パーカーと長ズボンを着用されていても、女の子らしいかわいらしさに溢れているのはアミグリさんらしいと感じます!

,ねこみみパーカーの女の子のすらっとした雰囲気がとてもキュートだと思いますし、ネコ耳のパーカーは
10~20代の女の子の特権なのかもしれないですね~♪

2016年に放映されていた「魔法つかいプリキュア」のシーンの中にも、寒いエリアにお出かけの際にみらい達は
変身前の魔法学校の制服の上にこうした「ねこみみパーカー」を着ている事も多々あり、あれがとってもかわいかったですけど、
アミグリさんが描かれるこの女の子のねこみみパーカーも負けず劣らず可愛いと思います!

上記のアミグリさんが描かれたエレバスとオリジナルの女の子の絵の権利は、エレバスの絵師様であられるアミグリさんに
帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきな絵の転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにミステリアスでかわいいエレバスを描かれる方のブログってどんなもんなのだろう? 」などと
興味がある方は、 是非是非アミグリさんのブログdream fantasy2を ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログdream fantasy2 に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

それにしても黒マントやフードは見方によっては不気味でありミステリアスでもありますけど、基本は美少女が身に纏うと
「かわいい~♪」ということになるのだと思います。
本日より東京オリンピックが開催ということになりますけど、ここまで事前の盛り上がりや高揚感もなく、
「この状況で本当に開催していいのか・・?」といった懐疑的な雰囲気が多いような大会というのも、珍しいことであり、
その意味では「オリンピック史に残る大会」という皮肉なものになるのかもしれないです。

多分ですけど私自身はオリンピック関連のニュースも競技も見ないと思いますし、唯一見そうなのは野球だと思いますが、
日本代表の稲葉さんが、中日の柳やオリックスの宮城を外して巨人の菅野やホークスの千賀を選出した時点で
その過去の実績優先の選考に正直かなりの疑問を感じ
(菅野は交流戦でマリーンズにボコボコに打たれて、さすがにその後代表は辞退されていました・・)
私の愛してやまない千葉ロッテマリーンズの選手が12球団で唯一一人も選出されないという事にもかなりの疑問が
残ったこともあり、オリンピックの野球よりも一刻も早くオリンピックのために中断されたプロ野球の後半戦の開幕の方が
楽しみです・・・

とにかく日本の総理大臣すら「どうしてこんな感染状況でオリンピックを開催する必要があるのかその明確な理由と意義」に
ついて簡潔明瞭に力強くいまだに発信できていないオリンピックなんぞ一刻も早くとっとと終わってほしいとしか
感じませんし、とっととオリンピックが閉幕して、日本の経済の立直しとワクチンの早期の全員接種と感染対策に
専念して頂き、とにかく一日も早く2019年頃までのような「普通の生活」ができる日常を取り戻して欲しいものです!

先日の日曜日にバッハ会長の歓迎会が開催されていましたけど、
国民には行動自粛、他県への移動自粛、二人以上の食事自粛、集会自粛等々縛り付けるのに
政治家の資金パーティーはOKとか選挙応援はOKとかバッハ会長やIOC貴族とのパーティーはOKというのは
その矛盾や誤ったメッセージ発信には開いた口が塞がらないですし、
これでは国民に「国のお偉いさんたちが40人以上のパーティーしているのだから、自分たちだって構わないじゃん・・」といった
誤ったメッセージを送る事になったといえそうです。



2019年の「スター☆トゥインクルプリキュア」の宇宙人プリキュアのララちゃんのロケット内のAIに、
「2回目のワクチン接種完了が50%以上進んだ欧米諸国に対して、いまだに20%程度にとどまった国で
これだけ海外から多くの人たちがやってくる大イベントを開催するとは宇宙思考的にはどう思われますか?」と質問したとしたら
「そんなの狂気の沙汰以外の何物でもない」と回答するのは間違いなさそうなのルン・・

そうしたAIの回答を聞いたララちゃんは「オヨ~!」と感嘆符を発しながら
「国のトップは仮定のことには答えられないというのは常套トークだと思うけど、最悪の事態を想定して
準備を怠らないのが政治の責任だと思うし、万が一の事態になったときに陣頭指揮を執りつつ、最終責任をとる覚悟を
示すのが国家のトップの最低限の責務だと思うルン!」と言われそうなのルン・・


夏の定番! 冷し中華の一例

hiyayama_convert_20210331011836.jpg

山形名物! ラーメンに氷を浮かべた冷やしラーメンの一例

hiyalam_convert_20210331011724.jpg

北海道の新名物! ラーメンサラダの一例

本格的な酷暑の季節に入ってきました!

こういう暑くて食欲があまりない時には、冷たい麺類を喉に流し込むのは大変爽快ですし、暑くて胃が食べ物をあまり
受け入れない時でも冷たい麺類だったら案外するする~っと喉を通るのかもしれないです。
もちろんこういう暑い時だからこそ逆療法的な意味合いで「暑い時は激辛のモノを食べて汗を流す」というのもすてきな考え
ではあるとは思いますけど、暑い時は冷たい麺類で体を涼ませるというのも一つの魅力的な夏の楽しみ方とも
いえそうです。

そうした夏場の涼しい麺類というと冷麦・そうめん・ざるそば・冷しうどんも素晴らしいと思いますけど、やっぱり定番というと
「冷し中華」なのかもしれないです。
最近は冷たいラーメンというと冷し中華の他にも、山形名物の冷しラーメンや北海道の新名物のラーメンサラダという
ジャンルもあったりしますけど、それでは冷し中華・冷しラーメン・ラーメンサラダの違いはどこにあるものなのでしょうか・・?

簡単に結論から書くと、冷やし中華は中華麺にハム・錦糸卵・きゅうりといった具をのせて酢醤油やゴマダレをかける
冷たい麺類で、冷やしラーメンはラーメンの冷たいヴァージョンででスープに麺が浸っている冷たい麺類であり、
(タレをかけるのが冷やし中華であり、麺が冷たいスープに最初から浸っているのが冷しラーメンです。冷しラーメンと
普通のラーメンの違いは熱いか冷たいのかの違いともいえます)
ラーメンサラダは麺も入っている冷製サラダです。麺のボリュームよりも具材の野菜のボリュームの方が多くて、基本的には
ドレッシングをかけて頂きます。

冷やしラーメンは山形県のご当地ラーメンで、スープも麺も冷たく氷を浮かべることもあり、
冷やし中華と違って通常のラーメンと同じようにたっぷりのスープに麺が浸されているのが冷やし中華との違いです。
スープは醤油味が一般的で、冷やし中華のように酸味は強くないというのも違いと言えるのだと思います。

アニメ版の「ラーメン大好き 小泉さん」第6話にても冷やしラーメンが登場していたものでした。



55fc8d2c-s_convert_20200309121836.jpg

小泉さんは山形県のご当地ラーメンの「冷やしラーメン」について熱く語りだします・・

小泉さん : 冷やしラーメンは元々は山形県が発祥なんです。誕生したのは60年以上前、
         ラーメン店ではなく蕎麦屋で生まれたものなんです

悠 : へえ、お蕎麦屋さんがラーメン作ったんだ…しかも意外と昔からあるんだね

悠 : ひゃー!氷入ってる!おー!どんぶりが冷たーい!

悠 : 普通のラーメンよりさっぱりした香り…それにしても冷やしラーメンって冷やし中華とは全く別物なんだね。
  スープの量も多いし、酢の匂いもしない

小泉さん : 北海道では冷やし中華を冷やしラーメンと呼び、そして関西地方では冷やし中華を冷麺と呼ぶらしいです。

悠 : なんてややこしい…

悠 : このスープって温かいラーメンのを冷やしてんのかな?

小泉さん : ラーメンのスープは動物性の油が多いのでそんなことをしたら固まって浮いてきてしまいます

小泉さん : なので植物性の油を駆使してコクを保ちつつ、
         出汁やタレを冷やしに合うものにラーメンとは別に作って味を調整したり

小泉さん : そんな一手間が掛かるから冷やしは夏限定、期間限定であることが多いのです。
まさに夏の楽しみ…です。ではそろそろ

「ラーメン大好き 小泉さん」の魅力は淡々としたミステリアスなJKの小泉さんの恍惚としたあの「ふはー」なのですけど、
ラーメンに対する小泉さんのこうしたうんちく話を聞けるというのも大きな魅力だったと思います。

016_convert_20190707171849.jpg

018_convert_20190707171929.jpg

ラーメンサラダは小泉さんの原作漫画第5巻に登場しています。

原作漫画版にセリフ付で少なくとも3回以上登場されたキャラでアニメ版に未登場というキャラとして唯一挙げられるのが
小川乃愛(おがわ のあ)だと思われます。
小泉さんは元々登場人物が少ない作品でもありますので、2018年1~3月に放映されていたアニメ版小泉さんに
この乃愛ちゃんが登場しなかったのはちょっともったいないかも・・と感じさせるものがあるのかもしれないです。
ちなみにこの乃愛ちゃんは、小泉さんと同様に転校生キャラでもあったりします。
(小泉さんはB組ですけど、乃愛ちゃんはC組です)

乃愛ちゃんは転校してきて間もないと言う事でお友達や話し相手がなかなかできなくてちょっと寂しい日々を過ごしていて
お昼ごはんも一人さびしくお弁当を食べていました。
乃愛ちゃんは北海道育ちの両親がいると言う事でお弁当にラーメンサラダが入っていて、それを食べている時に
いきなり乃愛ちゃんの横に「ラーメンサラダ・・」とモノ欲しそうな目でひょいと出没していたのが小泉さんでもありました!
小泉さんも基本的には友達とかお昼に一緒にランチする仲間というものはいないのですけど、
乃愛ちゃんはそうした状況がさみしいと感じているのに対して、小泉さんは「友達やランチ仲間がいなくても全然平気だし、
私にはラーメンさえあればそれで十分」と考えてるのがこの二人の大きな違いと言えそうですね。

乃愛ちゃんが食べていたラーメンサラダをモノ欲しそうに見つめていて、乃愛ちゃんから「一口いかがですか?」と勧められ
それにあがなうことができなかった小泉さんですけど、
そのお礼と言わんばかりに、ここから小泉さんのラーメンサラダに関する薀蓄が延々と展開されていきます。

小泉さん的にはラーメンサラダの最大の特徴は「野菜の量が麺を上回っている」という事を指摘されておりました。

もしもですけど乃愛ちゃんがまるで大澤悠の如く「ラーメンサラダはラーメンではないんだね~」とうっかり口走って
しまったとしたら悠のように小泉さんから「ラーメンサラダはラーメンではないと・・!?」と壁ドンを
食らってしまうのかもしれないですね~

乃愛ちゃんは第7巻にて水泳部に入部した事判明していて、乃愛ちゃんの幼児体型のスクール水着が
お披露目されていてとてもかわいかったです。
乃愛ちゃん絡みの話として大変興味深かったのは、小泉さんは実は水泳部に無断で水泳部内のロッカーを
借用していて、このロッカーの中に各種ラーメングッズや学校からお目当てのラーメン店に行く際の着替えが
たくさん用意されていたのが判明していました。
小泉さんは基本には制服姿のままラーメン店に行くことが多いのですけど、制服姿では入りにくいようなお店に
行く時は事前に(大澤悠にばれないように)こっそりと水泳部のロッカー室で着替えた上で、行くと言う貴重な情報が
わかっただけでも大変ありがたいものがあった第7巻だと思います。
そして小泉さんは乃愛ちゃんに対して、無断借用の口止め料代わりに、乃愛ちゃんを行きつけのラーメン懐石店に招待し、
この懐石店は普段着・制服では入れないと言う事で、ロッカーに用意してあったドレスを纏って二人でその懐石店に
行ったりもしていました。
(ドレスアップの小泉さんもとても美しくて素晴らしかったです~♪)

原作漫画でももっと乃愛ちゃんや絢音お姉ちゃんの出番も増えてほしいですし、もしも小泉さんのアニメ第二期が
実現された場合は是非乃愛ちゃんにも登場して欲しいものです。
kurage_convert_20210329205638.jpg

海を漂うクラゲの一例

夏とくれば海!

海とくれば美少女達やJKさんたちのすてきすぎる水着ももちろん素晴らしいですけど、海中をプカプカと漂っている
クラゲたちにも癒されるものがありそうです~♪
もちろんクラゲには毒を有する種もいますのでむやみに近づく事は大変危険だと思いますし、大量発生してしまうと
漁業関係者の皆様や海岸の発電所にも多大な迷惑と被害がこうむる場合もあったりしますので、
必ずしも癒しの存在だけではないのはないのですけど、それでもあの独特な姿で海中を漂う姿にはどことなく
自由さやミステリアスさを感じたりもします。

昭和の頃の4月1日は当時はどちらかというとエイプリルフールではなくて「4月バカ」と言われがちで、よくサザエさんの
新聞掲載漫画の中でも定番のネタの一つになっていましたけど、
過去記事にも書いた通り、あの4月バカの時にまだほんの小さな子供だった頃に、身内や同級生の
たとえば・・「桜が散るとあとからサクランボウの実がつく」とか「スイカの種を食べると、胃からスイカの芽が出てくる」といった
嘘には当時は結構騙されていたものでした・・
同様に、中学の頃にクラスメイトの隣の女の子に、給食で出されていた「キクラゲと卵と豚肉の炒り煮」を
食べていた時に、「海を漂うクラゲは中華料理としても酢の物や前菜でも定番だけど、クラゲを長時間乾燥させたものが
キクラゲなんだよね~」と言われて、あの時は(まるで東方のルーミアのように)「へー、そーなのかー」と瞬間思ったのですけど、
さすがにそれは違うじゃん・・とツッコんだら案の定「嘘やでー」とか言っていましたが、
今現在の視点だったら、その女の子に「お前はゆるキャン△の嘘やでーのセリフでお馴染みのあおいちゃんかっ!?」と
ツッコみたい気持ちで一杯ですね~♪

改めですけど、クラゲとは何かと言うと、刺胞動物または有櫛動物に属する脳を持たないプランクトンの総称で、
クラゲと名の付く生物でも生物学上の分類は多岐にわたり、大きさや形態ともかなりの多岐にわたっています。
一般的にクラゲというと、90%以上が水分でできた透明・半透明のゼラチン質で柔らかい傘のような形の体と触手を持ち、
海水・淡水を浮遊生活する生物の事を指し、漢字では「水母」「海月」「水月」などと表記される事が多いです。
またクラゲは中華料理の高級素材としても人気が高く、どちらかというと中華のコース料理の前菜として出される事が
多いようにも感じられます。

クラゲとキクラゲの共通点としてはどちらも中華料理の具材として使用される事が多いという事ですけど、
食用となるクラゲは意外と少ないようでして、エチゼンクラゲ・キャノンボールクラゲ・ビゼンクラゲ・ホワイトクラゲなどに
留まっているようです。
それにしてもクラゲもキクラゲもあのコリコリとした食感はすてきですよね~♪

kikura_convert_20210329205607.jpg

とんこつラーメンの具材としてお馴染みのキクラゲの一例

yamakur_convert_20210329205707.jpg

山クラゲの一例

キクラゲとはいうまでもなくクラゲとは全然異なるものであり、キクラゲ目キクラゲ科キクラゲ属の菌類で、キノコの一種です。
漢字では木耳・木蛾などと書きます。
主に中国、日本、韓国などの東アジアで食用とされ、中華料理や豚骨ラーメン、炒め物、ナムルの具としてもおなじみの食材と
なっています。
調理をすると歯ごたえがクラゲと似ていることが名前の由来になっているそうです。
キクラゲは大きく分けて黒キクラゲと白キクラゲの2種類が流通していて、色が黒い黒キクラゲは
炒め物、酢の物、和え物など様々な料理に使われ、透明感のある白キクラゲは、スープやデザートの具として
使われることが多いようです。

とんこつラーメンの具材として欠かす事の出来ないキクラゲですので、「ラーメン大好き小泉さん」もとんこつラーメンを
オーダーする際にはキクラゲや紅ショウガのトッピングもマシマシにされるのかもしれないですね~♪

キクラゲと語感が似た食べ物として「山クラゲ」というものもあったりします。

山クラゲは、やはり海の生物のクラゲとは無関係で、植物という・・レタスの仲間です。
もともとは「ステムレタス」という名前の中国からやってきた野菜で、これを乾燥させたものが山クラゲです。
見た目は緑色の細長い棒状で、コリコリとした独特の歯ごたえがクラゲに似ていることから山クラゲと呼ばれるように
なったそうです。
山クラゲは基本的に葉ではなく茎を食べる野菜で、この茎の部分を細長い棒状に切り乾物に加工したものを
和え物や炒め物や漬物など様々な料理に加えて楽しむことができます。


summer-nazonoseibutu_convert_20160827155543.png


ここから先はdream fantasy2
アミグリさんが過去に描かれた不思議生物の絵の転載&ご紹介コーナーです。

アミグリさんというというまでもなく精緻で幻想的で美しい絵を描かれる絵師様という印象が強いのですけど、時折ですけど、
謎生物・不思議生物といった肩の力をふっ・・と抜かれた脱力系の癒しの絵を描かれる事もあったりします。

本記事はクラゲがメインとなっていましたので、今回は「クラゲと謎生物」と題されたアミグリさんが2016年8月に
描かれた不思議生物系の絵を転載&ご紹介させて頂きたいと思います。

上記のクラゲと謎生物は、癒しと脱力感に加えて夏らしいひんやり感がすてきにコラボされていると思いますし、
こうした不思議生物の絵を拝見させて頂くと、暑い酷暑の際には、海の中をこうやってクラゲと謎生物たちと共に波で戯れながら
涼みたいと感じずにはいられないです。
謎生物系の絵ですけど、気分は癒されるし清涼感が伝わってくる夏らしい作品だとも思います。


rkgk-nazodesu-01_convert_20150906170610.png


続きまして、クラゲではないですけど上記の絵と同様に謎の不思議生物の絵をもう一枚ご紹介させて頂きたいと思います。

上記の作品は、2015年9月に描かれた不思議生物ちゃんです。

これは海の中の未発見生物なのかもしれないですね~♪

海と言うか水を漂うこのまるっこい不思議ちゃんのゆるさが上記のクラゲちゃん同様にかわいいですし癒されそうです。

謎めいた癒しを感じさせる不思議な絵だと感じますし、改めてアミグリさんのこうした肩の力をふっ・・と抜いたような
脱力感に不思議なファンタジーを感じてしまいます。

上記のアミグリさんが描かれたオリジナルの不思議生物の絵の権利は、クラゲたちの絵師様であられるアミグリさんに
帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきな絵の転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなに癒される不思議生物を描かれる方のブログってどんなもんなのだろう? 」などと
興味がある方は、 是非是非アミグリさんのブログdream fantasy2を ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログdream fantasy2 に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

海をのんびり自由に漂うクラゲもすてきですし、中華素材としてのクラゲやキクラゲもまたまたおいしくてすてきだと思います!
関東以北ですと、さすがにたこ焼きをおかずに白いご飯を食べる事には少しばかり抵抗がある人も多いのかも
しれないですけど、関西の食文化はある意味、粉もの文化とすら言えそうですので、例えば白いご飯+たこ焼きとか
白いご飯+焼きそばという組合せもほぼ問題ないのかなと思ったりもします。

焼きそばは一つの粉ものの食べ物ですけど、私自身白いご飯のおかずみたいな感覚で焼きそばと白いご飯を一緒に
食べる事には全く抵抗はありませんし、両者を同時に食べるととっても美味しいものがあると思います。
関西の粉もの文化はたこ焼き+ご飯というダブル炭水化物も全然OKというのに近い感覚があるのかもしれないです。
焼きそば自体が十分に白いご飯のおかずになり得ると私的には感じていますし、
焼きそばのソースのしょっぱさがご飯に合うとも感じられますし、実際幕の内弁当等にも焼きそばがおかずの一品として
入っているお弁当も見受けられますので、
同じダブル炭水化物であってもラーメン+白いご飯の組合せよりも、ソース焼きそば+白いご飯の組合せの方が
相性の方がいいのかもしれないと感じたものでした。
白いご飯と一緒にソース焼きそばを口の中に入れても全く違和感はないですし、
これはたこ焼きをおかずに白いご飯を頬張るというのと感覚的にはほぼ同じなのかもしれないです。

粉もの文化の関西圏や広島などでは焼きそばまたはたこ焼き・お好み焼き+白いご飯という組合せは当たり前なのかも
しれないですけど、関東以北ではそうした粉もの同士の組合せの食べ方はどちらかというとまだ敬遠される傾向があるのかも
しれないです。
反面、私自身の感覚ではあるのですけど、関東や東北においては関西圏以上に汁なし・油そばではなくて普通のスープのある
ラーメンにご飯をセットするラーメンライスまたはラーメン定食という食べ方は根付いている様な感じもあったりします。

ラーメンライスというのかラーメン定食というメニューは既に定番メニューの一つだと思いますし、
ラーメンの麺をすすりながら、感覚としては定食モノの味噌汁を味合うようなイメージでラーメンのスープをすすりつつ、
時にたくわんや漬物をポリポリとかじりながら白いご飯をかきこみ、そしてまた麺をすするというのは
とっても美味しいと思いますし、麺とご飯のダブル炭水物はちょっとね・・という方も多いかとは思うのですけど、
私的には大いにありだと思います。
(「邪神ちゃんドロップキック」のゆりねは、そうした食べ方は邪道と一刀両断に否定し邪神ちゃんにダメだしをしていましたが、
「ラーメン大好き小泉さん」の小泉さんは否定どころかそうした食べ方を小泉さん自身何度か実践されていましたので、
 小泉さん的には「全然OK~♪」という感覚なのだと思います)

ラーメンに白のご飯を添える理由として、ラーメンだけでは量を満足できないお客さん用として考案されたという見解が
強いようです。
単に食べる量を増すだけなら麺を増やして大盛りのラーメンにする方法もあるますけど、
大盛りでは麺とスープのバランスが釣り合わず、食べている途中で麺が伸びてしまうといった事から麺の代用として白のご飯を
添えたものとの解釈が現時点では優勢と言えそうです。
ラーメンを飯に対する汁物、ラーメンの麺をスープの具材と見なし、麺を白のご飯上に乗せる食べ方や
ラーメンの麺と白のご飯とを別物と見なし、まず麺のみを食べた後に残りの具とスープを飯のおかずとする食べ方など
ラーメンライスの食べ方は人それぞれと言えそうですけど、
必ずしも上品な食べ方とはいえませんけどもスープにご飯を入れて食べる解釈もありという事で、
「ラーメン大好き小泉さん」の小泉さんも例えばトマトラーメンのスープにご飯を投入してトマトリゾット風にして食べていたり、
家系のとんこつラーメンのスープにご飯とゆで卵・チャーシュー・ほうれんそうを投入する食べ方をされていたりもします。

さてさて、人によっては完全否定される事もありそうな麺類+白いご飯のダブル炭水化物の組合せですけど、
上記でも書いた通り、私自身はそうした食べ方は全然OKですし、小泉さん的にも異議なしという感じなのだと思います。
私自身の感覚ですけど、そうした麺類+白いご飯と言ったダブル炭水化物の組合せとしては、
普通の汁ありうどんやそば・醤油ラーメン・塩ラーメンよりは、焼きそば・焼うどん・とんこつラーメン・カレーラーメン・坦々麺・
油そばの方が純粋に白いご飯としては合っている様な印象があります。
なんとなくですけど、温かいお蕎麦とうどんに対しての白いご飯は食べにくい感じもあるものですけど、
例えば温かいそばに天丼セットだったら合うような感じもしますし、埼玉ネタとしてはお馴染みの山田うどんでは、
パンチセットといってうどん+白いご飯にもつ煮込みというセットもありますし、このパンチセットはボリュームもお味も
申し分ないと思います。
そしてラーメン+白いご飯だったら、ラーメンとしては醤油・塩・味噌よりはとんこつ・カレー・激辛系坦々麺の方が
合っているようにも感じられますし、さらにおいしい組合せは白いご飯+焼きそばまたは焼うどんと言えると思います。
印象としては、白いご飯+麺類としては、麺類的には温かいそば<温かいうどん<醤油ラーメン<塩ラーメン<とんこつラーメン
<焼きそば<焼きうどんという感じになりそうです。



CIMG4097_convert_20210328205431.jpg


白いご飯+焼うどんの組合せはとてもおいしいと思いますし、焼きうどんのあの香ばしい醤油ソースと鰹節の香りは
ごはんのおかずとしてもぴったり合いそうですし、ご飯と焼うどんといういわゆるダブル炭水化物ですけど、ごはんの箸が
止まらないという美味しさといえそうです。

マルちゃんシリーズのカップ麺の中に定番の焼きそば・焼うどんもあり、どちらもご飯との相性は申し分ないと
感じますけど、今年の春先にマルちゃんより「汁なしうま辛担々うどん」が発売されていて、これが
コク深く濃厚ながらもピリッとした辛みが心地良い安定感のあるお味で、ご飯と一緒に食べるととてもおいしい組合せ
でしたし、この汁なしうま辛坦々うどんは立派なごはんのおかずになりうる麺類と確信したものでもありました。

練り胡麻やラー油を利かせた担々スープを、汁なしとしてアレンジ・再現し、弾力のあるうどんが絡む食べ応えのある一杯と
いえますし、ポークの旨味をベースに味噌や練り胡麻、さらに豆板醤やラー油を加えたことでピリッとした後引く辛さが
大変心地良く、コク深く濃厚ながらもキリッとした辛みがカップ麺としては最高レヴェルで発揮されていると思いますし、
これを単独で食べてもおいしいですし、ご飯と一緒に食べてもさらにダブル炭水化物の魅力をマシマシで発信しているようにも
感じられます。

具材としては、味付挽肉・チンゲン菜・卵・かまぼこが使用されています。


CIMG4098_convert_20210328205455.jpg

味噌や練り胡麻をベースに豆板醤やラー油を利かせたというピリッとした辛み・風味がたっぷりと濃厚なタレに溶け込んだ
深みのある味わいに仕上がっていて、純粋にカップ麺として食べても申し分ない味だと思います。

そしてなにが素晴らしいのかと言うと絶妙な辛さの調節だと思います。

激辛ではないけど豆板醤の辛みが心地よく、激辛ではないけど適度な辛さが食欲をそそるという事なのだと思います。


CIMG4099_convert_20210328205514.jpg


そして白いご飯の上にこの汁なしうま辛坦々うどんはとてもよく合うと思います。

念のため、ごはんのおかずとしてウインナーもセットしましたけど、正直これは全く必要が無いと感じさせるほど、
汁なしうま辛坦々うどんだけで十分すぎるほどごはんのおかずになり得ると感じたものでした。




5f632cd7-s.jpg


小泉さんは原作漫画でもアニメ内でもひたすらラーメンばかり食べまくっていますけど、小泉さんが白いご飯といった
お米系を食べている事自体がもしかしたら貴重なシーンなのかもしれないです。

アニメ版「ラーメン大好き小泉さん」の記念すべき第1話のBパートにて、小泉さんが天下一品で食していた
とんこつラーメン+鶏のから揚げ+白のご飯は、典型的なラーメン定食といえそうですけど、
小泉さんにとってはご飯と言った炭水化物がセットされようがいなくても小泉さん的には
「ラーメンが食べられるのならば なんでもいい・・」という感じなのかもしれないですね~♪

小泉さんは「焼きそばも汁なし坦々うどんも麺類である事には変りはなく、広義の意味ではラーメンと同種」と
認識されているのはたぶん間違いないと思いますので、小泉さん的には上記でレビューした汁なし坦々うどんと
白いご飯の組合せもラーメンセットみたいな感覚で食べられて、完食事にはふはーとされそうです。


カスタネットというとなんとなくですけど「どんなアホでも叩けば音は出る簡単な楽器」という誤ったイメージがありそうな
打楽器なのかもしれないですけど、実際に管弦楽や吹奏楽で使用されるカスタネットの奏法は大変難しく、
私自身、高校3年の時の定期演奏会で演奏した曲目の一つがリムスキー・コルサコフの「スペイン奇想曲」だったのですけど、
あの時もパーカッションパートで特に第5曲でカスタネットを担当していた奏者は、あの独特な切れ味鋭いカスタネットの
リズム感を出すために相当裏では苦労していたと思いますし、朝練習や全体練習が終わった後でも一人黙々と
カタカタとカスタネットを刻んでいた光景が大変印象的でもありますし、ああした光景を見ると言えることはカスタネットは
決して簡単な楽器ではないし、少なくともどんなアホでもすぐに全体練習に参加できるような簡単な楽器ではないと思いますし、
同様な事はトライアングルにも言えると思います。

カスタネットは木製の打楽器で、体鳴楽器に分類される打楽器の一つです。
スペインで特に発達した楽器であり、スペインの民族音楽に欠かすことはできない楽器であり、
スペインの舞踊フラメンコにおいては、今現在も踊り手にとっては必要不可欠な楽器でもあります。
カスタネットの情熱的なリズムの刻みは心地よいですし、あの躍動感は素晴らしいです~♪ あのカタカタと小気味よいリズムを
耳にしただけで既に気分は南欧気分になりそうです。
カスタネットは、手のひらに納まるくらいの丸い貝型の木片を2枚合わせ、これを打ち合わせることによって音を出す楽器
なのですけど、端にひもを通してつなげ、このひもに親指を通して楽器を保持したり2枚の開き具合を調整しますし、
基本的には音程がわずかに異なる二つのカスタネットを右手と左手の両方に持ち、一般的には音程が高い方のカスタネットを
右手に持つことがスタンタードです。

ららマジでカスタネットを担当しているのは奥村映という中性的な雰囲気の高校2年生のJKさんでけど、
カスタネットを使ったフラメンコが特技で、カスタネットの手入れも欠かさず行うとの事です。
ららマジの打楽器パートのトライアングル奏者はかなりの不思議ちゃんの女の子なのですけど、奥村映も少しそうした
不思議ちゃんみたいな雰囲気も無くはなく、どちらかというと男性的でもないし女の子そのものという感じでもないし、
少し不思議な中性的な女の子という印象もあったりします。
少しだけ鈍感な性格というのも、不思議ちゃん系としての浮世離れした性格の為せる業なのかもしれないです。

食べることも大好きで意外と大食い・・?という設定も大変面白いですけど、後述しますが、大食いキャラで少しミステリアスで
中性的な雰囲気を有するJKさんというと思い出すのは「ラーメン大好き小泉さん」の小泉さんなのですけど、
確かにあの二人はどことなくですけど雰囲気が似ているようにも感じられそうですね~♪

おばあちゃんっ子で、年齢にそぐわない独特のセンスを持つという点は、今年の夏アニメの「女子高生の無駄づかい」で
登場していたおばあちゃんっ子のロリを彷彿とさせるものがありそうです。
バトル時においては、自身の周囲に浮かぶカスタネットを放って攻撃したりもします。


_convert_20191116084827.jpg


上記でもチラっと触れたのですけど、どういう訳か日本においては「カスタネット=簡単」とか
「どんなアホでもすぐに合奏に参加できる」という間違ったイメージが浸透しているのは、多分ですけど、
上記画像の「教育用カスタネット」の存在があるのかもしれないです。

教育用カスタネットは、小学校の教育用楽器または幼児のおもちゃとしてよく見られているのですけど、
本来のカスタネットと違って口を開いたままの楽器ですし打ち合わせるだけで簡単に演奏できるため、今でも幼児または
小学校低学年の音楽の教育に使用されていたりもします。
今現在では100均のおもちゃコーナーでも売られている事もあったりします。
この教育用カスタネットは赤と青の二つの部分から構成されることが多いですけど、赤い方に突起があり
これを下とすることが多いように思われます。

確かにこの教育用カスタネットは簡単に音は出ますけど、実際に管弦楽団や吹奏楽コンクールで使用されるカスタネットは
この教育用の安物楽器ではありませんし、フラメンコのダンサーが使用されているのは、冒頭画像の奥村映が
両手に持っている本来のカスタネットです。


_convert_20191116084850.jpg


より演奏を簡便にし、速いリズムが演奏できるようにしたカスタネットとして柄付きカスタネット、コンサートカスタネットが
あります。
管弦楽団の演奏会や吹奏楽コンクールで使用されるカスタネットは上記の柄付カスタネットの方が多いと思います。

柄付きカスタネットは、柄を持って膝の上で叩き、ロール奏法の場合は人差指をカスタネットの上まで伸ばし、
カスタネットが膝と人差指に交互に当たるように、手首と腕を上手く使ってカスタネットを上下に動かし、左右の手は
交互に均等に動かします。

クラシック音楽でカスタネットが使用された楽曲はたくさんあるのですけど、やはりスペインの作曲家とか
フランスやロシア等のスペイン以外の作曲家がスペインに憧れと敬意の気持ちを有してスペインを感覚的にイメージして
作られた曲が多いです。

具体的にいくつかカスタネット使用の楽曲を挙げてみると・・

C.サン・サーンス / 歌劇「サムソンとデリラ」

R.シュトラウス / 楽劇「サロメ」~七つのヴェールの踊り

リムスキー・コルサコフ / スペイン奇想曲

C.ドビュッシー / 管弦楽のための映像第Ⅱ集・第二曲・イベリア
(特に街の道と田舎の道のカスタネットの切れ味鋭い躍動感は素晴らしいです!)

J.イベール / 交響組曲「寄港地」~Ⅲ.ヴァレンシア

M.ラヴェル / 道化師の朝の歌 ・ スペイン狂詩曲~Ⅳ.祭り

S.プロコフィエフ / ピアノ協奏曲第3番

アルベニス / スペイン組曲
(アルベニスはスペインの作曲家ですので、本場のノリはとにかく圧巻です!)

M.ファリア / バレエ音楽「三角帽子」

J.マスネ / 歌劇「ル・シッド」~バレエ音楽

チャイコフスキー / バレエ音楽「白鳥の湖」~スペインの踊り

B.ブリテン / ソワレミュージカル~Ⅳ.ボレロ

C.オルフ / 世俗カンタータ「カルミナ・プラーナ」~第三部・第8曲・今こそ愉悦の季節

吹奏楽オリジナル作品ですと、A.リードの「エル・カミーノ・レアル」と第二組曲「ラティーナ・メキシカーナ」が
大変印象的です!

こうやって列挙しただけでもスペインの澄み切った青空と情熱が目に浮かびそうですね~♪


_convert_20191113155117.jpg


話を再度「ららマジ」にもどしますと、カスタネット担当の奥村映はららマジ屈指の大食いキャラともいえそうですし、
食べるのが大好き~♪というすてきなJKさんであったりもします。

普段もそうですし、カスタネット叩いている時もどちらかというと無表情で中性的な雰囲気を醸し出していますけど、
食べている時は普通の女の子という印象でもありそうです。


_convert_20191113155411.jpg


大盛ラーメンを食べている奥村映もとてもかわいいですね~♪

少しミステリアスで長髪の美少女がおいしそうに大盛ラーメン食べている姿は、やっぱり「ラーメン大好き小泉さん」と
被りそうですね~♪

ラーメン大好きで大食いの女の子は、小泉さんも奥村映も含めて意外と中性的な女の子が多いのかもしれないです。


2d587118-s_convert_20180411171554.jpg



上記はららマジのお話でしたけど、奥村映が食べているラーメンはなんだか秋葉原の野郎ラーメンの
メガ豚野郎みたいなボリュームがありそうですね~

2018年の冬アニメの「ラーメン大好き 小泉さん」の第9話においてもこの秋葉原の野郎ラーメンが登場し、
そこで登場していたラーメンは「メガ豚野郎」でした~!
メガ豚野郎のチャーシューは、噛み応えのあるしっかりした肉ですし、適度な柔らかさもあって旨味が一気に口内を駆け巡る
感じは圧巻だと思います!
チャーシューの厚みとボリュームも素晴らしいですけど、肉と野菜の壁が崩れかけたところでようやく麺に到達しますけど、
あのボリュームは特筆すべきものがあると思います。

とてつもないボリュームのメガ豚野郎であっても、小泉さんは普通に来店している所は「さすがラーメン女王!」と
感じてしまいますし、圧倒的な勢いであっという間に完食してしまう小泉さんは
やっぱり只者ではないですね~

そして奥村映も秋葉原の野郎ラーメンで、美味しそうにメガ豚野郎を完食されて、小泉さん同様にふはーとされているのかも
しれないですね~♪
音楽はいいものです~♪

内容的に大変瞑想的で抽象的な楽曲も、その作曲家がどういう意図や心情で作曲していたのか・・といった事を
妄想しながら聴くのも大変すてきなことですし、単純明快に気分爽快やストレス解消として聴くのも最高ですし、
はたまたウトウトしたい時のBGMとして聴く事は至福のひと時といえそうです。
そして音楽の中には内容がとてつもなく具体的と言うのか「標題音楽」といって具体的な風景や事件や自然現象を
そのものズバリ的にストレートに具体的に描く事もあったりします。
そのいい例として挙げられそうなのがクラシック音楽ですと、

ベートーヴェン / 交響曲第6番「田園」

ベルリオーズ/ 幻想交響曲~Ⅱ.舞踏会 Ⅲ.野の風景

グローフェ / 組曲「グランドキャニオン」

R.シュトラウス / アルプス交響曲 交響詩「ドン・キホーテ」

レスピーギ / 交響詩「ローマの松」・「ローマの祭り」

などが挙げられると思います。

ドビュッシーの「海」・「イベリア」、ラヴェルのスペイン狂詩曲などといった印象派の音楽は、上記のように
そのものズバリの描写音楽ではなくて「私は私の心の内面でそのように感じた」という「私の心の中の音楽」というのが
違いと言えるのかもしれないです。

歴史的事件を具体的に描写した音楽として私的に大変大好きな曲は、当ブログでも何度も登場しているM.アーノルドの
序曲「ピータールー」です。

序曲「ピータールー」は10分前後の曲ですけど、黙って目を瞑って聴いていると、

「この部分は、抗議する群衆に発砲する騎兵隊の横暴さを描いている」
「騎兵隊によって一旦は鎮圧され、武力に屈した屈辱感と寂しさを表現したのはオーボエのもの哀しいソロの部分だ」
「権力者たちにはいつかこの日の報いを受ける時が来る!!
必ずや自分達が求めた参政権・選挙権を得る日がやってくる!
自分達の正義はいつの日にか歴史が証明してくれるはずみたいな正義感・高揚感を示唆したのは
ラストの高らかなトランペットのファンファーレとチャイムの響きである!」
「小太鼓三台を用いた軍隊の横暴さと進撃を暗示したもの」
「安らかで穏やかに開始された序奏に、唐突に乱入してくる小太鼓のロールの響きと荒々しい金管の響きは、
権力者たちの地位を守る為なら、多少の民間人の犠牲は仕方がないという権力者たちの傲慢を示唆している」

そういったイメージが、いとも簡単に脳裏に思い浮かんでくるのですけど、
脳内のイメージを「音楽」という物語で私達の脳にすーーーっと染み込ませてくれるアーノルドの作曲家としての腕の確かさに
敬意を表したくなりますしあの研ぎ澄まされた表現力の素晴らしさには脱帽するしかないです。
口の悪い人ですと「こんな曲、単なる描写音楽に過ぎないじゃん!」と言われるとは思うのですけど、
聴く人に「音楽によって具体的イメージを伝えること」をきちんとやっているアーノルドは本当に素晴らしい作曲家だと
思います!

目を瞑って聴いているとその場面が容易にイメージされ浮かぶあがってくる音楽の一つとして、プロコフィエフの
バレエ音楽「シンデレラ」~シンデレラのワルツ・真夜中も強く推したいです!
「シンデレラ」というと、ペロー童話とかグリム童話でもお馴染みだとは思いますが、音楽の世界では素材として扱っている事例は意外と少なく、 ロッシーニ・マスネー・プロコフィエフぐらいしか無いのかしれないです。
ロッシーニの歌劇では、現在の認識とは少しズレがあるみたいで、 例えば・・・・
シンデレラをいじめるのは義母ではなくて義父であったりとか、
シンデレラにドレスを与えるのは、魔法使いではなくて王子の家庭教師であったりとか、
ガラスの靴はなぜか腕輪に置き換えられていたりと、随分と現在の視点から眺めると相当な違いはありそうです。

プロコフィエフの方の原曲のバレエ「シンデレラ」そのものはかなり長いです。
そのため、プロコフィエフは後に演奏会用組曲として三つの組曲を残しましたけど
原曲のバレエの中から、おいしいところを選曲したものですけど、私的には第一組曲の完成度の高さは素晴らしいと感じます。

第一組曲は、下記の8曲から構成されています。

Ⅰ.序奏
Ⅱ.パ・ド・シャ
Ⅲ.喧嘩
Ⅳ.仙女のお婆さんと冬の精
Ⅴ.マズルカ
Ⅵ.舞踏会へ行くシンデレラ
Ⅶ.シンデレラのワルツ
Ⅷ..真夜中

Ⅰの序奏のファンタジー感溢れるメロディーは本当に素晴らしいし、いつ聴いてもうっとりとさせられますね・・・
この序奏においては、「愛のテーマ」が壮大に奏でられるのですけど、
愛のテーマはこの後も至る所で反復使用されています。
この組曲自体、全体的に、鋭角的な作風の多いプロコフィエフとは思えないほどの優しさと幻想さ、分かり易い作風で
まとめられていますが、時折Ⅴのマズルカのように、かつてのプロコフィエフを想起させるメタリックで鋭角的な響きも
見せたりします。
個人的には、ⅦのシンデレラのワルツからⅧの真夜中に至る所が大好きです。
ハープ二台を駆使し、いかにも舞踏会という感じのワルツを経て、真夜中に至るのですが、ここの部分は、
夜12時の時計の音を聞いてあわてふためくシンデレラが見事に表現されています。
そして真夜中の部分のラストで壮大に冒頭の愛のテーマが奏でられるのは何度聴いてもジーンとさせられそうです。
真夜中の部分の時計のカチコチという描写は、ウッドブロックで表現されるのですが、
この「カッチンコッチン」という時計の刻みの音は、まさに「時計の刻みそのものの音」であり、
それを聞いて慌てふためくシンデレラの描写と合せて大変優れた音楽物語だと感じます。
12時の時報に慌てふためくシンデレラの姿が自然と目に浮かびそうですし、
この12時を知らせる時計の音の描写で、急激に幻想から現実の世界に無理やり戻されるような雰囲気もあり、
プロコフィエフの音楽づくりの巧みさが最大限発揮されていると感じられます。
この場面を聴いてしまうと「本当にその20年前に交響曲第2番・炎の天使・スキタイ組曲等の過激極まりない鋭角的な
音楽を作曲されていた人と同一人物なのかな・・??」と感じさせられますけど、極端な作風から極端な作風へという
変化の激しさはロシアの作曲家のお家芸なのかもしれないです。
(そういう観点で言うと終始作風を変化させなかったラフマニノフの方がむしろロシアでは異端なのかもしれないです)
真夜中のラストは、「愛のテーマ」を高らかに歌い上げて終わらせていて、感動的で爽やかな印象も与えていると思います。

プロコフィエフを全然知らない方が聴いても、すんなりと耳に入る曲だと思いますし。
是非是非、第一組曲の、シンデレラのワルツと真夜中は聴いて頂けると嬉しいです~♪
黙って目を瞑って聴いていると、12時の時計の音に慌てふためくシンデレライメージだけは間違いなく伝わってくると思います。
プロコフィエフの大変分かりやすい音楽というと「ピーターと狼」や交響曲第7番「青春」も挙げられると思いますが、
バレエ音楽「シンデレラ」のシンデレラのワルツ~真夜中の部分もそうした分かりやすさを最大限発揮していると思います。

吹奏楽コンクールにおいては、バレエ音楽「シンデレラ」は、ロメオとジュリエットほど演奏頻度は高くないものの、
既に十数回全国大会で演奏されています。
だけど残念ながら「これぞ名演!」という決定的名演はいまだに全国大会では表れていないような気もします。
吹奏楽コンクール好きの皆様ですと「大社中・出雲二中・兵庫高校の名演があるでしょ・・」と言われるのかもしれないですけど、
中学生の演奏だとどうしても完成度の低さが気になってしまいますし、中学生の演奏の場合、マズルカではなくてギャロップを
チョイスする事も多々あり、ギャロップがなんだかチンドン屋の行列のように聴こえてしまう感じもあったりします。
1993年の兵庫高校も悪くは無いのですけど、
ラストの「真夜中」の場面で、シンデレラが慌てふためく12時の時刻を告げる時計の描写が原曲においては、
ウッドブロックの甲高いカッチンコッチンという響きで再現されているのに、兵庫高校の西山氏のアレンジではなぜかあの
真夜中の時計のカッチンコッチンという部分を小太鼓(スネアドラム)でどす黒く表現されていて、
「せっかく途中までよかったのに最後で思いっきり興醒め・・」という感じになっていたのは私的には大変残念でした・・
明石南高校もこの「シンデレラ」を自由曲にしていましたけど、序奏がだるくて歌い廻しが丁寧過ぎて逆にしつこい印象を
与えてしまい、結果的にファンタジー感を損ねてしまい印象は極めて悪かったです。
序奏の部分も含めて関西代表のチームとしては珍しくサウンドが濁り気味で、部分的に音程不良があったのも
マイナスポイントなのかもしれないですし、銅賞と言う評価も妥当としか言いようがないです。
あの音楽は「流れる水は腐らない」という音楽の流れの重要さに反比例する音楽で、感覚的には
「流れない水は腐ってしまう」という事になるのかもしれないです。
この曲の吹奏楽アレンジ版の演奏としては、知る人ぞ知る範疇になりそうですけども
1990年の都大会の江戸川女子高校の演奏が大変素晴らしかったと思います。
江戸川女子は構成も大変良くて、序奏→マズルカ→シンデレラのワルツ→真夜中の部分を選曲されていて、
序奏のファンタジーとマズルカの奇怪な響きのグロテスクさを演出し、ワルツ→真夜中での高揚感を見事に表現されていて、
私的には全国大会代表でもいいのかも・・と感じていましたけど、あの年は都立永山のプラハのための音楽と
関東一高の「華」というまたまたとてつもない名演がありましたので、江戸川女子の全国大会初出場は2001年まで
お預けになっていました。
(江戸川女子と言うと、ピンク色のブレザーユニフォームもすてきでしたけど、1992年の序曲「ピータールー」も素晴らしい
演奏だったと思います。どうしてあの演奏が都大会銅賞という評価なのかはいまだに解せないです・・)


7ddd85d0_convert_20160203155158.jpg



1353196058541_convert_20150414110943.jpg


ここから先は少し余談をさせて頂き、話は「スマイルプリキュア」に転換をさせて頂きます。

シンデレラをモチーフにした話と言うとプリキュア5の無印版でもありましたけど
(いじわるな義姉がこまちとかれんさんというのも楽しかったです~)
「スマイルプリキュア」の第39話でもこの「シンデレラ」はネタとして使われていました。

スマイルプリキュア39話のみゆきはポンコツでもあり、ひたむきでもあり、気合入りまくりでもあり
とにかく可愛くてとても印象に残っていますし、特にドレス姿はとっても可愛かったですね~♪

ガラスの靴とか12時の時報など原作をそれなりに再現していましたし物語としても大変面白かったと思います。
あの回のみゆきは、灰をかぶったお手伝いさん風のエプロン姿あり、ドレス服あり、
単独変身あり、とどめに「シンデレラ・ハッピーシャワー」ありと
見所満載で、ハッピー好きの方でしたら感涙ものの回の一つだっといえるのかもしれないです。

スマイルプリキュアの2012年の秋の映画においてはシンデレラもしっかりと登場していて、
映画の中でもみゆきはシンデレラを演じていましたけどみゆきは本当に「シンデレラ」が大好きなのですね~♪
映画の中もアニメ本編の方でもみゆきのシンデレラはとにかくとてもかわいかったのが大変印象的です。
スマイルのあの映画は、今にして思うと少しだけハピネスの映画「人形の国のバレリーナ」に似ている所があると思う所もあり、
みゆきもめぐみも映画の中のゲストヒロインに対して「出来もしない約束」を安易にしてしまい、
その結果として思いもよらないしっぺ返しを食らってしまうという点が似ていると思います。
めぐみの場合、あまりにも安直に安請け合いをしてしまったという事と
「プリキュアといえども全ての人達を救う事は出来ない」という事に今更ながら気付くというその鈍感さに
悲劇の原因があったようにも思えますし、その辺りが後半のあの「感動」を呼び込んでしまうのですけど
みゆきの場合は、幼少の頃という事もありますけど、要は分かりやすく言うと
みゆきはニコちゃんとの約束を「すっかり忘れてしまった」という事になるのだと思います。
めぐみの場合は作為的な意図もありましたけど、みゆきの場合は無作為というか、単なる注意力散漫みたいなものでして、
そのせいもあってか、
みゆきは映画の中で確かに一時的に凹みはするけど、めぐみほどの精神的打撃は受けていないというのが
大きな違いなのだと思います。
ハピネスの映画で凹むめぐみに喝を入れたのはひめ=プリンセスなのですけど
スマイルの映画では凹むみゆきに喝を入れ、温かくアドバイスをしてあげて
「いま、みゆきは何をしたいねん・・・?」と優しく背中を押してあげるあかねちゃん=キュアサニーは
あの映画の中では、実は影のMVPなのではないのかな?とも思ったりもしています。
スマイルの映画の助演女優賞はハッピーですけど、主演女優賞は間違いなくニコちゃんだと思います。
あの映画でニコちゃん役を務められた林原めぐみさんの声の演技は本当に素晴らしかったですね~♪




映画においては、例えばシンデレラの世界に突然桃太郎が乱入してくるなど各物語の主人公達が別の物語の登場人物として
乱入してくるなどタイトル通り、「チグハグ」な感じでその「噛み合わない感じ」がとってもナンセンスで楽しかったのですけど
アニメ本編第39話はハチャメチャとしかいいような展開でもありました。
みゆきのシンデレラというのは妥当性があると思うのですけど、ウルフルンたちマヌケ幹部3人がなぜかシンデレラの
邪悪な義姉役を演じていたのは、プリキュア5でのこまちの義姉役以上のミスマッチなのですけど、
ウルフルンとアカオーニは女装という事になりますし、れいかさんは女の子なのになぜか王子役でしたし。
あかねちゃんとなおはネズミ役+馬役でした。
そういえば映画の中でもあかねちゃんは一寸法師を演じていましたけど、アニメ本編でもちびっこいネズミ役という事で
あかねちゃんはよほど「チイサクナ~ル」がお好きなのかもしれないですね・・

スマイルプリキュアの第39話は、映画にも多少連動していたようにも思えるのですけど
「シンデレラ」という未来永劫後世の子供たちにも伝え続けていきたい「すてきな物語」をみゆき達プリキュアが守るというもの
なのですけど、そうした中でも、この話の中でみゆき達がドタバタ演じたように「シンデレラ」を含めて物語というものは
決して「決まりきったもの」があるという訳ではなくて読み手によって色々な解釈が出来るし
物語は決して一つだけのものではなくて多様性があるものなのだよという事を提示していたような話にも感じたものでした。

39話の話自体はそんな高尚なものではなくて終始一貫してドタバタを演じていますけど
さすがにみゆきは「無類のシンデレラ好き」というせいもありますが、一人気合入りまくりという感じでしたし、
改めてですけど「みゆき=キュアハッピーはとっても可愛い!!」と心から実感してしまうとっても楽しい回だったと思います。

スマイルプリキュアのシンデレラは、原作のシンデレラとは全然違うシンデレラになっているのですけど
全体の雰囲気は合っているというのがなんとも楽しいです。
数学の方程式に例えるとも途中の計算過程は無茶苦茶ずれてでたらめなのに答えだけはなぜか合ってしまうという
感じでもありました。
そうした「多様なシンデレラもありなのかも~? 物語というものは個人の内面の妄想でいくらでも変容できるのだけど
それはそれですてきなもの」みたいな事をもしかしたら制作者サイドは伝えたかったのかもしれないです。

第39話において、バトルが開始された頃の時計の針はPM23:56頃でしたから、
わずか4分程度で最初は時間稼ぎのために逃げ纏うアカンベエをハッピーは捕まえて
ハッピーシャワーすらもいつの間にか超越してしまったシンデレラハッピーシャワーで浄化してしまいました!

普段はポンコツのハッピーもやる時はやるものですね~♪


6ea4adca_convert_20160203155111.jpg


みゆきの「シンデレラ」は無事に12時に家にたどりつき、
翌日、無事にシンデレラの「ガラスの靴」とビタリ符合してハッピーエンドになりました。

めでたし、めでたし・・・


miyuki-chan!_convert_20130515171257.png


ここから先はdream fantasy2
アミグリさんが過去に描かれたかわいい絵の転載&ご紹介コーナーです。

上記のとってもかわいいキュアハッピーの変身前の姿の星空みゆきは、アミグリさんが2013年5月に描かれた作品です。

この星空みゆきはとってもかわいくて、みゆきのトレードマークの「くるくる髪型=コロネパン」が素晴らしいです!

天真爛漫なとってもとってもかわいいみゆきだと思いますし、こういうすてきななイラストを見てしまうと、
みゆきは誰からも愛される娘なんだなぁ・・としみじみ感じさせてくれていると思います。
みゆきはアニメ本編でも秋のプリキュア映画の中でも「シンデレラが大好き!」という事が溢れんばかりに伝わっていましたけど、
アミグリさんが描かれた星空みゆきもそうした「夢見る少女」ののちょっと不思議ちゃんみたいなかわいらしさが
至る所から溢れ出ていると思いますルンッ~♪


kyuahappi--_convert_20120521163537.png


続きましてアミグリさんが2012年5月に描かれた通常フォームとしてのキュアハッピーです!

普通の中学生がある日突然プリキュアになってしまいました~みたいなすてきなファンタジーが伝わってきますし、
このハッピーはやさしさ・やわらかさみたいなものがナチュラルに感じ取れると思います。
そしてハッピーのこのツインテ風髪型もとてもかわいいものがあると思いますし、こうやって見てみるとプリンセスフォームの
ハッピーのツインテは通常フォームよりも更に髪の毛がふわふわとボリュームアップしているなぁと
感じたものでした。

シンデレラの物語もファンタジー溢れるお話ですけど、考えてみると「なんだかよくわからないけどプリキュアになっちゃった~」
というプリキュアシリーズのお話も見方によってはファンタジー溢れるお話だと思いますが、そうしたプリキュアとしての
ファンタジーもアミグリさんの描かれたキュアハッピーからは素直に感じ取れそうですルン!

上記のアミグリさんが描かれた星空みゆき=キュアハッピーの権利は、星空みゆきの絵師様であられるアミグリさんに
帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきな絵の転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにもかわいい星空みゆきを描かれる方のブログってどんなもんなのだろう? 」などと
興味がある方は、 是非是非アミグリさんのブログdream fantasy2を ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログdream fantasy2 に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

プロコフィエフのバレエ音楽「シンデレラ」~シンデレラのワルツ・真夜中の音楽で夢見るファンタジーを味わったうえで
さらに歴代プリキュアたちのシンデレラ話をご覧になられると更に楽しさもマシマシになりそうですかもルン!
10日前の7/7記事は「本日は七夕でありポニーテールの日でもある」といった記事を掲載させて頂きましたけど、
ポニーテールについて触れたのにツインテールに触れないのもちょっとアレかな・・と感じ、本記事においては
ツインテールについて少しばかり取り上げてみたいと思います。

というか・・ツインテールの日は毎年2月2日で、まだ全然先の話でもあるのですけど、
ツインテールの日の根拠と言うものは、あってないようなものでもありまして、
それを制定した「日本ツインテール協会」によると
「男性の皆さん、ツインテールの日に心惹かれる女性に2本のゴムを渡しましょう。
女性の皆さん、もしあなたに彼の気持ちを受け止める心があるのならツインテールで応えましょう。 」
という事らしいです。
ツインテール愛好家のためだけの日ではなく、恋人達の記念日の1つにしましょうとの意味もあるらしいです。

ツインテールはアニメキャラやコスプレイベントでは頻繁に見かける印象があるのですけど、日常においては、
実用的なポニーテールの印象に比べるとツインテの女の子を見かけることは極めて少ないという事は、
ツインテールというのはポニーテールと比べると10代または20代の女の子だけが許される一つの特権と言えるのかも
しれないです。
ポニーテールが実用的と上記で記しましたけど、それは「ラーメン大好き 小泉さん」において、長髪サラサラの小泉さんが
ラーメンを食べる時だけ髪の毛が邪魔にならないようにポニテにしている印象が大変強いから余計にそう感じるのかも
しれないです。
(もしも小泉さんがツインテールにされたらとてもかわいいと思いますね~♪)

アニメキャラにおいて、ツインテールというとどんなキャラがいたのかな・・?

うーーん、ざっと思い出してみると・・・

〇初音ミク

〇けいおんの中野梓(あずにゃん)

〇物語シリーズ/八九寺 真宵(はちくじ まよい)

〇セーラームーン

〇ダンベル何キロ持てる? / 紗倉ひびき

〇アイドルマスターシリーズ シンデレラガールズ / 池袋晶葉・今井加奈・緒方智絵里・神崎蘭子・十時愛梨・的場梨沙

〇艦隊これくしょん / 鹿島・瑞鶴・村雨・五十鈴・利根など

〇キルミーベイベー/ソーニャ

〇ハヤテのごとく! /三千院ナギ

〇ロウきゅーぶ! /三沢真帆

〇みなみけ/南夏奈

〇這いよれ!ニャル子さん/クーコ

〇魔法少女リリカルなのは/高町なのは

〇ラーメン大好き小泉さん / 中村美沙

〇デート・ア・ライブ / 時崎狂三

〇邪神ちゃんドロップキック / ゆりね

〇球詠/ 藤田菫

〇女子高生の無駄づかい / ヤマイ

〇プリキュアシリーズ / 変身前でも変身後でも多数存在・・
 →一例を挙げると、シャイニールミナス・キュアレモネード・キュアピーチ・キュアサンシャイン・キュアメロディ・キュアハッピー
キュアロゼッタ・キュアホイップ・キュアスターなど

上記はほんの一例ですので「どうしてあのキャラが入っていないの・・!?」というご容赦頂ければ幸いです。

ツインテールというと東方では比較的少なく、正統派のツインテールキャラというとキスメとはたてぐらいしかかつては存在して
いなかったのですけど、「東方憑依華」においては、ツインテ+巻き髪という依神女苑という類稀なるキャラも
登場していました。

邏ォ_convert_20180710193353

依神女苑(左側 ※右側はゆかりんです)

依神女苑(よりがみ じょおん)のその種族は疫病神で、女苑は双子の依神姉妹の妹の方です。
能力として「財産を消費させる程度の能力」という事で、人に憑りついて財産を浪費させてしまうという大変厄介な御方でも
あります。
ちなみに姉の依神紫苑は貧乏神で、憑りついた人を貧乏にさせてしまう妹以上に厄介な御方です。

妹の疫病神の女苑の方はシルクハットに扇子、たくさんの指輪にバッグと見事に成金を体現したような見た目をしていますし、
攻撃方法も札束をばらまいてそれを燃やすなど成金そのものですし、
なんだか見た目はバブル時代のゴージャスなイケイケねーちゃんみたいな雰囲気です・・
小さいシルクハットにサングラス、そしてまさかの茶髪お嬢様縦ロールでありツインテの髪型でもあります~!
さらにジャケット・ミニスカに加えてネックレス・指輪・ブランドバッグなど各種アクセサリーで綺羅びやかに着飾った
ギャルスタイルをしていて、東方キャラとは思えないほどド派手で現代的な容姿と言えそうです。

女苑のバトルでの戦い方は意外にも接近戦に大変強く、
指輪をはめて殴る、頭突き、バッグを投げつけるなどかなりアグレッシブであり、
相手への腹部強打を連発させた挙句、連打して相手から金を巻き上げるという、「一体どこのチンピラなのか・・!?」と
感じさせる大変えげつないバトルを仕掛けていきます。
女苑は他者を害することをなんとも思っていませんし、
初対面の相手に「クズ」「死んだほうが幸せ」などと言うだけでなく、実の姉の紫苑お姉ちゃんにすら罵詈雑言を浴びせ、
お金はなくなれば奪えばいいと豪語し、幻想郷の人達は金づるとか金脈にしか見做していなかったというのは、
まさにバブルの申し子・・とすら言えそうですね・・

アミグリさんが過去に描かれたツインテール娘というと初音ミク・東方のキスメとはたて、
ツインテール姿にコスプレした東方の美鈴などが
大変印象的でもありましたけど、他にはBanG_Dream!の丸山彩ちゃん・プリパラの真中らぁら、けいおん!のあずにゃん(中野梓)も
大変印象的でもありました。
丸山彩・真中らぁら・中野梓というとピンとくる人はすぐに気づかれると思うのですけど、全員音楽関係に関連しているキャラの
皆様でもあるという偶然があったりもします。
もしかしたら、音楽とツインテールというのは何かしら縁があるものなのかもしれないですし、丸山彩ちゃんとらぁらは
アイドル系という側面もありますので、むしろアイドル系とツインテールは深い関連性があるという事なのかもしれないです。

そうした訳で本記事においては、アミグリさんが過去に描かれたツインテール娘の中から、 真中らぁら・丸山彩の
2人のとってもかわいい絵を皆様にご覧頂き
「ツインテってとってもかわいいよね~」と皆様に少しでも感じて頂ける事が出来ましたならばとてもハッピーです。
そしてアミグリさんは今年の3月にもリゼロキャラの中から巻き髪ツインテールという大変特徴あるツインテキャラとして
ベアトリス・・というかベア子も描かれていましたので、本記事においてはアミグリさんが描かれたベアトリスも
当ブログとして初転載&ご紹介をさせて頂きたいと思います。





そうした訳でここから先はdream fantasy2のアミグリさんが描かれたツインテール娘の転載&ご紹介です。

まず最初の作品は、アミグリさんが2018年2月に描かれた「かしこまっ!」でお馴染みの真中らぁらです。

アミグリさんが描かれたらぁらはとってもかわいいですし、なによりも今この瞬間に「かしこまっ!」と言っていそうな雰囲気が
すてきに漂っていると思います~♪
明るい雰囲気に満ち溢れていて、見ているだけで元気やパワーをこのらぁらから分けて貰えそうですね!
らぁらの外見というとなんといっても初音ミクを彷彿とさせるあの巨大ツインテールなのですけど、
紫のツインテのかわいらしさもすてきですし、衣装もアイドルそのものでとってもキュートでかわいいなぁ・・と思います。
らぁらが小学生であるとは今でも信じられない話でもあるのですけど、
「小学生は最高だぜぇ!」と思わず言いたくなってしまいそうなすてきならぁらだと思います。

このピースサインもウインクもすてきな笑顔もまさに正統派アイドルそのものだと思います。
そしてらぁらのフリルの描き方も細かく丁寧に描きこまれていて、この完成度の高さは素晴らしいものがあると思います。

リアルの女の子のツインテでらぁらのような巨大ツインテやベアトリスのような巻き髪ツインテをお目にかかれることは
それほど多くは無いと思うのですけど、もしもリアルで真中らぁらのような巨大ツインテールを拝めることが出来たとたら、
それはとてつもなくハッピーな事と言えるのかもしれないです。


bandori-ayacyan-04_convert_20190211151258_convert_20190215024918.png


続きましてアミグリさんが2019年2月に描かれたBanG_Dream!の丸山彩ちゃんです。

このアミグリさんが描かれた丸山彩ちゃんは当ブログでは実は結構かなり高い頻度で登場しているのですけど、
この彩ちゃんは小泉さんや夕張ちゃん、月白瞳美ちゃん、ゆかりん・こいしちゃんなどのように私のお気に入り絵の一つで、
こうした大好きな絵は当ブログでは毎日でも転載させて頂きたいものです~♪

丸山彩ちゃんというと、Pastel*Palettesのボーカルなのですけど、他の極めて優秀で才能溢れるメンバーに対して
彩ちゃんは普通というのか音楽才能的には平凡な女の子という印象もある中で、いつも一生懸命で前向きで
努力を惜しまないあのひたむきな姿には、共感するものが大なのだと思いますし、
その辺りが丸山彩ちゃんの人気の理由なのかもしれないです。

アミグリさんの描かれた丸山彩ちゃんはとにかくとってもかわいいです~♪

ピンクのもふもふ~っとした雰囲気のツインテもとってもよくお似合いです。
彩ちゃんは髪を下した場面やツインテ以外のシーンもありましたけど、アイドルらしいこのツインテがよくお似合いだと思います。
ピンクのフリフリのアイドルっぽい衣装もピンク系プリキュアのかわいらしさを彷彿とさせるぐらいとてもよくお似合いで、
華やかさとかわいらしさを一段と盛り上げているように感じられますね~!
背景の淡い雰囲気もアイドルさんらしさも更に引き立たせているようにも感じられそうです。

とにかくツインテのこのやわらかそうなモフモフ感と笑顔のかわいらしさと
絶対領域の眩しさと華やかで明るい雰囲気は素晴らしいですね!





続きましてアミグリさんが2021年3月に描かれたReゼロというかゼロから始める異世界生活の中から
巻き髪ツインテでもお馴染みのベアトリスです。
ベアトリスというとリゼロでスバルがよくベアトリスのことを「ベア子」と呼んでいたせいで、私もどちらかというとベア子と
いう方がしっくりくるのかもしれないです。

そしてこのベアトリスはアミグリさんにとってはお久しぶりの版権作品の掲載となっていて、
プリティーリズム レインボーライブのなるちゃん以来の発表となっています。
こうやって東方以外のアミグリさんの描かれた作品を拝見させて頂きますと新鮮さを感じてしまいそうです~♪
リゼロは関東では昨年再放送が放映されてその流れを受ける形で新作の放映が開始されましたけど、
さすが人気作品だけあって安定感抜群のストーリー展開がなされていて見ているだけで全然飽きなかったです。
ただ第二期は第一期に比べて格段と登場キャラもストーリーも伏線なども複雑になり、決して楽しいだけのアニメでは
なかったように感じられます。
リゼロというと人気キャラはレム・ラムが一番人気なのかもしれないですけど、実は私自身はリゼロで一番大好きなキャラは
エミリアさんでした~♪
(第一期で時に余計なこと仕出かしたりエミリアさんに暴言吐きまくっていたスバルはたまにですけど、うざく感じたりもします・・)

リゼロのキャラの中ではベアトリスというか・・ベア子は独特の異彩を放っているキャラだと思いますし、
あの少しツンデレっぽいというか毒舌はとても小気味いいです。
リゼロキャラの中でレム・ラムではなくて最初にベアトリスを描かれたアミグリさんの感性に個性を感じますし、
アミグリさんらしいチョイスと いえそうです~♪
ベアトリスのあの独特な巻き髪ツインテを描かれるのは実は結構大変なのではないか・・?と思うのですけど、
初描きとは思えないほどしっかりとベアトリスを表現されていて、今にもあの毒舌が聞こえてきそうな雰囲気が 感じられそうです。 ツインテのリボンもかわいくてとてもよくお似合いだと思いますし、瞳の描き方も素晴らしいと思います。

上記のアミグリさんが描かれたツインテキャラの権利は、
全て上記作品の絵師様であられるアミグリさんに帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全て
アミグリさんからご了解を頂いたものであり、アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、いつもすてきな絵の転載を快諾して頂きありがとうございます。

皆様の中で「こんなにもかわいいベアトリスを描かれる方のブログってどんなもんなのだろう? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログdream fantasy2を ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログdream fantasy2に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

ポニーテールもいいけどツインテールもとっても魅力的な髪型ですよね~♪
昨日の記事が「記憶」に関するものでしたので、関連して本記事にて「記憶に残るラーメン」といった事を小泉さんと
合せて記させて頂きたいと思います。

ラーメン店はどんな街に行ってもどんな駅前でも必ず一つや二つはあるものですけど、
「一度行って食べてみておいしかったからもう一度あの店に行ってみようかな~」と思っていても実際には既に閉店・廃業
という店も決して多くはないと思いますし、ラーメンは確かに大人気メニューで日本人の大半は大好きだと思われるのですけど、
人気が高い・需要が高いということはそれだけ新規参入が多く競争がし烈という業界でもあると思います。
ましてや昨年からの新型コロナウイルスによる飲食店への営業規制により廃業してしまったラーメン店や町中華のお店も
かなり多いような印象もあります。
私がこれまで食べてきて「あのラーメンとてもおいしかったな~、もう一度食べに行きたいな・・」と感じていた
ベスト5のうち実は既に4店は廃業しています・・

現時点で唯一残っている町中華のお店は北千住のりんりんです。
私自身短期間ではありましたけど足立区北千住に住んでいた事があり、その北千住にはたくさんのおいしい町中華の店や
和菓子屋さんがあり私も大好きな街で大変住みやすい街という印象が強いのですけど、
その北千住の町中華で今現在もその店舗が残っていて、その味がとても印象的なお店が「りんりん」だと思います。
りんりんはカウンター8席だけでいつも満席でにぎわっています。
メニューにはお酒がないので食べ終わったらすぐ退店する人がほとんどで満席でもあまり待たずに入れる点が
いいと思います。
そしてりんりんの焼き餃子の味は私も大好きですし、ラーメンの味も「これぞまさしく昔ながらの東京ラーメン!」と感じさせる
なつかしい味であり、何回食べても飽きることは全く無いですし、
りんりんに行くとラーメン+餃子の組合せは鉄板だと思います。
店内のメニューはラーメン・餃子・カレーライス・焼きそばがメインで、ほとんどのメニューがとてもリーズナブルで、
財布的に大変やさしいお店と言えると思います。
(当時は餃子一皿250円、ラーメン一杯300円だったと思います)

町中華の最大の魅力は高級フレンチのような贅沢品としての味ではなくて、庶民的で親しみやすく
週に一度は食べたくなるような味という事なのだと思いますし、そうした「なんだか知らないけど無性に食べたくなる味」こそが
町中華の最大の魅力と言えるのかもしれないです。
チェーン店のラーメン・餃子等はとてもおいしいと思うのですけど、なんとなくですけどいつ食べても同じ味という感じも無くはなく
その点が「店主の調子が悪いとたまに外す事もある」という味のムラが決してなくも無い町中華との違いなのかもしれないです。
町中華の厳密な意味での定義というのは少し難しいのかもしれないですけど、
あえて定義させて頂くと、町中華とは、安い・美味しい・ボリューム満点・居心地抜群で、その地域の町の人たちに
大変愛されている大衆的な中華屋さんという事なのだと思います。

町中華のラーメンは新規参入がしやすいだけに、
近隣でおいしいラーメン店ができると既存店舗が閑古鳥が鳴いてしまうという光景は珍しいことではないですし、
常に新しい味やメニューを模索する等の地道な営業努力は必要ですし、ある程度の常連さんというのか固定客を確立できる
までが大変なのだと思います!
ラーメン店が生き残るには利ザヤの確立とか競合店との熾烈な競争に常に打ち勝つといった大変な
努力が必要とされますので、とにかく大変なのだと思います。

それゆえに、もう一度食べてみたいラーメン店が閉店になっていることは珍しい事でも何でもないですし。
結果的にその味は「もう一度食べたいけど既に幻の味となっていて二度と味あうことができないものなってしまっている」と
いう事になっているのだと思います。

そうした意味において、私たちには一つぐらい「もう一度食べてみたい記憶に残るおいしいラーメン」というのはあるのかも
しれないですね~!
袋麺・カップ麺としては、既に廃番になっている製品としては明星食品の「うまかめん」を挙げさせて頂きたいです!

うまか

明星食品の「うまかめん」は、1980年に発売され、しっかりとした食感で歯切れが良い細麺に、
こってりなのにスッキリとした豚骨スープが売りだったと思います。
昭和を思い出す懐かしいすっきり豚骨ラーメンだと思います。
この「うまかめん」のマイルドさとかすっきりとした味というのは、本場の方から見ると
「反則じゃん・・」みたいなものかもしれないですけど、私はこうしたあっさりとんこつは大好きです!
かやくは、焦げめを付けた豚バラ肉のやきぶた、玉子・なると・小ネギが入っていますけど、このやきぶたも
うすくて安っぽい感じもありましたけど、意外と美味しかったと思います。

惜しまれる事にこの「うまかめん」は1980年代の終わり頃にいつの間にか店頭からひっそりと消えていきました。

嬉しい事に、2008年4月21日にその「復刻版」が期間限定商品として発売されていたのは、当時とっても嬉しかったですね!
(ちなみにその時の私は嬉しさのあまり1箱大人買いをしてしまったほどでした~♪)

うまかめん以外に、いつの間にか姿を消し生産終了となってしまったインスタント麺としては、
明星食品の「中麺」(ちゅんめん)とハウス食品の「たまごめん」と同じくハウスの「本中華」や
サンヨー食品の「とっぱちからくさやんつきラーメン」が私にとっては今でも忘れられない幻のおいしいラーメンと
なっていると思います。

今現在も普通に店頭に置かれている現役のインスタント麺として大変印象的で定番なのは日清のチキンラーメン
なのかもしれないですけど、その次に来るものは・・?という問いには日清の「出前一丁」を推させて頂きたいと思います。

「出前一丁」も考えてみるとチキンラーメン同様に日本では定番の人気インスタント麺だと思いますし、
あのごま風味の香りがなんともいえないですし、あの香りを嗅いだだけで食欲なくとも出前一丁だけは食べたい!という気持ちには
間違いなくさせてくれると思います。
日本国内で販売している袋麺としての出前一丁はしょうゆ味が定番だと思いますけど、
ごまトンコツ味が中国・四国・九州限定で販売されているそうです!
ごまとんこつ味だなんて名前からしてなんだか食欲そそりそうですけど、私が住んでいる所は関東ですので、
残念ながらこのごまとんこつ味の出前一丁を食べたことが無いのは少し残念な話でもあります・・
そうそう。理由は不明ですけど、1995年からしばらくの間、東日本のみごまラー油をねぎ香味油に変更していたそうですけど、
いつの間にか昔ながらのごまラー油に戻したそうです。
出前一丁で特筆されるべき事は、日本よりもむしろ海外・・特に香港で大人気商品という事で、
香港においてのみ味の種類も今までに25種類も発売されているそうです。


蜃コ蜑浩convert_20180930182006

1993年から実は一時的にではありましたけど出前一丁のキャラの皆様が登場していたアニメCMが流れていた時期も
ありました。
袋麺のデザインでお馴染みのあの小さい男の子の名前は実は「出前坊や」と呼ばれる事もあのCMで初めて知ったものです・・
あのアニメCMで登場していた家族は「出前ファミリー」と呼ばれていて、
出前坊や : 年齢は8歳 終助詞を「~じょ」と喋る癖がある
出前パパ : 年齢は45歳 先代から受け継いだ"秘伝ごまラー油"を守り続ける
出前ママ  : 年齢は40歳。
出前ちゃん : 出前坊やの妹 年齢は5歳
出前ばあちゃん : :出前パパの実母で年齢は70歳
出前ワンちゃん : 出前ファミリーのペットの犬

という三世代の5人家族という構成になっていました。ちなみに先代の出前じいちゃんは既に故人との事です。

私自身、インスタント麺や実店舗のラーメンは「麺が固め」という方を好むのですけど、なぜか出前一丁の袋麺に関しては、
やわらかく煮込んだ方が大好きという感じでもあったりします。


001_convert_20180929172511.jpg

002_convert_20180929172540.jpg

003_convert_20180929172601.jpg


吉野家の牛丼とかボンカレーとか日高屋のラーメンと炒飯と餃子セットとか、はたまたこの出前一丁というのは
なんだかある日突然無性に食べたくなってしまいたくなる時があり、
そうした時はその「食べたい!」という欲求を止めるのは至難の業といえそうです・・

出前一丁はやはりあの香ばしいゴマの香りにKOされてしまいそうです。

そして最近のカップ麺としての出前一丁にはワンタンが4~5枚程度入っているのはとてもうれしいものがあったりもします~♪


fe66b626-s_convert_20180417083138.jpg

dd00d43d-s_convert_20180417082852.jpg


上記の話は記憶に残るおいしいラーメンのインスタント編の話でしたけど、
「ラーメン大好き 小泉さん」第11話においてもそうした記憶に残るもう一度食べてみたいラーメン」の話が登場してきます。

大澤悠の小さいころの記憶なのですけど
「小さい頃…大阪で食べた美味しいラーメン。確かおばあちゃん家の近くの店だったかな…
昨日寝る前にふと思い出したんだよね。
なんか葉物の野菜と細かい肉が入ってて…そんで、スープはすき焼き?みたいな優しい甘みがあって…
とは言え、薄味ではなかった」という大変あいまいな情報しかありません・・

あ、でもそれってわかりますね~!

人の記憶って大変あいまいなものですし、ましてやそれが小さいころの記憶でしかも味に関することですと
それを具体的に「これが正解だっ!」と提示することは大変難しいものがあると思います。

「一緒に食べていたお兄ちゃんに聞いてみれば・・?」と潤がヒントを授けてくれたおかげもあり、
悠はお兄ちゃんにメールするのですけど、お兄ちゃんから戻ってきた返信は・・
「あーそれは、おいしいラーメンだ」との一言でした・・
悠はぶち切れ状態になってしまい
「お兄ちゃんの感想なんか聞いてないじゃん! お兄ちゃんはダメだ。こうなったら自力で思い出す!」となってしまうのですけど、
そこに入ってきたのは珍しく・・あの無口で不愛想でコミュニケーション力ほぼゼロの小泉さんでした~!

そして小泉さんが言うには・・

「ところで…先程から話している、これの元になったラーメンですが――」

「恐らく…“おいしいラーメン”では?」とまさかの悠のお兄ちゃんと同じ回答をしていました!

小泉さんは「そのお店、本店は大阪の道頓堀ですが、東京にも支店があります」とこの日の小泉さんは悠に珍しく大変優しく、
結果的にその「おいしいラーメン」を一緒に食べに行くことになったのでした。

小泉さんというとあの「嫌です」とか「お断りします」というセリフが大変印象的でもあるのですけど、
ラーメンに関することで困っている人がいれば見過ごせないということで案外ともしかして・・?
根はやさしい人なのかもしれないですね・・

悠は「まさかそのままメニュー名が“おいしいラーメン”だったとは…お兄ちゃんにゴメンって送っとこ…」という感じで
ちょっと反省していましたけど、隣にいた小泉さんは
「久しぶりにその大阪のおいしいラーメンを食べてみたい・・」という気満々でした・・
結果的にこの11話の後半Bパートが小泉さん大阪遠征編となってしまい、小泉さんはこの大阪の地であの大澤絢音さんと
運命的な(?)出会いを果たす事になるものでした~

悠 : これこれ!この白菜の優しい甘さ!

悠 : でも、あっさり過ぎないのは香味油が多めだからかな?

悠 : ニラでより深い味わいに…

これは見るからに本当に「おいしいラーメン」そのものだと思いますし、マイルドなしょうゆベースに
白菜とニラという野菜をトッピングすることですてきな味になるものなのですね~♪

これはとてもおいしそうです!

悠にとっての「記憶に残るもう一度食べてみたいおいしいラーメン」問題が解消できたのは小泉さんのおかげでもありました。


075cd641-s_convert_20180417082717.jpg


小泉さんと悠がおいしそうにラーメンを食べている姿はいつ見てもすてきなものがありますね~♪

小泉さんの「ここはいつもアツアツ…」という発言は、リアルタイムで見ていたときは
「小泉さんもついに悠に陥落したのかっ!?」と感じたのですけど、実は違っていまして、
悠の「思わずスープ全部飲んじゃったよ…まさか思い出のラーメンを東京で味わえるなんて
大阪行かないと食べられないもんだと思ってた」という発言に反応したのか、
小泉さんがこの日の翌日に取った行動というのは、東京から大阪までラーメンを食べに行くというものでした~!

このあたりも実に小泉さんらしい話でしたし、この小泉さん大阪遠征編と小泉さんが風邪をこじらせ数週間ラーメンを
食べることができず、久しぶりに「青葉」のおいしいラーメンを食べて感涙したシーンがアニメ版小泉さんの最終回というのも
小泉さんにふさわしいアニメ版でのラストシーンだったと思いますね~♪
「最近、記憶力がとんと低下した・・」とか「人の名前がなかなか覚えられない」とか
「過去の記憶と最近の記憶が混在している」といった事をお感じになっている方は意外と多いのかもしれないです。

これは2010年前後の話ですけど、仕事でとある高齢顧客をお伺いした際に、その御方が「先の大戦では・・」と話されていたので
「第二次世界大戦というか太平洋戦争の話なのかな・・?」と思っていたら、話をよくよく聞いてみると、その戦争とは
第一次世界大戦の事であり、話のメインはその第一次世界大戦後に起きた関東大震災での避難時の恐怖体験でも
ありました。
関東大震災のその被災体験はその顧客にとってはおそらくは6~8歳ころの少女時代の話だと思いますが、
その高齢顧客は、同居されていた娘さんの話では、数年前はおろか数日前・・はたまた数時間前に食べたはずの昼ご飯に
何を食べたのかの記憶すらあいまいなのに、関東大震災に被災した頃の記憶はとてつもなく鮮明であったというお話は
「最近の記憶は曖昧になりがちなのに、子供の頃の記憶はとてつもなくはっきりと鮮明に覚えている」という事なのかも
しれないですし、子供の頃の天災や戦争と言った非日常体験の印象度の強さはその後80年以上経過しても尚
鮮明だったのかもしれないです。
(「先の大戦では・・」というと、京都の場合の先の大戦とは応仁の乱を指すというネタは定番の京都いじりなのかも
しれないです・・)

実は私自身もそうした傾向があり、例えば顧客の住所氏名はおぼろけでも、その当該顧客の家の前に来ると
過去のその顧客とのやり取りとかその家のご主人や奥様の人柄等がくっきり記憶として蘇ったりすることは
多々ある中で、数十年前の吹奏楽コンクールを生演奏で聴いた時の記憶というか印象は今でも鮮やかに残っていたり、
歴代プリキュア全員の変身前と変身後の名前はスラスラと出てくるのに、その一方でテレビに出ている
女優さんやタレントの名前が出てこないで「あの××という作品やギャグでお馴染みのあの人の名前はなんだったっけ・・?」と
考え込んでしまう場面は、少なくとも数年前よりはかなり増えているような印象もあったりします。

傾向としては、小さい頃の記憶は意外と鮮明に残っているのに、数年前、数か月前・・果てには数日前の記憶すら
ぶっ飛んでしまっていることもあったりします。

だけどそうした傾向は実は誰にでもあるようです。

皆様自身の幼少の頃の一番記憶に残っている古い事って何歳の時のどんな記憶なのでしょうか・・?

「あなたの一番古い記憶は何歳頃のもの?」と質問に対して多くの皆様は、3歳頃の記憶を最も古いものとして
挙げられるのかもしれないです。
私自身はそのあたりは大変曖昧ですね・・
自分自身の記憶がある程度鮮明に残っていそうなのは基本的には小学校入学以降なのかもしれないです。
ただそうした中でもなんとなくですけどうっすらと記憶が残っているというのか、換言すると脳内にぼんやりとした映像というのか
残像が漠然と残っているシーンが幾つかあるという感じですね。
私自身、このブログで何度も語っている通り生まれは青森県、育ちは基本的に東北です。
東北在住は小学3年から高校卒業までの10年間でしたけど、3~8歳前後の頃、亡き父親の仕事の異動の関係で
東京都・千葉・長野で住んでいた時期があり、
小学校に既に入学していた低学年の頃に住んでいた長野県の事はかなりはっきり鮮明に残っているのに対して
ほんの小さい頃に住んでいた都内の小平市の記憶は、当時の自宅の目の前を走っていた西武国分寺線以外は
全然記憶に残っていないです。
(小平に住んでいたのは恐らく3歳前後と思いますが、なぜか西武国分寺線と踏切はうっすらと覚えている様な感じです・・)
過去記事の中に、ボケの兆候・認知症の初期症状のチェック項目の一つとして、
「出身学校の校歌の歌詞が出てくるか・・?」というものがあるという事を記させて頂いたことがありましたけど、
長野の松本のかつて在籍していた小学校の校歌の歌詞は今でもスラスラ~っと出てきますし、
松本の冬はとにかく厳寒であった事とか、松本の夏休みは短い代わりに秋に中間休み、
冬場に寒中休みというものが存在していたとか、多分ですけど長野県民ならば一度ぐらいは歌った事があるのは
間違いなさそうな「信濃の国」の歌の歌詞は今でもはっきりと出てきます。
(諏訪出身の東方の早苗さんも「信濃の国」は歌えるのかも・・?)

あくまで一般的な話なのですけど、人は3歳頃以前の記憶は覚えていないものらしいです。
冒頭で記した「「あなたの一番古い記憶は何歳頃のもの?」という質問に対しては、
3歳頃の記憶がもっとも多いとの事で、これは年齢や国の違いに関係なくほぼ同じような結果が得られているそうです。
そして何よりも大変興味深いのは、3歳以前に最も近いと思われる幼稚園児や小学生に聞いても、
上記の質問に関しては、概ね3歳という年齢を境にそれより前の記憶が無いという結果はデータとして表れているそうです。
うちの奥様は私が言うのもなんですけど、率直に言って「こんなに記憶力がいい人間を今まで見た事が無い」と
感じるくらいとてつもない記憶力の良さを誇っていて
過去の私の「今度機会があれば××買おうとか△△に行こう!」という不用意な発言をことごとく脳内に
記憶していて、そうした私のその時の気分とノリによるテキトー発言をいまだにしつこく突っ込んでこられる事も多々あり、
私も対応に苦慮する事があったりもします・・
「あの時確かにああいったじゃん!」と言われると、そんな事を言ったかもしれないし言っていないのかも判別出来ない私は
黙ってその場をごまかしてやり過ごすしか対処できないです・・
そうしたうちの奥様は、なんと・・!2歳前後の離乳食を食べ始めた時の記憶があるとか何とか言っていましたけど、
それってどうなんでしょうね・・?
科学的データによると、「幼児期の記憶を鮮明に覚えている」という人がいるけど
そのほとんどは「いつわりの記憶」という事が多いらしいです。
後になって自分の幼児期の写真やビデオを見せられ、あるいは「あの時はこうだったのよ」などと教えられ、
「そうだ、そうだったかもしれない」と、あたかも自分の記憶のように錯覚してしまうことで、
こういった偽りの記憶が形成されていくことが多いらしいです。

記憶とは、時間や場所やそのときの感情の記憶とも言えると思うのですけど、
3歳頃までは、こうした「感情の記憶」がうまく機能する事が出来ずに後になっても思い出すことができないのですけど、
3歳以降はそうした機能がうまく働く事によって現在に繋がる記憶として堆積していくというのかもしれないですね。

そして人の記憶と言うものはある意味面白いもので、勿論人によって多少の違いはあるのかもしれないですけど、
3~12歳前後のいわゆる思春期に入る前の頃の記憶と
12歳以降の思春期から現在の記憶においては、印象度・鮮明度がかなり違ってくるというのもあるとの事です。
つまり幼少期の頃の記憶の方が人間にとっては印象度が強いと換言出来ると思います。
例えば6歳の頃に感じた記憶・印象というものは、その時点においては1/6のキャパでの記憶という事になるのだと思われますし、
4歳の頃の記憶は当時の脳の容量という観点では1/4のキャパでの記憶という事になり、
10歳の頃の記憶は10歳という一年間の記憶を分子とすると、その分母は10年間分の記憶ということで、1/10のキャパでの
記憶になっているのだと思われます。
25歳頃の記憶・印象というものは、その時点においては1/25のキャパでの記憶という事になり、
60歳の頃の記憶というのはその時点では1/60のキャパでの記憶という事になる事を考慮すると、
年を重ねれば重ねるほど経験値とか実際に一度体験した事によって「初めての経験」という事が少なくなっていき
子供の頃に感じていたドキドキ感とかワクワク感が少なくなっていき
多少の事にはあまり驚かなくなっていくという事になっていき、そうした事が大人になって以降からの記憶が
どんどん曖昧になっていくけど子供の頃の記憶は意外とはっきりと覚えているという事に繋がっていくのかもしれないです。
要は最初の時の感動は大きいけどそれに慣れていくと感動も希薄になっていくという事なのかもしれないです。

私自身はどちらかというと子供の頃の記憶は乏しいけど、このブログでも散々書いている通り、
高校の頃に聴いた秋田県立花輪高校吹奏楽部と岡山県就実高校の演奏が思春期の私にとてつもないインパクトを与えた
という事を考えると、記憶の面では遅咲きという事なのかな・・?
そして今後もそうなのですけど、もっともっとアニメでも小説でもゲームでも音楽でも仕事面でも何でもいいですから、
常に新しい感覚とか刺激というものは磨き続けたいものと思っています。

上記で3歳以前の子供の頃の記憶は後付けによる偽りという可能性が高いと記しましたけど、
例えばなのですが、私の記憶ではほんの子供の頃に
青森県の八戸の漁港の砂浜にイカのはらわたがぼんぼんと置かれていて、それを食べに来た鳥によって砂浜が
覆い尽くされていたような記憶があったりもします。
だけど青森県に私が住んでいたのは3歳以前の話ですので、そうした鳥たちがイカのはらわたを食べにくるという記憶は
さすがにありえないのかな・・と思っていたのですけど、
中学の頃に読んだ記憶がある青森県八戸出身の作家の三浦哲郎の「笹舟日記」というエッセーの中では、
まさにそうしたシーンが記されていましたので、やはりこれは私自身の「記憶の偽り」という事なのかもしれないです。


aq_convert_20210324205800.jpg


東方において記憶力が抜群に良いキャラというと阿求だと思うのですけど、阿求は実は生まれ変わりができるキャラ
としても知られていて、現在の阿求は実は初代から数えて9代目の阿求といえるのですけど、
現在の阿求は初代~8代目までの各代の阿求の記憶をおぼろげながらも有しているというのは凄いものがありそうです~♪

東方の阿求は、その能力とは、「毒舌を操る程度の能力」ではなくて、「一度見たものを忘れない程度の能力」なのです。
東方鈴奈庵においては、小鈴から大量に本を借り受けている描写は何度か出てくるのですけど、
それを全て記憶しているというのはすごいと思いますし、
阿求のその能力の1/10でも自分にあれはいいのになぁとふと思ったりもします・・

阿求の正体なのですけど、前述の通り、「幻想郷縁起」という幻想郷内の歴史書の初代編集者である阿一の
第9代目としての生まれ変わりです。
テーマを幻想郷一つに絞り、それに関する歴史・考察などを初代から9代目の阿求に至るまで一貫して
携わるといういわば究極の輪廻転生を繰り返しています。
早い話が、初代阿一=現在の9代目阿求と換言しても差し支えは無いとすら思います。
もっとも生まれ変わりと言っても前世はおろか初代の記憶は、阿求にはそれほど強くは残っていないとの事で、
うっすらと残っている程度の記憶なのだと思われます。
つまりは完全な形での記憶の継承ではないのです。
初代から8代目の間には、男としての経験もありますし女性としての経験もあるというのも面白いと思います。
先ほど阿一=阿求と記しましたけど、そうした意味においては、
9代目の阿求は阿求そのものであり、今現在を生きる阿求なのだと思いますし、
今現在の阿求というのは他に替え難いものがあるのだと思います。
そしてそれこそが、毒舌も可愛らしさもはかなさも有している今現在の阿求なのかもしれないです。

東方鈴奈庵は4年前に惜しまれつつも最終回を迎えましたけど、小鈴と共にレギュラーポジションを獲得していたのが
阿求でした。
マミゾウ親分と阿求の接点とか、阿求がどうして「妖怪の賢者様・・」とゆかりんを尊敬し、八雲紫様と面識があるのかとか
慧音先生の寺子屋運営を手助けするようになった経緯とか
阿求の謎要素も多かっただけに鈴奈庵の連載終了は少し残念でしたけど、三月精のようにいつの日にかまた続編が
スタートしてくれるととても嬉しいです。

阿求とそのすてきな相方ともいえる幻想郷の普通の人間キャラの小鈴は、その登場舞台は主に東方鈴奈庵と
東方求聞シリーズという公式書籍に限定されていましたけど、最近においては、阿求は小鈴と共に
「東方ロストワード」というゲーム作品にも登場していましたので、これからも小鈴共々活躍をして欲しいキャラの一人と
いえそうです。


赤肉系メロンの一例

aom_convert_20210322214445.jpg

青肉系メロンの一例

prince_convert_20210322214519.jpg

プリンスメロン

メロンはとても美味しいですよね~♪
日本で流通しているメロンの果肉の色による分類は1、青肉系メロン、2、赤肉系メロン、3、白肉系メロンの3つに分類
できるそうです。
メロンには夕張メロン、クインシーのようなオレンジ色の果肉の赤肉系メロンの品種や
マスクメロン(アールス系)やアンデスメロンのような淡いグリーンをした果肉の青肉系メロンの品種があります。
そしてもうひとつは果肉が白い白肉系メロンですけど、これはホームランメロンが有名です。

夕張メロンは「赤肉メロン」の代表格だと思います。
スーパー等で安い価格で販売されている一般的なメロンはアールスメロン・アンデスメロンなどのように「青肉メロン」ですが、
夕張メロンのような赤肉メロンはオレンジ色の果肉なのです。
メロン独特の香りは青肉種が勝ってますが、甘味は赤肉種のほうが勝っていますので、夕張メロンはその「甘さ」こそが
最大の魅力なのだと思います。
その甘さも砂糖菓子みたいな甘さではなくて、しっとりとしたジューシーな味わいと言うのがいう事なしだと思います!

メロンのネットによる分類には2種類あります。網目トのあるネット系メロンと網目のないノーネットメロンです。
ネット系メロンの代表格はマスクメロンの代表アールスメロンや夕張メロンであり、
ノーネット系の代表はプリンスメロン、ホームランメロン、キンショーメロンです。
私が子供の頃は、メロン自体が高級食材というイメージであり、家庭でメロンと言うか・・網目が入ったネット系メロンを
口にする事自体なかったですし、たまに出てきても価格が安い上に味も当時は「なんだか安っぽくて瓜みたいな味・・」にも
思えたプリンスメロンでしたけど、実は最近においてはこのプリンスメロンの品質の向上は大変なものがあり、
現在のプリンスメロンの味は一般的な網目が入った青肉系メロンの味と遜色ないようにも感じられます。

一般的には、どうやら赤いメロンのほうが甘いと言われているようですが、
糖度を測ってみると、実はあまりはっきりした糖度の違いは出ないそうで、青肉系、赤肉系、白肉系ともに大きな差は
みられないそうです。
それは品種や収穫時期、食べるタイミングや完熟の期間などによって甘さには違いが大きく支配され、
果肉の色による違いは個々のメロンの品質の違いが大きいともいえそうです。




赤肉系メロンの代表格はいうまでもなく夕張メロンだと思いますけど、
あま~い果汁がしたたる高級果実の代表格とも言えそうなメロンですが、その生産量日本一は実は茨城県であったりもします!
全国シェアはなんと約25%なそうです!
(いちごの生産量日本一は栃木県です!)

茨城県は20年連続生産量日本一を誇る、メロンの大産地です。
メロンというと、表面に網目が張り巡らされたネットメロンが印象強く、高級品というイメージがありましたが、
品種改良や栽培技術の進歩により、以前はガラス温室で栽培されたネットメロンもパイプハウスでの栽培が可能になり、
リーズナブルに手に入るようになっています。
茨城県では豊富な種類のネットメロンが栽培されていて、出荷時期は4月から11月と長い期間、
その時期の旬のメロンを味わうことができます。

イバラキングは茨城県が開発したオリジナル品種で、4月から5月にかけて収穫でき、肥大性や食味が優れた品種です。

2010年に品種登録されたばかりのまだ新しい品種で、その名称の由来として
全国一のメロン生産量を誇る茨城県のメロンの王様(キング)として茨城の顔になってほしいとの願いが込められているとの
事です。
イバラキングの大きな特徴は、果実の肥大性と言う事で、5月中旬以降の品種として普及している主力品種よりも
1割以上果実が大きく、4月下旬から5月上旬の早期出荷で肥大性の良い早生品種と比べても同等以上に大きくなるそうです。
さわやかな甘さと滑らかな肉質が特徴で、甘さも日持ちの良さも申し分ないとの事です。

茨 ひより(いばら ひより)は、いばキラTVが運営するバーチャルYouTuberでして、その愛称はひよりんであったりもします。
そのひよりんによって最近では茨城のメロンも各地で宣伝されていることもあるようでして、
茨城のメロンと言うと青肉系メロンがメインですけど、ひよりん効果によって茨城のメロンの素晴らしさも全国に向けて
どんどん発信してほしいものです~♪


CIMG0297_convert_20170530193357.jpg


当ブログにおいて「メロン」というとやっぱり艦これの夕張ちゃんに尽きますね~♪

上記の夕張ちゃんのフィギュアは、「私、休日をとってもたのしく過ごしていま~す♪」といった雰囲気に溢れていると
思います。
いかにも「私、今、休日を楽しんでいます!」みたいなリラックスしたポージングがかわいすぎますし、
手元の庶民的な天ぷらそばと足元の高級夕張メロンのコラボレーションの対照性がとても粋な演出だと思います。
そして何よりもこのとっても可愛いかわいいボニーテールとか黒のセーラー服に緑色のミニスカート、そしてこのへそだし!

夕張ちゃんがあまりにもかわいすぎて生きているのがつらいという雰囲気の夕張ちゃんだと思います。

それにしてもこの夕張ちゃんフィギュアの完成度の高さは素晴らしいですね~♪

夕張ちゃんというと「かわいい!」というイメージが強いのですけど、こうした立体化フィギュアを見ると
「夕張ちゃんは艦娘屈指の正統派美少女である」と言う事がよく伝わってきていると思います。
アニメ・ゲームとしての夕張ちゃんもとてもかわいいのですけど、立体フィギュアとしての夕張ちゃんは
「私、かわいいだけじゃないですけどなにか・・?」みたいな雰囲気も十分に感じさせるものがあると思います!

休日に天ぷらそばを立ち食いする夕張という設定がとても粋だと思います。
天ぷらそばといういかにも庶民的な食べ物を立ち食いしてお休みの日を満喫するその下町的な感じと
足元のメロンは「やっぱりみんなへのお土産はメロンよね・・」というちょっとお嬢様みたいな感覚という二つの感覚の
バランスがフィギュアにもとてもすてきに表現されている事が見事だと思います。

私も是非是非こんなにかわいく美しい夕張ちゃんと一緒に二人仲良く立って立ち食いそばを食べてみたいですし、
できれば足元の夕張メロンも一緒に食べてみたいです~♪

yu-barisan-desu!!_convert_20150324165125.png

ここから先はdream fantasy2
アミグリさんの描かれた絵の転載&ご紹介コーナーです。

今回は2015年3月に描かれた少しデフォルメ化した夕張ちゃんです。

デフォルメ化された夕張ちゃんもとてもかわいいです。
上記の「休日中」フィギュアのメロンもとっても美味しそうでしたけど、アミグリさんが描かれるメロンも遊び感覚のスパイスとして
さりげなく使用している点は心憎いものがあると思います。
そしてデフォルメ化しながらも、きちんと夕張ちゃんの制服を描ききっておられるのもさすがだと思います。
髪のリボンの描き方とか制服がほんの少しめくれあがっている点とか少し気の強そうにも見える点

上記のアミグリさんが描かれた夕張ちゃんの権利は、
全て上記作品の絵師様であられるアミグリさんに帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全て
アミグリさんからご了解を頂いたものであり、アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきな夕張ちゃんの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにもかわいい夕張ちゃんを描かれる方のブログってどんなもんなのだろう? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログdream fantasy2を ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログdream fantasy2に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

メロンも夕張メロンもそれに関連した商品もメロン熊ももちろん素晴らしいのですけど、
私としてはアミグリさんが描かれた夕張ちゃんこそいっちば~ん!なのだと思いますし、私はアミグリさんが描かれた
夕張ちゃんが何よりも大好きです~♪
皆様は「のらぼう菜」という野菜を食べたり耳にしたことがありますでしょうか・・?

おそらくですけど「なにそれ・・聞いたこともない」と言われるのがほとんどだと思うのですけど、それもそのはずで
この野菜は主に埼玉県比企郡などの埼玉西部と都内の多摩地方で主に生産されている伝統野菜で、
それ以外の地域ではほとんど栽培も出荷もされていないと思いますし、認知度も極めて低い野菜と思われます。
埼玉では昔から「春の野菜」の一つとして知られていますし、3月ぐらいになるとスーパーや八百屋等でも普通に店頭に
置かれていたりもします。


CIMG4095_convert_20210321202947.jpg


のらぼう菜は都内の多摩地方や埼玉県飯能市や比企郡など主に西部方面で栽培されている菜の花に似た野菜です。
菜の花よりも苦味やエグみがなく、とても食べやすくておいしいです~♪
基本的にはおひたしや胡麻和えやサラダとして食べられることが多いとは思うのですけど、油料理との相性がたいへん良い
ということで、最近では炒め物やマヨネーズとあわせた料理として使われることも多いように感じられます。
のらぼう菜は、アブラナ科アブラナ属の一種で、菜の花によく似た見た目をしています。
江戸時代に幕府が「ジャバ菜」という名前でこの種を配布し栽培を奨励していたことで、飢饉のときには多くの民の命が
救われたともいわれる野菜であったりもします。
名前がどことなくヘンというかポケッ・・としたイメージもありそうですけど、のらぼう菜ののらぼうは、
漢字では「野良坊菜」と記載され、「野良にぼーっと生えていて役にたたないもの」として農民が年貢の取り立てを免れようと
名づけたという説もあるそうです。

菜の花のように花茎を摘んで食材とする菜類は、少し苦みやクセがあるため好みがわかれる傾向もありますが、
のらぼう菜はクセがなく甘みもあるため、さっぱりと食べやすいのが特徴です。
のらぼう菜とかき菜は見た目は似ていますが、かき菜に比べるとのらぼう菜のほうが茎が太く甘みがあります。
収穫時期にも違いがあって、かき菜のほうが1~2か月ほど早く収穫が始まります。か
き菜は在来種系ですが、のらぼう菜はセイヨウアブラナの系統です。
しかも価格が一袋100~120円程度とお安いのも魅力の一つではないかと感じます。
葉や花茎の部分を摘んで食べた後に次の葉や茎が伸びるなど生命力の強さには定評がある上、
耐寒性に優れてハウス栽培の必要がなく複数回の収穫が可能で長期間楽しめ家庭菜園も適しているそうです。

埼玉県においても、県が認証した特別栽培農産物として発信をしているようです。埼玉においては比企郡や飯能市で
主に栽培されていますけど、多くののらぼう菜は、地元のJAや直売所そして埼玉県内のスーパーで販売される事が多く、
全国に出荷するには至っていないそうなので、それが知名度の低さに繋がっているのかもしれないです。
以前ですとおひたしや胡麻和えやサラダとしての食べ方が一般的でしたけど、油と相性が良いこともわかり、
バター炒めやマヨネーズ和えの具材としてもうってつけであり、はたまた味噌汁の具にも合うなど調理の用途が広いとも
いえそうです。
特にベーコン・卵・ソーセージ・チョリソーとの炒め物や、ツナ缶とマヨネーズをあえた食べ方とかは
お勧めですね~♪

nora_convert_20210321205228.jpg

のらぼう菜とツナ缶というと、ミニトマト・のらぼう菜・ツナ缶のパスタはとても美味しいと思います~♪

作り方も簡単で20分程度で調理できると思います。

レシピは以下の通りです。

1. のらぼう菜は3cm幅に切ります。茎の太い部分は縦半分に切ります。
2. ミニトマトは半分に切ります。
3. ニンニクは縦半分にして芯を取り除き、みじん切りにします。
4. お湯を沸かした鍋に塩を入れ、スパゲティをパッケージの表記のより1分短くゆでます。
スパゲティのゆで上がりの1分程前に1を加え、ザルに上げ水気を切ります。
5. フライパンにオリーブオイルを入れ香りが立つまで弱火で熱します。ツナ油漬けを汁ごと、2を入れ3分程炒めます。
6. ミニトマトに火が通り潰れてきたら、弱火のまま4、塩こしょうを加え味がなじんだら火から下ろします。
7. お皿に盛り付けて完成

のらぼう菜を使ったメニューはまだまだ応用範囲があると思いますし、都内~埼玉のこのすてきな春野菜の知名度が
もっと上がればいいな・・と思います。

892d57bc_convert_20150424144903.jpg

埼玉名物と言うと当ブログでは何かあるとすぐに「うまい、うますぎる」のフレーズでお馴染みの十万石まんじゅうのネタにばかり
走ってしまいますけど、埼玉にはのらぼう菜といった全国的には知名度の低いけどとても魅力的な埼玉名産品も
ありますので、こうした埼玉の地元の農産物やB級グルメや銘菓が全国に少しでも発信されると嬉しいですね~♪
東京オリンピックの開催まであと10日足らずですけど、私たちの雰囲気は東京オリンピックに関しては
相当しらけきっているという感じが濃厚と言えそうです。
「別にどうでもいい・・」・「さすがにこの段階まできて中止というのは現実的ではないけど、一日も早く終わってほしい」・
「この一年半近くオリンピック開催ありきで自粛や飲食店の酒提供禁止など国民生活に相当な規制を強いてきたけど、
さすがに一年半近くこうした生活が続くと疲労感で一杯でいまさらオリンピック開催と言っても全然興味がない・・」などと
いった世相なのかもしれないです。

オリンピックの開催地の東京で緊急事態宣言が出ているのにオリンピック強行開催・・!?
国民に一年半近くここまで日常生活に多大な影響を残す制限を課し続けているのにどうしてオリンピック・・?
今年のGW前後に東京以外の方には「東京に来ないで」と要請をしていたのに、例え無観客と言えども世界中から
選手とその関係者、マスコミにいわゆる五輪関係者が来るのは「おもてなし」とかなんとかいって大歓迎というのは
矛盾ではないの・・?
そもそも論として子供たち・中高生の運動会・修学旅行・文化祭などのイベントが軒並み中止となっているのに
どうしてオリンピックだけは例外扱いなの・・??
そういった目に見えないモヤモヤ感と自粛疲れが東京オリンピックが開催されたとしてもどっちらけ状態になっているのかも
しれないです。

緊急事態宣言またはまん延防止等重点措置が適用される首都圏で東京オリンピックがたとえ無観客でも
強硬開催される意義は果たしてどこにあるものなのでしょうか・・??
無観客と上記で記しましたけど、現段階においては「(可能性的に)IOC関係者=いわゆる五輪貴族やスポンサー招待客は
観客ではなくて五輪関係者扱いだから、無観客のガラガラの開会式や競技会場でも観戦できるなんていう
「五輪関係者は観客に非ず」という理屈はまさに矛盾というか屁理屈以外の何者でもないと思いますし、これは
中国の「白馬は馬に非ず」とか「白猫でも黒猫でもネズミを捕まえるのが良いネコ」という理屈と同じなのかもしれないです。
無観客という事で、空席のはずの観客席でスポンサー招待客や五輪貴族らが観戦している映像がテレビ中継されようものなら、世論は炎上し、怒りの矛先は政府与党とスポンサー企業に向かうことになりかねないだけに、
せめて無観客と決定したからには例外なき無観客だけは徹底して欲しいものです・・
このようなインチキばかりして国民感情を逆撫でし続ければ、スポンサーの企業イメージはガタ落ちしてしまうのが
関の山なのかもしれないです・・

この1年半近く、私達日本の国民は国民の気持ちがわからない・・否! 分かろうともしない政治家たちによって振り回されてきた
ともいえそうです。
そしてそれを最大限象徴しているのが東京オリンピックといえそうです。
招致活動時から「東日本大震災から復興した姿を示すため」と無理やり取り繕った経緯もあり、当初のオリンピック史上
かつてないコンパクトでお金がかからないとかなんとかいっていたのに、結局は建設土建の利権絡みなのか競技会場を
全国各地に分散した挙句、福島開催の野球等も結局は無観客開催となったのは
東日本大震災からの復興というスローガンがいかにこじつけであったかを示唆するものともいえそうです。
新型コロナ感染拡大後は、いつのまにかそうしたスローガンすらも「コロナに打ち勝った証を示す」に変わり、
東京など一都三県、福島、北海道での無観客開催が決まった今となってはこのスローガンさえ崩壊し、
既にスローガンの段階から東京五輪の開催意義は崩壊しているともいえそうです。
米大リーグ、サッカーなど欧米のスポーツが競技場に観客を入れ、熱狂に包まれて試合を行っている中で、
無観客で開催される東京五輪に対しての世界の視線はかなり冷たいものになりそうで、
それは悪く言うと「人類がコロナに負けた証」として歴史に刻まれ続けるのかもしれないです。

というか・・、この状況下でしかも緊急事態宣言またはまん延防止等重点措置が適用される首都圏で、東京オリンピックがたとえ無観客でも強硬開催される意義がどこにあるのかいまだによくわからないです。
東京オリンピックのそもそも論としてのメリットは、例えば海外からの観戦客というインバウンド効果は既に消滅し、
五輪開催による経済押上げ効果は皆無に近いものがあり、現況ほとんどないようにも感じられます。
(スタジアムや競技会場建設のゼネコンさんのみ潤ったとは思います)
そして逆に開催することによるデメリットは感染拡大リスクももちろんありますし、なによりも東京オリンピック強行開催によって
万一選手村や海外選手等にクラスターが発生したり、それに伴って更なる新型ウイルスが登場しそれが世界中に蔓延した
場合などは日本は世界中から非難と失笑を受け、日本の信頼低下と地位没落という危険性もあるのかもしれないです。

そうした点に関して日本の政権は実はいまだに「オリンピックは開催する」と高らかに宣言すらしていませんし、
有観客か無観客を決めるのですらここまで結論が先送りされグタグタな状態で既に海外からは日本を見る目は相当
冷ややかなものがありそうです。
8月に茨城県で開催する予定だった音楽イベント、ロック・イン・ジャパン・フェスティバルの中止も決まりました・・
それなのに、なぜ五輪だけは強引に開催しようとするのかについては実はいまた゜に日本の総理大臣は
国民の誰しもが納得するようなメッセージは発信していません。
ミュージシャンたちから怒りの声が相次ぐ中で、日本の情けない総理大臣は
「安心安全な大会を成功させ、未来を生きる子どもたちに夢と希望を与える歴史的な大会を実現したいと思います」
と相変わらず壊れたテープレコーダーなような決まりきった事しか答えていません。
そして二言目には「ワクチン接種がここまで進展している」と自分の自慢話ばかりをして、
どうして今現在の日本で東京オリンピックが開催される必要があるのかについては全く明確な事を一言も言っていないのは
残念至極という感じです。
本日から適用される東京都内の緊急事態宣言や埼玉等での蔓延防止措置により飲食店などはまたまた困窮させられ、
子どもたちの運動会や修学旅行も中止となり、アーティストをはじめ多くの人の夢と希望を奪い、そ
れでも開催しようとする東京オリンピックは誰のための「安心安全」なのかいまだによくわかりませんしも国のトップからも
明確なメッセージが出されていません。
矛盾に矛盾を塗り重ねた結果がこのような事態を招いたにもかかわらず、なお表面的な言葉だけで乗り切ろうとしている限り、
日本の負のスパイラル=悪循環から抜け出せる時は来ないのかもしれないです。

現在の政権は東京オリンピックのお祭り気分を利用して選挙に勝とうなど浅はかなことを考えているから、
こうした窮地に追い込まれれているのかもしれないです。
オリンピックなどに頼らず、本来やるべき医療体制充実やコロナによる生活苦支援と経済立て直しに専念すれば
私達国民は付いてきたはずだったのかもしれないです。
例えば現政権が「これこれこうした理由によって日本はオリンピックを開催しないと国際上これだけまずいのです、実は
中止により後世に××兆円といった負担を残すことになってしまうのです」といった中止ができない理由を
自らの言葉で力強く発信していれば、ここまで私たちはオリンピック反対または無観客開催とまで言わなかったのかも
しれないです。
現政権は東京オリンピックの感動や興奮をきっかけに社会全体が活気づき、経済活動が回復する展開を期待し、
有観客にこだわっていたのかもしれないです。
但しそれはあくまで平時の場合であり、
現在のようにある意味有事の場合は、もくろみ通りの効果は望みにくくいですし、この東京オリンピックが閉幕したとしても
そこに残るのはどうしようもないむなしさと疲労感だけなのだと思います。

run_convert_20210423235613.jpg



2019年の「スター☆トゥインクルプリキュア」の宇宙人プリキュアのララちゃんがもしも現在の日本の状況展望とをロケット内のAIに
質問したとしても「国民と政権の意思が乖離した政治は腐敗するというのは歴史のセオリーなのルン・・」、
そして「文明が遅れた星では一部の特権階級の利益のために国民に不自由さを押し付けるというのは
宇宙あるあるの範疇なのかもしれないルン」と言われるのかもしれないですルン・・

そしてララちゃんのAIの分析では、
東京オリンピックはコロナが原因で無観客になったのではなく、政府と国民とのコミュニケーション力が極端に欠落し、
国民の理解や信頼を失った政権が原因で無観客になったと見るべき」という分析結果で提示され、
ララちゃんは「オヨ~!」といわれるのかもしれないです。

更にララちゃんの分析では
「Go to による年末の第三波、オリンピックに合わせた早過ぎた宣言の解除、その結果としての現在進行形の第五波、
場当たり的なワクチン接種と接種予約の打ち切り、これの一体どこが「安心・安全」なのでしょうか・・?」
「現政権が国民とのコミュニケーションを尽くし、合理的でフェアな政策により国民の支持が得られていれば有観客開催も
もしかしたら可能だったのではないかもしれないです」という分析を出されるのかもしれないです。

もしもララちゃんのAIに
「このまま国民と政権の意思疎通がうまく図られず、このまま衆院選挙に突入した場合、自民党が現有勢力を
維持できる可能性はどのくらいありますか?」と質問したとしても
「オヨ~! その可能性は限りなくゼロに近いルン・・」と言われるのは間違いなさそうなのルン・・


おはぎ=ぼたもちの一例

zunda_convert_20210320215832.jpg

仙台名物のずんだ餅

akafu.jpg

伊勢名物の赤福

春分の日と秋分の日はどちらもお彼岸の期間中ですし、発音が似ているし、どちらも共に祝日扱いということで
似ているようにも感じられたりもしますけど、実は法律上の意味合いは異なっていたりもします。

春分の日は1948年から制定されている国民の祝日です。

春分の日とは祝日法によって定められている祝日で、「自然をたたえ、生物をいつくしむための日」というのが
法律上の制定理由となっています。
そして一般的には春分の日前後から桜の開花ということもありますし、本格的な春の到来を告げる日と考えられているせいか、
春分の日の祝日が到来すると、東方のリリーのように「春ですよ―」という意識が私たちの間に少しずつ高まっていくもの
なのかもしれないです。

一方、秋分の日は、春分日と同様に法によって定められ、1948年から制定されている国民の祝日です。

法律上の制定理由として「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶための日」となっていますけど、
春分の日と秋分の日とでは、その制定理由に違いがあったりするのも興味深いものがありそうです。
秋分の日の祝日が到来すると、春分の日とは逆に人々の意識の上では「そろそろ寒い季節の始まりで季節の変わり目
なのかも・・」と感じるのかもしれないです。

春分の日においても秋分の日においても、昼と夜の長さがほぼ等しくなり、昔から極楽浄土とこの世が最も近くなる日とも
いわれていて、そのせいなのか春と秋のお彼岸にはお墓参りに行くという先祖供養の風習は広く定着しているように
感じられます。

そしてそうしたお彼岸の時期の食べ物として広く認知されているのがおはぎ・ぼたもちといえそうです~♪

うちの奥様はそうしたお彼岸の時に食べる餅をあんこで包んだ食べ物を「ぼたもち」と呼んでいますけど、
後述しますが、小学~高校まで仙台で過ごした私は、仙台と言うと「牛タン・笹かまぼこ・ずんだ餅」という三大名物が
あるせいなのかお彼岸の時に供される和菓子と言うとずんだ餅というイメージもありましたし、枝豆を材料にした餡ではなくて、
いわゆる普通の小豆の餡をまぶしたものをぼたもちでもおはぎでもなくて単に「あんこもち」と呼んでいた印象もあり、
そうなると、ぼたもち・おはぎにはどんな違いがあるのか・・?という素朴な疑問が湧いてきそうです。

結論から書くと実はおはぎもぼたもちも全く同じ食べ物なそうです。

上記で触れた通り、日本には春と秋に迎えるお彼岸という風習があり、それぞれ春分の日と秋分の日を中日として、
前後3日間、合せて7日間がお彼岸の期間となります。
一般的には春のお彼岸には「ぼたもち」が、秋のお彼岸には「おはぎ」が食べられます。
両方ともあんこでお餅(またはもち米)を包んだ和菓子であり、要は食べられる時期によって名前が異なる程度なのかも
しれないです。
春のお彼岸に食べられている「ぼたもち」の由来は牡丹餅であり、春のお彼岸の頃は牡丹の花が咲く時期で、
その時期に食べられることからそのように呼ばれ始めましたと言われています。
一方、秋のお彼岸に食べられている「おはぎ」の由来はお萩で、おはぎに使用する粒あんを秋に咲く萩の花に見立て、
そのように呼ばれるようになったそうです。

春に食べられるぼたもちは基本的にこしあんで、秋に食べるおはぎは粒あんで作られます。
これは小豆の収穫時期の違いが理由であり、
小豆は秋頃に収穫されるため、おはぎは収穫してすぐの小豆を使って作られます。
これは収穫したての小豆は香りもよく皮も柔らかいので粒をいかして粒あんで食べる方が美味しいからという意味合いも
あるようです。
また、うるち米を主とするものがおはぎで、もち米を主とするものがぼたもちという説もあったりするようですけど、
基本的にはおはぎもぼたもちも名前が違うだけで実際は両者ともにほぼ同一の食べ物といえそうです。

上記でちらっと触れた通り、仙台在住の頃の私は、春や秋のお彼岸の時期というと、仙台名物のずんだ餅を
食べていたという記憶がありますけど、そうした枝豆を主材料としたずんだ餅に対して、やはりお彼岸の時に食べていた
小豆の餡がまぶされたものは「あんこもち」と呼んでいたような記憶もあります。
結婚当初、うちの奥様よりお彼岸の時期には「帰りにぼたもち買って来て~」と頼まれた時は「それってあんこもちの事?」と
聞いたら「なにそれ・・!? あんこもちって赤福でお馴染みのあんころ餅のことなの・・?」と聞き返していましたので、
こういう微妙な所にも生まれ育った文化の違いと言うものもあるのかもしれないです。
ちなみにですけど、赤福とぼたもち(おはぎ)は全く似て非なる食べ物といえそうでして、
赤福は完全な餅を使用していますけど、ぼたもち・おはぎはもち米の粒が残った状態で作られています。


ririhowa02_convert_20130415140243.png


ここから下記はdream fantasy2
アミグリさんが描かれた美しい絵の転載&ご紹介コーナーです。
本記事においては春分の日・秋分の日の話も冒頭に出ていましたので、春分の日というと東方においては「春ですよ―」で
お馴染みのリリーホワイトが思い起こされますし、秋分の日というと東方においては秋姉妹が思い起こされますので、
本日はアミグリさんが描かれたリリーと秋静葉の絵をご覧頂きたいと思います。

上記のアミグリさんが描かれたリリーは2013年4月に描かれた作品ですけど、このリリーは
2012年4月にアミグリさんが描かれたリリーホワイトをリメイク版でもあります。
元の2012年の方は当ブログの7月の「アミグリさんが描かれたリリーホワイト特集」の方で転載&ご紹介をさせて頂きましたので
今回はリメイク版の方をご紹介させて頂きたいと思います。
ちなみに元の絵とリメイク版の違いは目の塗り方と背景です。
元の絵のリリーの背景はピンクトーンですけど、リメイク版の背景はグリーン系も淵に使用されているという事で
新緑とか春の兆しを感じさせるものがあると思います。
そしてこのグリーンの配色をされる事で、リリーの衣装のホワイトと淡いピンクが更に映えるようにも感じられます。

チルノは氷精という事で羽が6枚付いているのが一般的ですけど、リリーの羽は4枚という事でチルノよりはちょっと弱い
という事なのかもしれないですけど(汗・・)
チルノもリリーも妖精らしいあのかわいらしさがとてもすてきだと思いますし、アミグリさんの描かれるリリーからはやはりあの
「春ですよ―」が笑顔満開に伝わってきていると思います!


kansei-sizuhasan_convert_20141001164643.png


続きまして、アミグリさんが2014年10月に描かれた秋静葉です。

それにしてもアミグリさんが描かれた公式立ち絵をベースにされたショートカットの秋静葉はとても美しいです!

アミグリさんが描かれる静葉は、スカート全体がフリルっぽくなっているのは素晴らしいアレンジだと思います。
全体の雰囲気的には秋の香りが一枚の絵から素敵に漂っていると思いますし、
そこには「愁映」みたいな雰囲気というのか、紅葉した落ち葉がひらひらと舞ってきて、その落ち葉の上を人が
しゃりしゃりと音を立てながら歩いていくといった風景を連想させる素晴らしい秋静葉だと思います。

アミグリさんが描かれた秋静葉の透明感というのかこの「ひそやかさ」が私はとっても大好きです!!
そして何よりも、まるで鍵山雛みたいな「フリル地獄」に陥りかねないこの秋静葉を、「フリルを描く大変さ」を
見ている人達に気付かせないように自然に楽に仕上げられたアミグリさんの絵師様としての腕に
改めて惚れ惚れとさせられるものがあると思います~♪
それにしても雛以上に恐ろしく手が込んだフリルですよね・・!! 素晴らしいです!

記のアミグリさんが描かれた秋姉妹の権利は、
全て上記作品の絵師様であられるアミグリさんに帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全て
アミグリさんからご了解を頂いたものであり、アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきなイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにも美しい秋姉妹を描かれる方のブログってどんなもんなのだろう? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログdream fantasy2を ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログdream fantasy2に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

季節的にはこれから酷暑の季節に差し掛かり、春や秋はまだまだ先でもあるのですけど、春や秋のお彼岸の季節には
ぼたもち(おはぎ)でも頂きながら、少しでもご先祖様をしのばせて頂きたいと思います。


ドラキュラ(伯爵)

tonari_convert_20210320054338.jpg

アニメ化されたかわいい萌えとしてのヴァンパイア=吸血鬼の一例

吸血鬼=ヴァンパイアというと、一般的には恐怖・おっかない・遭遇したくないといった畏敬みたいなイメージも
あるのかとは思うのですけど
そうした私の吸血鬼=怖いを打破してくれた作品の一つが「ロザリオとバンパイア」の美少女ヒロインの赤夜萌香だと
思いますし、「物語シリーズ」の忍野忍(キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレード)という幼女と
東方シリーズのレミリア様とフランちゃんという吸血鬼姉妹だったと思います。
そして最近では別に本人は吸血鬼という種族ではないのですけど、アズールレーンの駆逐艦娘のヴァンパイアも
自身のことを「吸血鬼」と呼んでいたりもします。
見た目は銀髪の幼げな少女ですけど、飲酒できる年齢でありワインを愛好したりもします。
実はあの見た目のロリっぽい雰囲気は「年を取らない」という吸血鬼の特性なのかもしれないですね~ ♪
2018年秋アニメの「となりの吸血鬼さん」のメインヒロインのソフィーちゃんとエリーの
あのお人形さんみたいなかわいらしさを見せ付けられると「吸血鬼の少女もいいのかも~」とすら感じてしまいそうです~♪

「吸血鬼」というと年を取らない=永遠のロリ美少女みたいな印象すら感じてしまう 今日この頃でもあったりもしますけど、
吸血鬼がアニメにおいてロリ美少女とか萌え要素満開といった感じが溢れだしたのは21世紀に入って以降の流れ
みたいな感じもしますけど、私が小さい頃は吸血鬼=ヴァンパイアというと「おっかない・・」とか「血を吸われると自分も死ぬか
ゾンビ化させられてしまう」といった恐怖の何者でも無かったような印象もあります。
そしてそうしたヴァンパイア=恐怖というイメージを形成した張本人こそが小説や映画でお馴染みのドラキュラ伯爵と
いえるのかもしれないです。

そうしたドラキュラが怖い・・という先入観がいつの間にかドラキュラ=吸血鬼=ヴァンパイア=恐怖であり畏敬という事を
連想させてしまったのだと思われますけど、ドラキュラとヴァンパイアは同義語ではなくて別物です。

ヴァンパイア、ドラキュラは、いずれも民話や伝説、小説など架空の物語に登場する吸血鬼である事は共通していますけど、
ヴァンパイアとは、英語でVampireと書き、人間の生き血を吸う「吸血鬼」と呼ばれる怪物全般の総称です。
狼男、フランケンシュタインと並び、世界中で最も知られている怪物のひとつとされています。
それに対して、ドラキュラとは、英語でDraculaと書き、アイルランド人作家のブラム・ストーカー氏が1897年に
発表した小説「吸血鬼ドラキュラ」に登場する男性の吸血鬼の名前です。
小説がヒットしたため、「ドラキュラ」が吸血鬼を表す一般名詞として使われることもありますが、これは誤用です。
ドラキュラはルーマニア語で、元々は「龍の息子」という意味もあるそうです。
そしてルーマニアにおいては龍というと悪と言う意味合いもあったりするそうです。
それだけ小説や映画の中でのドラキュラという印象が強く、ヴァンパイア=ドラキュラと誤解されがちではあるのですけど、
世界各地にはさまざまな血を吸う怪物としてのヴァンパイア伝説が多数存在し、全てのヴァンパイアが
ニンニクや十字架に弱いとか眼が赤いという訳でもなく、例えば日本においても、男性の生き血を吸い取って衰弱死させる
紫女という妖怪もいたりもします。

そうした訳でヴァンパイアは人間の生き血を吸う「吸血鬼」と呼ばれる怪物全般を指し、ドラキュラは小説「吸血鬼ドラキュラ」に
登場する男性の吸血鬼の名前というのが違いになります。


azrn-vanpaia-irakon-005_convert_20180109173428_convert_20180122171015.png


ここから先はdream fantasy2
管理人様のアミグリさんが過去に描かれた絵の転載&ご紹介コーナーです。

上記の作品は、吸血鬼ではないのですけど、本人がヴァンパイアと名乗っているのですから、それはそれでOKという事で、
アミグリさんが2018年1月に描かれたロイヤル陣営からヴァンパイアをまずはご紹介させて頂きたいと思います。

元ネタは言うまでもなく、イギリス海軍の駆逐艦「ヴァンパイア」を擬人化したものです。

アミグリさんが描かれたヴァンパイアも赤い目・黒を基調としたゴスロリ風コスチューム・長い銀髪・背中の羽といった
ヴァンパイアの特徴を見事に表現されていて、アミグリさんの腕の見せ所が最大限発揮された素晴らしいヴァンパィアだと
思います~♪
そしてこの生足もとても美しいと思います!
背景に吸血鬼をイメージさせるコウモリもしっかり入り込んでいイメージをすてきに彩りされていると思います。

ヴァンパイア自身、かなり謎めいた要素があるのもすてきだと思いますし、
明らかに幼い雰囲気なのに飲酒できるご年齢と言うギャップが凄いと思うのですけど、
アミグリさんが描かれるこのヴァンパイアは、紅い目・背中の謎の羽・ゴスロリみたいな衣装・色っぽい雰囲気の黒の衣装に
生足とか、ミステリアスさとかわいらしさが絶妙に融合したすてきな作品だと思います!



続きまして、アミグリさんが2018年12月に描かれた「となりの吸血鬼さん」から自称永遠の13歳の
まるでお人形さんのようにとってもとってもかわいい吸血鬼のソフィーちゃんです!

吸血鬼というと、上記で触れた通り古今東西畏敬の対象として恐れられていた存在なのだと思われます。
「となりの吸血鬼さん」のメインヒロインのソフィーちゃんは、とにかく見た目がロリロリでとってもかわいくて
現役JKさんの天野灯が「お人形さんみたいでとってもかわいい~」と一目惚れしてしまうのも
よく分かる気がします。

「となりの吸血鬼さん」に登場する吸血鬼は、
「日光で灰になる」「流水やニンニクが苦手」「怪力」など吸血鬼の特性として語られるものを一通り備えられているようです。

それではこの作品における吸血鬼の特性を下記に列挙いたしますと・・

生きた死体、すなわち亡者であるため呼吸や体温といった生体的特徴がない。

日光を浴びると灰になる。日傘といった日よけを万全にしても日光の存在下では弱体化し極端に体力が落ちる。

不老不死。日光を浴びて頭部が灰になったとしても生存は可能

とてつもない怪力

ニンニクの匂いが極端に苦手で人間が口にする物は食べられない。

血液を栄養源とするけど、ソフィーのように人間を襲わなくて通販の血でも生存は全く問題ない

蝙蝠状の羽を生やし飛翔することができる。

流水が苦手であり、洗い物は全自動食洗器や洗濯機に頼りきりである。

犬が苦手

鏡に映らない

こうして見てみるとソフィーちゃんは吸血鬼そのものですね~ だけど見た目がロリロリだし人間を襲わないから
全く「怖さ」は感じさせないのがすてきですね!

アミグリさんの描かれるソフィーちゃんは、元々のかわいらしさ・ロリロリ感・清楚な雰囲気が見ているだけで
すてきに伝わっていると思います。
吸血鬼は本来はおっかないとか黒衣裳と言う事でどちらかというと派手な雰囲気ではないと思います。
そうした事を意識され、アミグリさんはこのソフィーちゃんを掲載時に
「吸血鬼さんということで、流水や日光が苦手とのことで、このイラストではキラキラはとばしませんでした。
背景の色は、薄紫で夜をイメージしています。」と述べられていましたけど、それは極めて妥当だと思います。
キラキラを飛ばさないで薄紫の一色の背景という事で「夜」をイメージさせていると感じられますし、
咲夜さんみたい銀髪や黒系統の服の色が、やはり吸血鬼の活動時間帯の夜を象徴しているようにも感じられます。
流れるような美しい長髪もとてもすてきです!
全体的にはかわいいけどとても清楚という雰囲気も見事に表現されていると思います。

少しだけきょとん・・とした表情もとってもかわいいです!

アニメ・原作漫画では灯が一目見た瞬間にソフィーちゃんに一目惚れしたような展開になりましたけど、
灯がもしもですけど、アミグリさんを描かれたこのソフィーちゃんを見たとしたら間違いなく「お人形さんみたいでかわいい~!」と
言うと思います!


remi-sama_convert_20120709093114.png


ここからは下記の2作品は正真正銘の本家本元の吸血鬼でもある東方のスカーレット姉妹のお二人の絵を
改めてお披露目させて頂きたいと思います。

上記の作品はアミグリさんが2012年7月に描かれた紅茶レミリア様です!

アミグリさんの描かれたスカーレット姉妹、紅茶、とてつもない最高傑作という三つのワードから容易に想起されるのは、
アミグリさんが2013年10月に描かれたアミグリさんのお言葉によると「最高傑作」とも言える紅茶フランちゃんだと
思うのですけど、近い時期に描かれた紅茶レミリア様も素晴らしいと思います。

レミリア様は500歳を超えたおっかない吸血鬼ですが、その言動はおこちゃまそのものであったりもします。

同時に紅魔館の唯一のご主人様であり、妹のフランちゃん同様に紅魔館のすてきなおぜうさまである事には
何ら変わりはありませんので、本来はアミグリさんが描かれた「気品」が感じられるレディーというのが
レミリア様を描かれるにあたっての正しいアプローチとも言えますので、アミグリさんが描かれたこの高貴なレミリア様こそが
正攻法な描かれ方の正統派のレミリア様と言えるのだと思います。

アミグリさんの描かれたこの紅茶レミリア様のかわいらしさと気品は素晴らしいですね~♪

とてもとても公式書籍でのあのおこちゃまぶりと同一人物とは思えないのかもしれないですけど、
そうしたレミリア様はあくまで仮の姿なのかもしれないですし、その本質はあくまでも恐怖の吸血鬼もしくは
アミグリさんが提示された素敵な紅魔館の高貴なご主人様という事である事だけは言うまでも無い事なのだと思います!





続きまして2013年10月にアミグリさんが描かれた傑作の誉れ高い素晴らしいフランちゃんです!

アミグリさんにとってこの紅茶フランちゃんは、一つの記念碑的作品でもあり一つの到達点でもあり、
同時にアミグリさんにとっては「アミグリさんご自身がが納得できる数少ない作品の一つ」との事なそうです。

この紅茶フランちゃんは、アミグリさんの最高傑作の一つではないのかなと私自身確信しておりますし、
この完成度の高さは特筆に値すると断言しても構わないと思います!
とにかく全てが精緻で優雅で幻想的・・・
見れば見るほどこのフランちゃんに一目惚れしちゃいそうな素晴らしい渾身の作品だと思います!!
フランちゃんのこの表情は夢見る少女にも見えますし、
少女から大人への階段を一段一段登り始めたすてきなレディーのようにも感じられますし、
あどけなさも美しさも気品も優雅さも物憂げさも可愛らしさも全てがこの一枚の作品の中で見事に表現されていると
思います!
フランちゃんのこの雰囲気は「ちょっとあどけないけど小さな貴婦人のすてきなポートレイト」とも言えるのだと思います。

上記のアミグリさんが描かれた吸血鬼娘たち作品の権利は全て上記作品の絵師様である
アミグリさんに帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、いつも素晴らしい絵の転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにも美しいスカーレット姉妹を描かれる人のブログってどんな感じなのだろう・・? 」などと
興味がある方は、是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy2  を ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy2  に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

吸血鬼は本来はおっかないですけど、東方や最近のゲームアニメ作品のヴァンパイアは萌えかわいい~♪という
事なのだと思いますね~
昨日記事のナマケルダの「サインコサインタンジェント、微分積分やな気分」の名言(?)が登場した回は、
めぐみの試験における学年最下位という歴代プリキュアとしてはワースト記録を更新してしまった事が判明した回でも
ありましたけど、同時に後半においてはなぜか・・?ナマケルダとめぐみの野球対決が展開されていて、
あの時のめぐみ=キュアラブリーの一球を捉えたあの眼の雰囲気は素晴らしかったですし、メンタル面の弱さを指摘されていた
プリキュアながらも野球対決におけるチャンスの強さは素晴らしいものがあったと思います~♪
ちなみにナマケルダは「微分積分やな気分」以外にも例えばですけど、めぐみに対して
「ハピネス満点だか赤点だがしりませんですけど」などのように時折しょーもないオヤジギャグを発するあたりも意外と
いい人振りを示唆しているのかもしれなかったです。

めぐみのような美少女たちの「一球を捉えた眼」は素晴らしい!としかいいようがないのですけど、そうしたシーンは
昨年・・、2020年春アニメの「球詠」最終回でも新越谷の4番の中村希によっても再現されていました!



cffd642b-s.jpg

9eb1f395-s.jpg

1d6a6f5a-s.jpg


細かい経緯は省略しますけど、中田奈央の値千金のホームランにより試合は1-3と新越谷が負けていた中、
6回表に一点を返し、7回表に新越谷の4番打者の中村希による「これぞ起死回生の値千金のスリーランホームラン」によって
新越谷は3-5と逆転し、7回裏という最終回を迎えることになります。

中村希は高校入学と共に親の仕事の都合で福岡市東区から埼玉県越谷市に移ってきたのですけど、
中学時代から非凡な打撃センスを発揮していました。
しかし、福岡の中学時代に全国大会出場を賭けた決勝戦で、4度の好機に4打席とも凡退してチームも敗退する
という失敗経験を抱えておりその責任を一人で背負いこみ、そのトラウマもあったのか
新越谷高校の新チーム発足当初も、普段は安打を打ちまくるのに、チャンスの場面では全く打てず、
打率はそこそこあっても得点圏打率、および打点がゼロという悩みを抱えていた経緯もあったりします。
そして4番打者として出場した梁幽館との試合において、参謀役の芳乃は自分の作戦ミスでチームを劣勢に追い込んだと
かなり落ち込んでいたのですけど、希は芳乃から打点ゼロでチャンスに弱かった頃に
「そんなに一人で背負いこまないで・・」と励まされた経緯もあり、
「芳乃ちゃんのために私が打つ!」とベンチ裏で宣言したシーンは、球詠屈指の泣かせるシーンであり、同時に屈指の
百合シーンだったと思います。
そしてその宣言通り、希はチームのために・・そして芳乃のために起死回生の逆転スリーランをホームランを
かっ飛ばしていましたけど、ピッチャーとしての中田真央が投げた渾身の一球を捉えた希の眼差しも大変鋭く
美しいものがありましたし、ホームランを放ちベース一周している際に自軍のベンチに対して「やった!」と言わんばかりに
手を高々と上げて誰かを指さししていましたけど、その誰かとは希にとっては芳乃以外ありえなかったのかもしれないです。

希 : 私新越の野球部入らんですぐ強い所に転校するつもりやったっちゃね。人数も少ないし弱そうやったけん。
あの時芳乃ちゃんベスト4行けるって言いよったやろ。今まさにベスト4常連相手に最終回1点差!言った通りになっとーやん!

希 : みんな疑っとったけど芳乃ちゃんだけはマジやった。私は信じれたし新越でいつか全国行けるって思った!

希 : 私が調子悪い時一人で背負わんでって言ってくれたやろ。あれ、そのまま返すけん!いつもみたいに采配して!

希 : 私ね。芳乃ちゃんに会えてよかったし新越に来てよかったよ

希 : 大好き!

「球詠」の百合カップリングというとついつい詠深ちゃんと珠姫という新越谷バッテリーばかりを思い起こしてしまいますけど、
こうやって振り返ってみると希と芳乃の熱い百合というか絆というか信頼関係も本当に素晴らしいものが
ありましたね~♪

そして希はチームのために・・そして芳乃のために絶体絶命のこの状況の中で、満を持して打席に入ります。

希(チャンスは初球ストレート狙い。外野はやや前進守備…越せる!バッターの時ほどのプレッシャーは感じられんね。
でも4番としての姿勢はマジで参考になったよ)

(私のためにもチームのためにもいつか全国に行くためには芳乃ちゃんの采配が必要やけんね)

(4番に置いてくれたこと後悔させたくない!芳乃ちゃんの采配が正しいって証明するにはここで打つしか!)

そして希の眼は中田奈央が投げた渾身の一球に対して見事に捉えることになります!

希(届け!届け!)

(芳乃ちゃんに!)

b55cddb4_convert_20151124204622.png

ここから下記は話はなぜかプリキュアに転換します。

というのも、美少女たちの「一球を捉えた眼」というともちろん上記の球詠の希も素晴らしいのですけど、
それが最高潮に発揮されたキャラというと「ハピネスチャージプリキュア」第12話の野球対決における
愛乃めぐみ=キュアラブリーに尽きると思いますルンッ~♪
もちろん歴代プリキュアにおいてもそうした野球対決をしていたプリキュアや敵幹部もいましたけど、ラブリーの
あの一球を捉えた眼の鋭さは本当に素晴らしいものがあったと思いますし、あのワンシーンだけはプリキュアではなくて
完全に熱血野球アニメだったのかもしれないです。




「ハピネスチャージプリキュア」第12話は、めぐみが期末試験か中間試験かは分からないのですけど、
テストの結果は学年最下位という事が判明してしまったある意味恐ろしい回でもありまして、
このテスト結果を受けて、めぐみは、地球の神・ブルーより
「試験で一科目でも赤点があればプリキュア禁止」という事を言い渡されてしまうのですけど、
それを言ってしまうと、めぐみ達の2代前のスマイルのポンコツ先輩たちは、れいかさん以外は全員「プリキュア活動禁止令」の
対象者となってしまい、スマイルプリキュアはキュアビューティ以外誰も戦闘要員がいないという恐ろしい結果に
なってしまいそうです。
ブルーが指示していた「プリキュアの恋愛活動禁止令」と合せてしまうと、
例えば、「プリキュア5」に至っては、のぞみ・りん・こまちは恋愛活動禁止に抵触してしまいプリキュアとしての活動が
できなくなってしまい、うららとかれんさんが「ふたりはプリキュア」をせざるを得なくなってしまいそうです。

そうした訳でテストで学年最下位となってしまっためぐみですけど、この時のめぐみの言葉が大変印象的でもありました。
「私が学年最下位を取る事で今までビリだった人が最下位でなくなる! 人の幸せは私の幸せ! これぞハピネス!!」とか
何とか言っているのですけど、 確かにめぐみらしい言葉であり、 「人が困っている事はぜーんぶ私にお任せ!」
「人の不幸もぜーんぶ私が背負ってあげる!」みたいな事でもあり、
確かに慈愛とおせっかいに溢れためぐみらしいある意味菩薩様みたいなお言葉ではあるのですけど
どことなく「なんかそれは違うのだよね・・」という違和感も感じざるを得ないです。

解釈・捉え方によっては、この言葉を一つの免罪符として、
勉強を一切しなくてもいい・怠けても全然構わないという事に対する言い訳のようにも聞こえてしまいますし、
極端な事を言ってしまうと、
「殺人罪を犯してしまった人の罪を私が肩代わりする事で、その犯罪を犯した人も救われる・・
私も肩代わりをした事で幸せになれるし、罪を犯した人も「刑」を免除されて幸せになれる」という理屈と
同じような事を言っている危険性すらあるようにも感じられます。

勉強を怠ける事でその事に対するツケが返ってくるのはめぐみ自身ですし
めぐみ自身が「刑」の執行を肩代わりする事で
めぐみ自身の人生も周辺の人達の人生プランも大きく狂ってしまう事にもなりかねません。
確かに「人の幸せは私の幸せ」というのは大変美しい言葉なのですけど、その前提として、
まずは自分自身が自分の幸せをちゃんと見つけましょうという事があるのだと思います。

めぐみは初期の頃はそうした点の認識がかなり甘かったように感じられますし、そうしためぐみの自己評価の低さが
ハピネス中盤以降のアンラブリー回や映画「人形の国のバレリーナ」の中でかなりクローズアップされていたようにも
感じられます。
それに関しては、このブログでも何度も述べている通り、めぐみ自身の家庭環境という事情もあったのでしょうし
小さい頃から病弱の母親のお手伝いを日常的にしていた事で、
「誰かの役に立ち、人からありがとうと言われる事が自分を表現出来て、自分と言う存在を他者から認知してもらう場」という事を
めぐみ自身が少しばかり強迫観念的に捉えてしまう素描が出来上がっていたのかもしれないです。

ハピネスチャージの物語は、ある意味においては、「幸せ」というのは案外身近な所に潜んでいたりもするものだけど、
それを自分自身がちゃんと認識しておかないと、身近な存在であってもするりと逃げられてしまうはかない存在である事を
きちんと認識しておきましょうといった事も一つのテーマだったような感じもありますし、それを示唆していた回が
誠司の闇堕ちの回だったようにも感じられます、
他人に色々とおせっかいを焼いたり、他人の事にあれこれ口出しするよりも、まずは自分自身の存在を認識し、
自分の幸せや自分は一体何をしたいのかという自分の存在意義をきちんと整理したうえで認識しましょうという事なのかも
しれないです。
その辺りの認識が大変甘いところがあったから、
アンラブリーのあの精神攻撃に激しく動揺し、めぐみの不安感が露呈される結果になってしまったのですけど、
それは、実は既に初期の話から「めぐみのやや歪んだ幸福観」が示唆されていたという感じなのかもしれないです。

その辺りは、後半にかけて相当是正されていき、 最終決戦における素晴らしい成長を私達に見せつける事になるのですけど、
プリキュアというものは、初期設定にポンコツ要素とかなにか内面の問題性を加味した方が
後半にかけての主人公の成長が大変楽しみになってくるので
私としてはこういう設定の方が大好きですし、めぐみのような典型的な遅咲きの主人公は素晴らしいと感じざるを
得ないですし、こういうところがハピネスとしての物語に私自身が好感を感じる点なのかもしれないです。

f5d4f319-s_convert_20151124204758.jpg

cd714de0-s_convert_20151124204704.jpg

4370fa78_convert_20151124204044.jpg

356ef4fa-s_convert_20151124204016.jpg


ハピネスの第12話の戦闘シーンはなぜか野球対決になってしまいました。
(これとほぼ同じような展開がフレッシュのラブと大輔のあまずっぺー恋愛話の回にもウエスターによってなされていました!)

「野球で勝負よ!!」とラブリーの挑発に
「受けて立ちますぞ!!」というノリの良さを見せてくれるナマケルダは、意外といい人なのかもしれないですルンッ~♪

ナマケルダは名前の通り地道に真面目に仕事をするのが嫌いで、仕事をサボりまくるのが大好きな敵幹部であり、
毎回登場時でもやる気があるのかないのか今一つよく分からない御方でもありましたけど、第12話の野球対決においては、
サイアークを使って野球対決を始めることになったのですけど、
いざキュアラブリーと野球勝負に入ると、普段の怠惰や無気力振りはどこへやら・・メガホン片手にサイアークを応援し、
監督になってブロックサインで配球を指示するなど普段の無気力ぶりが嘘のように熱が入っていたのは
大変印象的でもありましたルン!
この時はいつもやっているような卑怯で姑息な真似をせず正々堂々と勝負しており、
プリキュア側の作戦会議を認めたり、配球を読まれてホームランを打たれて落ち込むサイアークに負けを認めて
プリキュアに浄化されるよう命じたりと意外に潔い一面を見せていましたしも撤退の際には自らの采配ミスを認めていたあたりは
ナマケルダは、オレスキーなどハピネスの他の幹部同様に根は意外といい人だったのかもしれないです。

b55cddb4_convert_20151124204622.png

それにしてもラブリーの「一球を捉えた眼」はまさにスポ根アニメそのものでした!

あのラブリーの眼は「巨人の星」の星飛雄馬そのものだったのかもしれないです。
(巨人の星を持ち出す事自体、実年齢がばれてしまいそう・・)

ラブリーのような可愛いかわいいプリキュアがあのスカートを穿いた格好で野球をしている事自体
大変素晴らしいものがありますし、
なによりも、ラブリーがあの燃える様な闘魂の眼差しでかっ飛ばしたラブリーホームランは、球詠の希の起死回生の
逆転スリーランと同じくらい尊いものがあったといえそうです。

あのラブリーの気迫と格好の良さと熱さは、
毎年毎年貧打にあえぐ私が愛してやまない千葉ロッテマリーンズの打撃陣にも見習って欲しいものですね~♪
(今年に関しては珍しく打撃陣が好調なのはありがたいですけど、かわりに特に先発投手陣が崩壊寸前なのは
痛いですルン・・)

最後に・・、「球詠」の新越谷の4番打者の中村希のモデルは福岡ソフトバンクホークスの中村晃選手なのですけど、
昨年あたりまでですと「パ・リーグの中村というと、西武のおかわりくんまたはホークスの中村晃」というイメージが
強かったですけど、
今年は私が愛してやまない千葉ロッテマリーンズの3番打者の中村奨吾が絶好調なのがとてもありがたいです~♪
昨年のマリーンズは特にシーズン後半に深刻な貧打にあえいでいましたけど、今年は1番・荻野、2番・藤原、3番・中村奨吾、
4番・マーティン、5番・レアードという布陣が高度に機能し、昨年のあの貧打はどこへやら・・パ・リーグでも屈指の
強力打線が発揮されているのは、ここ数年のマリーンズの深刻なチャンスに打てない決定力の弱さに泣かされたモノとしては
とにかくこれほどありかだいことはないです。
ここに角中という指名打者や代打の切り札も控えていますので、マリーンズの今年の打撃陣はあなどれないですし、
だからこそ、五輪代表候補の巨人の菅野を交流戦で玉砕KOできたり、先日もホークスの絶対的エースで怪我からの復帰明けの
千賀投手に10失点を食らわせることもできるのだと思います。
そしてその中でも荻野とマーティンと中村奨吾の活躍ぶりはマリーンズファン冥利につきますね~♪
(更に安田や井上のさらなる覚醒があれば最高です!)
sign_convert_20210318211630.jpg

「ハピネスチャージプリキュア」の敵幹部のナマケルダの「サインコサインタンジェント微分積分やな気分」の名セリフ・・

季節は既に初夏を通り越して本格的な夏に突入モードですけど、JC・JKの皆様にとってはいよいよすてきな夏休みの
はじまりが目前ということでテンションがマシマシになるのかもしれないですね~♪
だけどそうした楽しい夏休みの前にそびえたつのは中間試験・学期末試験なのかもしれないです。

私自身、高校生時代はとにかく数学・物理・化学といった理系科目が大の苦手でして、私自身の高校は当時は
東北6県の中で唯一理数科が設置されていた学校ということで学校としても理系科目に大変力を入れている学校なのに、
そうした学校を選んでしまった事は吹奏楽コンクールに例えると「自由曲の選曲ミス」ということになるのかもしれないですけど、
当時は男子高・私服・規則や校則がほぼ無い・当時の吹奏楽部は生徒指揮でその自由さに憧れていたといった理由で
この学校を選んでいたから文句は言えた義理ではなかったのかもしれないです。

「浦和の調ちゃん」第10話・ロッカーは大事に使いましょうの回は、そうした夏休み直前の試験をテーマにしていて、
数学がさっぱりわからずうつろげな表情で「微分積分」・「サインコサインタンジェント」とつぶやき脳が爆発炎上してしまった
高砂調は確かにポンコツ頭ですけど、とてもかわいかったですし、数学が苦手という点ではとてつもなく共感できるものが
ありました~♪
この「微分積分」とか「サインコサインタンジェント」って懐かしいですね~
上記で触れた通り、私も高校の頃は、数学・物理・化学等の理系科目が本当に大の苦手で、
私の高校は理数科というクラスがあるくらい理系に比較的力を入れている学校で、
当時、数Ⅰ~数ⅡB~数Ⅲの科目は三年間で学ぶという当時の文部省の指針を完璧に逸脱し、
高校2年間で数Ⅰ~数Ⅲを全て修了させ、3年生の授業は全て演習問題に充当するというとんでもない学校でしたので、
私もこの微分積分等はさっぱりわからず困っていたものでしたし、試験の際にはとてつもなく憂鬱でもありました。
ちなみにうちの高校は全般的に授業の進行のスピードがとてつもなく速くて、例えば物理Ⅰと物理Ⅱも一学年の間で
物理Ⅱの半分程度まで昇華させられましたし、
世界史においても通常の傾向ですと、大体2年間の授業でもなんとか頑張ってギリギリ第一次世界大戦あたりで
終ってしまい現第二次世界大戦以降の現代史の範囲はほぼ手つかずというのが普通だったと思うのですけど、
うちの高校は第二次世界大戦後の米ソ冷戦とか中国の文化大革命あたりまで強引に進行させていたのは、今にして
思うとなんという驚異的スピードと感じてしまいます。
私が高校生の頃って1980年代前半ですけど、当時の教科書では「中国社会は人民公社がベースになっている」というのが
通常だったと思いますが、文化大革命の頃の中国を授業で語っていた世界史の先生は
「中国はとっくの昔に人民公社は制度崩壊していて、現在の中国社会ではそうした制度は既にほぼ存在していないし、
現在君たちが使用している教科書の中国の記述は実情を反映していないし、中国はこの先十年以内に実質的に
資本主義国家へと変貌を遂げる」と力説されていて、当時の生徒たちは「そんなバカな・・」と感じている者が大半だったと
思いますが、結果的にそれは全く正しい事であった事はその後の歴史が証明していて、あの先生の先見の明は
今にして思うとさすが・・と感じさせるものがあったと思います。

ハピネスチャージプリキュアの第12話(めぐみが学年最下位の学力である事が判明した回)において、幻影帝国の
敵幹部のナマケルダが「サインコサインタンジェント、微分積分やな気分」というセリフを発していましたけど、
この点に関してだけはナマケルダにとてつもなく共感しますルンッ~♪

浦和の調ちゃんの高砂調も数学の試験勉強している間はまさに「サインコサインタンジェント、微分積分やな気分」という感じ
だったと思いますが、このシーンのおける校庭で練習している運動部の掛け声が「微分積分いい気分~♪」というのも
なんだかとてつもなくお茶目で楽しいものがありました。


urawa_convert_20210318211715.jpg

urawa-00_convert_20210318211756.jpg



79f3d46b_convert_20150612143933.jpg

第10話においては、試験直前の鉄道部内にて、お勉強が出来なくて、数学を常盤に色々と教わっている調ちゃんがいました。

調のポンコツな脳みそ(?)ではこうした数学の問題は難しすぎるようで、見事に完全に脳内キャパを超えて、爆発炎上して
頭が真っ黒焦げになってしまった調はとてもお茶目で楽しいものがありました。

だけど私もそうした調ちゃんの事はとてもとても笑える資格はないですね~

「響け! ユーフォニアム」において久美子のクラスの担任の先生は吹奏楽部の副顧問であり、二者面談とか三者面談にて
吹奏楽部の事も色々と聞かれていましたけど、
私自身も高校1年のクラス担任は名前だけの顧問でしたけども一応吹奏楽部の顧問の先生でしたので、
ある意味やりにくかったです。
そして悪い事に担当教科が数学でしたので、私の数学のひどい点数は当然全てを把握していて、三者面談の際も、
「息子さんはまー、なんですなー、学業成績は一旦置いておいて、吹奏楽部ではのびのびと活躍をされている様なので
今はそれでよしとしておきましょう・・
私の担当教科でもある数学に至ってはどん底レヴェルでありますなので、親御さんから一言言って頂けると私としても
たいへんありがたいです」なとど毎回毎回余計な事ばかり言って私を困惑させてくれたものでした。

うちの高校は地方の男子高校でしたけど、規則や校則は一切なしで授業開始や終了のチャイムも無く、
髪型も服装も全てが自由というおおらかな学校でしたけど、最終的に一学期と二学期の中間試験と学期末試験の
各科目の平均点数が40点未満の赤点科目が一科目でもあれば、問答無用で追試となり、追試の結果
50点に達しない科目が一科目でもあれば即留年という厳しい一面はあり、公立高校なのに毎年平均して6~10人ほどの
留年者が出るという学校でもありました。
そして冒頭でも書いた通り学校自体が理系科目に力を入れているため、数学の試験だけは数学①と数学②の二科目の
試験ということになり、累計200点×4=800点のうち、累計得点320点以下の赤点になってしまうと
追試では200点満点で100点以上取らなければならない上に追試の試験範囲は全範囲という事で、
私自身も高校3年間は特に数学と物理の追試回避のために特に二学期の学年末試験は本気の本気の真剣モードに
ならざるを得ない程、毎年毎年数学には苦労させられたものですし、
ナマケルダが言う「微分積分やな気分」には同調かるものが大だと思います。


8923e16e_convert_20150612143535.jpg

ca0f9e4b_convert_20150612143707.jpg

f80928d2_convert_20150612143741.jpg


上木崎常盤に教わりながら試験勉強を続ける調ちゃんでしたけど、その傍らでは、
余裕のの大谷場南が「大宮=盆栽VS浦和=うなぎ」のPSPゲームに興じていて、そのせいで気が散って仕方が無い状態の
調ちゃんに対して、そうした空気にお構いなしに能天気にゲームに興ずる南がいたものでした。

大谷場南はアホの子なのですけど、なぜか学力は高く成績上位と言う意外すぎる設定もありました。
そうなると「浦和の調ちゃん」の中で唯一のお勉強が苦手なおバカキャラというと高砂調でけってーーい!という事になりそうです。
南自身、普段からの勉強はお嫌いみたいでして、試験勉強ほとんど一夜漬けらしいです・・
それでも成績上位というのは、南がすごいのか、浦和第三高校がポンコツ高校なのかどちらかなのかもしれないです。

それにしても調ちゃんにとっては、南こそが最大の自分のバカ友と思い込んでいただけに、南が実は成績が良いというのは
結構ショックな話だったのかもしれないです。

最後のオチは、そうした能天気な南にイラッ・・とした意外な?凶暴キャラの常盤が鉄拳制裁を発動し、以前のゴミ箱
どころではなくて、南はロッカーに叩きこまれていました・・・
そしてトドメに大谷場南のお尻に常盤が放り込んだPSPゲームが突き刺さってしまい、
このシーンは見方によっては少しエロっぽい感じがしたものでした~♪

第10話においても常盤の凶暴伝説は健在だったようです。


85a01fbf_convert_20150612143506.jpg

縺輔>縺祇convert_20150612143853

第10話のエンディングには「みんなでお茶にしましょう」ということでお茶うけのお菓子として、埼玉名物の
「彩果の宝石」というおいしいゼリーが登場していました~♪

それにしても彩果の宝石のフルーティなおいしさも素晴らしいですけど、この果実そっくりの見た目の充実感も
とてもすてきだと思います。

urawa-07_convert_20210318211833.jpg

上記で彩果の宝石が出てきましたので、「もう一つの埼玉名物の十万石まんじゅうは出てこないのかな・・?」と思っていたら、
よーく見てみると、調ちゃんが数学の試験勉強をしていた時に使用していたノートの隣には、
しっかりと「十万石まんじゅう」の消しゴムが置かれていたものでした~♪

十万石

こちらは現物の十万石まんじゅうです! お味は、まさに・・うまい、うますぎるです~♪

892d57bc_convert_20150424144903.jpg

こちらは埼玉県ローカルショートアニメ「浦和の調ちゃん」の主人公・高砂調(たかさご うさぎ)による
十万石まんじゅうへのオマージュです。

ふくさやの十万石まんじゅうは、草加煎餅・川越の芋菓子などと並んで数少ない埼玉銘菓の一つなのですけど、
このお饅頭は日持ちは全然しないものの本当に美味しいと思います。
賞味期限は3~5日程度ですけど、出来れば購入したその日に食べて頂きたいです!
これまで散々書いてきたとおり、十万石まんじゅうはテレビ埼玉にてテレビCMが展開されていて、そのキャッチフレーズが
棟方志功がかつて絶賛したという「うまい、うますぎる」という言葉をそっくりそのまま使用していて、
埼玉県民の間だけは、この「うまい、うますきる」のキャッチフレーズは高いと言えるのかもしれないです。
(埼玉県民と非埼玉県民を見分ける方法として、122号線の読み方と合わせて、「うまい、うますぎる」のCMを見た事があるか
ないかというのは埼玉ネタとしては鉄板ネタなのかもしれないです)
本日、7月7日はいうまでもなく「七夕」ですけど、冷やし中華の日、カルピスの日、川の日、ゆかたの日、ギフトの日でも
あったりしますし、同時に「ポニーテールの日」でもあったりします。

7月7日が「ポニーテールの日」であることの根拠として、
七夕伝説の織姫がポニーテールであったことや、7月7日が「七夕」・「ゆかたの日」であり、
ポニーテールが浴衣に似合うことから、日本ポニーテール協会が1995年に提唱したとのことです。
(明確な根拠はないですし、半分こじつけみたいなものなのかもしれないですけど、こういう日の制定はとても粋だと思います。
また2月2日はツインテールの日でもあるそうです)

私、昔からそうなのですけど、ポニーテールの女の子は大好きでして、あのなんともいえない可愛くてキュートでもありますし、
ついつい結わえた髪を引っ張りたくなるイタズラ心の為せる業なのかもしれないです。

歴代プリキュアにおいてもプリキュアに変身後に髪型がポニーテールに変わるプリキュアも何人もいたりもしたものですけど、
変身前も変身後もポニーテールであったプリキュアで特に印象的で大好きなのは、
「ハピネスチャージプリキュア」の愛乃めぐみ(キュアラブリー)でした~♪
めぐみのあのかわいらしさは「まさにこれぞポニーテール!」といった正統派の王道的かわいらしさに溢れていましたし、
本当にめぐみ=キュアラブリーはとってもとっても可愛かったと思います。
この娘は、どんな髪型をしてもどんな服を着てもぜーんぶ可愛いという感じもするのですけど、
やはり普段の「ポニーテール」としての姿が私にとっては一番大好きなラブリー=めぐみでした!

アニメキャラでポニーテールというとどんなキャラがいたのでしょうか・・?

思い起こしてみると・・・・

〇変態王子と笑わない猫/筒隠つくし

〇デート・ア・ライブ/ 崇宮 真那

〇アイカツ! / 音城セイラ、神崎美月、紅林珠璃、栗栖ここね

〇アイドルマスターシンデレラガールズ / 愛野渚、神谷奈緒、椎名法子、城ヶ崎美嘉、福山舞、堀裕子、若林智香

〇ウマ娘プリティーダービー / トウカイテイオー、エルコンドルパサー、ナリタブライアン、タイキシャトル、ハルウララ、

〇まどか☆マギカ/ 佐倉杏子

〇さくら荘のペットな彼女/ 青山七海

〇ガールフレンド(仮)/ 櫻井明音

〇ラブライブ!/ 絢瀬絵里 

〇暗殺教室/ 矢田桃花

〇艦隊これくしょん/ 青葉・不知火・夕張・秋月・鳳翔・伊勢・熊野・大和・秋月など

東方Projectのキャラとしてはポニーテールは極めて少ないですね・・、せいぜい綿月依姫と物部布都ぐらいです。

20191121yuubari-_convert_20191121173624_convert_20191121184602.png

ここから先はdream fantasy2
アミグリさんが描かれた絵の転載&ご紹介コーナーです。

上記でポニーテールの話が出たという事はいうまでもなく今回ご紹介させて頂く作品は、アミグリさんが描かれた艦娘の
夕張ちゃんです~♪
当ブログにおいて、メロンまたはポニーテールの話が出た場合、高確率でアミグリさんの描かれた夕張ちゃんが
登場するのは当ブログのすてきな?お約束なのかもしれないですし、私もアミグリさんが描かれたこの夕張ちゃんは
とってもとっても大好きなものでして、この絵は毎日でも当ブログで転載&ご紹介しても構わない!と本気で思っていたりする
くらいお気に入りです!

この夕張ちゃんは2019年11月に描かれました作品でもあります。

右手を口にあてるさりげない仕草・ポニーテール・メロンちゃんらしいメロン色に溢れた配色・かわいいおへそに
黒タイツと全てがかわいらしさと萌え要素に溢れていると思います~♪

夕張ちゃんのシルエットが背景として巧みに用いられている事も絵画的美しさとして感じられますし、
おへそがかなり大胆に描かれていて、このへそ出しがキューティー夕張ちゃんを醸し出していると思いますし、
黒タイツの素晴らしさも光っていると思います。

私服の夕張ちゃんもすてきですけど、艦装としての夕張ちゃんもとてつもない正統派美人さんとして描かれていると思いますし、
夕張ちゃんは艦娘の中でもとびっきりのポニーテールがよく似合う艦娘なのだと思います。

ori-mizu-san_convert_20120815101154.png


本日は7月7日ということで、季節は初夏から真夏を迎えようとしています。そして夏というというまでもなく美少女の水着が
思い浮かびますけど、ここに水着美少女にポニーテールの萌え要素が加わると最強の組合せになるのかも
しれないです。

上記の絵は、アミグリさんが2012年8月に描かれた「オリジナル水着の女の子」ですけど、この絵は、水着・美少女・
ポニーテールの要素をすべて満たした奇跡のような作品のようにも感じられそうです~♪

この絵は「夏」そのものですね~♪

この作品を描かれた経緯はpixivで開催されているイラコン用に描いた絵との事です。

手にしていたアイスクリームが美味しそうですし、ポニーテールの髪型に、髪の黄色のリボン・ピンクのチェックの水着・・
夏と言えば女の子の水着だと思いますし、そうした意味ではとにかく夏に相応しい作品だと思いますし、
オリジナルの女の子がめちゃくちゃかわいいです~!!
夏はこれからが本番なのですけど、私の気分は既に夏全開ですね!

手にしているアイスクリームが美味しそうですし、黄色のリボン・ピンクのチェックの水着・・
すべてがすてきな夏休みという雰囲気に溢れていると思います。
とっても素晴らしいです!

20143301_convert_20110715150259.png


7月7日というといっちば~ん!に思い浮かぶのは誰がなんといっても七夕なのだと思います。

昔、日本では女性が「棚機(たなばた)」という機械で着物を織り、棚にお供えをして神様に豊作祈願や
人々のけがれを払うという行事がありました。
その後、仏教が伝来し、この行事もお盆前の準備として7月7日に行われるように変わっていった経緯もあります。
日本では大変有名な織姫と彦星の物語ですけど、これはもともとは中国の話に由来します。
七夕を1年に1度のめぐり合いの日と考え夜空に輝く星を見て、物語を生み出すのはとってもロマンチック溢れる話だと
思います!

昔、中国では、7月7日に、織女星にあやかり、女性の大切な仕事であるはた織りや裁縫が上達するようにと
祈りを捧げる行事があり、当初の頃は祈りの中心ははた織りや裁縫だけでしたが、
祈りの内容が時とともに芸事や書道の上達などさまざまな内容に広がっていったそうです。
こうした中国の行事が平安時代に日本に伝わり、七夕にお願い事をするという風習へと変化し現在へと
受け継がれています。

そうした訳で本記事のフィナーレを飾って頂くアミグリさんのオリジナル絵は2011年に描かれた「オリジナル」とタイトルが
つけられた幻想的な絵です。
そしてこの絵はpixiv掲載時では「七夕」という表記がなされていました。

夜空を背景とした幻想的な作品なのですけど、この純白の衣装の少女の雰囲気は私にとっては
「祈り」そのものと言えるのかもしれないです。

月の光に照らされる七夕の日の真夜中に少女が一人そこに孤独に佇み、 一人物想いに耽っているみたいなシーンを
想像してしまいます。
紫のトーンが幻想的光景をナチュラルに演出しているとも感じられます。
少女の両目を閉じているのもそうしたイメージに合致していて とても美しいと思います。

七夕の日にこれ以上は無いとすら感じてしまう素晴らしいオリジナル作品だと思います。

上記のアミグリさんが描かれた夕張ちゃんやオリジナル絵の権利は、上記作品の絵師様であるアミグリさんに帰するものであり
当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつも素敵な絵の転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにミステリアスで美しいオリジナル絵を描かれる方のブログってどんなもんなのだろう・・? 」と興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy2 を ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログdream fantasy2 に一度お立ち寄りしていただけると
アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

それでは皆様におかれましてもすてきな七夕をお楽しみ頂きたいと思います。


マンドリン

u-cr_convert_20210316234456.jpg

ウクレレ

「ウクレレ」、「マンドリン」はいずれも古楽器「リュート」を起源とするリュート属の小型の弦楽器です。

見た目の雰囲気は似ているようにも感じられますけど、その歴史も使われ方も全然異なっていて、「似て非なるもの」と
いえそうです。

「ウクレレ」とは、4本の弦を持つ小型の弦楽器で、19世紀後半にポルトガルからハワイへ持ち込まれた民族楽器がハワイで
独自に発展したとされています。
日本では高木ブーが奏でる楽器というイメージもありそうですけど、
伝統的なハワイの民族音楽をはじめとしたハワイアン音楽には欠かせない楽器といえます。

ウクレレとは、アコースティックギターが小さくなったような楽器で、
21インチ、23インチ、26インチのものがあり、21インチはソプラノウクレレと呼ばれ、初心者にはこのサイズが
お勧めと言えそうです。
23インチのものがコンサートウクレレで、一般的なウクレレと呼ばれるのはこのサイズのものです。
26インチはテナーウクレレと呼ばれ、低い音を出すことができます。
いずれの大きさのウクレレも、基本的奏法は4本の弦を弾いて演奏し指で直接弾く引き方が主流です。

「マンドリン」は、イタリアが発祥の弦楽器で、18世紀のイタリアで小型のリュート「マンドーラ」から発展したとされています。

ヴァイオリンと同等の音域の演奏に向いていますが、弓ではなく、ピックによって演奏されます。
弦楽器としては多い8弦が張られており、2弦ずつの構成となっているため、一見では4弦にも見えるのが特徴です。
マンドリンの全長は約60cm程度で、ナポリ型と呼ばれるボウルバック(ボディ背面が半球状のもの)タイプや、
ポルトガル型と呼ばれるフラットバック(ボディ背面が平らなもの)タイプがあります。
ボウルバックはおもにクラシック音楽で、フラットバックはおもにカントリーやブルーグラスなどの音楽ジャンルで
用いられることが多いです。

マンドリンなのですけど、稀にですけどオーケストラの管弦楽曲や交響曲でも用いられる事もあります。
但し、マンドリンは音量的にはかなり弱い楽器でもありますので、静かな部分やソロ的に使用される事が多いです。
管弦楽曲として使用された事例としては、レスピーギの交響詩「ローマの祭り」~Ⅲ.十月祭が挙げられますけど、
Ⅳの主顕祭のどんちゃん騒ぎの前のひそやかな場面にソロ的に使用されていて、大変効果的だと感じられます。
交響曲で使用された事例としては、マーラーの交響曲第7番「夜の歌」~第四楽章が挙げられると思います。
この第四楽章は全楽章の中で一番安らぎのある楽章で、オーケストラの世界では取り入れられることの少ない
ギターとマンドリンを同時に使用していて、ギターとマンドリンがオーケストラの中で同時共演という実に珍しいケースと
なっています。
この第四楽章は、ホルン以外の金管楽器は全て休みですので、10分程度のこの楽章の間に体力を取り戻しておいてという
作曲者の配慮があるのかもしれないです。
この楽章ではギターよりもマンドリンが非常に効果的に使用されていて、全体としてはセレナーデのようにも聴こえます。




ここから下記は少しららマジの話をさせて頂きたいと思います。というのも、ららマジではウクレレも登場しているからです。

東奏学園の30人の器楽部においてメンバー最年少は卯月幸という中学1年生のウクレレ担当のJCさんです。

器楽部のエレキギター担当の真中華の妹で、ウクレレのほかにヴォーカルも担当することもあるそうです。
バトル時には愛用のウクレレに似た形の片手剣で戦う事もあります。
中学一年と言う事でららマジの中ではかなり幼い雰囲気があるのですけど、そうした初々しいかわいらしさが
とってもすてきですね~♪

卯月幸は一応ウクレレ担当なのですけど、「東奏学園に進学したらお姉さまたちのようにすてきな楽器奏者になりたい」という
あこがれの気持ちをもって日々練習に励んでいるその初々しさも素晴らしいです。
そして卯月幸も確かに今はウクレレ担当ですけど、
「高校に上がる頃までには色々な楽器を一通り吹いて、どんな楽器が自分にあっているのか試してみたい」と
思っているのかもしれないです。

ららマジカードの何にも卯月幸がホルンやクラリネットを各先輩から教わっているシーンを示唆するものがあったりして、
こういうシーンはとってもいいなぁ・・と感じたりもします。


_繧ッ繝ゥ_convert_20191030002934


ららマジのクラリネット担当の綾瀬凜は真面目な優等生で後輩からはちょっぴり怖い先輩としても知られています。

真面目な厳格な性格で後輩からは少し怖がられている事を綾瀬凜本人はかなり気にしており、
後輩にやさしく接しようと心掛けていたりもするそうです。

私自身、吹奏楽部に入部しクラリネットを始めた中学一年の時には、綾瀬凜みたいにやさしく接してくれそうなお姉さま先輩は
ほぼ皆無でしたので(汗・・)
ららマジの綾瀬凛みたいなお姉さまに教わればもう少し上達したのかもしれないですね~

そしてそうしたやさしく接してあげようと意識している綾瀬凜から手ほどきを受けることができる卯月幸は幸せ者なのかも
しれないです。

卯月幸のような新入部員にとって一年生のうちからたくさんの楽器のレクチャーを受け、その中から
「この楽器が一番わたしにしっくりくるかも~」という楽器を発見できればとても素晴らしいと思いますね~♪


名古屋名物・ういろうの一例

yo_convert_20210315023453.jpg

(水)ようかんの一例

7/2の名古屋めし記事の続きみたいなものです。

その記事でも書いたように名古屋にはおいしいご当地グルメがたくさんあるのですけど、和菓子系としては
「ういろう」がとっても大好きです~♪
関東においてはういろうの取り扱いをしているお店が少なくて、めったに食べられない和菓子ではあるのですけど、
たまに物産展でういろうが販売されているのを見かけたら、ついつい買ってしまいます。

うちの奥様は例のあの舌の鈍感さを見事に発揮されて(?)、「ういろうなんて(水)ようかんと大して変わりがないじゃん・・」と
またまたとんちんかんな事を言っていたりもしますので、ここは改めて両者の違いについて簡単に触れてみたいと
思います。

「ういろう」とは、米粉などの穀粉に砂糖と水を加え練ったものを型に流し込んで蒸籠で蒸して固めた和菓子です。
うるち米やもち米の米粉以外に、小麦粉、ワラビ粉などを主原料とするものもあります。
白砂糖を用いた白いもの、黒砂糖を用いた黒いもののほか、小豆や抹茶、コーヒー、柚子、桜など様々な風味のういろうが
あります。
ういろうは、漢字で書くと「外郎」で起源は諸説ありますが、江戸時代に普及した口中清涼剤の大衆薬
「外郎薬(ういろうぐすり)」に外観が似ていたためとされるのが一般的なそうです。
私個人としては桜の風味のピンク色のういろうが大好きです。
あのなんともいえないぷにょぷにょとした食感がたまらないです~♪

「ようかん」とは、小豆を主原料とした餡を型に流し込んで寒天で固めた和菓子です。
抹茶などを練りこんだものや、甘露煮にした栗を混ぜたものなど様々な種類のようかんがあります。
寒天の添加量を減らして柔らかい食感にしたみずようかんや、寒天ではなく小麦粉や葛粉を加えて蒸して固める
蒸し羊羹など、一般的なようかんと異なる製法のものもあり、
これらに対して通常のようかんをねりようかん)と呼び区別することもあるそうです。

こうやって簡単に比較しただけでもういろうと水ようかんは似て非なる食べ物といえそうですし、その違いは
艦これとアズールレーンの違いと同様なのかもしれないです。

名古屋めしの食べ物として「似て非なる食べ物」としては、名古屋の名物の味噌煮込みうどんと山梨名物の「ほうとう」が
挙げられると思います。

ほうとうは、基本的には小麦粉を練りざっくりと切った太くて短い麺をカボチャ・里芋・にんじん・じゃがいもなどの野菜と共に
味噌仕立ての汁で煮込み、アツアツの状態で食べる郷土料理です。
作り方はとてもシンプルで、上記の野菜をカットして出汁に投入し煮込み、そこにほうとうの麺を粉がついたまま投入し煮込み、
肉などの追加具材があれば投入し、最後に味噌をいれて味をととのえて完成です。
本来的には具材は野菜とこんにゃくぐらいなそうですけど、最近は鶏肉・豚肉・貝・エビを入れたりすることもあるようです。
味噌や調味料も各家庭や店舗によって微妙に違いがあったりして、それが家庭の味・お店の味という事になるのだと
思います。
具材に関して言うと概して家庭のほうとうは野菜と油揚げがメインで、お店のほうとうだと野菜に加えて肉類が入ることが
多かったような印象もあります。
(店によっては具材として山梨名物のアワビの煮貝をうすくスライスした豪勢なものもあったと記憶しています)
最近ではほうとう用の市販の生麺やほうとう用のスープも販売されていますし、出汁や味噌を用意することもなく気軽に
作れそうですし、秋~冬にかけてのスーパーではレンジでチンするだけのほうとうセットも普通に販売されていたりもします。

ほうとうの麺の生地は、うどんやきしめんと違い、生地を練るときに塩を使わずに小麦粉と水のみで練るため独特な食感に
なりますし、うどんより幅広く、やや薄い形状であったりもします。
具は野菜が中心となり、夏にはネギ、タマネギ、ジャガイモなど、冬ではカボチャやサトイモ、ニンジンやハクサイ、シイタケ、
シメジなどのキノコ類を入れる事が多いです。
私個人の好みですけど、ほうとうの具材としてはジャガイモ、にんじん、タマネギがベストだったような印象も
ありますけど、冬場のかぼちゃのほうとうは食べるととにかくポカポカと温まったのがとてもよかったです。

名古屋にも「味噌煮込みうどん」というほうとうと似た食べ物がありますけど、あれはあくまでうどんであり、ほうとうとは
味噌ベースのスープという共通点はあるものの、麺の形状から考えると似て非なる食べ物といえそうです。
味噌煮込みうどんの麺は通常の麺と違い、小麦粉と水のみで塩は使いません。塩を麺に練りこまないのは味噌の汁に塩が
溶け込んで辛くなりすぎるのを防ぐためです。
味噌煮込みうどんの具材としては鶏肉・かまぼこ・ねぎ・しいたけがオーソドックスだと思いますが、名古屋めしらしく
鶏肉として名古屋コーチンを使う店も多いとの事です。
また、薬味として一味唐辛子、七味唐辛子を利用することが多いそうです。
そして名古屋めしとしての味噌煮込みうどんの最大の特徴は、使用する味噌として八丁味噌である豆味噌がメインいう事が
挙げられると思います。

山梨の人に言わせると「ほうとうはあくまでほうとう、うどんはうどん、きしめんはきしめんずら」という事なのだと思います。


283a4c91-s_convert_20200903135017.jpg


「ゆるキャン△」の第一期にも二度ばかり山梨名物のほうとうが登場していましたね~♪

なでしこ : これ知ってる!野菜がたくさん入った味噌煮うどん!

ほうとうの話はゆるキャン△第8話においても、なでしこ・千明・あおいの三人が身延駅前のアウトドアグッズ専門店に
立ち寄った際にもちらっと登場しています。
これは第9話の後半で各務原家でほうとうを作る羽目になってしまった千明の話の前振りなのかもしれなかったです。

なでしこ自身がほうとうを作る場面はアニメではなかったと思いますけど、意外と?料理が上手であるなでしこが作る
ほうとうは是非食べてみたいものです!



以前アミグリさんにさりげなくこっそりと? 「数ある東方キャラの中でアミグリさんが特に大好きで思い入れがあるキャラは
実は誰ですか・・?」と大変答えにくい質問をさせて頂いた事があるのですけど、
アミグリさんのお答えは、フランちゃん・こいしちゃん・妖夢・咲夜さん・チルノ、そして霊夢と魔理沙という事でした。
もちろん上記で挙げさせて頂いた東方キャラを、アミグリさんはブログ開設から今日に至るまで長期間進化と変化を続けながら
ずっと描き続けられていたのですけど、この「東方キャラをずっと描き続けていた」と言う事こそが
アミグリさんの「すてきな東方愛」であり、大変尊い事なのだと思います。
昨日の当ブログはアミグリさんの2020年度の東方進化録ということで、この進化録一つとってもアミグリさんの描かれた
東方絵がマンネリ化どころか常に進化と変化を模索され続けているということがよくわかると思うのですけど、
本記事においてはアミグリさんが「特に思い入れのあるキャラ」と思われている東方キャラの中でも、特に強い思い入れが
感じられる霊夢とフランちゃんについて、アミグリさんが今年・・2021年5月に描かれていたこのお二人を当ブログでは
初めて転載&ご紹介させて頂き、この透明感溢れる美しいフランドールと霊夢を皆様にご覧頂きたいと思います。

ちなみに私自身の「特に思い入れのある7人の東方キャラ」というと、ゆかりん・さとり様・こいしちゃん・うどんげちゃん・
霊夢・アリスであったりもします。
(霊夢が被っているあたりは、さすが霊夢は東方の絶対的エースであり最強の東方看板娘という事になるのだと思います)

そんな訳でまずはアミグリさんが2021年5月に描かれた東方の絶対的エースで主人公の無双巫女の霊夢です。

dream fantasy2にて
初めてこの霊夢を見た瞬間に霊夢の美しさに感銘を受けてしまい、ひそやかだけどあでやかで気品ある霊夢の絵に
霊夢の巫女としての内面の美しさを感じずにはいられなかったです。

髪が風にたなびく様子もすてきですし、新緑の五月の風に髪がさわさわと揺れている様子もとても絵になると感じたものでした。
少し驚いたような少しきょとんとした表情もとてもチャーミングだと思います。

この霊夢を見た際には「2012~13年頃の淡い作風に近い」といった印象を感じたものですけど、
それに関してのアミグリさんのとらえかたは、
「霊夢のリボンのフリルや袖の影を、いつもは少し暗めの色か、寒色系の色で塗っていましたが、
今回はうすいピンクで影を塗ったので、淡い印象になったのかもしれないです」
とのことでした。

なるほど! 影の塗り方一つだけで全体に与える影響もこんなにも違うということなのですね~♪

とにかくこの霊夢はアミグリさんがこれまで描かれてきたたくさんの霊夢の中でもハイレヴェルの霊夢のひとつであり、
改めて「やっぱりアミグリさんの描かれる霊夢は素晴らしい!」と感じずにはいられないです。
この正統派美人巫女さんの霊夢の美しさに惚れ惚れとさせられてしまいそうです!

2021-hurancyan-01_convert_20210507150707_convert_20210527132415.png


続きましてアミグリさんが2021年5月に描かれたフランちゃん・・、フランドール・スカーレットです。

とってもかわいいフランドールで、こんなかわいくてキュートなフランちゃんを見せつけられると
「本当にこの娘はあの畏敬の対象の吸血鬼の妹なのか・・」と感じてしまいそうですけど、
ここに佇んでいるのは吸血鬼しかおこちゃまカリスマブレイクの妹とは無縁のかわいい妹様!という感じなのだと思いますね~♪

2012~13年頃の淡い作風時代を彷彿とさせるようなこの透明感と清涼感が
やはり「かわいい妹様!」という雰囲気をもたらしていると思いますし、
吸血鬼の妹とは思えないこの愛らしい雰囲気と温かさにアミグリさんのフランちゃん愛を感じさせていると思います。

袖や襟元のフリルの精緻さも素晴らしいですし、淡い金髪が清涼感を更に醸し出していると感じられそうです。
瞳のくりくりっとした温かさもすてきだと思います。

私自身はこのフランちゃんからは上記の霊夢と同様に2012~13年頃の淡い作風のエコーを感じ取ったのですけど、
それに関してのアミグリさんのとらえかたは、
「フリルの袖や帽子にちょっとした透け感を出してみました。瞳も、部分的に水色を入れたりしてみました。
色合いは、鮮やかすぎず暗すぎずを目指しました。ZUN帽のフリルやゆるふわ金髪も描けて楽しかったです♪
フランちゃんの金髪は、今回は特に淡い色で塗ってみました。
かわいいフランちゃんを描きたかったので、フランちゃんの瞳は、丸い瞳に描いてみました。」とのことでした。

なるほど! 透明感やちょっとした色つかいの変化などが全体に与える影響の大きさにも左右するということなのですけど、
それ以上に大きいのがアミグリさんの「フランちゃんが大好き! もっとすてきなフランちゃんを描きたい!」という
絶え間ざるフランちゃん愛なのだと思います!

皆様の中で「こんなにも美しい霊夢やフランちゃんを描かれる方のブログってどんなもんなのだろう? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログdream fantasy2を ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログdream fantasy2に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

アミグリさんの描かれる東方絵はどれもみな美しくてかわいくて素晴らしいですけど、その中でも特に霊夢とフランちゃんの
際立つ素晴らしさは、アミグリさんの霊夢愛・フランちゃん愛なのだと思いますし、5月に描かれたこの二人の絵は
そうしたアミグリさんの愛の賜物ということなのだと思います!

これからももっともっと霊夢やフランちゃん・・、そしてたくさんの東方キャラを描き続けてほしいと心から願ってやまないです!



6月19日の当ブログで既に同じ事を書いていますけど、「dream fantasy2 」のアミグリさんの描かれた絵はいつもかわいくて美しくて文字通り「ファンタジー」に溢れていると思います。

冒頭のまとめ絵はアミグリさんが毎年年初に掲載されている毎年恒例の年初進化録シリーズですけど、
2021年3月に掲載されていたものは、昨年・・2020年に描かれた東方キャラをまとめられた2020東方進化録でしたけど、
こちらはとても素晴らしくて、 どの東方キャラもキラキラ光り輝いて、かわいくて美しくて最高だと思います!

そして6月19日の記事の中で「大人になったあのキャラ」みたいな流れで、お燐ちゃん・早苗さん・こいしちゃんについて
取り上げさせて頂き、過去絵と2020年にアミグリさんが描かれた作品を対比させる形で
「あのキャラも随分としっとりとした大人の雰囲気を有している・・」といったことを皆様に感じて頂きましたけど、
本記事においてはその第二弾ということで、アミグリさんが描かれた過去の東方キャラと2020年に描かれた東方キャラを
比較することで、その進化と変化を皆様に楽しんで頂きたいと思いますし、「あのキャラもこんなに大人っぽくなったものだ・・」と
いった事を感じて頂ければ幸いです。

具体的には第二弾では、ミスチー・大妖精・霊夢でもって過去絵と2020年に描かれた絵をご覧になって頂き、
その違いを感じ取って頂ければ幸いです。
(そして2020年版の「少し大人になったのかも・・」と感じさせる作風の進化と変化もご覧頂ければありがたいです)


20864064_convert_20110808122637.png


そうした訳で、dream fantasy2
アミグリさんが過去に描かれたミスチー・大妖精・霊夢の3キャラの昔描かれた絵と2020年に描かれた作品を
転載&ご紹介をさせて頂きたいと思います。

まず初めにミスティア・ローレライです。

上記の作品はアミグリさんが2011年8月に描かれたミスティア・ローレライです!

アミグリさんが描かれるミスチーは、羽ばたく鳥!!みたいな雰囲気に包まれていて、
「これから一緒に空を飛ぼう!! そして二人で羽ばたいていこう!!」みたいな事をミスチーから囁かれているような妄想が
自然と湧き起こりそうなかわいいミスチーだと思います。

ミスチーというと阿求の描写では人を狂わす歌声に尖った爪に異形の翼や羽の耳という事で、結構こわそう・・みたいな
イメージもありそうなのですけど、そんな雰囲気ではなくて、むしろ響子と共にライブを開催していたり
屋台を一生懸命切り盛りしているといったかわいらしさ・健気さのイメージが感じ取れるように思えます。
背中の翼のふわっとした雰囲気も夜に飛ぶ異形の鳥の妖怪ではなくて、どちらかというと蝶々みたいなイメージすら
感じくれそうだと思います。
そしてこのミスチーはどことなくふっくらとした雰囲気もありそうで、アミグリさんが描かれたちょっとふっくらとした
美味しそうな(??)ミスチーを見てしまうと、ゆゆ様が「食べちゃいたい・・」と感じてしまうのもある意味当然なのかも
しれないです。
ミスチーの尖った爪もどちらかというとマニキュアっぽく感じたりもしますし、むしろおしゃれで洗練されたミスチーと
言えるのだと思います

2020-misuchi-02_convert_20200201152958_convert_20200201194636.png

続きまして、アミグリさんが2020年2月に描かれたミスティア・ローレライです。
このミスチーは当ブログの2020年2月においての「東方カテゴリ700記事到達」を記念してアミグリさんに
リクエストをさせて頂き描いて頂けた大切な記念絵でもあります!

アミグリさんが描かれたミスチーはとってもかわいいですね~♪

ドレスのフリルの精緻さ・ミステリアスな背景・ちょっときょとんとした表情に対比して爪の鋭さの畏敬の表現・
背中の翼の精緻な描き方などとっても見事だと思います。
特にこのフリルの細かい仕上がりは、アミグリさんがこれまで描かれてきた東方キャラのフリル地獄の中でも
かなり大変でご苦労が多かった絵の一つだと思われます。
アミグリさんが2020年に描かれたサグメ様の片翼はミステリアスな雰囲気も感じますけど、ミスチーは両翼という事で、
鳥らしい雰囲気とかわいらしさと妖怪らしい畏敬が見事にバランスが図られていて、
「とってもかわいいけど同時に妖怪っぽい」という大変難しい要素が実にすてきに融合されていると思います。
そしてこの翼はとても美しく幻想的だと思います。

ちょっときょとん・・としているけどどことなく賢そうにも感じられますし、それがミスチー自身の成長であり
大人になった証なのかもしれないです。

2011年のミスチーは少しふっくら気味で、これがまたゆゆ様の食欲を刺激しているのかもしれないですけど、アミグリさんが
2020年に描かれたミスチーは、小鳥から成人の鳥として羽ばたいているという印象もあり、精緻極まりないフリルと羽の
美しさと合せて「大人になったミスチー」を感じてしまいそうです~♪

mizdaichann!!_convert_20120809114359.png


続きまして、大ちゃん・・大妖精の進化と変化です。

ここではdream fantasy2
アミグリさんが2012年に描かれた水着大ちゃんと2018年の大妖精をご覧頂いた上で、
2020年に描かれた大ちゃんをご覧頂きたいと思います、
それによって絵からも大ちゃんの変化を感じ取って頂ければとてもうれしいです。

まずはアミグリさんが2012年8月に描かれた水着大ちゃんです。

ちなみにこの水着大ちゃんは、アナログの線画で、塗り方もエアブラシとぼかしで塗られたとの事で、
いつものアミグリさんの塗り方と少し変化を付けられています。

チルノと一緒に楽しく湖で水遊びをしているようでもあり、それをまるで保護者のように優しく見守っているという
雰囲気もあり、大ちゃんのどことなくアンニュイな雰囲気が 夏のだるい午後を演出しているようにも感じられます。

大ちゃんのおへそもとってもキュートだと思います~♪


daicyan-huriru-002_convert_20180629192224_convert_20180702162312.png


続きまして、アミグリさんがご自身のpixiv登録10周年を記念して描かれた2018年6月末に描かれた大妖精です。

それにしてもこの細かいフリルの描き方は圧巻の完成度だと思います!

まるでどこかの国のプリンセスといった美しさすら感じてしまったものでした。

このフリフリいっぱいの大ちゃんを描かれるのは本当に大変だったと思うのですけど、結果的に
pixiv登録10周年というアミグリさん自身のお祝い記事を飾るのにこれほど相応しい作品は無いのではないか・・!?という
見事な作品として完成されていたのは称賛に値するものがあると思います。

上記のミスチーもそうでしたけど、フリフリの精緻極まりないフリルを纏わせる事で、そのキャラ自体が少しだけ
大人っぽく感じてしまうものなのかもしれないです。


2020-daicyan-04_convert_20200701155337_convert_20200703201949.png


上記の水着大ちゃんと2018年の大妖精をご覧になった上で、2020年の大妖精をご覧頂きたいと思います、

pixiv登録10周年記念のあの精緻なフリルの大ちゃんの圧倒的な完成度の高さも素晴らしかったですけど、
この大妖精は大ちゃんの妖精としてのかわいらしさがフルに発揮されていて、
見ているだけで「かわいいね~♪」と頭をなでなでしてあげたいとってもキュートな大ちゃんだと思います。

このかわいい衣装は外界のメイド喫茶のユニフォームをイメージさせてくれますし、いいところのお嬢様のご自宅でのくつろいだ私服姿という雰囲気もありそうですけど、そうした外界みたいな衣装と言うのが今回の大ちゃんの普遍的なかわいらしさに繋がっていると思います。
短めスカートのキュートさもスカートの端のかわいいフリルもふわふわ揺れていそうなサイドテールや
サイドテールのリボンと同系色の胸元・袖・スカートのリボンもとってもよくお似合いだと思います。

少しきょとん・・とした表情がまたまたとってもかわいいですし、緑髪・緑眼のちょっと不思議ちゃんみたいな雰囲気が
妖精のキャラにぴったりだと思います。
そしてミスチーの絵もそうでしたけど、少しこうやってきょとんとされた表情なのですけど、それが幼いという雰囲気ではなくて
大人のお姉さんとしての賢さみたいなものも感じられ、そこに衣装の洗練さも加わり、
2018年のフリフリ衣装の大妖精よりも少しだけ大人っぽく感じられる要因があるのかもしれないです。


2015-reimu-01_convert_20150113120933.png


続きまして霊夢の進化と変化です。

上記の霊夢は2015年1月にアミグリさんが描かれた作品ですけど、この霊夢は
2021年7月現在のアミグリさんのブログ「dream fantasy」のプロフィール画像となっていて、いわばこの霊夢は
看板娘といえそうです。
この霊夢からは、アミグリさんのすてきな霊夢愛が一枚の絵の隅から隅まで漂っていると私には感じられます。
霊夢というと公式的には中性的とかちょっと無愛想みたいな感じで描かれている事も多々あるのですけど、
アミグリさんが描かれるこの霊夢の笑顔は本当に素晴らしいですね~♪
霊夢のこの笑顔を見ただけで一日の疲れは吹っ飛びそうですし、この笑顔の霊夢を見るたびに
「やっぱり霊夢は東方の絶対的エースで主人公!」という認識を再確認させられるものがありそうです、
そしてなによりも霊夢のこの満面の笑顔は、霊夢の喜びの感情がこみ上げてきたものといえると思います。

霊夢のこうした喜び溢れた笑顔は最高なのだと思います~♪

見るからに少女の喜び炸裂というハッピーな感情がストレートに伝わってきていると思います。


2020-reimu-02_convert_20201219145315_convert_20201219203932.png


続きまして、上記の霊夢は、昨年・・2020年12月に描かれた座っているポージングの霊夢です。

この霊夢は上記の看板娘の霊夢と少しばかり雰囲気が異なるというのか大人の雰囲気が漂っているようにも感じられます。

大人っぽい霊夢というと令和最初の霊夢やノースリーブ霊夢もかなり大人っぽい印象を感じましたけど、
髪の毛が公式の霊夢以上に少しセミロング気味な上にいつもの肩出し&腋見せに加えて、ミニスカートとセットされたような
生足も少し色っぽい雰囲気が漂い、これが大人っぽい霊夢の最大の要因なのかもしれないです。
またぺたんと座り込んでいるようなポージングもアミグリさんにしては珍しい構図といえ、それもまた新鮮な感じを
見ている私たちにもたらしているといえそうです。

こんな大人っぽくてお色気要素も感じられる霊夢からまじまじと見つめられたら、気持ちはなんだかドキッ・・っと
なってしまいそうです~♪

上記のアミグリさんが描かれた東方進化録やミスチー・大妖精・霊夢は、霊夢たちの絵師様である
アミグリさんに帰するものであり、
当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきな絵の転載を快諾して頂きありがとうございます!

皆様の中で「こんなに美しい大妖精やミスチーを描かれる方のブログってどんなもんなのだろう・・? 」と興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログdream fantasy2 を ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログdream fantasy2  に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

アミグリさんにおかれましては、これからものんびりマイペースに絵を描き続けてほしいですし、来年の事を言うと
鬼が笑うといいますけど、アミグリさんの2021年絵の進化録も今からとっても楽しみです~♪

それにしても前回と今回の計6キャラの過去絵と2020年の作品を振り返ってみると、そこにあるのは、
「あのキャラ随分と大人になったのかも・・」という事なのだと思いますし、それがアミグリさんの絵の進化と変化という事に
なるのだと思います。
昨日記事の中ですてきな名古屋めしの一つとして「名古屋・台湾ラーメン」について少しばかり触れさせて頂きましたけど、
名古屋めしというとそれ以外にもたくさんのすてきなメニューがあると思います。

大阪は「食い倒れの街」とか言われ、とにかくめちゃくちゃおいしい食べ物が「これでもかっ!」とたくさん出てくるすてきな街
という印象があるのですけど、食べ物がおいしいしそのヴァリエーションが豊富という意味では名古屋も負けていないと思います!
ういろう・味噌カツ・ひつまぶし・手羽先・天むす・きしめん・味噌煮込みうどん・小倉トーストなどなど
本当にすてきな「名古屋めし」はたくさんあると思います。
そして名古屋の食文化で「これはいいなぁ~」と感じる一つが、喫茶店等のモーニングサービスの充実なのだと思います。
名古屋めしの象徴と言っても過言ではない名古屋のモーニング文化は大変魅力的なものがあると思います。
名古屋の喫茶店では主に午前中にドリンクを注文すると、トーストや玉子などが無料で付いてくるのも素晴らしいと思いますし、
それが質量ともに充実しているのもうらやましいと感じます。
名古屋がこれだけ食文化が充実しているのに、埼玉は本当に「何もないない、な~んにも名物も銘菓もない・・」という
感じですからね・・

繧€縺吝、ゥ_convert_20180415234950

私的には、名古屋めしというと味噌カツやきしめん・味噌煮込みうどん・手羽先・ひつまぶしも大変美味しくて印象的ですけど、
特に忘れられないおいしい味というと「天むす」です~♪
そして実はなのですけど、天むすの発祥の地は三重県津市であり、津名物でもあったのですね~!
天むすと言えば、「名古屋が発祥でしょ?」 と思われる方も多いと思いますし、
名古屋というと「えびふりゃ~」というくらい海老が大好きというイメージがタモリによって定着していると言えなくもありませんし、
天むすは名古屋めしは普通にガイドブックにも掲載されていますからね・・

実は、天むすは名古屋が発祥の地ではなくて三重県津市がその発祥の地でもあったのです。

天むすとは言うまでもなく海老の天ぷらを具にしたおにぎりの事ですけど、
1950年代に三重県津市大門にある天ぷら定食店「千寿」の賄い料理として考案されたのが始まり立ったとの事で、
忙しくて昼食を作る暇もなかったご主人のために奥様がせめて夫には栄養のあるものをと、
車エビの天ぷらを切っておむすびの中に入れたところ、とてもおいしいと喜んでくれて
いろいろと苦労を重ね味付け法を工夫し、編み出した結果、あの天むすの誕生となったそうです。
当初はお得意様限定のいわゆる裏メニューだったそうですけど、あまりにも評判がよく、最終的に「天むす一本でいこう!」と
決断し、今現在も天むすを専門にされているとの事です。

こうしたそもそもの発祥の話を見てみると「えー、それだったらどうして三重県津市の名物が名古屋名物として
転化したのかな・・?」と思われる方も多いと思いますし、
タモリの初期の頃の「名古屋人はエブフリャー、うみゃーぎゃーといって食べる」というネタに感化されて(?)
エビフリャー大好きの名古屋人が津名物をパクッたのかな・・?とヘンな誤解をされがちなのかもしれないですけど、
実際は、津の千寿という元祖のお店から製法等を伝授された名古屋の元時計店店主夫妻が暖簾分けをして貰い、
これが結果的に全国的に広まってしまい、結果として本来の元祖・発祥のお店である津の千寿はあまり知られていなくても
名古屋めしの天むすは知っている~という感じになったのもなんだか面白いものがありそうです。

ちなみにだすけど、名古屋の皆様は決してエビフライのことを「エビフリャー」とは言いません。
それ以前にエビフライが名古屋名物であることや名古屋めしの一つである事を否定している人もかなり多いとは
聞いています。
以前勤めていた会社に名古屋出身の人がいますし、私の高校時代の吹奏楽部仲間で今現在は愛知県在住のメンバーが
いますけど、皆さん言われますには
「名古屋人は断じてエビフライの事をエビフリャーとは言わないし、ましてやタモリが茶化したように
エビフリャー、うみゃーぎゃーとは絶対に言わない」との事です。
そして皆さんが言う事には、確かに元の生れが三河で高齢者の方だと語尾にみゃあとかだぎゃーというのは多いけど、
最近の若い子ではそうした方言を日常で使っている方がむしろ珍しいのではないのか・・?」との見解でした。
発端はタモリが名古屋弁の語尾である「みゃあ」を茶化し「ナゴヤ人はエビフリャーばっか食べとる」と言ったことから
えびふりゃあというあの言葉の響きと、「名古屋ではエビフライをよく食べるらしい」という勝手なイメージだけが全国的に広まり、
このネタに名古屋の飲食業界が乗じて名古屋名物として売り出し定着したというのが真相とも言えるそうです。
もともと愛知県人は海老が大好きとの事で、お祝いには海老料理は欠かせず、
海老せんなどの菓子も有名で、海老フライだけが特別ではないそうです。
それとやっぱりあのエビフリャ~の響きが「名古屋弁を茶化している」とお感じになっている人も相当多いと思われますし、
私の元同僚の名古屋出身の人も「その点はタモリに文句言ってやりたい」と言っていたのが
大変印象的です。
それとその彼が言うには鳥山明の「Dr.スランプ アラレちゃん」で登場してくる宇宙人なのになぜか名古屋弁を使用している
ニコチャン大王のイメージもあるんじゃないの・・?とも言っていました。

それにしても天むすはとても美味しいと思います。

というかやはりおにぎりの中にえびのてんぷらを入れてしまえ~!というあの発想は簡単なようでいて、案外と中々
思い浮かばない発想だとも思いますし、
エビのてんぷらとごはんがあんなにも相性はいいものだと感心もしますし、例えば塩分・調味料・タレの配分など
お店の方でないとわからない作る上での難しさもあると思いますし、こんなすてきな料理を思い浮かばれた事に
敬意を表したいと思います。
埼玉の人間からすると、「ま・・おいしければその発祥の地が津であっても名古屋であってもどっちでもいいんじゃないの・・?」
という感じでもありますし、タモリが茶化した事で逆に名古屋ネタがあそこまでブレイクし、結果的に現在の名古屋めしの
大人気にも繋がっているといえなくもないですので、その辺りは・・ま・・どうでもいいのかなぁとも思ったりもします。

今でも三重県、特に津の方に言わせると
天むすを名古屋名物とすることは納得がいかないと言うのも確かに分からなくはないですね・・
発祥の地が津である上に、暖簾分けをしたお店が名古屋にあるとはいえ、名古屋だけに天むすがある訳では
ないですからね・・
三重県のなかで名古屋文化が全く感じられない名張などでも、この天むすだけは普通にメニューとして
扱われていることもありますので、天むすは名古屋名物であると同時にやはりすてきな三重名物の一つとも
言えるのかもしれないです。

天むすの付け合せには「きゃらぶき」が添えられているのも大きな特徴でもありますけど、あのきゃらぶきは
漬物みたいな役割というか箸休めみたいな意味がありそうです。
天むすととてもよく合っている付け合せだとも思えます。



名古屋めしを語る上で外せないのはうなぎのひつまぶしですね~♪

埼玉も実は鰻が名物でもあるのですけど、鰻というとやっぱりその本場というのか聖地は浜松なのかもしれないですけど、
名古屋のひつまぶしもとってもとっても美味しいと思います~♪

普通のひつまぶしもしても美味しくて大好きですけど、うなぎのひつまぶしのお茶漬けもとても美味しかったです~♪

うな重または鰻丼を食べた後でもあのお茶漬けならば2~3杯は食べられそうな美味でした。
ちなみに浜松のそのお店ではひつまぶしのお茶漬けとは呼ばずに「鰻のお茶漬け」という呼ばれ方がされているのは
名古屋への対抗心・・??なのかもですね~


坦々麺の一例

taiwan_convert_20210313025142.jpg

(名古屋)台湾ラーメンの一例

本日より7月です!

名実ともに本格的な酷暑の季節にはいりましたけど、こうした夏の暑い日に頂く麺類としては、ざるそばや冷やしうどんや
冷し中華が定番だとは思うのですけど、こうした暑い時にこそ激辛麺を食べて汗を流す事ですっきりさせるといった
逆療法的なこともありなのかもしれないです。

最近はラーメンの世界にも随分と激辛系のメニューが増えていますけど、「ラーメン大好き小泉さん」の小泉さん同様、
実はそれほど激辛系は得意ではない私にとっては真夏の激辛ラーメンというと坦々麺や名古屋台湾ラーメンあたりが
限界なのかもしれないです。
(冷し坦々麺や汁なし坦々麺や辛味噌がピリリと効いたジャージャー麺も美味しいですね~♪)
坦々麺や(名古屋)台湾ラーメンというと、どちらもひき肉を具材として使用していて辛いし似ているようにも感じたりもしますが、
実はこの二つのラーメンはかなりの違いがあったりもします。

坦々麺とは、中華人民共和国の四川省発祥の麺料理で、ラー油、山椒、醤油をベースにした辛い味付けのたれに麺を入れ、
豚肉のそぼろ、ネギ、ザーサイなどの具材を乗せたものが一般的です。
エビのチリソースや麻婆豆腐など多数の四川料理を日本に広めたことで知られる陳建民が日本向けにアレンジしたものが
日本で定着したと言われています。

一方台湾ラーメンとは、豚挽き肉やニラを唐辛子やニンニクで味付けし、醤油ベースの麺にかけた激辛ラーメンです。

1970年代に、名古屋市千種区今池にある台湾料理店「味仙」の台湾人店主である郭明優が、
台南名物の担仔麺を元に賄い料理として作ったのが起源とされ、これを日本人の好みに合わせて色々とアレンジして
作り出されたものであり、
確かに台湾と名付けられていますけど、その発祥は愛知県名古屋市で、名古屋めしの一種とされ、
台湾では「名古屋拉麺」と呼ばれているとのことです。

その他の違いとしては、担々麺のスープは鶏ガラ出汁をベースにしていて、傾向としては豆板醤、ごまペーストを使う場合が
多いと思われます。
対して(名古屋)台湾ラーメンは、鶏ガラ出汁をベースにしつつ醤油の味付けが多いようです。
スープの辛みの違いとして、担々麺は主にラー油、花椒、唐辛子を使用しているのに対して、台湾ラーメンは
主に唐辛子を使用しています。
麺そのものの違いとしては、坦々麺は本来的にははかん水を使わない白いストレート麵であるのに対して
(日本では一般的な小麦粉を使用する中華麺を使うお店が多いと思います)
台湾ラーメンは中華麺のみを使用しています。
具材の違いとしては、坦々麺はひき肉を味噌と調味料を使って炒める肉味噌をベースとし、野菜として
チンゲンサイやほうれん草を使っているお店が多いです。
台湾ラーメンの具材は豚のひき肉を醤油とにんにく、唐辛子等の調味料を使って炒める台湾ミンチをベースとし、
野菜としてはニラを使用しています。
担々麵のひき肉は味噌中心の味付けであるのに対して、台湾ラーメンのひき肉は、醤油中心の味付けといえそうです。


CIMG3843_convert_20200313071926.jpg


坦々麺や名古屋台湾ラーメンは既にたくさんのメーカーよりカップ麺が発売されていますけど、坦々麺に関しては
日清の麺職人が私的には最も大好きです。

日清麺職人の担々麺はマイルドな辛さではなくて、相応の辛さはあると思います。

カップ麺としての名古屋台湾ラーメンや北極みたいなとてつもない激辛ではなくて、
どちらかというと優雅で上品にまとめられた激辛だと思うのですけど、やはりそれなりに舌はビリビリと痺れる辛さは
十分すぎるほど感じられます。

そうした辛さをマイルドにさせるトッピングとしてコーンをいれることは私的にはとてもお勧めです。

スープの辛さが減るという事はないのですけど、シャキッとしたとうもろこしの甘さが麺とスープに絡んでくると
辛いという感覚よりは「甘さと辛さのすてきな融合」を感じたりもします。
食べていてとうもろこし無しの状態のスープよりは、はるかにゴクゴクと飲み干せる食感があったりもします。

こうやってみてみると、とうもろこしの甘さは激辛系食品をかなり中和させる調味料的なものがあると思います。




003_convert_20180912171250.jpg


カップ麺としての名古屋台湾ラーメンの中ではお気に入りなのはニュータッチの凄麺シリーズの「名古屋 台湾ラーメン」です!

ニュータッチの凄麺の「名古屋 台湾ラーメン」は確かに辛さはかなりのものがあるのですけど、
とてつもない激辛という辛さではなくて、マイルド感は間違いなくあると思います。
どちらかというと濃口醤油風の中華麺に辛さが加わったという印象があり、強烈な激辛ではなくて、
ピリ辛よりは少し上ぐらいの辛口という印象だと思います。
決してむせるほどの辛さではなくて食べやすい辛さなのだと思いますし、町中華みたいなラーメンという感想が
自然と湧いてくるカップ麺なのだと思います。

「中華風の味付けなのかな・・?」と感じさせるものがありましたし、確かに辛さはあるのだけどスープそのものが
おいしくて飲みやすいと言う事もありますので、むしろ白いご飯と一緒に食べた方がいいのかもしれないですし、
このスープだけでたくわんが添えられていればこれはこれで立派な「ラーメン定食」が成り立つぐらいの美味しさは
間違いなくあると思います。
ニラの風味が中華風の辛口醤油のスープと相性抜群だと思いますし、
麺の食感はモチモチ感の強い弾力感じる麺と言う事で、麺がこの辛いスープによく絡んでいると思います。

ニラは香りがほのかにするもので柔らかい食感が素晴らしく、
ミンチは見た目も味も良くある乾燥の物と同じ味ですが、しっかりと塩気と味が染みていると思います。
このミンチに関しては日清のカップ麺のあの例の謎肉よりは肉らしい食感は感じさせていると思います。

そうそう・・名古屋台湾ラーメンはアニメ版「ラーメン大好き小泉さん」の最終回のAパートにも登場していました~♪

508909f0-s_convert_20180405163358.jpg


最初にこの第12話を見ていた時には
「あれ・・?、小泉さん、確か第11話では大阪のラーメンを大澤悠の従妹の絢音お姉ちゃんと共に食べまくっていて、
悠と絢音お姉ちゃんと大阪駅で別れて東京に戻っていたのでは・・?」と思っていたのですけど、
第12話でその謎(?)が解明されていました。

小泉さん : 昨日帰りの新幹線で読んでいた雑誌に台湾混ぜそばが載っていて…

小泉さん : 気が付いたら名古屋の台湾ラーメン発祥の店にいました
        辛旨満足、ニラと挽肉がポイント

小泉さんにとって美味しいラーメンがそこにあると分かれば、大阪から東京に戻る途中であっても
名古屋で途中下車という選択も普通にOKなのですね~♪
細かい経緯は省略しますけど、悠もなぜか名古屋で途中下車して名古屋で小泉さんを探し回っていた際に
スガキヤで無事に(?)小泉さんと再会し、
そしてその流れで大澤悠と小泉さんは「台湾ラーメン」も食べに行く事になったのです。

悠 : へえ、すごい。台湾のラーメンが名古屋で食べれるんだ

小泉さん : いえ、台湾人の店主が作った名古屋のご当地麺です。台湾には存在しません

小泉さん : ちなみに、私は辛味少なめの台湾ラーメン・アメリカンを注文しました。辛いのは苦手な方なので

悠 : 台湾ラーメンなのにアメリカンってどういうこと!?

小泉さん : アメリカンコーヒーと同じ薄めということです

小泉さん : 今や台湾ラーメンは名古屋のメジャーメニュー

このあたりの小泉さんのうんちくは素晴らしいですね~!
というかラーメンにも「アメリカン」的なものがある事自体驚きでもありました~!

第12話のAパートは第11話からの続きという感じでもあったのですけど、悠が従妹の大阪在住のお姉ちゃんの
引っ越しの手伝いを終えて東京への帰路の途中の名古屋駅から「小泉さんらしき人」を目撃したというただそれだけの理由で
お金もほとんど持たない状態で名古屋駅で途中下車し小泉さんを当てもなく探し回る光景は、
ストーカーも真っ青の悠のとてつもない小泉さん愛に溢れていたのかもしれないです・・

なんだかんだいってこの二人にはなにか「ヘンなご縁」があるのかもしれないということでした・・

小泉さん : 行き当たりばったりで途中下車なんて貴女らしいです。まったく何を考えているのやら

悠 : そんなの…
    そんなの…ラーメンに夢中な小泉さんに夢中だからだよ!
    あ…あたし、初めてそういうの見付けたから…だから、その…もうちょっと…仲良く出来たらなーと

小泉さん : じき発車です
悠 : い、一緒に座ろうよ!自由席なんだし!

このシーンを見ていたときは「キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!! ついに悠の小泉さんに対する愛の告白が!!」と
とてつもなくテンション上がり放題でした~♪

だけどそれに対する小泉さんの反応は全くの予想通りでした・・

しかも言葉じゃなくてメールであの不滅の名言の「嫌です」を悠に送り付けるというのも小泉さんらしい話でもありました!

その際の悠の反応の心の叫びの(小泉さんからの初メーール!つ、遂に…遂に私達…!)というのも
最後の最後まで小泉さんのストーカー(?)にふさわしい大澤悠らしいものでしたし、
ここまで拒絶されても拒絶を拒絶とも思わず逆にそれを小泉さんからの告白と前向きにとらえてしまう悠のあの
ポジティブさは私も見習う必要があるのかもしれないですね~♪
早いもので鬱陶しい梅雨空の6月も本日で終わり、明日から7月です!

確かにまだ梅雨は明けていなくて当面は梅雨の雨もありそうですけど、7月と言うと本格的な夏の到来ということで、
私自身夏生れのせいか暑い夏が四季の中では最も得意で、私にとっては一年で最も元気に溢れている季節でもある
夏の到来は大歓迎です~♪
(反面、1~2月の冬の寒さは東北育ちのくせに大の苦手であったりもします・・)

ここ数年は日本もそうですけど世界的にも異常気象が続いていて、もはや過去における異常という概念が消失し、
過去において異常と見られていた現象が今後のスタンダードになる可能性もありそうですし、
近未来の日本はどんどん四季が無い国になっていきそうな予感すら漂っています。
極端に暑くて長い夏と極端に寒くて長い冬という二つの季節が一年の大半を占め、その狭間に申し訳なさそうに
極端に短い春と秋がちょこっとあるだけの季節感をあまり感じさせない国になりそうな気もしますし、
日本の伝統文化の俳句というのも、もしかしたら季節感が無いと言う事で廃れていく可能性すらあるのかもしれないです。
それでもなんとかこうやって四季の移り変わりを感じられる現在においては、例え極端に暑くて比較的長いものであったと
しても、「夏」という季節を味わって過ごしていければ幸いです。

東方においても季節のキャラクターと呼ばれるキャラもいたりもします。
東方四季娘としてよく言われるのは、春→リリーホワイト 夏→風見幽香 秋→秋姉妹の二人
冬→レティ・ホワイトロックなのですけど、リリーホワイトは春以外の季節はどこにいるのかは全く不明のようですけど、
それ以外の夏~冬の妖怪さんや神様たちはその当該季節以外でも一年中起きていて、幻想郷のどこかには潜んでいる
というのも面白いものがありそうですね。
雪女さんのレティさんも真夏でも半分意識朦朧状態のまどろみを楽しまれているようでもあり、秋姉妹は秋以外の季節では
憂鬱気味になっているという設定もある一方で、公式漫画では真夏でも冬でも二人なかよく元気に散歩している描写も
あったりしますので、やっぱり幻想郷と言うものは常識に囚われてはいけない世界なのかもしれないです。

東方四季娘の中で夏と言うと風見幽香といえそうです。

風見幽香は、幻想郷を一年中何処かしら花が咲いているところへと放浪している妖怪という事で、
「花を操る程度の能力」を有しています。
これだけを見ると、「花を愛している優しい妖怪さんじゃないの?」みたいに誤解をされてしまう方も
多いのではないのかなと思うのですけど、その実態は、幻想郷内でも最強クラスの妖怪の一人で、
「危険度は極高・人間友好度は最悪」という評価を阿求からも受けています。
その阿求からは同時に「人の精神を逆撫でするのが大好き」とまで評されています。
設定の上では「弱いものいじめが大好きで、人間や妖精どころか幽霊や妖怪にまで
片っ端から虐めるのが日課との事なので、やっぱり幻想郷でも屈指のドSキャラと言えるのかもしれないですね・・

「東方花映塚」においても、幽香はあの地獄の閻魔様の四季映姫様に対してなんと・・!!
「誰が一番強いのか白黒はっきりつけてやる!」と喧嘩を売っていますし、
(チルノの「あたいったら最強ねっ!」の無鉄砲さとは明らかに違います・・幽香は怖いしめちゃくちゃ桁外れに強いです!)
四季映姫様からも 「そう、あなたは少し長く生きすぎた」とか
「貴方は少しおかしくなっているのかもしれない」とまで言われる始末でもあったりもします。

そんな幽香ですけど、実は元々は妖精だったのではないかという説も以前から根強くあり、どちらかというと
これが今では定説になりつつあるのかもしれないです。
今現在のあの幽香のドSぶりとおっかなさを見てしまうと
「 いくらなんでもあの幽香が元はかわいい妖精ちゃんの訳はないじゃん」と思う方が大半なのではないかと感じます。
「花を操る」とか「花を愛している」とか「花が咲いているところをあちこち放浪している」という
キャラ設定が「花をこよなく愛する者に悪い人は本来はいないのではないの・・?」みたいな想像が
幽香実は元は妖精説の根底になっているのかなとも思われます。
そして公式立ち絵の背景としてひまわりがよく使用されている辺りも東方夏娘のイメージに相応しいのかもしれないです。

hapiyu-karin_convert_20130118192555.png


ここから先はdream fantasy2
アミグリさんの絵の転載&ご紹介コーナーです!!
今回転載&ご紹介させて頂く二つの作品は言うまでもなくアミグリさんが描かれた風見幽香です。

上の風見幽香はアミグリさんが2013年1月に描かれた作品です。

この幽香は、眼光鋭いドSの妖怪としての幽香ではなくて、花の妖精のイメージに相応しい優しい幽香のイメージに
近いと思います。
もちろん妖怪みたいなちょっとトチ狂った幽香もすてきですけど、
「その真の正体は実は花の妖精・・?」みたいな説を示唆するようなアミグリさんが描かれる幽香もとても素晴らしいと思います。

この幽香の絵を「dream fantasy2
」内で掲載された時のアミグリさんのコメントは、
「笑顔が似合うと思います!」
「夏っぽいさわやかな絵になったかなーと思います!」
でしたけど、確かにアミグリさんが描かれた幽香は、笑顔が可愛いさわやかな幽香だと思いますし、
花の妖精に相応しいとっても可愛いかわいい明るい幽香だと思います~♪

背景のひまわりもとっても爽やかで夏らしいと思います。
ちなみにですけどこのひまわりはアミグリさんがアナログで描かれたものです!

アミグリさんのブログの企画で夏場に何度か「夏らしい絵を描こう!」というとってもすてきな企画が展開される事もありましたけど
この幽香は、そうした「夏らしい絵」に相応しい一枚だと思います。


20190520-yuuka-02_convert_20190520185309_convert_20190520201302.png


上記の幽香は、アミグリさんが2019年5月に描かれた作品であり、同時に当ブログの東方カテゴリ600記事到達の
記念絵でもあります。

アミグリさんの描かれる東方キャラは、フランちゃん・こいしちゃん・妖夢・咲夜さん・霊夢・アリス・魔理沙といった美少女キャラも
素晴らしいのですけど、それと同じくらい、例えばゆかりん・ゆゆ様・白蓮さん・文ちゃん・レティさんといったお姉さまキャラも
アミグリさんとしての個性・感性を大切にされながらもかわいらしさ・美しさもとことん追い求められている点がとても
魅力的なのですけど、幽香も東方お姉さまキャラとして、大人っぽい雰囲気・年長キャラらしいやさしさや慈愛も見事に
表現されていて、見た瞬間に「こんなやさしそうな慈愛に溢れた大人っぽい幽香は他の東方絵師様でもあまり見たことがない」と
感じさせてしまう程のアミグリさんとしての個性や感性が瑞々しく表現されていて、一目見た瞬間に「これは素晴らしい!」と
感じたものでした。

幽香というと東方キャラとしては珍しく頭に帽子や飾りなどをつけていない事もあり、
アミグリさんの描かれる幽香も髪そのものの美しさが大変見映えがされていると強く感じたものです。
緑の色彩の髪はこいしちゃん・早苗さんに近いものがありますけど、幽香=花を司る妖怪=草木=グリーン=自然の美しさという
図式を髪の色そのもので表現されている感じもありますし、
また他の絵師様の幽香は気が強そうな性格を反映してなのか釣り目がちですけど、
アミグリさんの描かれる幽香は以前描かれたレティさんのような少しタレ目でもありますので、
この目の雰囲気もやさしさや親しみやすさを感じます。
チェックのスカートもスカートの花のワッペンもとってもよくお似合いだと思いますし、
背景のひまわりもとてもキラキラしていて夏らしい雰囲気を醸し出されていると思います。

上記のアミグリさんが描かれた風見幽香の権利は、
全て上記作品の絵師様であられるアミグリさんに帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全て
アミグリさんからご了解を頂いたものであり、アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきな絵の転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにかわいい幽香を描かれる方のブログってどんなもんなのだろう? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログdream fantasy2を ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログdream fantasy2に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

明日から7月という事で間もなく本格的な夏が到来しますけど、皆様方におかれても夏バテや食中毒、熱中症等には
くれぐれもお気を付け頂ければ幸いです。
ショスタコーヴィチの交響曲というと圧倒的に交響曲第5番と交響曲第7番「レニングラード」が名高いですし、
特に5番の方は、プロコフィエフの5番・マーラーの5番・シベリウスの2番などと共に「20世紀に作曲された交響曲」としては
極めて人気が高く演奏頻度が高い素晴らしい名曲だと思います。

ショスタコーヴィチ好きの方ですと、交響曲としてはそれ以外にも9番や10番も根強い人気があるかとは思いますし、
コアなマニアックなショスタコーヴィチファンの皆さまですと、8番・13番・14番を推されると思いますし、
より病的な?ショスタコーヴィチ好きの方ですと交響曲第4番の謎めいた世界にはまる方もいるのかもしれないです。

ショスタコーヴィチの交響曲というと「政治に翻弄されて作曲者自身が真に伝えたいことを封印せざるを得なかったため
妥協的な作品が多い」という批評もあるのかもしれないですけど、そうした批判は一度でも交響曲第4番や10番や13番を
聴いていただけるといかに的外れであるかはご理解頂けるのかもしれないです。

ショスタコーヴィチの交響曲は本当に大雑把にざっくりというと、「音の絶対性」だけを追求したと思える純音楽的な曲といえる
交響曲第1番と生涯最後の交響曲でもある交響曲第15番のやはり音の絶対性を追求した純音楽の間に2~14番という
政治に翻弄された曲、メッセージ色を漂わせた曲、御用作曲家の要素がありそうな曲、政治からの批判に対して名誉回復的な
意味合いがありそうな曲、反体制的な香りもありそうな曲、第二次世界大戦という戦争の影が色濃く漂う曲などなど
さまざまな形式や心情を織り込んだ曲があるのですけど、交響曲第1番はそうした政治からの影響を一切感じさせない
あくまで音の絶対的価値観だけを追求した曲ともいえそうです。
同様なことは最後のシンフォニーでもある交響曲第15番にもいえそうですけど、15番のショスタコーヴィチは、
もしかして人生の終焉もみえてきて「最後に自分らしい曲を残しておこう・・」みたいな意識も多少はあったのかもしれないです。
最後の最後になってショスタコーヴィチ自身は自分自身の原点に立ち戻ったともいえそうです。

ショスタコーヴィチの交響曲第1番はわずか19歳の時に作曲されていて、
(厳密にいうと17歳の時点で既に第二楽章のスケッチも完成しています)
1925年5月6日、レニングラード音楽院作曲科の卒業試験において、2台ピアノ用に編曲した作品がまずはお披露目され、
翌年にレニングラードフィルにて初演が果たされています。
その初演は熱狂的な反応を得て大成功を収め、第2楽章がアンコール演奏されていますけど、ショスタコーヴィッチの
指導教員でもあったグラズノフは試演前に「和音がなっていない」と第一楽章冒頭部分等の訂正を要求し、一度は
ショスタコーヴィッチはしぶしぶその訂正に応じていますけど、最終的には初演前に元の形に戻され、グラズノフは気分を
損ねたというエピソードもあるそうです。
(グラズノフは確かに作曲家としては名高いですけど、ラフマニノフの交響曲第1番を無理解のまま指揮初演し大失敗に
導き、それによって長い間ラフマニノフは鬱病に悩まされますので、音楽教育家としてはダメな先生だったのかもしれないです。
ショスタコーヴィッチも自伝で師でもあるグラズノフに対しては時に辛辣におちょくっています・・)
当時レニングラードに客演していたブルーノ・ワルターは、この交響曲第1番に感銘を受けて1927年にベルリン・フィルを指揮して
国外初演を行い、それが契機となってオットー・クレンペラー、トスカニーニ、ストコフスキー、ベルクなどから賞賛され、
欧米諸国への紹介が行われるなど音楽界に衝撃的なデビューを果たすことになりました。
今現在でものちに大変な大ヒットクラシック音楽となった交響曲第5番よりもこの交響曲第1番の方を高く評価している人たちも
少なからず存在していることは、それだけこの交響曲第1番の意義が高いということなのかもしれないです。

この交響曲第1番は改めて聴くと奥が深いと感じますし、作曲者が19歳の時に書いたとは思えないほど
濃密な内容の曲だと思います。
ショスタコーヴィッチというとどうしても政治やスターリンに振り回されたという印象が付きまとうのですが、
この曲は、まだそうした政治との絡みが皆無の頃の作品なので、純粋に音楽を楽しもうとか新しいことに挑戦してみようという
気持ちが伝わってきて面白い曲だと思います。
楽しいという感覚の曲ではなくて、どちらかというと、無限の数学とかパズルゲームみたいな感覚の曲であり、
軽快さ・ウィットと無機質な操り人形みたいな感覚が混在した不思議な交響曲でもあるのですけど、
一見取っ付き難いような印象があったりするのもその後のショスタコーヴィチの「本音を隠して作曲活動をせざるを得ない」という
生き方を先取りしているようにも感じられなくはないです。
くすんだような第一楽章、ピアノが渋い働きを見せる第二楽章
瞑想的な第三楽章、そして第三楽章のラストから小太鼓のロールで第四楽章に繋がっていくのですけど
この第四楽章もも決して「楽しい」という感じではありません。
だけど何か純粋に音楽そのものをのびのびと楽しんでいるという感じが伝わってきていて、作風は全然異なるのですが
後の交響曲第9番の茶目っ気や皮肉にもリンクしているような気がします。
個人的には、第四楽章後半の大胆不敵なティンパニソロとそれに続くチェロのつぶやくような
くすんだソロの部分が大好きです。
その大胆なティンパニソロ直前には一旦激しく盛り上がりかなり紅潮した気分になりますけど、それが突然全和音により
休止し、静まり返った後でティンパニによる完全ソロによって強弱の変化を伴った不思議な音型を奏するのですけど、
あの大胆不敵な使い方がとても大好きであったりもします。
曲全体としてはミュートを付けたトランペットの使い方もとても巧みだと感じます。

この交響曲第1番は19歳の時に完成した作品番号10の若書きの曲ですけど、ショスタコーヴィッチにとって初めての交響曲
であることを考えると、凄い才能と感じてしまいます。
マーラーの交響曲第1番「巨人」も若書きで、初のシンフォニーにしては異常に完成度が高いとかよく言われますけど、
マーラーの巨人は、その前に書いたとされる北欧交響曲やイ短調交響曲もありますので、実質的には1番ではないのかも
しれないですけど、
(マーラーのこの二つの交響曲は破棄またはドレスデン絨毯空爆の際に焼失したといわれ、現在は影も形もありません)
純粋に10代のころの初交響曲としてこんなにも完成度の高い曲を残したショスタコーヴィッチの偉大さを改めて
感じてしまいます。


_convert_20200527202215.jpg


1991年にインパル指揮/都響でショスタコーヴィッチの交響曲第1番を聴いたことがあるのですが、凄まじい歴史的名演だったと
思います。
この演奏を聴くと、無限のパズルを一つ一つ解離していくというインパル流の解釈が感じられ当時はとても驚いたものでした。
演奏終了後、奏者は舞台から既に去っているのにただ一人インパルだけは、聴衆のカーテンコールに何度も何度も
応えているのがとても印象的でした。

吹奏楽コンクールとしてなんと驚くべきことにこの曲の第四楽章が全国大会で演奏されたこともあります。

それを演奏されたのはさすが・というか1979年の花輪高校吹奏楽部&小林久仁郎先生なのですけど、
カスタムテープを聴いた限りでは、課題曲B / プレリュードの静と動の対比も素晴らしいですけど、自由曲のこの
ショスタコーヴィッチの交響曲第1番~第四楽章も素晴らしい音楽域完成度だったと思います。
確かに部分的にトランペットの音色つぶれや破裂音やミスも目立つのですけど、小林先生の自由自在な解釈は
ショスタコーヴィッチの若かりし日の感情を瑞々しく反映したものだと思います。

ラスト近くのティンパニソロも原曲以上に大胆不敵な解釈をされていました!

この曲は21世紀にはいって湯本高校の全国大会演奏もありますけど、花輪高校の演奏には及ばなかっと思います。

個人的には1985年の東北大会で聴いた十和田高校によるこの曲の演奏も素晴らしいものがあったと思います。
東京オリンピックの開会式まで既に一ヶ月を切っていますけど、(私は数年前から反対論者でしたけど)ここまで事前の
盛り上がりや高揚感がない大会というのも珍しいと感じますし、多くの国民が
「本当に有観客で開催しても大丈夫なの・・? これでもって人的移動が加速し人と人との接触機会が増えることで、
新型コロナの感染拡大リスクは本当にないと断言できるの・・?」とか
「もう一ヶ月を切っているからさすがに中止は現実的ではないから、もう開催はやむをえない・・、だけどせめて
競技によっては無観客とかせめて上限を5000人以下に抑えるとか、IOC関連の招待客と言えども特別扱いはしないといった
事だけはせめて真剣に検討して欲しい」と思っているのかもしれないです。

日本国の天皇陛下は日本国憲法の規定によってその地位はあくまで「国民の象徴」に留まり、天皇陛下ご自身が
政治に介入したり政治的なメッセージを発信する事自体NG扱いとなっています。
ただそれでも現況のように「なにがなんでも東京オリンピック開催、そしてスポンサーが少しでも潤う有観客開催の
実現を目指す」という日本国政府の国民の気持ちを何も考えないゴリ押し的強硬姿勢と国民感情の間になんらかの
ズレや気持ちの乖離があるのは残念ながら間違いではないと思いますので、
そのあたりを天皇陛下はギリギリのタイミングで、自らの口からではなくて自らの分身ともいうべき宮内庁長官の言葉を
借りてギリギリ許される言葉を選びながら慎重にメッセージを発信されたのだと推察されます。

宮内庁の西村長官は6月24日の記者会見で「天皇陛下は現下の新型コロナウイルスの感染状況を大変ご心配されておられる」
としたうえで、「オリンピック・パラリンピックの開催が感染拡大に繋がらないか、ご懸念されていると拝察する」などと
述べられましたけど、
このメッセージはいうまでもなく西村長官自身の考えなのかもしれないと同時に天皇陛下がお考えになっているものだと
思われます。
西村長官は元々は警察官僚のトップですし、自身が天皇陛下の名前をかたってなにか政治的メッセージを発信したとすると
それは大変なスキャンダルとなってしまう可能性もありますけど、それは恐らくは事前に西村長官と天皇陛下が
天皇の国事行為の領域を侵さず天皇の政治的発言に抵触しない範囲で、国民に向けた天皇陛下ご自身のなにか後世に
残るメッセージを残せないものだろうか・・と色々と思案と熟慮を重ねた結果として、西村長官の「拝察」という形を通して
ギリギリ誰にも迷惑がかかる形にならないメッセージを発信されたといえそうです。

あのような拝察の形を通したお言葉は、宮内庁長官の発言とはいえ天皇陛下のご了解も無く出来る事は考えられませんし、
記者がわざわざ気を回して「(陛下のご意思として)よろしいのですか?」と確認しても、
結構だと答えた件を見ると、やはりこ陛下と長官との間には確固たる信念があるのだと感じます。

天皇陛下は平成天皇の時代から常に「国民の気持ちに寄りそう」ということを第一にされていましたし、
平成天皇も令和天皇もたとえば東日本大震災の時も最近の甚大な台風被害の時も、昨年からの新型コロナウイルスが
ここまで国民の生活に制約を課し苦しめている時も、常に天皇陛下は国民の事を第一に考えられていたと推察されます。
西村長官の拝察という形を借りたあの天皇陛下のメッセージは、日本政府・IOC・JOC・オリンピックスポンサーといった
主催者サイドと、コロナによって現在も苦しんでいる国民の気持ちの乖離を心配され懸念された天皇陛下の
深い憂慮があの短い言葉の中に詰まっているのだと思います。
天皇陛下はおそらくですけど、東京オリンピックに反対されているのではないと思います。
ただ、開催するのであるならば最大限感染リスクが拡大しないように十分すぎるほど注意をして欲しいという
注意喚起をされたのだと思います。
そしてあのメッセージからは国民によりそう天皇陛下のお気持ちを読み取るべきなのだと思います。

そうした天皇陛下の国民のためを思って国民に寄りそうメッセージを天皇の政治的発言にスレスレ抵触しない範囲で
慎重な形で発信されたというのに、そうした天皇陛下のお気持ちを無視するかのように
加藤官房長官・丸川五輪担当大臣、そして総理大臣からは信じられないことに、
「それは宮内庁長官の意見であると認識している」と寝ぼけた事をほざき、あれは長官個人の意見であると突っぱねましたけど、
あれって総理の官房長官時代の「ご指摘は当たらない」といったご意見無用的な冷たい機械的反応と
全く進歩がみられないですし、なによりも天皇陛下からの貴重なメッセージすらもスルーするばかりでなく
「あれは第三者が勝手に言ったこと」的に収めてしまうそのやり口は、この国の保守政治の為政者たちは
口では天皇を崇めているものの実際は天皇陛下を軽視し、普段野党や国民の意見を無視するやり口をそのまま天皇陛下に
まであてつける失礼千万な者たちである事だけははっきりしたような気もします。
もちろん国家の為政者にはそれ相応のご苦労や表にはできないたくさんの大人の事情がある事は理解できますけど、
せめて、天皇陛下からのあのようなメッセージが出された以上は、
「状況を鑑みれば天皇陛下のご懸念はもっともな事です。より一層感染対策強化に力を入れ万全を期したいと思います」とすら
いえないのか不思議でならないです。
換言すれば今の政権幹部は日本の伝統的な天皇制度を重く受け止めるという余裕すら無くて、それどころか
神話の時代から続く日本の天皇制度そのものを軽視しているといわざるを得ませんし、あれでは戦前の
都合が良い時だけ天皇陛下の御威光を政治利用し、大東亜戦争に突入していった戦前の愚かな指導者と大して
変わりはないのかもしれないです。
あれでは天皇陛下の憂慮とご懸念を突っぱねることでより一層政府の傲慢さが強調されただけな気がすしてならないです。

ここまで天皇陛下の国民への想いを土足で踏みにじる今の政治家たちの無知、非常識さは許されないものが
ありますし、とにかく、恐い、怖ろしい・・、何も起きなければいいけど・・という気持ちしかないです。

run_convert_20210423235613.jpg



こんな個人的信条は本来あまり書きたくないのですけど、私自身はこれまでの国政選挙は基本的には自民党にばかり
投票していましたし、2009年の民主党への政権交代選挙の際も、民主党の鳩山党首が大嫌いということもあり、
不本意ながら麻生総裁の自民党にいれた程でもあります。
だけどこの秋に予定されている衆議院選挙に関しては、少なくとも自民党に投票する気持ちは全く無いです。
(これまでの菅政権のあまりにも国民視線を無視した政治もありますけど、トドメはやはり菅政権の天皇陛下のメッセージに
対して真摯に向き合わない態度なのだと思います)
間もなく開票される東京都議会選挙は多分ですけど、都民ファーストの会の惨敗が予想され、自公両政党が躍進し、
菅政権はまたまた「これで国民の信任は得た」といわんばかりに勘違いと強引政策を展開すると予想されますが、
今回の衆院選挙ばかりは国民が何らかの形で「意思表示」をすべきなのかもしれないです。

そうなるとまたまた2008~09年前後の頃のような衆参ねじれ現象が起きて、またまた「何も決められない政治」の復活が
起るとは思いますが、このまま国民の意向や気持ちを無視した強権政治がまかり通るよりは
はるかにマシと考えざるを得ないです。

2019年の「スター☆トゥインクルプリキュア」の宇宙人プリキュアのララちゃんがもしも現在の状況をロケット内のAIに
質問したとしても「国民と政権の意思が乖離した政権は腐敗するというのは歴史のセオリーなのルン・・」、
そして「文明が遅れた星では一部の特権階級の利益のために国民に不自由さを押し付けるというのは
宇宙あるあるの範疇なのかもしれないルン」と言われるのかもしれないですルン・・

ララちゃんにはセンサーというか触角が付いている手のグローブを通じてロケット内のAIと会話や指示を受けることもでき、
宇宙的視点からいろいろと適確な分析や予測が可能なのですけど、 もしもララちゃんのAIに
「このまま国民と政権の意思疎通がうまく図られず、このまま衆院選挙に突入した場合、自民党が現有勢力を
維持できる可能性はどのくらいありますか?」と質問したとしても
「オヨ~! その可能性は限りなくゼロに近いルン・・」と言われるのは間違いなさそうなのルン・・
先日の記事において「タンメンとちゃんぽんはどのような違いがあるのか・・?」といった事を記させて頂きましたけど、
似たような感じで「たこ焼きと明石焼きは違うのか・・?」とか「春雨とベトナム料理の春雨にはどんな違いがあるの・・?」と
いった記事を本日は簡単に取り上げさせて頂きたいと思います。



明石焼きの一例

縺溘%縺。繝シ_convert_20181005141536

たこ焼きの一例

たこ焼きは、「生地は小麦粉だけを使うので、明石焼きと比べ、水分がすくないので硬めに仕上げ、
具は蛸、ねぎ、紅しょうが、天かす等であり、ソース、魚粉、青海苔、マヨネーズ等をかけて食べる」というのが特徴ですけど、
明石焼きとは、
「生地は玉子が多く小麦粉とジン粉(沈粉・浮粉)を混ぜ、非常に柔らかいので、
たこ焼きの様に丸くはない。 具はたこのみで、焼き方は銅版でくぼみが浅く、千枚通しなどの金属は使わず、
菜箸などで返す魚粉や青海苔などはかけず、ソースも付けずに、だし汁に浸けて食べる。」というのが特徴との事です。

両者は見た目はよく似ていますけど、食べ方や材料などを見てもその違いは明瞭と言えそうです。

005_convert_20160710190913.jpg


そういえば、明石焼きがアイテムとして備わっているフィギュアもありました。

それが艦娘の明石の「休日」フィギュアの備品として、明石焼きとかスパナも付いているのですけど、
この明石フィギュアが手にしているのはたこ焼きではなくて明石焼きです。
そのため、このフィギュアの明石は、だし汁に付けて食べるためにお椀に明石焼きを浸しています。

全体的には健康的な香りが感じられ、ウインクしたあの表情もお茶目なものが感じられ、とっても可愛いです!
美少女という雰囲気よりはすてきなお姉さまという風格が漂っているように思えます。

明石がたこ焼きではなくて明石焼きを食べているのもとても微笑ましいと思います。


fo_convert_20210312022107.jpg

ベトナム料理のフォーの一例

haru_convert_20210312022207.jpg

日本の春雨サラダの一例

日本の春雨やベトナム料理でよく用いられるフォー、そしてはたまたビーフンも見た目的にはよく似ているものがありそうです。

フォーと春雨は、どれも透明感のある麺で、主に東南アジアを中心に常食され乾麺の状態で売られているものが多いという
共通点もありますけど、両者の違いはどこにあるのでしょうか・・?

フォーの発祥はベトナムの首都ハノイの東側に位置するナムディン省だと言われています。
フォーはビーフンと同様に米粉を主原料としていますので、その特徴や風味はビーフンと似ているのかもしれないです、
フォーの基本的な食べ方は、透明のあっさり味のスープに入れてラーメンやうどんのように食べる事が挙げられ、
牛骨ベースのスープで牛肉が入っているフォーボーや、鶏ガラベースのスープで鶏肉が入っているフォーガーなど
種類もたくさんあるようです、
見た目的にはフォーを麺類として見た場合、日本のラーメンと極めて近いものはありそうです。

春雨の発祥の地は中国で、実は意外と古い歴史を持つ食べ物のひとつで、日本に伝わったのも鎌倉時代頃なそうです。
実際に日本で春雨の製造が開始されたのは1930年頃以降なそうです。
春雨の原材料は、ビーフンやフォーとは違い、緑豆のでんぷんで作られています。
日本では緑豆のでんぷんが手に入りにくいことから、じゃがいもやさつまいもなどのでんぷんを利用して作られている事が
多いようです。

春雨はさまざまな料理に活用されていて、炒めて調理することもあれば、スープに入れてラーメンのように調理されることも
ありますし、サラダに利用されることも多いですし、はたまたマロニーちゃんみたいに鍋料理の具材として使うことも多く、
その応用範囲はかなり広そうです。

こうやって見てみると、明石焼きとたこ焼き、そして春雨とフォーは似て非なる食べ物と言えるのは間違いないと
思われます。

akac-hoc-_convert_20141027161911_convert_20160711175721.png


ここから先はdream fantasy2
アミグリさんが描かれた絵の転載&ご紹介コーナーです。
上記にて食べ物としての明石焼きと春雨について触れさせて頂きましたけど、艦娘の中には、工作艦の明石と
駆逐艦の春雨がいたりもしますので、本記事においてはアミグリさんの描かれた明石と春雨ちゃんをご紹介させて
頂きたいと思います。

上記の作品はアミグリさんが2014年10月に描かれた艦これの明石です。

アミグリさんが描かれた明石はとにかくかわいいですし、
明石と言うと人によっては大鯨・間宮・浦風などと並んでお母ん=おかん=お艦と言われることもあったりするのですけど、
母性としての明石と言うよりは「すてきなお姉さん」と言った方が いいのかもしれないです。
明石にもしも「おかん」とか何とか言ったとしたら、明石から速効で
「修理ですか? どこが壊れてます?」→「頭が・・・」という流れになりそうです・・

ピンクのセーラー服という明石の華やかさとかわいらしさのオーラに溢れていてとっても素晴らしいです~♪

harusame-chansu_convert_20150421140937.png


本記事のフィナーレを飾って頂くのは艦これより白露型5番艦の春雨ちゃんです~♪

上記の春雨ちゃんはアミグリさんが2015年4月に描かれた作品です。

春雨ちゃんは初期からいた白露型6人(「白露」「時雨」「村雨」「夕立」「五月雨」「涼風」)に、2014年夏イベント
「AL/MI作戦」から先行実装という形で新たに加わった、白露型姉妹の五女という事になります。

春雨ちゃんは時雨・村雨といった上の4人のお姉さまたちから比べると少し雰囲気が幼いというのが特徴でもあり、
そのいかにも愛すべき妹みたいなロリ可愛らしさが人気なのだと思いますし、
私も春雨ちゃんのそうした妹みたいな可愛らしさは大好きです。

春雨ちゃんの外見的特徴として、
ピンク髪を左側頭部で黒紐にて片括りにし赤眼というのがまず挙げられると思います。
サイドテールは毛先の方に水色のグラデーションがかかっています。
服装や艤装は白露型に共通の黒のセーラー服ですけど、セーラー服は、こうした妹タイプには
より一層しっくりくる雰囲気がありますね~♪
春雨ちゃんの特徴は、お姉さまたちとは異なり頭に白いベレー帽を被っている事があるのかな・・?

それにしても春雨ちゃんのロリ可愛らしさは本当に素敵ですね!

五女設定という事でもありますけど「こんな可愛い妹だったら妹にしたい!」みたいな雰囲気を有している艦娘だと思います。
春雨ちゃんは五月雨ちゃん・涼風などの妹もいますので、実際はお姉さんキャラでもあるのですけど、
末っ子みたいな感じすらもあるとてもかわいい艦娘だと思います。

アミグリさんが描かれた春雨ちゃんは、文字通り「春」に相応しい雰囲気が漂っていて
見るだけでなんかハッピーな気分にさせてくれそうな素敵な一枚だと思います。
お姉さまたちよりも赤いお目目がいくぶん強調されているのも素敵ですし、この黒のセーラー服も
とてもよくお似合いだと思います。
揺れるサイドテールも素晴らしすぎますし、今すぐ妹にしちゃいたい可愛らしさに溢れていると思います。

上記のアミグリさんが描かれた艦娘の明石と春雨ちゃんの権利は、
全て上記作品の絵師様であられるアミグリさんに帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全て
アミグリさんからご了解を頂いたものであり、アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきな絵の転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにかわいい春雨ちゃんを描かれる方のブログってどんなもんなのだろう? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログdream fantasy2を ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログdream fantasy2に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

そろそろ本格的な夏も近づいていますので、夏祭りにうってつけなたこ焼きに明石焼きや、さっぱりとした春雨サラダが
おいしそうな季節の到来といえそうですね~♪


ciko-00.jpg


季節的にはそろそろ本格的な夏到来で、現在は暑さも心地よいを通り過ぎて少しばかり蒸し暑さすらも感じるのかも
しれないですけど、そうした暑い時に食べる冷たいデザートとして魅力的に思えてならないものの一つが
アイスリーム・ソフトクリームだと思います~♬
面白いもので、エアコンがキンキンに効いた涼しい室内や喫茶店等でアイスクリームを食べたとしても
確かに冷たくておいしいのだけど、その感銘度は今一つなのかもしれないです。
アイスクリームや冷たいビールというものは、一日の仕事が終わった時とかお風呂上りとか、職場から自宅に帰宅するときの
帰り道に飲食した方がよりおいしさを感じるものなのかもしれないです。

比較的エアコンが効いた状態で、室内で例えば高級なハーゲンダッツを食べても確かに美味しいはおいしいのですけど、
暑い中、汗をかきながら外で食べる一個80~100円程度のアイスの方がより涼しさと美味しさを感じるようにも思えますし、
そのあたりは不思議なものがありそうですね~♪

でも時には普段食べるコンビニアイス等ではなくてお店のソフトクリームも食べてみたくもなったりします。

そうしたお店で頂くソフトクリームの中で特に印象的だったのは東京都中野区の中野駅北口の中野ブロードウェイ地下に
お店を構える「デイリーチコ」の巨大8段ソフトクリームです!

当ブログでは何度か触れた通り、私自身は東北の片田舎から関東に上京して最初の一年住んでいたのは
埼玉の大宮でしたけど、その後の3年間は大学のキャンパスが2年生以降は水道橋になるということで、
水道橋から総武線で18分程度の中野に住んでいました。
当時住んでいたのは中野と東中野の丁度中間地点付近の早稲田通り沿いでしたけど、朝の通学で利用する駅は
東中野駅、帰りは中野駅と使い分けていたと思います。
東中野は正直しょぼい東中野銀座という商店街があるだけですけど、中野駅には中野ブロードウェイをはじめとして
魅力的なお店がたくさんあり、そこを通るだけでもとてもハッピーなものがありましたので、帰り道はほぼ中野駅ばかり
利用していた記憶があります。
中野自体大変暮らしやすい街であり、買い物は便利で物価は杉並や世田谷に比べると格段に安いし、
新宿まで5分程度で行けるし、学校のキャンパスがある水道橋まで18分前後で行けてしまうし、何よりも、
杉並・世田谷・港・品川といった少しお高くとまっている様な街で暮らすよりは、中野の気兼ねなく暮らせる雰囲気が
とても気に入っていたものでした~♪
(気取りがなく自然体で暮らせて利便性が良くて物価も安くて治安が良いという意味では現在住んでいる埼玉は
ある意味理想的なのかもしれないです)
私の学生時代なんて、遊び歩くという感覚は実はほぼ皆無で、実際の所は、
住んでいるエリア【中野】~学校のキャンパス【水道橋】~バイト先【秋葉原】~吹奏楽団の練習所【両国】という見事な(?)
総武線沿線の4箇所をほぼ毎日のように移動していたという感覚の方が強いです・・
高校時代も吹奏楽部の練習に明け暮れていましたけど、大学に入っても基本的にはそれはほとんど変わりがないという感じで
あり、ここに一人暮らしとアルバイトという高校ではなかった要素が加味されたぐらいなのかもしれないです。
中野・水道橋(神田神保町)・秋葉原というと現在では萌えやサブカルチャーの一大聖地でもあるのですけど、こうした
所に10代後半~20代前半まで深く関わっていたということは、案外もしかしたら・・?現在の美少女JK作品が大好きという
嗜好の原点がここにあるのかもしれないです。
私の相撲好きというのも吹奏楽団の練習所が相撲の聖地でもある両国にあった事も多少はあるのかもしれないですし、
野球のロッテ(現・千葉ロッテマリーンズ、旧・ロッテオリオンズ)は子供の頃から好きでしたけど、それが更に深まったのは
水道橋周辺の後楽園球場で開催されていた日本ハム-ロッテの試合を見る機会が多かった事も大きいのかも
しれないですし、考えてみると吹奏楽・クラシック音楽を別にすると私の基本的な嗜好はこの中野~水道橋~秋葉原~両国の
ラインでの生活時代から由来するものなのかもしれないです。

当時、中野で住んでいたアパートは、風呂なし・トイレ共同で家賃が2万3円と破格物件でしたけど、
貧乏学生にはこれくらいで十分だったのかもしれないです。
徒歩5分圏内にコインランドリー併設の銭湯が2軒もありましたし、コンビニもスーパーもおいしいラーメン店や中華料理に
大衆食堂に弁当屋も間近にありましたので、とてつもなく暮らしやすかったです。
中野はなんとなくですけど、上下スウェット姿のまま街をぶらついていても少しも恥ずかしくないというか、気兼ねなく自然体で
暮らせるという意味ではとてもいい街だったと思います。

中野ブロードウェイは、今でこそおたくの聖地と言われていて、まんだらけでかなり有名になっていますが、
私が当時中野に住んでいた頃は、まんだらけは 明屋(はるや)という大きな書店とゲーム店に挟まれた小さな店舗
という印象でした。
当時は、ゲーム店とか雑貨店とか古銭とかの店などがある階の一つの店に過ぎないという
印象しかありませんでしたが、まさかあそこまで大きく発展するとは夢にも思いませんでした。

まんだらけは現在はマザーズ上場企業ですからね!
店舗も中野ブロードウェイだけに留まらず、札幌・渋谷・秋葉原・池袋・名古屋・大阪梅田・福岡にまで
支店が増え、一時はなんと海外にまで出店していたとの事です。
(さすがに海外店舗は全てその後撤退したようですね・・)
ちなみにまんた゜らけは東北・北陸・中国・四国には店舗がないそうです。
本店が入っている中野ブロードウェイ内のまんだらけは、 ビル内の大半がまんだらけ関連のお店というのも凄いですし、
あれはいつ見ても壮観だと思います。
当時にはブロードウェイ内には1店舗しかなかった頃のまんだらけを知っている私にとっては感慨深いものがあります。
ちなみにですけど、このブロードウェイ内には、 本店・スペシャル館・マニア館・LIVE館・DEEP館・変や・MANDARAY などが
中野ブロードウェイの2-4階に点在しています。
まんた゜らけは、中野ブロードウェイを日本屈指のおたくビルへと変貌させるきっかけを作ったと言っても過言ではないと
思いますし、 おたく文化の「聖地」は秋葉原だけではなくて「中野にもあり!」という事は既に世間では認知されていると思います。

話がそれました・・本日の記事は中野ブロードウェイ地下に お店を構える「デイリーチコ」の巨大8段ソフトクリームの話でした~

中野駅北口の中野サンモール商店街を抜けた先にある中野ブロードウェイは上記で触れた通り、日本でもトップクラスの古書店、まんだらけの拠点となって以来、秋葉原に次ぐサブカルの聖地として知られていますけど、
この中野ブロードウェイの地下一階に店舗を構えるのがデイリーチコであり、
その創業は中野ブロードウェイが開業した1966年といいますから、半世紀以上に渡ってソフトクリームを提供してきた
老舗中の老舗といえそうです。
そしていうまでもなく当時中野に住んでいた私も年に十数回という頻度でこのデイリーチコの巨大ソフトクリームを
食べていたものでした~♪

デイリーチコの巨大ソフトクリームは、クリームのみの高さがおよそ30センチで、コーンを含めると40センチにもなるという
とてつもない巨大サイズです。
そして特筆すべきはその大きさだけではなくて、注文の仕方によっては最大8種類の味を最大8段まで重ねることが
できるという事です。
つまりは一つのソフトクリームで異なる8種類の味を楽しむ事ができます。
ちなみにですけど、私が中野に在住していた頃は、確か記憶では4段までしか重ねることはできなかったと思いますが、
その後、6種類になり、8種類に増え、現在の8段の形になったそうです。
それもまたデイリーチコのすてきな進化と言えそうです!
またWindows10リリース記念キャンペーン期間中の際には10段の特別バーションも存在していたそうです。
味のフレーバーはバニラ・チョコ・ストロベリー・カフェオレ・バナナ・ブドウ・抹茶・ラムネの8種類で、
限定10段特大ソフトクリームには、これら8種類に抹茶とラムネ、そしてブドウバナナのミックスが加わっていたそうです。

ちなみにですけど、デイリーチコはソフトクリーム以外にも、店内の製麺機で打つオリジナルの自家製麺を使用した
さぬきうどんの販売も行っています。

私自身が当時食べていたデイリーチコのソフトクリームは4段でしたけど、それでもかなりのボリュームなので、特に夏場は
急いで食べないとクリームが溶けて手にこびりつく事もありますので、8段の場合はおいしく頂きながらも食べるスピードの
速さが求められそうです。


mmyonnn_convert_20130806172153.png

ここから先はdream fantasy2
アミグリさんが描かれたかわいくて美しい絵の転載&ご紹介コーナーです。

本記事におきましてはデイリーチコの8段重ねのソフトクリームについて記させて頂きましたので、
アミグリさんが2013年8月に描かれた「アイスみょん」という妖夢が3段のアイスを手にしたすてきな絵を皆様に
ご覧頂きたいと思います。

このアイスみょんは水着ではないのですけど、妖夢のかわいらしさも光りますし、
妖夢が手にしているアイスを見ると「別に水着でなくてもいいのかも~♪」と感じてしまいそうです。
妖夢の半袖・ミニスカートの衣装がとてもかわいいし夏らしい雰囲気が十分なので、妖夢が手にしているアイスクリームを見ると
私も妖夢と一緒にアイスを食べたくなってしまいそうです~♪

妖夢が手にしているアイスクリームはとっても冷たくて美味しそうですね~♪
妖夢は半分幽霊という事で、阿求の東方求聞史紀においても人間よりは体温が低めと設定されていますので、
別に夏場でもアイスを食べなくても十分冷たさは感じているのだとは思うのですけど、
とにかく夏場の美少女は水着とアイスクリームがとてもよく似合っていると思いますし、
まさに美少女・妖夢らしい夏の雰囲気がとってもよく描かれていると思います。
妖夢の雰囲気も夏本番!という感じでいっぱいだと思いますし、妖夢の絶対領域も素晴らしいですね~♪

妖夢が手にしているのはソフトクリームではなくて、サーティワンで販売されているようなトリプルコーンタイプなのですけど、
もしも妖夢と一日だけ外界デートを楽しむことが出来るというのならば、サーティワンもすてきですけど、
中野のデイリーチコで販売されている巨大8段ソフトクリームを妖夢にも食べて欲しいものです~♪
でも妖夢は不器用でどんくさい面もありそうだから、食べている内にソフトクリームがどんどん溶け出してしまい、手は
クリームまみれになるのかもしれないです・・
こんなにも美味しそうな巨大ソフトクリームを妖夢が手にしていたとしたら、横でゆゆ様が「欲しいなぁ・・」みたいな顔を
されるのかもしれないです。

上記のアミグリさんが描かれたアイスみょんは、妖夢の絵師様であるアミグリさんに帰するものであり、
当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきな絵の転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにかわいい妖夢を描かれる方のブログってどんなもんなのだろう? 」などと
興味がある方は、 是非是非アミグリさんのブログdream fantasy2 を ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログdream fantasy2 に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

それにしても自分が学生時代に食べていた巨大ソフトクリームが更に進化を重ねて今現在も販売されている光景には
嬉しくなりそうですね~♪
先日・・6月22日の午後以降の話ですけど、一部のAndroidスマートフォンにおいて、グーグルから何かを検索しようなどと
した際に最初は「Googleアプリが停止しています」と表示されそこで唐突に切断され、再度グーグルアプリを開こうとしたら
「Googleアプリが繰り返し停止しています」と表示され続けるといったサービスの障害状況が起きていたようでした。
これは私だけの話ではなくて日本各地でもかなりの方がそうした接続障害を感じられていたようでして、6月22日の
Twitterの検索のトレンドとして「Googleアプリが繰り返し停止」というワードも入っていたとの事です。
そしてこれは日本だけの障害ではなくてアメリカ各地でも起きていたようでもありました。

どちらにしてもこうしたGoogle アプリの不具合が唐突に起きると結構困ってしまいますね・・
というか、それだけ私達の日常生活において既にスマホは欠かせないアイテムになったという事なのだと思います。
以前はネットからの検索というとPCがメインでしたけど、自分自身がスマホを所持するようになってからは、
情報検索とかアマゾン等への予約や注文、各種手続きはPCでするよりはスマホの方が圧倒的に多くなったような気もします。
日常生活においてGoogleアプリを使用しての情報検索というと、天気予報や株価のチェックもそうですけど、
例えば仕事で顧客との会話の中で全然聞いたこともないようなワードや商品名が出てきたときは、後でそのワードや商品を
素早く調べる際にはスマホでのGoogleアプリは必須アイテムですし、
例えばプロ野球の途中経過につてもスマホから検索するのが手っ取り早いですし、場合によっては試合の動画や
ハイライトシーンも視聴することができますので、本当に便利になったものだと実感しています。
もっとも・・先日の交流戦において、千葉ロッテマリーンズの昨年の稼ぎ頭でエースの美馬が対巨人戦で早い回から
炎上しまくり3回あたりで10失点をやらかした時や
先日のホークス3連戦の大事な初戦で背番号18の二木投手が6失点の炎上で試合を落とした時は、こうしたスマホでの
途中経過なんぞ見たくもないや・・という時も多々あったりしますね~

こうした不具合は数時間後には障害が解消されることが多かったような印象もありますけど
(FC2ブログの障害は大体数時間~1日程度で解消というパータンは多いと思いますが、それが何回か続くというのが
ちょっと困ったものではあります・・)
今回のAndroid版Googleアプリ「繰り返し停止しています」問題はなかなか問題が解消されず夜になってもずっと
「Googleアプリが繰り返し停止しています」という表示がされ続けていて結果的に6月22日は午後からずっと検索が何もできない
状態が続いていたものでした。
ちなみにWebのGoogle検索およびiOS版Googleアプリは問題なく稼働していましたので、PC上で色々と調べていたら
その解決方法として、[設定]→[アプリ情報]でGoogleを選び、「無効にする」を選べばとりあえずエラーは表示されなくなる
との事だったのでまずはこの方法でやってみたら、なんと・・!
私のやり方がまずかったのかグーグルアプリ自体が消去されてしまい、もう一度Android版Googleアプリをインストールする
ことになってしまいました。
だけどそのインストールしたAndroid版Googleアプリでも同様のエラーメッセージが出てしまったので、弱ったな・・ということで
色々と調べてみたら、
1.Androidの設定アプリを起動
2.アプリと通知をタップ
3.アプリのリストから、Googleを探してタップ(あるいは右上の検索ボタンでGoogleを検索
4.ストレージとキャッシュをタップ
5.「ストレージを消去」または「容量を管理」をタップ
6.「データを全て消去」をタップ
といった手順で上記のトラブルが解消と記されていて、これを実践したらようやく問題が解消し、無事にスマホから
検索などができるようになりました。

便利なようでなにか一度トラブルや不具合が生ずるとその解決方法がなかなか把握しにくいというのは現代人の生活に
おいては、むしろそれはよくある話と言う事なのかもしれないです。

そういえば、10日ほど前の当ブログ記事において、他のブログ様にコメントを入れさせて頂いた時に
「恐れ入りますがもう一度やり直してください」というエラーメッセージが表示され続ける場合が何度も続き、コメントを入れるのに
かなり苦戦したといった事を記しましたけど、これに関してはFC2側のサーバー不具合なのかはたまた
迷惑コメントを防止するおまかせ禁止ワードフィルタが過剰に機能したかは正直よくわからないのですけど、先日も
とある方にコメントを入れたところやはり弾かれてしまい、最初はFC2の接続不具合かなと思い、5~6回ほどコメント送信しても
弾かれてしまいましたので、「やはりどこかにNGワードが含まれていたのかな?」と思い、そのNGワードは「美少女」という
ワードかなと感じ、美少女のワードから「美」を削除し、少女というワードに修正し送信しても弾かれてしまい、
それならば・・「かわいい女の子」というワードに修正したらやうやく弾かれることなく送信できましたので、もしかしたら・・?
少女・美少女というワードは本当にNGワードなのかもしれないです。



スター☆トゥインクルプリキュアのララちゃんの母性の惑星サマーンではAI社会が高度に機能し、住民の仕事の適性も
AIが判定する場合も多々あったり、文書管理や資料探索も全てAIが担当しているようですけど、
さすがにAIでは上記のようなちょっとヘンなの・・?と感じさせるおまかせ禁止ワードフィルタや過剰な?NGワード除外機能や
世界的規模の通信機能を有する会社の大掛かりなサーバー不具合という事はありえない感じなのかも
しれないです。

もしもララちゃんが地球での生活を過ごされる中で、ひかるたちのAndroid版Googleアプリ搭載のスマホが
「繰り返し停止しています」というエラーメッセージを何度も表示されているのを体感したとしたら「オヨ~!」といいながら
「これって変なのルン・・! 惑星サマーンではこんなことありえないルン!」と言われるのかもしれないですルン!


タンメンの一例

naga_convert_20210309214055.jpg

ちゃんぽんの一例

4日前の長崎のすてきなご当地メニューとして「トルコライス」について触れさせて頂きましたけど、
長崎のすてきなご当地メニュ―としては「ちゃんぽん」も名高く有名なのだと思います。
関東ではちゃんぽんというとどちらかというとリンガーハットが展開している「長崎ちゃんぽん」のお店として広く
知られているような気もします。

関東においては野菜たっぷりの具材のラーメンと言うと「タンメン」という印象が大変強いのではないかと感じますし、
ちゃんぽんも具材としては野菜がたっぷりで鶏ペースの塩味風味という意味ではタンメンと似ているのかな・・?と
感じがちではありますけど、それではちゃんぽんとタンメンには果たしてどのような違いがあるものなのでしょうか・・?

結論から書くと両者は似ている面は多々ありそうだけど、似て非なる料理と言えそうです。
その違いは艦これとアズールレーンの違いと同じくらい全然違うともいえそうです。
簡単に書くと・・
ちゃんぽんは、炒めた具材を豚骨と鶏ガラのスープで中華麺とともに煮込んだ長崎県発祥の麺料理の事であり、
タンメンは、炒めた具材を鶏ガラスープで煮込み中華麺とともに盛り付けた関東地方発祥の麺料理です。
麺の違いとして、タンメンは細ちぢれの中華麺を使用するのに対して、ちゃんぽんは太めの専用のちゃんぽん麺を使用する
のが一般的です。
スープの違いとしては、最近では両者ともに塩味のスープも増えてはいるようですけど、基本的には
タンメンのスープは鶏ガラベースの醤油味であり、ちゃんぽんは鶏ガラと豚骨スープの合わせであったりもします。
具材の違いとしては、タンメンはもやし、キャベツ、キクラゲ、ニラ、にんじん、タマネギなどの野菜と豚肉を炒めた具材が
メインであるのに対して、ちゃんぽんはもやし、キャベツ、キクラゲなどの野菜とイカ、エビなどの魚介類、豚肉、かまぼこなどの
具材をラードで炒めたものがメインです。
作り方の違いとしては、タンメンはラーメン同様別に麺を茹でて、茹でた麺の上にスープをかけて具材を乗せるのに対して、
ちゃんぽんは炒めた具材を入れたスープに麺を入れてそのまま一緒に煮るという事が挙げられます。

炒めた野菜がたっぷり乗っている中華麺というイメージがあるタンメンとちゃんぽんですけど、
麺やスープ、作り方など全く違うと言えそうですし、
作り方で言うとタンメンはラーメンと極めて近いものがありそうですけど、ちゃんぽんの方はラーメンとの作り方とは
少しばかり違いがあるといえそうです。

そうなると・・・「ラーメン大好き小泉さん」の小泉さんのすてきな女性ストーカー(?)の大澤悠はまたまた勘違いを起してしまい、
小泉さんがもしもちゃんぽんを食べているのを目撃したら
「あれー、小泉さんもラーメン以外のモノを食べるんだ」みたいな事を口走るのかもしれないです。

そんなことを本当に悠が口走ったとしたら、原作漫画第4巻の最終ページの時のように
「ちゃんぽんはラーメンではないと・・!?」と小泉さんから衝撃の(?)壁ドンを食らうのかもしれないです。


螢√←繧点convert_20180707190224


小泉さんの大澤悠に対する壁ドンは、残念ながらアニメでは未登場でしたけど、そのシーンは原作漫画4巻の最終ページに
掲載されています。

小泉さんは悠の「小泉さんもつけ麺というラーメン以外のモノも食べるんだね~」という言葉に思いっきり反応してしまい、
「つけ麺はラーメンではないと?」と悠に対して壁ドンをやらかしていたのですけど、
ああいう小泉さんは音楽で言うと「静かな熱演」というのか、静粛な怒りの雰囲気というのが伝わってきていて、
静かなあの迫力はまさに大澤悠を凍りつかせる大変な迫力があったと思います~!

漫画版の「ラーメン大好き 小泉さん」においては、第5巻にて二話に分けて小泉さんが悠たちに対して
「ラーメンとつけ麺の違いとその魅力」について熱く語る話がありましたけど、あの時の小泉さんは
「ラーメンとつけ麺の違いがいまひとつよくわからないよ~」という悠に対して珍しく(?)
「ぜひお話したいことがあります・・」とメールを送りつけ、悠たちに対して熱いレクチャーをしていた話は大変印象に残るものが
ありましたし、小泉さんの「ラーメン愛」が炸裂していたお話でもありました~!
そしてその際に実例として提示していたつけ麺のお店が埼玉県川越市のお店であったのも埼玉県民としては
「ちょっと嬉しいのかも・・!?」というのがあったものです!

小泉さんのラーメン観というのは、アニメ版もそうですし原作漫画においてもその柔軟性は素晴らしいと感じますし、
ラーメンの無限の多様性と可能性を常に意識されているのが小泉さんのすてきなラーメン観と言えるのかも
しれないです。
大澤悠の意識としては「つけ麺はラーメンとは違う食べ物なんじゃん」という感じだったと思いますけど、
それに関する小泉さんの反応はあの小泉さんにしては異例とも感じられる激高の反応みたいなものがありましたが、
ラーメンに対する多様性を感じている小泉さんにとっては
ラーメンを単純に定義付けするのは大変困難であるし、つけ麺はもちろんの事、最近流行の油そば・混ぜそば・
汁無し坦々麺だって広い意味ではラーメンと言うるのは間違いないし、
とんこつラーメンを焼いたものとも言えそうな焼きラーメンすらも広義的にはラーメンの亜種といえるのかもしれないですし、
それを言ったら「それでは焼きそばだってラーメンの一種じゃん!と言えなくもないのかもしれないです。
そして同様に小泉さんにとっては「ちゃんぽんだって立派な広義の意味でのラーメン」といえるのだと思います。

原作漫画第5巻のつけ麺を巡る話の中で、
実は小泉さん自身も「どこまでがラーメンなのか私にもよく分からないし、そもそも厳密にそれを定義づける必要も
ないのかもしれない・・
つけ麺をラーメンでは無いという事も可能なのかもしれないし、焼きラーメンや混ぜそばをラーメンの亜種と言う事も
十分可能なのだと思う」と言われている事から分かる通り、
ラーメンの奥深さとその多様性は本当に素晴らしいものであり、今後も未来永劫私たち日本人はラーメンの多様性と
無限の可能性を追い求めていくものだと思われますし、そのゴールは実は存在しないと言えるのかもしれないです。


カクテル・トロピカルジュース・かき氷のシロップとして最近ではお馴染みの味になりつつある「ブルーハワイ」味ですけど、
ネーミングからしていかにも昭和世代が喜びそうな名前なのかもしれないですし、
イチゴやメロンと違って具体的な味のイメージがわかない点が「どんな味なのだろう・・」と興味を引き付けているのかも
しれないです。
見た目のいかにも青い空・青い海を連想させるブルーは夏らしい爽やかさに溢れていると思います~♪

カクテルとしてのブルーハワイは、ラムをベースとするアルコール飲料でして、名前の通り見た目の色は青そのものですけど、
この色はカクテルの材料に使用するブルー・キュラソーによるものなそうです。
青色のカクテルやトロピカルジュースというとなんとなくですけど、爽やかな反面、せつないとか儚いといった哀愁みたいな
心象風景もこの色からは連想されそうです。
カクテルやトロピカルジュースとしての「ブルーハワイ」は、特段「これが提供方法の決まり」というルールは特にないのですけど、
グラスにオレンジ・レモンなどの何らかのフルーツが添えられ、飾りとして何らかのお花が添えられることが多いというのが
一つの提供方法の通例となっているのだと思われます。

カクテルとしてのブルーハワイの標準的なレシピですけど、
ラム(ホワイト) = 30ml
パイナップル・ジュース = 30ml
ブルー・キュラソー = 15ml
レモン・ジュース = 15ml が一応のスタンダードな配分割合となっているそうです。

ラム、ブルー・キュラソー、レモン・ジュース、パイナップル・ジュースをシェークして、一定量の砕氷を入れたグラスに注ぎます。
そして飾り的にフルーツや花をグラスの上に添えて完成です。

私自身、カクテルのブルーハワイは一度飲んだことがありますけど、果実ジュースにアルコールが消されるような味で、
アルコールの感じはあまりしなかったですけど、後で酔いが回ってくる点は焼酎のカルピス割と似ているのかもしれないです。

トロピカルジュースとしてのブルーハワイは、青の合成着色料と果実ジュースでブレンドされているのかもしれないです。

6月18日の当ブログ記事において
「縁日の屋台等で「シロップかけ放題」とかいって出されているかき氷のシロップのいちご・メロン・レモンの三つの味に関しては
実は見た目の色と香りが違うだけで味そのものはほとんど同じ」と記しましたけど、
かき氷のシロップとしては最近定番化しつつあるブルーハワイ味に関しては、さすがにいちごやメロンの同一味とは異なる
シロップを使用しているようです。

実はなのですけど、かき氷のシロップとしてはブルーハワイは味に明確な決まりはないそうです。
真っ青でさわやかなハワイの海をイメージし、1960年代に空前のハワイ旅行ブームが生まれたことで誕生した味とも
言われているようです。
そして1960~70年代以降に日本の家庭でも家庭用かき氷器が少しずつ普及した事で、家庭でも食べられるかき氷が
浸透していた時期とも重なるのかもしれないです。
上記で触れた通り、ブルーハワイは味に決まりがないので、メーカーによって味が異なります。
系統としては、さわやかなハワイの海を思わせるソーダ系や南国を思わせるフルーツ系やミント系があったりします。
実際プルーハワイ味と言っても、普通のサイダーやラムネの味、ピーチ味などのシロップがあり、
同じブルーハワイ味でもイチゴやメロンと違ってメーカーによっての違いはかなりありそうです。
そこには各社の独自性を出そうとした努力の結果が滲み出ているのかもしれないですし、モノ作り大国・日本らしい話なのかも
しれないです。





ここから先はdream fantasy2
アミグリさんが描かれた絵の転載&ご紹介コーナーです。
上記にてカクテル・かき氷・トロピカルジュースとしてのブルーハワイについて触れさせて頂きましたけど、
アミグリさんの描かれた絵の中に「これはもしかしたらブルーハワイなのかな・・?」と連想させる作品があったりしますけど、
それが上記作品のアミグリさんが2018年8月に描かれた艦娘の速吸の水着絵です~♪

艦これファンの皆様ですと一般的には「速吸」(はやすい)と言うと、まず思い浮かぶことと言うと
どんなことが挙げられるのでしょうか?
特務艦娘とか補給艦とか艦隊全体の女子マネージャーみたいな雰囲気を挙げられる方も多いとは思うのですけど、
私としてはミニスカもそうなのですけど、艦娘の中でもちょっと珍しいジャージ姿でいることが多いという事なのかもしれないです。

この水着速吸を掲載されたときのアミグリさんのコメントとして、

「速吸は、ひそかに好きな艦娘の一人です。初めて見たときから「ゲットしたい!」って思いました。
水着の配色も速吸のイメージに合うような感じで考えてみました。
スカートの部分に白いレースをつけたのもポイントです!

背景の雲も、メリハリを意識して塗ってみました。

水着の艦娘を描くのは鹿島以来でしたが、公式で水着グラが実装されていない娘を描くのも
結構楽しいですね♪」と述べられていましたけど、
アミグリさんのそうした楽しくてノリノリな気持ちと新鮮な気持ちがこのような素晴らしい水着速吸を創造されたと
言えるのかもしれないです。

それにしてもこの速吸の水着はとてもかわいいですね~♪
速吸の黒スカート水着のフリルの精緻さに感動を覚えたものです。
白のフリルを入れることで絵全体に華やかさと黒と白の色彩感の対比をもたらしていると感じられます。

速吸が手にしているのは色とフルーツと花の飾りから「プルーハワイなのかな・・?」と思ったりもしますけど、
このドリンクがカクテルなのかトロピカルジュースなのかはこの絵をご覧になった方のご想像力にお任せしたいと
思います~♪
速吸というと、普段はジャージ姿に体操着にミニスカートという体育会系のマネージャーみたいな雰囲気もあり、
ちょっと地味なのかな・・?と感じなくもないのですけど、
アミグリさんの描かれたこの速吸は、普段の補給艦という地味だけど大変大切な任務に対して、
お休み時にその普段の鬱積(?)を晴らすかのようにのびのびと海を楽しんでいるという雰囲気が伝わり、
「たまのお休みくらいはゆっくり海を楽しんでね!」と声を掛けたい気持ちで一杯の作品になったと思いますし、
いつもの任務のハードさからリフレッシュするという意味では速吸が手にしているブルーハワイらしき飲み物は
アルコール度数弱めのカクテルなのかもしれないですね~♪

黒髪のショートカットもとてもよくお似合いだと思います。

こういうすてきな水着の女の子を拝見させて頂くと、「もっと暑い夏が続けばいいのに~♪」とか
「アミグリさんが描かれた水着娘をもっとたくさん見てみたいね~!」という気持ちになるのは自然な感情なのだと思います。

上記のアミグリさんが描かれた水着速吸は、その権利は全てこの速吸の絵師様であるアミグリさんに帰するものであり、
当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきな絵の転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにかわいい水着速吸を描く人のブログってどんなもんなのだろ・・? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログdream fantasy2  を ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログdream fantasy2 に一度お越しして頂けると
アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

昨年は多くの海水浴場がコロナ感染リスク回避ということで閉鎖されていましたけど、今年はどうなるのでしょうか・・?
どちらにしても普段特殊任務で気を張っている速吸には、のんびり海水浴を楽しんで頂き、疲れたら
カクテルまたはジュースとしてのブルーハワイを楽しんで夏を満喫してほしいものです~♪
トロンボーンは、スライドの伸び縮みで音程を調節する中音域の金管楽器の一つです。

トロンボーンは小編成でも大編成でもたいていの場合3人一組で構成される事が多く、
その構成は、ファースト・セカンド・バストロという感じなのですけど、バストロンボーンは楽器自体が
ファーストとセカンドと管の構造自体が違っているという感じです。

トロンボーンの爆発的なあの推進力とか大音量の迫力は見ていても大変気持ちがいいものです!

例えばレスピーギの交響詩「ローマの松」とかショスタコーヴィッチの交響曲第5番終楽章とか
マーラーの交響曲第1番「巨人」終楽章などのような管弦楽曲の中で「ここぞクライマックス!」という場面でのトロンボーンの
豪快な響きはトランペットと共に最大限発揮されていると感じられます。
トロンボーンは2本のU字管を互いに挿し込んだような形状をしていて、片方のU字管がスライドできるようになっており、
管の長さを変えることによって音の高さを調整するのが大きな特徴です。
このスライド機能というのはトロンボーンが最初に登場した時からの特徴でもあり、他の楽器にはない最大の特徴でも
あります。
最近ではそうした光景はまず見られないですけど、1970年代の吹奏楽コンクールの地区予選等では、下手くそな
トロンボーン奏者が演奏中にうっかりと勢い余ってスライドをポロリと床に落してしまった・・みたいな都市伝説もあったりも
します。
トランペットよりも1オクターブ低い中音域の金管楽器であり、複数本で奏でるハーモニーの美しさには定評があります。
トロンボーンのメロディーのはもりや美しさの代表的事例としてワーグナーの歌劇「タンホイザー」序曲、
ブラームスの交響曲第1番終楽章、ドヴォルザークの交響曲第9番「新世界より」~第二楽章、
マーラーの交響曲第2番「復活」第五楽章、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」~第一楽章などを挙げたいと思いますし、
吹奏楽オリジナル曲としては、リードのアルメニアンダンスパートⅡ~Ⅲ.ロリからの歌やチェザリーニのアルプスの詩、
バーンズの交響曲第2番~Ⅱ.中断された変奏曲などを挙げたいと思います。

唇の締め具合とスライド管の七つのポジショニングの併用で自由に半音階を奏でることが出来ますけど、
真のレガート奏法が大変難しい楽器でもあったりします。
強奏時の鋭く輝かしい迫力ある音色も素晴らしいですけど、弱奏時の暗くしめった音も大変幽玄で美しいです。

以前の当ブログのバルトークの「中国の不思議な役人」記事の際に、トロンボーン奏者二人によるソロ的部分はとてつもなく
しびれてかっこいい!と記させて頂きましたけど、それ以外に管弦楽曲でトロンボーンがソロ的に大活躍したり、とてつもなく
目立つ曲でどんな作品があるのか考えてみると・・・

M.ラヴェル / ボレロ

トロンボーンにとって大変難しい高音域でのソロが与えられています。
都市伝説化している話として、とある管弦楽団のトロンボーン奏者が指揮者より
「今度の演奏会で演奏するボレロのトロンボーンパートのソロを完璧に決めたら、君は明日から当団の正式メンバーとする」と
言われて本番に臨んだものの、結果は見事に外してしまい、その日のうちにトロンボーン奏者は失踪または自殺を
してしまったというネタが古くからあったりします。

リムスキー・コルサコフ / 序曲「ロシアの復活祭」

一般的にソロが指定されるのはファースト奏者ですけど、この曲においてはなぜかセカンド奏者が指定され、
中間部の朗々としたソロを神秘的に奏でられます。
セカンドトロンボーンはリムスキー・コルサコフに足を向けて寝られそうにないですね~

A.コープランド / バレエ組曲「ロデオ」~Ⅰ.カウボーイの休日

中間部に粋で洒落っ気たっぷりのユーモラスなソロが用意されています!

小山清茂 / 管弦楽のための(吹奏楽のための)木挽歌~Ⅱ.盆踊り
(小山さんの作品としては鄙歌第2番にもトロンボーンのソロと強奏はもりがあったりもします)

C.アイヴズ / 交響曲第2番終楽章

ソロではないですけど、ラスト近くの豪快なメロディーラインをトロンボーンがほぼ独占状態で、あのメロディーを奏でる
トロンボーンパートは気分爽快だと思います!

トロンボーンの特徴は上記でも触れた通り、そのスライド操作にあるのですけど、スライド管をすべらせるように吹いたり、
グリッサンド気味に吹くとある時は不気味に、ある時はユーモラスな雰囲気を醸し出せると思います。
不気味な例がバルトークの「中国の不思議な役人」ですけど、ユーモラスな事例としてゾルダン・コダーイの
組曲「ハーリ・ヤーノシュ」を挙げたいと思います。

ゾルダン・コダーイというハンガリーの作曲家には、最近の吹奏楽コンクールでは、ハーリ・ヤーノシュよりはむしろ
ハンガリー民謡「くじゃく」による変奏曲とかガランダ舞曲の方が演奏頻度が高いのかもしれないですけど、
クラシック音楽に精通した皆様の感覚で言うと、コダーイは合唱の作曲の分野にも多大な貢献があり、
ハンガリーの民謡を世界に広めようとした貢献度と
学校の音楽教育に熱心であった御方という印象も実はあったりもします。
ちなみにですけど、ハンガリーは東欧圏なのですけど日本と少しだけ似ている点もあったりして、その一つが温泉文化が
定着している事や学校の数学の授業としてそろばんが採用されている点もありますし、
氏名表記が共通しているというのも面白い点だとも思います。
例えば日本において、鈴木一郎というと姓は鈴木で名前は一郎なのですけど、欧米の場合ですと、例えば
マイク・スミスの場合、マイクは名前でスミスが姓です。
要は日本と欧米は氏名の表記が全く真逆なのです。
その中でハンガリーの氏名表記は日本と同じであり、例えば上記のハーリ・ヤーノシュの場合、
ハーリが姓でヤーノシュが名前という事になります。
コダーイの組曲「ハーリ・ヤーノシュ」はハンガリーで親しまれているお伽噺の主人公であり、
若い頃の武勇伝を大ぼらを交えつつ語りかけるというのがお話の概要でもあったりします。
合戦でナポレオン皇帝を打ち負かしたり、ナポレオンの奥様のジョセフィーヌ皇后より
「今すぐ私と結婚して私とどこから駆け落ちして!」と誘惑された・・等の大嘘話がかなり出てくる楽しいお話でもあったりします・・

この組曲で最も有名なのがⅡの「ウィーンの音楽時計」だと思います。
冒頭いきなりコンサートチャイムとドラによって時計の音が描写されます。
時計と言うよりは、むしろ「ゼンマイ仕掛けのおもちゃ」みたいな感じもするのかもしれないです。
聴いていて実にハッピーな気持ちになれるとても楽しい曲です。
ちなみにこの曲、アニメ「のだめカンタービレ」でも何回か使用されています。

コダーイの組曲「ハーリ・ヤーノシュ」は下記の6曲から構成されています。

Ⅰ.序曲、お伽話は始まる

Ⅱ.ウィーンの音楽時計

Ⅲ.歌

Ⅳ.合戦とナポレオンの敗北

Ⅴ.間奏曲

Ⅵ.皇帝と廷臣たちの入場

Ⅰの冒頭においては、管弦楽団による壮大なくしゃみの音の模倣から開始されます。
これは「聞いている者がくしゃみをすれば、その話は本当のことである」というハンガリーの伝説をベースにしているそうです。
ⅢとⅤにハンガリーの民族楽器であるツィンバロンが使用されていることが際立っています。
そしてこの組曲において、管弦楽曲としては大変異例な事ですが、ⅡとⅣにおいては弦楽器は一切使用されていません。
吹奏楽コンクールにおいて、Ⅱ・Ⅳ・Ⅵの組合せによる自由曲の定番曲である事もある意味妥当といえそうです。

そしてこの組曲において全体的にトロンボーンは大活躍を見せています!

特にⅣの合戦とナポレオンの敗北におけるトロンボーン奏者による強烈なグリッサンド奏法は迫力満点ですけど、
これがまたとてつもなくユーモラスで楽しい表現となっています。
途中出てくるトロンボーンとチューバによって奏される主題は、フランス国歌「ラ・マルセイエーズ」のパロディです。
そして最後に出てくるアルトサックスのうらぶれたメロディーを伴奏として支えているトロンボーンの弱奏によるグリッサンドも
たいへんいい味を出していると思います~♪

このハーリ・ヤーノシュはトロンボーン冥利に尽きる曲であり、確かにトロンボーン奏者は大変ですけど、吹いていても
聴いていてもとてつもない爽快感があります。


_convert_20191023002651.png


美少女とトロンボーンというと印象的なのは「響け!ユーフォニアム」以外では、アニメ作品ではないのですけど、
2017年1月にリリースされた音と魔法の学園RPG「ららマジ」が大変印象的です~♪

ららマジのストーリーは、とある呪いにより廃部寸前となってしまった東奏学園器楽部を舞台に、
プレイヤーは器楽部員として登場する30人のヒロイン達を呪いから救い出し、彼女たちが再び演奏できるようにすることを
目指すように頑張るという内容です。

そして30人のJKさんのメンバーの中で、トロンボーン奏者兼コンサートマスターの地位にいるのが3年生のお姉さまの
星崎梨花です。
担当楽器はトロンボーンで、器楽部のコンミスを務める完璧超人で、器楽部創立メンバーの一人であったりもします。
武器のトロンボーン型の槍は突いたり切りつけたりするだけでなく小規模な爆風を放つこともできるそうです。





上記画像の星崎梨花はいかにも聡明でお勉強ができそう・・という雰囲気に溢れていると思います。

星崎梨花のゲーム上での声優さんは赤崎千夏さんと言う事で、赤崎さんは2019年度の夏アニメの一つである
「女子高生の無駄づかい」にてバカ役(田中望役)を怪演された御方であり、あのバカの
「なー、今からすげー事言ってもいい?」の
フレーズを聞くだけで田中の尋常でないバカ振りが見事に伝わってきたものですけど、
「ららマジ」ではそんな雰囲気を微塵も感じさせないばかりか、星崎梨花の声の雰囲気はいかにも聡明で頼りになる
上級生のお姉さまという雰囲気に溢れていますので、改めて声優さんの声の演技の素晴らしさには目を見張るものが
あると思います。

それにしても美少女がトロンボーンを奏でているシーンはとても素晴らしいと思いますし、星崎梨花のトロンボーンによる
「中国の不思議な役人」や組曲「ハーリ・ヤーノシュ」の爆演も聴いてみたいですね~♪
クラリネットの派生楽器の一つである「バスクラ」(バスクラリネットの略)は、普通のB♭クラリネットの約2倍の長さがあり、
管弦楽においては重要な低音旋律において、チェロやコントラバス等の演奏に重なることで明快さを与えたり、
時には自らソロを担当することもあります。
吹奏楽では金管低音楽器を補うための存在として地味ながらも縁の下の力持ち存在として、チューバやコントラバスと共に
全体のリズムを支える目立たない中でも大切な役割を担っている楽器でもあります。
バスクラよりも更に低音が出せるクラリネットの派生楽器として「コントラバスクラ」という楽器もありますけど、
このコントラバスクラは価格的にはとてつもなく高額な楽器であり、私が現役奏者の頃には、普通の公立校の吹奏楽部に
コントラバスクラやコントラファゴットが常備されていることなんてまずお目にかかったことはなかったです。
私自身、都内の大学の吹奏楽団に入団した際に初めてこれらの楽器の実物を目の当たりにした際には、結構感動した
ものでした・・
最近の吹奏楽コンクールにおいては、最近の少子高齢化の影響もあるせいなのか、学校数・生徒数が少ないという事も
あるせいなのか吹奏楽部の予算が私の頃に比べると格段に増えているのかどうかは定かではありませんけど、
こうした高額なコントラバスクラ・コントラファゴット・コールアングレがごく普通に配置されていることは珍しくもなんともなくて
このあたりからも「時代は既に変わったよね・・」としみじみ実感させられるものもあったりします。

支部大会以上の吹奏楽コンクールや東京佼成Wとかシエナのようなプロの吹奏楽団の場合は、
パスクラリネットとクラリネットの持ち替えという事はあまりないように感じられます。たいていバスクラ奏者は持ち返せずに
単独で配置されています。
プロの管弦楽団の場合、日常的ではありませんがクラリネット奏者がバスクラを掛け持ちして吹く事もあるようです。
(日曜PM21:00から二時間枠でEテレで放映されているN響の定期公演の映像を見ると、クラリネット奏者がバスクラを
掛け持ちしたり、またまたクラリネット奏者がエスクラというかE♭クラリネットを掛け持ちしている様子も散見されます。
またオーボエ奏者がコールアングレに掛け持ちしている様子やはたまたファゴット奏者が曲の途中でコントラファゴットに
持ち替えしている様子を見ると「プロ奏者は大変・・」と改めて感じたりもします)

改めてですけど、バスクラとは、クラリネットより1オクターブ低い音が出るクラリネットの派生楽器の一つで、
普通のクラリネットの長さで言うと大体倍ぐらい大きさがあります。
指使いはクラリネットと同じですので、クラリネットと持ち替えをしても違和感はほとんどありません。
マウスピースがクラリネットよりもかなり大きめですので、クラリネットと比べてはるかに簡単に音が出ますし、大変吹きやすい
楽器であると思います。
特徴はなんといってもあの重厚な低音だと思いますし、
管弦楽でもそうした深みのある表現とか内省的な雰囲気を出したいときに作曲家がたまにですけど使う場合も
あったりします。
(その代表的使用例がチャイコフスキーの交響曲第6番「悲愴」第一楽章だと思います)
吹奏楽作品でこのバスクラが使用されている代表的事例としては、
何といっても小山清茂の「吹奏楽のための木挽歌」~Ⅳ.フィナーレのラストのバスクラの鬱々としたソロで閉じられる
あの雰囲気が大変印象的ですし、
(木挽歌のバスクラのソロはバスクラ以外に音は入らない完全ソロですので、他の奏者は曲の終結までバスクラ奏者の
完全ソロを「どうか外さないで無事に閉じられますように・・」と願っているのかもしれないです)
クロード・スミスの「フェスティヴァル・ヴァリエーション」にて中間部が盛大に盛り上がって終結部に入る所のつなぎとして
バスクラのソロが用いられているのは大変印象的です。
1997年の全国大会では、愛工大名電があまりにも盛大に感動的に中間部を吹きあげたため、ここで曲が終わったと
勘違いした多くの聴衆が拍手をしてしまい、バスクラのあのソロが拍手でかき消されてしまったという
エピソードはいまだに語り継がれています。
今でこそ「フェスティヴァル・ヴァリエーション」は精華女子等の名演によって超メジャー人気曲になっていますけど、当時は
どちらかというと「忘れられたオリジナル曲」という感じでしたので、普門館の聴衆もスミスのフェスティヴァル・ヴァリエーションを
ご存じない人は意外と多かったのかもしれないです。
ちなみにですけど、私自身がバスクラのソロを初めて耳にしたのは、1978年の吹奏楽コンクールの課題曲Aの
ジュビラーテにおいて、中間部が閉じられてトランペットのソロが開始される直前のバスクラの伸ばしによるソロでした。
翌年の1979年の吹奏楽コンクールの課題曲はCの「幼い日の思い出」でしたけど、この課題曲も冒頭の全体でのffの一音の
後にはバスクラの朗々とした音の伸ばしへと受け継がれていきますので、バスクラは意外と使い勝手があるのかも
しれないです。
そして吹奏楽コンクールにてバスクラの威力を初めて実感させられた演奏が1982年の仙台第一高校によるグローフェの
組曲「グランド・キャニオン」の「山道を行く」の楽章の終結部近くのバスクラの軽快で躍動感あふれる弾力的なソロを
聴いた時といえそうです。

_convert_20200223173040.jpg


バスクラってクラリネットとの違いとして他にどういう事が挙げられるのでしょうか・・?

リードがクラリネットに比べて1.5倍程度大きいせいもありますけど、「リードミス」が少ないというのは奏者にとっては
ありがたいものがあります。
それでも吹奏楽コンクールでも時折事故はあったりしまして、1977年の駒澤大学の「春の祭典」~第二部の際に
終結部近くにてバスクラの完全ソロ時にバスクラがまさかのリードミスを起こしてしまい、普門館の会場内に
とてつもないバスクラの絶叫音が響き渡りましたけど、その後奏者は何事もなかったかの如く、残りのソロを見事に
吹き上げていましたし、駒澤大学は無事に金賞も受賞しましたので、あのバスクラ奏者の精神力の強さには
最大限の称賛を改めておくらさせて頂きたいと思います。
バスクラはかなり重たい為、首にストラップを付け、ストラップと楽器を結ぶことが多いです。
(ストラップを使用するサックス・バスクラ・ファゴット奏者は首こりと肩こりが多いと言われるのは、多分このストラップの
おかげだと思います)
また管体に取り付けられたエンドピンで楽器を支える事もあります。
バスクラは音量的にはどちらかと言うと弱いと思うのですけど、そのせいか同じ木管低音セクションの中でも
バリサク(バリサンサックス)に音がかき消されてしまうというのは吹奏楽あるある話の一つなのかもしれないです。

私自身、バスクラは何度か吹いたことがあります。
私の高校の場合、毎年秋になると「アンサンブルコンテスト」(略称、アンコン)に出場するパートもあったりして、
毎年クラリネットパートはこのアンコンに欠かさず出ていました。
私自身はクラリネットとバスクラを掛け持ちし、
低音が必要な場合、さっとクラリネットからバスクラに持ち替えし、低音パートとして支える事がありましたけど、
前述のようにバスクラはリードミスがあまりない安定した楽器なので掛け持ちはし易かったと言いたいところですが、
逆にバスクラからクラリネットに戻る際の違和感が相当残り、こちらの方が苦戦した記憶があります。
またなんどかエスクラ(スモールクラリネット)もクラリネットと持ち替えしたこともありますけど、
クラリネット→エスクラへの持ち替えは難しさ・唇の抵抗感を感じたものの、エスクラ→クラリネットへ再度持ち替えする際は
そうした難しさはほとんど感じなかったものです。
一時期クラリネットからアルトサックスにコンバートされた際に、アルトサックスは大変吹きやすかった事と合わせて考慮すると、
マウスピースが大きい楽器からマウスピースが小さい楽器への持ち替えは難しく扱いが厄介で慎重さが求められるのに対して、
逆にマウスピースが小さい楽器からマウスピースが大きい楽器への持ち替えはそれほど難しくもなく抵抗感もないと
私的には感じたものです。
金管楽器の中でマウスピースが小さいホルンとトランペットは音が出にくく、マウスピースが大きいトロンボーンやチューバは
比較的音が出しやすいという事にも通ずるものがもしかしたらあるのかもしれないです。

管弦楽の世界でバスクラが使用されるようになったのは18世紀末期の頃で、楽器としてはむしろ新参者なのかもしれないです。

ソロとしてのこの楽器に光を当てたのは19世紀以降の作品であるのも楽器の成立時期と関係しているのだと思われます。

このバスクラが効果的に使用されている管弦楽曲を挙げてみると・・・

〇チャイコフスキー/バレエ音楽「くるみ割り人形」~こんぺい糖の踊り

〇  同       /交響曲第6番「悲愴」第一楽章

〇ワーグナー / 楽劇「神々の黄昏」~夜明けとジークフリートのラインへの旅

〇ストラヴィンスキー/バレエ音楽「春の祭典」第二部

〇グローフェ/組曲「グランドキャニオン」~山道を行く

〇ウィリアム=シューマン/交響曲第3番第二楽章第二部

〇ショスタコーヴイッチ/交響曲第7番「レニングラード」第二楽章

〇ラヴェル / スペイン狂詩曲~Ⅱ.マラゲーニャ

ショスタコーヴィッチの7番のバスクラのソロの扱いは見事だと思います。
あの呟くような陰鬱なソロがあるから次のオーボエの悲痛なつんざくような高音のソロが生きてきますし、
次の全体でのffの音響が対比として効果的だと思います。


_convert_20200222184033.jpg

_convert_20200212015043.jpg


ららマジにおけるクラリネット奏者は綾瀬凛という後輩からは怖がられているきょっと気難しくて、自分にも他人にも厳しい
雰囲気があるJKさんです。
キリッ・・!としていて後輩に対して厳しく接する雰囲気の綾瀬凜お姉さまの上記のようなちょっと怒ったような表情も
とてもかわいらしいものがありますけど、
同じパートに自分に厳しすぎる子がいたりするとちょっとつらいものがありそうですけど、ららマジの綾瀬凜みたいな
JKさんだったら、私は喜んで同じパート内で頑張らさせて頂きたいものです~♪

優雅で真面目で完全主義者の綾瀬凛も、その優雅な姿とは異なり、 陰ではクラリネット特有のリード調整の難しさとか
リードミスによる絶叫音に意外と苦労しているのかも しれないです。

ららマジ器楽部の合奏の中で指揮者が「木管の重低音が欲しい・・」と感じた場合は、綾瀬凛もクラリネットからバスクラに
持ち替えされるのかもしれないですし、性格的には多少不器用そうでも楽器の持ち替えは器用そうに造作なく
こなされるのかもしれないです~♪


CIMG4093_convert_20210308022224.jpg

先日ですけど、うちの近くのスーパーの惣菜・弁当コーナーにて「九州フェア」が開催されていて、九州の食材を使用した
惣菜や九州のご当地メニューをお弁当にしたものの販売が行われていました。

その中に長崎県のご当地メニューとして大変名高い「トルコライス」のお弁当が販売されていました~♪

江戸時代、200年以上にもわたって鎖国状態にあった日本ですが、唯一外国との貿易が許されていたのが長崎・出島です。
出島から様々な異文化が入ってきた長崎県には、現在に至るまで独自の食文化が根強く残っています。
明治時代に舶来港として栄えた長崎や、軍都・佐世保などで生まれた海外をルーツとするグルメも多数あったりします、
長崎のご当地グルメと言うと、カステラ・長崎ちゃんぽん・皿うどん・佐世保バーガーなどが大変有名で、
「ご当地グルメなんぞ何もないない、なーんにもない」とついつい自嘲気味になってしまう埼玉県民としてはとてもうらやましい
話なのかもしれないです。
そして長崎のご当地グルメというと「トルコライス」というある意味、大人のお子様ランチというべきメニューも大変
印象的です。

「トルコライスって何ですか・・?」と知らない方のために簡単に解説させて頂きますと、トルコライスとは一皿に多種のおかずが
盛りつけられた洋風料理で、豚カツ、ピラフ、スパゲティが一つの皿にのっていることを基本としています。
お店によってはピラフではなくてチャーハンやカレーピラフが添えられている事もありますし、スバケディは基本的には
ナポリタンが多いようです、そして豚カツの上にはデミグラスソースが掛けられている事が多いそうです。
「とんかつにナポリタンにピラフなんて別にトルコ料理でも何でもないじゃん・・」と思われる方も多いとは思うのですけど、
トルコライスはトルコ料理というわけではなく、トルコが東洋と西洋の分岐点である事からという説と
トルコライスを最初に提供したお店の名前からという説など多数あるようですけど、定説はないようです・・
スパゲティ(概ねイタリアのイメージ)、とんかつ(概ねフランスのイメージ)、ピラフまたはチャーハン(概ね東洋のイメージ)
というように三つのエリアの料理をまとめて一つの皿に乗せてしまえ~♪という発想で始まったのかもしれないです。
ただ、このパスタ・とんかつ・ピラフが一つのお皿にまとめて乗った料理は、子供にとっても大人にとってもワクワクするもので
あり、トルコライスが俗に「大人のお子様ランチ」と呼ばれるのもよく分かる気がします。

言うまでもない話ですけど、トルコライスはトルコ料理ではなありませんし、トルコに「トルコライス」というメニューは
存在しません。
というのも、トルコはイスラム教圏の国であり、イスラム教ではとんかつの材料である豚肉は食のタブーとされていますし、
トルコにはパスタとご飯を一つの皿の上に盛り付けることはまずありえないそうです。
長崎では2010年に一度「トルコライスの日」を制定した事があるらしいのですけど、トルコ大使館より
トルコライスは長崎独自の食文化でありそれを否定するつもりはないとしながら、トルコライスはトルコ料理ではなく
全くの無関係であり、誤解を招く可能性があると指摘を受け、その3年後に市としてのトルコライスの日は取りやめにした
経緯もあるそうです。

トルコという国は古くから日本との繋がりも強く、トルコにはかなりの数の親日家が存在し、トルコ国内では日本のイメージは
意外といいという話しはよく耳にしますけど、日本のとあるサービスの名称に「トルコ」という名前が入っている事で
不興を買ったという話しは上記のトルコライス以外としては、これは平成世代の皆様にはわからないのかもしれないですけど、
現在の「ソープランド」という性風俗産業の名称は1984年頃まではなぜか・・!?「トルコ風呂」と呼ばれていたりもしたものでした。
確かに・・私自身が東北の田舎から関東に移り住んだのは1984年春でしたけど、あの当時の新宿・歌舞伎町・鶯谷・西川口
といったいわゆる夜の歓楽街には「トルコ風呂」という看板とネオンで賑わっていたような記憶もあります。
トルコ風呂というのは本来はトルコ国内の大変健全な垢すりというサービスに他ならないのですけど、
昭和30年代頃に一般的な公衆浴場だったトルコ風呂が「個室付浴場(サウナ)」として許可されたことから性風俗産業と結びつき、そこからトルコ風呂という性風俗店へと発展した経緯もあったそうです。

本番ありの性風俗として日本に定着したトルコ風呂でしたが、1980年代になってその名称が問題となります。

トルコ風呂は高度成長期から1980年代にかけて「トルコ」と略して呼ばれるようになり、そのため多くの日本人が
「トルコ」と聞くと国名としての「トルコ」ではなく「性風俗店としてのトルコ」を思い浮かべるようになってしまうという誤解が
発生してしまい、
東京大学に留学していたトルコ人の留学生が1984年に当時の厚生大臣・渡部恒三に「トルコ風呂という名称を変更してほしい」
と直訴した事がきっかけとなりましたし、
駐日トルコ大使館は、新宿区にあった「大使館」という「トルコ風呂」がNTTの電話帳に「トルコ大使館」と記載されていたことに
猛抗議したという事件も発生し、日本とトルコの国際問題に発展しかねない事態ということで、
トルコ風呂という名称は撤廃され、東京都特殊浴場協会が新しい名称を一般公募して選ばれたのが「ソープランド」であり、
これが今現在でも使用され続けています。

大変古い話ですけど、昭和の名作ラブコメの「めぞん一刻」において、主人公の五代裕作の初体験のお相手は、
実は響子さんでも無くこずえちゃんでもなく、六本木朱美でもなくて、実は風俗店の女の子というのもちょっと意外な(?)
話でもありました。
裕作の童貞喪失は社会人になってからでそのお相手は風俗嬢というのは奥手で純粋な感じも無くは無い裕作のイメージでは
ないのかもしれないですし、「響子さんへの純愛はどこにいったんだ・・」当時はいろいろとツッコミがあったようですけど、
さすがに大学を卒業して童貞を続けているというのも作者の高橋留美子先生としても「ちょっとね・・」という想いも
あったのかもしれないです。

裕作の童貞喪失後の朝帰りした場面で、裕作は一之瀬のおばさんにソープランドのマッチを持っている所を見つけられ、
その時に一之瀬のおばさんは「あー、トルコか~」と反応を示されていたのは、一之瀬のおばさんも
昭和世代の御方・・という事なのかもしれないです。

hitomicyan-03_convert_20181215160141_convert_20181216180415.png

長崎と言うと夜景の美しさもとても素晴らしいと思います。

長崎のご当地アニメというと、2018年の秋アニメとして放映されていた「色づく世界の明日から」がとても印象的でしたけど、
「色づく世界の明日から」においては、長崎の大浦天主堂や女神大橋の再現度も素晴らしいと思いますし、
何よりも作品全体の美しさが大変際立っていたと思います。
あの背景や風景描写の美しさは大変見映えがしましたし、あの映像としての美しさを味合うだけでもこの作品は存分に
役割を発揮していると感じたものでした。
長崎は日本三大夜景(神戸、函館、長崎)、世界新三大夜景(香港、モナコ、長崎)に数えられるほど
有名な夜景の名所でもあるのですけど、そうした夜景としての長崎の美しさも丁寧に描写されていたのが
大変印象的でもありました。
長崎という異国情緒あふれる街並みや坂の多い地形という「長崎らしさ」をこんなにも美しく描かれていた事に
驚きを感じさせてくれますし、一つだけあえて強調させて頂きますと、アニメシーンの中にほんの数秒程度でしたけど
雨に濡れた石畳が描きだされていましたけど、あのシーンの美しさはアニメとしての美的限界に迫るものは
間違いなくあったと思います。

「色づく世界の明日から」の監督・製作スタッフは「凪のあすから」というやはりファンタジー系の作品と同じですので、
こうした作品は得意中の得意だったのかもしれないです。
凪のあすからは、7人の少年少女の揺れ動く心情をメインモチーフにした作品でもありますので、
思春期の少年少女の心理描写という意味では両作品の共通性は多々あるようにも感じられます。

ここから先はdream fantasy2
アミグリさんが描かれた美しい絵の転載&ご紹介コーナーです。

上記の絵はアミグリさんが2018年12月に描かれた「色づく世界の明日から」のヒロインの月白瞳美ちゃんです。

この瞳美ちゃんは当ブログでも何度か転載&ご紹介をさせて頂く場を頂きましたので、皆様にとっても馴染みがある絵の一つ
なのかもしれないです。
私もこのアミグリさんが描かれた瞳美ちゃんが大好きで、こうした素晴らしい絵と言うものは何回でも転載したいです!

アミグリさんの描かれる月白瞳美ちゃんは、とても繊細で神秘的な印象を与える美少女のように感じられます!
せつない表情もそうですけど、この流れるように美しい銀髪もそうしたミステリアスな印象を醸し出しているのかも
しれないです。

まるで東方のさとり様のようにどことなく心、ここにあらずのようなもの寂しげな様子が伝わってきますし、
瞳美が今にも感極まって泣き出しそうな感じさえする「儚くてせつなくて、まるで砂糖菓子のように
ちょっと触れただけで壊れそう・・」といったとてつもなく繊細なものがとてもよく伝わっていると思います。

銀髪ロングの繊細な描かれ方も素晴らしいですし、
左耳のアズライトの耳飾りも神秘的な雰囲気を高めているようにも感じられます。
ちなみにアミグリさんが描かれた瞳美ちゃんの制服は、2018年時点での南ヶ丘高校の制服ではなくて、
2078年時点の南ヶ丘高校の制服でもあったりします。
同じブレザー制服も祖母の琥珀が着るとやんちゃな雰囲気もあるけど、一応は孫の瞳美ちゃんが着ると
繊細なJKさんという印象を受けたりもします。
(60年後のおばあちゃんになっていた琥珀はいかにも落ち着いた雰囲気の女性になっています・・)
この寂しそうな視線を見るとなんだか見ている私までもがせつなくて甘酸っぱい気持ちにもなったりしますし、
こうやってたった一枚の絵なのですけど、見ている人に色々な感情をきちんと伝えることができている作品を拝見させて
頂くと本当に心の底から内省的な充実感を感じたりもします。

上記のアミグリさんが描かれた瞳美ちゃんは、その権利は全てこの瞳美の絵師様であるアミグリさんに帰するものであり、
当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきなイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにもせつなそうな瞳美を描く人のブログってどんなもんなのだろ・・? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログdream fantasy2  を ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログdream fantasy2 に一度お越しして頂けると
アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

それにしても長崎には一度行ってみたいものですし、夜景も異国情緒もそうですけど、本場の長崎ちゃんぽんやトルコライスも
是非食べてみたいものです~♪


改めて言うのもなんですけど、「dream fantasy2 」のアミグリさんの描かれた絵はいつもかわいくて美しくて文字通り「ファンタジー」に溢れていると思います。

冒頭のまとめ絵はアミグリさんが毎年年初に掲載されている毎年恒例の年初進化録シリーズですけど、
2021年3月に掲載されていたものは、昨年・・2020年に描かれた東方キャラをまとめられた2020東方進化録でしたけど、
こちらはとても素晴らしくて、 どの東方キャラもキラキラ光り輝いて、かわいくて美しくて最高だと思います!

1月は初挑戦のサグメ様でしたけど、初描きとは思えない完成度の高さが素晴らしく、どことなく心、ここにあらず・・みたいな
雰囲気と表情はサグメ様の舌禍の女神さんゆえなのかもしれないです。
2月のミスチーは当ブログからのリクエスト作品で、久しぶりに描かれたミスチーの進化と変化には驚いたものです!
3月の早苗さんのコスプレ作品としては初めてのセーラー服早苗さんもとても意欲溢れる作品だと思います。
5月のパチュリーさんは魔女という雰囲気よりも慈愛に溢れたやさしそうな魔法使いという感じがすてきですし、
6月のゆかりんはポートレイト風な仕上がりが見事だと思います。
7月の大妖精の少しきょとん・・とした表情も妖精らしさに溢れていると思いますし、8月のうどんげちゃんは、
これまで描かれていた永夜抄verではなくて、深秘録や憑依華でのverということで、雰囲気や衣装の違いを感じると
同時に改めてうどんげちゃんの精神的成長を強く感じさせていると思いますし、
10~12月のの「大人になったシリーズ」みたいな感じのこいしちゃんやお燐ちゃんや霊夢もとてもしっとりとしていて
情感あふれていますけど、 丁度その頃に色塗りをSAIからクリスタに変えられたということで、もしかしたらそれもまた
しっとり感に貢献しているのかもしれないです。

本記事においてはアミグリさんの2020東方進化録の中で、かなりインパクトが強かった後半の「少しだけ大人になった
東方キャラ」シリーズからこいしちゃんとお燐ちゃんの絵の振り返りとこの二人のキャラの過去絵を参照する形で
アミグリさんの絵の時間の経過に伴うすてきな進化と変化を感じて頂ければ幸いに思います。
またアミグリさんは今年・・2021年3月に「少し大人になった早苗さん」という大変ビューティフルな早苗さんを発表
されましたので、本記事において過去に描かれた早苗さんとの違いを感じて貰いながら、この大人の早苗さんの
特に流れるように美しい長髪をご覧頂きたいと思います。


ori-nn02_convert_20120613154622.png

まずはお燐ちゃんの進化と変化です。

ここではdream fantasy2
アミグリさんが2012年に描かれたお燐ちゃんと2020年に描かれたお燐ちゃんをご紹介させて頂きたいと思いますが、
それによって絵からもお燐ちゃんの変化を感じ取って頂ければとてもうれしいです。

上記のとってもかわいいお燐ちゃんはアミグリさんが2012年6月に描かれた作品です。

アミグリさんが描かれるこのお燐ちゃんはとっても可愛い化け猫ですけど、この絵の大きな特徴は、
お燐ちゃんに二又の尻尾を付けて、より猫っぽさをアピールしている事なのだと思います。

両サイドのおさげ髪・髪のリボン、そしてこの可愛い猫耳、そしてこの素敵な満面の笑顔!!

見ているだけでとっても爽やかな涼風が舞い込んできそうな爽やかで可愛いお燐ちゃんだと思います!
上記で書いた通り、怨霊は本来的にはとっても怖い存在でもあるのですけど、アミグリさんの手に掛かってしまうと、
とってもかわいい怨霊に早変わりさせている点は、いかにもアミグリさんらしい演出があるのだと思われます。

お燐ちゃんの黒タイツもとっても可愛いです!

2020-orin-02_convert_20201119193940_convert_20201120021551.png

それでは改めましてアミグリさんが2020年11月に描かれたお燐ちゃんを改めてご紹介をさせて頂きたいと思います。

このお燐ちゃんはとてもかわいいけど同時にとてつもなく美しいお燐ちゃんだと思います!
アミグリさんの描かれたお燐ちゃんは美少女化と共に大人っぽいしっとりとした情感のお燐ちゃんを幻想的に描かれていて
見れば見るほどうっとりさせられるお燐ちゃんと言えそうです。

咲夜さんはレミリア様の片腕としての優秀なメイド長の役割を担っていて、
それが大人っぽい雰囲気の要因にもなっていそうですけど、
お燐ちゃんも引きこもり?とさとり様に代って地霊殿における外界との折衝・交渉も担っていて
地霊殿の優秀な秘書みたいな役割も担っているのですけど、そうした点も咲夜さんと同じ意味で大人っぽい雰囲気を漂わせている要因なのかもしれないです。
当初はアミグリさんが2012年に描かれたお燐ちゃんに示唆される通り、さとり様のすてきなペットという事だったのかも
しれないですけど、さとり様に代ってこいしちゃんへのメッセージの伝達や博霊神社の霊夢に対する報告や情報収集や
他の東方キャラたちと宴会を通した人間関係の構築などを通して、少し大人になって世の酸いも甘いも多少はわかるように
なったお燐ちゃんの内省的変化をこの一枚の絵からも十分に感じ取れそうですし、
改めて2012年に描かれたお燐ちゃんとの比較からもその内面的な成長性が感じ取れそうです。

背景もとてもファンタジーに溢れていて幽玄さを感じますし、
お燐ちゃんのスカートから下の太もも~脚部にかけての絶妙なお色気は
やはり大人っぽさを感じさせるものだと思います。

koisi-chan-desuuu_convert_20140728152340.png

続きましてこいしちゃんの絵の進化と変化です。

ここでは2014年のこいしちゃんと2020年に描かれたこいしちゃんの違いを感じて頂ければ幸いです。

上記の「ぴーす☆」と題されたこいしちゃんはアミグリさんが2014年7月に描かれた作品です。

この「ぴーす☆」はとにかく天使みたいにかわいらしいこいしちゃんだと思います!
幻想郷のすてきな妹様!みたいな雰囲気を宿らせていると思いますし、こんなにもかわいい妹が幻想郷を放浪している
のだとしたら実姉のさとり様が日々心配されているのも当然の話なのだと思います。
靴下のフリルのこの細かい仕上がりとか髪の毛のふわふわとした感じとか微笑んだ表情での少し控えめ気味なピースサイン
など全体的にとても上品で繊細な仕上がりだと思います。
こいしちゃんというとバスガイドさんみたいなあの可愛い帽子もとっても印象的なのですけど、
アミグリさんが描かれた帽子もとってもよくこいしちゃんに似合っていると思います。



上記のこいしちゃんはアミグリさんが昨年・・2020年10月に描かれた作品です。

2014年に比べるとどことなく雰囲気が変ったというのか大人っぽさも感じたりもします。
その大人っぽさの一因としてアミグリさんは「いつもより目を小さく描いてみた」とされています。

私自身も昨年このこいしちゃんを見た瞬間に「かわいい!」と感じたと同時に「いつもと少し違うこいしちゃん」と感じ、
目元が涼しげなこいしちゃんと感じたものです。
なるほど! アミグリさんは、こいしちゃんの目をいつもより小さめに描かれていたのですね~♪
目を少し小さめにされて目の雰囲気を変えるだけでいつもとはどこか違うこいしちゃんを
表現できるということは、改めて絵の多様性や無限の可能性を感じられそうです。

それにしてもかわいいけど少し大人っぽいこいしちゃんはやっぱり幻想郷のすてきな妹キャラといえそうです。
地霊殿を出られて幻想郷内を放浪しているうちに、他の妖怪や人間たちと出会いを重ね、ふれあいを続けているうちに
こいしちゃんの心の変化がアミグリさんの描かれた「少し大人になったこいしちゃん」に繋がっているのかもしれないです。

2014年の「ぴーす☆」のこいしちゃんは元気溌剌美少女という印象が強かったですけど、
2020年のこいしちゃんのピースは小指と人差し指という事も
あり、「ちゃんと私という存在も見てよね~」と控えめに宣言されているようにも感じたりもします。

sanae-sandesu-0_convert_20160127165447_convert_20170223144103.png

続きまして早苗さんの絵の進化と変化です。

ここでは2016年の早苗さんと2021年3月に描かれた早苗さんの違いを感じて頂ければ幸いです。

まずは上記の早苗さんはアミグリさんが2016年1月に描かれた作品です。

描かれた当時のアミグリさんのお声として
「アナログ(鉛筆)で描いた線画をスキャンして、SAIで塗り塗りしました。
加工にクリップスタジオペイントもちょこっと使用しました」との事ですけど、
アミグリさんの絵師様としてのご苦労が垣間見えるのではないかと思われます。
ちなみにですけど、2021年の早苗さんや2020年のお燐ちゃん等は、SAIからクリスタに変えられたということでもありますので、
今回取り上げた「おとなっぽい雰囲気」というのはこうした描き方の違いというのもあるのかもしれないです。

アミグリさんが描かれた早苗さんは風祝としての早苗さんに相応しく、風がさーーーっと吹いてきて
早苗さんのスカートがふんわりと舞っているようにも感じられるのはとても爽やかだと思います。
緑の巫女とも言えそうな緑のロングヘアもとても美しいと思います!
かわいい中にも「颯爽とした雰囲気」というのか「若き巫女のさわやかな雰囲気」というものを
大変凛とした空気の中に描かれていると思います。

早苗さんが手にしているのはお祓い棒ですけど、ファンの間ではあれは「はんぺん棒」という愛称もありますけど、
アミグリさんが描かれた早苗さんのお祓い棒からもどことなく気品のようなものを感じさせてくれているのは
すてきですね~!
早苗さんがこのはんぺん棒を手にされていると霊夢とは別の形での「妖怪退散!」とか「妖怪退治」を実践されそうな
雰囲気が感じられたりもしそうです。
白のハイソックスも外界の現役JKさんの名残みたいなものも感じさせてくれていて、とてもお似合いだと思います。


2021-sanaesan-04_convert_20210304150217_convert_20210307023600.png

上記の早苗さんはアミグリさんが今年・・2021年3月に描かれた早苗さんです。

とても美しい早苗さんですね~♪ アミグリさんの描かれた早苗さんというと上記の2016年のはんぺん棒をてにされた
凛々しい感じの早苗さんや巫女の日記念の霊夢とのツーショットの際の早苗さんやコスプレ化した早苗さんなどが
とても印象的で、あの早苗さんは どちらかというと溌剌とした外界のJKさんみたいな雰囲気もありましたけど、
2021年3月に描かれた早苗さんは女子高生を卒業したJDみたいな早苗さんみたいな感じもしますし、
少し大人になった情感あふれるしっとりとした早苗さんのように感じたりもします。
長い髪もサラサラしていてとても美しいですし、慈愛に溢れたようなやさしい眼差しにも魅かれますし、手を顎に当てている
何気ない仕草にもはっ・・とさせられそうな美しさに思わずドキッ・・とさせられそうです。

2016年の早苗さんは外界のJKさん時代の早苗さんの様子を色濃く残し、どちらかというと幻想郷に移住して間もない頃の
はっちゃけた早苗さんみたいな雰囲気といえそうですけど、
2021年の早苗さんは幻想郷の生活にも慣れ、幻想郷の人間・妖怪からも「山の神社の巫女さん」という認識が定着し、
余裕をもったようにも感じられますし、それが大人になった早苗さんをもたらしているのかもしれないです。
2016年の早苗さんの長髪もすてきですけど、2021年の早苗さんの長髪はこの流れるような美しさと繊細さは
アミグリさんの絵師様としてのすてきな進化と変化なのだと思います。

上記のアミグリさんが描かれた東方進化録やお燐ちゃん・こいしちゃん・早苗さんは、お燐ちゃんたちの絵師様である
アミグリさんに帰するものであり、
当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきな絵の転載を快諾して頂きありがとうございます!

皆様の中で「こんなに美しい早苗さんを描かれる方のブログってどんなもんなのだろう・・? 」と興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログdream fantasy2 を ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログdream fantasy2  に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

アミグリさんにおかれましては、これからものんびりマイペースに絵を描き続けてほしいですし、来年の事を言うと
鬼が笑うといいますけど、アミグリさんの2021年絵の進化録も今からとっても楽しみです~♪
今現在は梅雨真っ只中という感じですけど、来月以降はいよいよ本格的な夏到来だと思います。

アイスクリームやかき氷というと夏の風物詩みたいなものだと思いますし、特にかき氷は真夏の暑い時期に
食べると瞬間的に涼しさも感じますし、夏の縁日やお祭りの屋台では定番のお店だと感じます。


かき氷ってなぜか知らないですけど、お祭りや縁日で売られているのを見るとなぜか無性に食べたくなってしまいそうな時が
多々あったりもします。
真夏の暑い盛りについつい夢中になって氷を口の中に放り込んでしまうのですけど、大抵そうした場合って
頭が急激に痛くなり脳がキーーンとなってしまうのは面白いものがありそうです。

かき氷のシロップというとあの甘い香りや味に魅力を感じてしまいそうですし、
かき氷の定番の味と言うと、いちご・メロン・レモンの三つだと思うのですけど、
縁日の屋台等で「シロップかけ放題」とかいって出されているかき氷のシロップのいちご・メロン・レモンの三つの味に関しては
実は見た目の色と香りが違うだけで味そのものはほとんど同じなそうです!
これはセンサー等の機械を測定して出された結論なそうですけど、いかに人間と言うものは、味覚よりも
見た目の色彩・香りに騙されやすいという事を示唆している話なのかもしれないです。

縺九″豌キ_convert_20170602142631

かき氷のシロップの味はどれもすごく甘く少し酸味があるのが特徴だと思います。

結論から言うと、かき氷のシロップの味は成分から見て甘味と酸味だけなので実は、全て一緒の味という
ある意味衝撃の結果と言うのが味覚センサーを使用しての機械としての結論との事なそうです。

今まで「このいちご味のかき氷とっても美味しいね! それじゃー次はメロン味のかき氷も食べてみよう!」と
思っていちごとメロン味のかき氷を食べていた事もあるかとは思うのですけど、
そうした際の二つの味が実は「全く同じ成分」であり、味覚センサーとしては両者は全く同じ味という事実を
突きつけられてしまいますと、「うーーむ、なんてポンコツな自分の舌とこの味覚・・」と
ぼやきたくもなってしまいそうです。
やはり人間の頭の先入観・固定観念というものはある意味怖いものがあり、
赤いからいちご、緑だからメロン、黄色いからレモンという「思い込み」というのは、人間の味覚すらも超越してしまうもの
なのかもしれないです。

上記のかき氷シロップの話は、あくまでスーパなどで売っている普及品のシロップの話です。

きちんとした甘味屋さんだとイチゴ味でも果汁からしっかり作っているお店がありますので、こういうお店に入って
「なんだメロン味と同じじゃん・・!」なんて妙な事を口走ると店主に睨まれそうですのでご注意くださいね・・・

上記で屋台でのメロン・いちご・レモンのシロップの味はほぼ同じと記しましたけど、最近の屋台ではかき氷のシロップとして
ブルーハワイという味もたまにお見かけしますけど、この味はどちらかというとクールミントに近いという事もあり、
さすがにいちごやメロンの味とは違うようです。

そうそう・・、かき氷というと上記のシロップ以外で思い浮かぶ話と言うと、
「食べたときに頭がキーンと痛くなる」という事だと思います。
この頭痛は「アイスクリーム頭痛」と呼ばれる医学的な正式名称があるそうです。
極端に冷たいものを食べた直後に起き、数分ほど続くこともありますけど、基本的に一時的な症状でおさまるため、
そうしたキーンという頭痛の症状が出たとしてもそれほど心配する事も無いと思います。

アイスクリーム頭痛にはふたつの原因があるそうです。
一つ目は冷たいものが喉を通ることで神経が刺激され、神経は脊髄を通って脳につながっているので、
喉につながる食道や胃が急激に冷やされたと勘違いし結果的に「関連痛」という頭痛を引き起こしてしまうのです。
二つ目は、口の中の温度が一気に下がるため身体は反射的に体温を上昇させようとし、
このとき頭につながる血管を膨張させることで血流を促そうとするため、血管に負担がかかり頭痛となるとの事です。

こうしたかき氷等冷たいものを急激に食べすぎたために起きるキーンという頭痛の対処方法として、
熱いお茶等を口に含めて口や喉を温めるとそうした頭痛も比較的早い時間で治まりやすいという事です。
冬はいいとして、夏に冷たいアイスやかき氷と熱いお茶等を交互に飲食するというのもちょっとヘンな話なのかも
しれないですね・・

余談ですけど、歴代プリキュアでかき氷を食べすぎて頭がキーン!と痛くなるというエピソードで
思い浮かぶのは、2代目プリキュア/ふたりはプリキュア スプラッシュスターで登場してきた敵幹部のゴーヤーンです!
ミズ・シタターレが作ったゴーヤ味のかき氷を急激に食べすぎて「あたま、いたっ・・」と頭を抱え込んでいたのは
とてもお茶目な話でしたけど、ゴーヤ味のかき氷というのもなんだかすごい味がしそうですね・・
ちなみにでけけど、ゴーヤーンは2代目プリキュアにおける真の黒幕でした!
SSは表面的にはアクダイカーンが敵の親玉のように見られたものですけど、実際の所は、アクダイカーンはゴーヤーンが
作り出した張子の虎みたいなものというのが最終決戦で判明した際は驚きではありましたけど、
歴代プリキュアにおける敵幹部の真の正体の歴史を振り返ってみた際には「よくある話だよね・・」という感じに
なりそうです。
だけどこのSSのゴーヤーンは「黒幕」という意味では、最終決戦時の大どんでん返し的には大変意表をつくものであり、
SSの最終決戦はもしかして歴代プリキュアの中でも最激戦の一つとして花を添えるものがあったと思います。

最後に・・これまた余談ですけど、上記でゴーヤ味のかき氷について触れましたけど、東方の世界では
おバカさんキャラの氷の妖精のチルノが真冬の縁日の屋台で、「みず味のかき氷」を売っていた事もありました~♪
大晦日の博麗神社にてたくさんの妖精・妖怪が色々な屋台を出店している中、
真冬にも関わらず、チルノはみず味のかき氷の屋台を出店し、サニーミルクたちのお店の盛況ぶりとは対照的に
閑古鳥が鳴いていた・・・そんな話もあったものでした。
それ以前に「みず味のかき氷」って何なのかな・・?
というか、それって「氷そのものじゃーん!」とチルノにツッコミを入れたい気持ちで一杯ですね・・

そういうチルノも「東方心綺楼」では、意外にも命蓮寺で大衆に混ざって、聖の説法を聞くチルノを確認する事ができます。
あのチルノが・・チルノが・・白蓮さんの「仏法説法」を聞くなんて・・・
これこそまさに「馬耳東風」というのか、「釈迦に説法、チルノに説法・・」という感じなのかもしれないです。
最近なのですけど、他のブログ様にコメントを入れさせて頂いた時に「恐れ入りますがもう一度やり直してください」という
エラーメッセージが表示され続ける場合が何度かあり、最初はFC2側の(いつもの)接続エラーか不具合なのかな・・?と
思っていたらそういう訳ではないみたいで、そのブログ様が指定しているコメントのNGワードに触れてしまっている可能性も
あるのかもしれないです。
というのも、一旦エラーメッセージが出た後に「NGワードが含まれている可能性があるからそのワードを削除すれば
無事にコメント送信できるのかな・・?」と思い、これがNGワードなのかな・・?と何回かあるワードを削除したり、それでも
エラーメッセージが出た場合は再度別のワードを削除したりを繰り返しているうちに無事にコメント送信できたということで、
そのブログ様側でなんらかのNGワードを指定していた可能性もあるのかもしれないです。

人によってはおまかせ禁止ワードフィルタを設定していて、NGワードが含まれている場合はコメントが弾かれてしまう事も
あるみたいです。

具体的にどんなワードがNGワードなのかと言うと、実際にコメントさせて頂きで弾かれた中で「これがNGワードなのかな」と推察
されるものは、例えば、女子高生・小田和正の「ラブストーリーは突然に」・(ボーカロイド楽曲の)僕だけの純情スカート・
ゴスロリ衣装・ロシア革命・美少女・(初代プリキュアの)シャイニールミナス・絶対領域・黒タイツ・コレクターなどが
挙げられますけど、感覚的には「それって普通のワードじゃん・・」とツッコミを入れたくもなりますし、
可能性的に具体的な楽曲といった固有名詞は弾かれてしまうのかもしれないです。
当ブログでもたまに2019年夏アニメの「女子高生の無駄づかい」についてレビューしますけど、それについてコメントしたら、
もしかしたら女子高生というワードに引っ掛かりコメント送信できなかったこともありました。

もちろん大抵のブログ様はそうしたNGワードに引っ掛かる事も無くスムーズにコメント送信できるのですけど、
そうやって何度かNGワードに引っ掛かってコメント送信できない場合は、とてつもなくストレスが溜まりますし、
「それじゃ―一体どのワードが今回NGワードに引っ掛かったのか」を推察し、そのワードを削除したコメントを改めて
発信しても、その推察が外れ、またまた「恐れ入りますがもう一度やり直してください」というエラーメッセージが出た場合は
「それではそのNGワードは何なのか」を推察するという厄介なことをまたまたする羽目になり、
面倒くさいからもーいいやーとか、仕方がないから拍手コメントからコメントを入れる場合もあったりします。
(拍手コメントは今のところそうしたNGワードは無いようなので、普通にスムーズに送信は出来るようです)

つい最近ですけど、とある方より「コメント頂きましたけど、先生の微妙に言い廻しが異なるコメントが計6つ迷惑コメントとして
表示されていましたよ」とお知らせを受けたことがありましたが、おそらくはその時のNGワードは「邪神ちゃんドロップキック」では
お馴染みの「チェンソー」でした・・

迷惑コメントを防止する意味ではおまかせ禁止ワードフィルタは確かに貴重なものではありますが、時にこうやって
厄介な側面もはらんでいるという事なのかもしれないです。



スター☆トゥインクルプリキュアのララちゃんの母性の惑星サマーンではAI社会が高度に機能し、住民の仕事の適性も
AIが判定する場合も多々あったり、文書管理や資料探索も全てAIが担当しているようですけど、
さすがにAIでは上記のようなちょっとヘンなの・・?と感じさせるおまかせ禁止ワードフィルタや過剰な?NGワード除外機能は
ありえないのかもしれないです。

もしもですけど、ララちゃんがFC2ブログをされていて、他のサイト様へのコメントで、ララちゃんにとっては先輩キュアでも
あられるシャイニールミナスというワードを打ち込んでそれがNGワードということで弾かれてしまったら
「オヨ~!」と感嘆の声を発せられて「これってヘンなのルン!」と言われるのかもしれないですルン!
「D4DJ」は、ブシロードのメディアミックスプロジェクトの一つで、DJをテーマに声優によるDJを据えたライブ、アニメ、
ゲーム、コミカライズ、ラジオと幅広い活動が展開されています。
なんとなくですけど、BanG Dream! や少女☆歌劇レヴュースタァライトとメディア展開と似ているようにも感じられたりもします。
D4DJは今のところ、ハッピーアラウンド、Peaky P-key、Photon Maiden(フォトンメイデン) 、Lyrical Lilyといった6ユニットが
登場していますけど、ユニットごとに音楽プロデューサーが付くのが大きな特徴であったりもします。
オリジナル曲に関しては二次創作のリミックスやカバーが公式で認められていて珍しい展開を見せていたりもします。
アニメ内においてはCMでは盛んに流れていたのにLyrical Lilyは一度も登場していなくて残念でしたけど、もしも二期が実現
すればLyrical Lilyも登場してほしいです。

D4DJのアニメは2020年秋アニメということなのですけど、実際はその第一回放送は2020年10月30日ということでしたし、
最終回も2021年1月ということで少し変則的でもありました。
D4DJはブシロードとしても相当力が入っているようで、2021年1月1日には東京MXにて「D4DJ お正月12時間スペシャル2021」が
放送されていて、1日午後10時から2日午前11時までの超異例のスペシャル番組がずっと流れていて、
その中でアニメの第1話~9話が放映されていましたし、1月の最終回から翌週には木曜日の深夜枠という形ですぐに
再放送がなされていましたので、その力の入れようは凄いと感じていたものでした。
もっとも先輩作品でもあるようなBang_Dream!も1月2日午後10時からはD4DJとほぼ同じの12時間特番が放映されていました。
ちなみにですけど、東京MXは1月3日の午後12時からは6時間にも渡って「プリンセス・プリンシパル」の1~12話までの
全話放映がされていましたので、過去記事でも書いていましたけど、2021年のお正月は私にとってはD4DJと
プリンセス・プリンシパルばかり見ていたような印象すらあります。

そんな訳でD4DJは現時点で既に3回も見てしまったという感じてもあるのですけど、その中でも特に印象に残っているのは
第9~10話の中での渡月麗(とげつ れい)ちゃんでした!
麗は公式設定では、お嬢様育ちで幼少期から多くの習い事に通い特にピアノの腕前は相当なものであり、
親の敷いたレールに息苦しさを感じているもののそこから踏み出す勇気もなく日々を過ごしていた中で、ふとしたことでりんくと
出会い、ハッピーアラウンド加入後は少しずつ麗の心の中に変化が起きていくというものでしたけど、
アニメでの展開もまさにそうした展開でもありました。

9~10話はハッピーアラウンドが学園のサンセットステージに出場できるかが焦点になっていて、
校内ランキング8位に入っていれば陽葉祭のサンセットステージに出場できるということで、この時点で校内ランキングが
フォトンメイデンと同率の8位であったハッピーアラウンドとしては「新曲のインパクトの強さでなんとかフォトンメイデンに
対抗しよう」と考え、ハッピーアラウンドの作曲担当でもある麗ちゃんが曲作りを行うというのが主な話でもあったりします。




rei-02_convert_20210302123104.jpg


そしてサンセットステージ出場をかけてハッピーアラウンドとフォトンメイデンが同一ステージで一曲ずつ歌い、
観客の投票で多かったほうがサンセットステージの出場権を獲得するという流れになります。
ちなみにですけど、フォトンメイデンはフ業界大手のネビュラプロダクションがオーディションで集めたメンバーで結成した
ユニットで、曲も衣装も、クール系のイメージで統一しているなど方向性やチームカラーがはっきりと打ち出されている
半分プロのようなユニットでもあったりします。
そしたフォトンメイデンに勝つことはハッピーアラウンドにとっては全然容易なことではない訳でして、

むに : でも、具体的にどうしたいいのよ!

真秀 : だから、曲を考えるの。フォトンメイデンは方向性がはっきりしてて強い曲を持ってる! あたしたちもそれに負けない
強い曲を作らないと!
麗!よりすぐりのビート用意するからメロディをお願い。一緒につよつよな曲作ろ!

そして数日後、麗ちゃんが作った3曲の聴き比べを行います。

真秀 : 3曲作ってもらったけど、やっぱこれかな!

むに : 確かにメロディは耳に残るけど、ちょっとりんくのイメージとは違くない?

りんく : どっちかっていうと、麗ちゃんのイメージだよね!

麗 : えええ!ご、ごめんなさい!いろいろ弾いてたら、ふとこのフレーズが浮かんで…いいなって思ってつい…

そして翌日・・りんくが試しに歌ってみた麗の曲をみんなに聴かせます・・

りんく : どうかな?とりあえず、歌ってみたって感じなんだけど

むに : 悪くはないんだけど、なんか違うっていうか…

りんく : いつもと同じじゃだめだから、違うようにしてみたんだけど

むに : まあ、それはそうなんだけど、ちょっとハピアラっぽくないかなって

麗 : あぁ…

真秀 : ハピアラっぽくないか…

むに : 他の曲で試してみる?

真秀 : それが良いかも

ハッピーアラウンドのメンバーはりんくの歌う三番目の曲に違和感を感じ、3番の曲ではなく他の曲にしてみようという流れに
なります。

真秀 : りんくはどう思う?

りんく : えっ、歌いやすそうなのは初めの曲かな…?

真秀 : 麗はどう?

麗 : あ、そうですね、私もそれが良い気がします

帰宅後、麗ちゃんは自宅のピアノ前やお風呂で「「いい曲だと思ったんだけど…」と何やら浮かない表情ですし、
「3番目の曲を歌ってほしい」という麗の本当の気持ちは言えなかった無念さが滲み出ていました。

そして麗は「もし、もしわたしがあの歌を歌ったら…」とも思い、翌日学校の音楽室で麗が作り上げた三番目の曲を
しっとりと歌い上げます。
そしてそれを偶然背後から見ていたのがりんくちゃんなのでした・・

それにしてもあの場面での麗のしっとりとした歌やこの曲がお披露目できなかった無念さみたいなものが溢れ出ていて、
見ているだけであふれ出る麗の気持ちがストレートに滲み出ていたと思います。
ちなみに麗ちゃんのピアノ版では、歌の最後はなぜか・・!? パッフェルベルの「カノン」のメロディーが奏でられていて
麗のクラシック音楽への造詣の深さも感じられるものがありました。


rei-03_convert_20210302123125.jpg


そして第10話においては、りんくの「麗ちゃんのイメージにピッタリだから、麗ちゃんが歌えばいい」提案により、
麗の初のメインボーカル曲「Brand New World」が完成したばかりではなくて、サンセットステージ出場をかけた大きな舞台
ですけど、一か八かという感じで麗ちゃんが初ヴォーカルを務めたBrand New Worldでもって一発勝負に臨み、
結果はまさかのフォトンメイデンに投票で勝利し、ハッピーアラウンドはサンセットステージ出場を得ることになります。

りんく : 次のライブでやる新曲、やっぱりこれにしよ!絶対これが良い!

麗 : でもこの曲、りんくさんのイメージに合わないからって…

りんく : うん、だから麗ちゃんが歌うの!

麗 : えええええええ!!!

麗 : で、でも私が歌うとハピアラっぽくならないんじゃ…?

りんく : そんなことない!私と真秀ちゃんと、むにちゃんと麗ちゃんでハピアラなんだよ!

りんく : だから麗ちゃんぽい曲がハピアラっぽくないなんてあるわけないよ!

麗も仲間なのだから何もおかしくないと励ますりんくはいい子ですね~♪
なんだかりんくを見ていると不思議と素直さという意味ではよく似ているような「ゆるキャン△」のなでしこを思い出してしまいます!
むにたちもそれに賛同しフォトンメイデンとの一騎打ちにのぞんだハッピーアラウンドですが、結果はまさかまさかの
ハッピーアラウンドの本選出場ということになりますが、ここに見え隠れしていたのは
事務所の意向で作られたフォトンメイデンのイメージとフォトンメンバーメンバー達の求めるイメージが乖離していた
ということもありそうです。
ちなみに11話においては、フォトンメイデンが新しい色を手に入れるための今までとは異なる音楽づくりの話も展開されていて、
ストーリーとしてフォトンメイデンにもフォローがはいっていたのはとてもよかったです!


bandori-ayacyan-04_convert_20190211151258_convert_20190215024918.png


ここから先はdream fantasy2
アミグリさんが過去に描かれた絵のご紹介コーナーです。

本記事はD4DJ記事なのですけど、メディア展開しているブシロードにおいては、BanG_Dream!もD4DJも力の入れ方は
ほぼ同じなのかも・・ということで、アミグリさんが2019年2月に描かれたBanG_Dream!の丸山彩ちゃんを
ご紹介させて頂きたいと思います。

アミグリさんの描かれた丸山彩ちゃんはとにかくとってもかわいいですね~♪

ピンクのもふもふ~っとした雰囲気のツインテもとってもよくお似合いです。
彩ちゃんは髪を下した場面やツインテ以外のシーンもありましたけど、アイドルらしいこのツインテがよくお似合いだと思います。
ピンクのフリフリのアイドルっぽい衣装もピンク系プリキュアのかわいらしさを彷彿とさせるぐらいとてもよくお似合いで、
華やかさとかわいらしさを一段と盛り上げているように感じられますね~!
背景の淡い雰囲気もアイドルさんらしさも更に引き立たせているようにも感じられそうです。

とにかくツインテのこのやわらかそうなモフモフ感と笑顔のかわいらしさと
絶対領域の眩しさと華やかで明るい雰囲気は素晴らしいです!

アニメでの彩ちゃんもフィギュアの彩ちゃんもすてきですけど、アミグリさんの描かれた丸山彩ちゃんのかわいらしさは
半端ないくらい華やかでかわいらしさに溢れていると思いますね~♪

上記のアミグリさんが描かれた丸山彩ちゃんの権利は、全て丸山彩ちゃんの絵師様であるアミグリさんに
帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきな絵の転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにかわいい丸山彩ちゃんを描かれる方のブログってどんなもんなのだろう? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログdream fantasy2を ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログdream fantasy2に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

やっぱりひたむきに頑張る美少女というものは本当に素晴らしいですし、D4DJのりんくちゃんや麗ちゃんもとても魅力的
ですけど、同様にひたむきに頑張る丸山彩ちゃんもとても魅力的です~♪



胡弓というと大変繊細で哀愁に溢れた郷愁をイメージさせる音だと思うのですけど、世間一般の感覚ではなんとなくですけど、
「女子十二楽坊」で7名程度が奏でていた「二胡」という楽器と音色が近そう・・と言う事で
似たような楽器とか「実は同じ楽器ではないの?」ととてつもない誤解をされている方ももしかしたら多いのかもしれないですが、
実は胡弓と二胡は全く別の楽器で、奏法も楽器の構造も全然異なるものでして、
この二つの楽器は「似て非なるもの」といっても差し支えはないと思います。
両者の違いは、艦これとアズールレーンは「似て非なるもの」以上の違いなのかもしれないですし、
楽器で例えると、フルートとピッコロの違い以上のものがありそうです。

日本では二胡が胡弓という名称で呼ばれることがありますし、酷い場合ですと、二胡の音色なのにタイトルは「胡弓の調べ」
みたいなものもあったりして、二胡と胡弓が混合されがちなのかもしれないです。
二胡は中国の民族楽器で、弦が2本であるため二胡(アル・フー)と呼ばれていて、2本の弦を間に挟んだ弓で弾きます。
二胡の仲間の楽器として、京胡(ジン・フー).・高胡(ガオ・フー).・中胡(ジョン・フー).・板胡(ヴァン・フー).などがありますし、
広い意味ではモンゴルの民族楽器の馬頭琴も二胡の仲間といえるのかもしれないです。

上記の画像は日本の「胡弓」です。

日本の胡弓は中国の二胡とは種類も楽器構造も全く異なる日本独自の楽器で、純然たる日本の伝統楽器です。
そして当たり前の話ですけど、中国には胡弓という楽器は存在しません。
そして胡弓は単独楽器としても奏でられますけど、どちらかというと箏や三味線と合奏することが多いと言う事も特徴です。 

二胡は弦が二本ある2弦楽器ですけど、日本の胡弓は3弦ないしは4弦楽器で三味線を小さくしたような構造をしています。
膝に楽器を立てて、手に持った弓で弦を擦って音を出すという擦弦楽器という点が二胡と胡弓の共通点と言えます。
弓は長さ1m程度で大きく湾曲し、馬の尻尾の毛がゆるめに張られています。

日本の胡弓は三味線とほぼ同じ形で、大きさ的には三味線より少し小さいです。各部分の名称は三味線と同じです。
四角形の胴に、猫の皮を張り長い棹を持っています。
棹は三味線と同様に木枠の胴にくし刺しになっていて、その先端は三味線に比べるとかなり長いのが特徴です。
胡弓自体は足に挟んで直立して弾きますけど、糸(弦) を移る時に弓の角度を変えず、弓は低位置を往復させ、
楽器自体の角度をクルリクルリと変えるのが、西洋のヴァイオリン等との大きな違いと言えます。


_convert_20191106171502.jpg


上記は中国の伝統楽器であり民族楽器の二胡(にこ)です。

にこといっても「ラブライブ!」の矢澤にこ先輩ではありませんし、ドクタースランプで登場するニコちゃん大王でもないです・・

構造は見た目的にも日本の胡弓とは全然違いますね~

手に持った弓で弦を擦って音を出すという奏法は胡弓と同じですけど、二胡は弦の本数が二本ですし、
胡弓が三味線と大変よく似た構造であるのに対して、二胡は少なくとも三味線をイメージさせるような楽器ではないと
感じられます。

二胡の胴は木や竹の筒の片面にヘビの皮を張ったものが一般的です。


_convert_20191105234840.png


東奏学園器楽部の部員は30人ですけど、
「ららマジ」は吹奏楽部ではなくて器楽部と言う事で、楽器仕様に制約が無いと言う事で、出てくる楽器も
吹奏楽ではありえない編成のワーグナーチューバ・琴・胡弓・グラスハーモニカ・リコーダー・エレキベース・シンセサイザー・
ウクレレなども登場しているのは自由さがあってとてもすてきだと思います。

東奏学園器楽部の奏者は、管楽器・打楽器がメインの傾向が強いですけど、その中にあって胡弓・琴・和太鼓という
日本の伝統楽器が含まれているのは素晴らしいと思います。
(二胡ではなくて日本の胡弓というのがすてきな心配りなのかもしれないです)

そして日本の伝統楽器のうち、胡弓と琴の奏者二人が「ららマジ」の中でも特に際立って美しい美少女JKさんである
というのも素晴らしいと思います~♪

有栖川翼は胡弓を担当している高校一年のJKさんです。

その性格は誰よりも前向きでおっちょこちょいで、明るく元気な女の子です。そしてららマジ屈指の美少女の一人であると
私的には感じています。
琴を担当している高校3年の橋本ひかりが恥ずかしがり屋の内省的な女の子であるのとは対照的であったりもします。

有栖川翼はいつも明るく元気でリアクションも大きめで、とっても素直な性格で誰とでも仲良くなれるタイプです。
人との出会いやつながりを大切にする優しい少女で、面倒見がよく、年下の子供たちにとってはお姉さん的存在ですけど、
少しおっちょこちょいでよく転んでしまうというのはある意味美少女キャラのお約束ともいえそうですね~♪

町内清掃などにも取り組んでおり、町内においても実は有名人であったりもするそうです。


_convert_20191105234932.jpg


ららマジの高校制服ではなくて、私服の有栖川翼もすてきな美少女ですね~♪

有栖川=ありすがわというとなんだか東方屈指の美少女のアリスを思い出してしまいそうです!


_convert_20191105235017.jpg


巫女さん装束に着替えようとしている有栖川翼も素晴らしいです!

巫女さんというと東方の霊夢というイメージもありそうですけど、巫女さん装束の有栖川翼も魅力たっぷりですね~♪


_convert_20191105235052.jpg


そして、クリスマスイベントの際にサンタコスプレを使用としてる有栖川翼のかわいらしさもそのノリの良さも
素晴らしいと思います!


_convert_20191106164754.png

_convert_20191107003319.jpg


上記で胡弓について触れましたので、最後に少しばかり胡弓と同じく和楽器である琴についても少し取り上げたいと思います。

箏(そう)は日本の和楽器の一つです。

一般的に「琴」(こと)という呼び名の方が浸透しているのかもしれないのですけど、厳密にいうと、
「箏」と「琴」は別の楽器であったりもします。
両者の最大の違いは、箏は柱(じ)と呼ばれる可動式の支柱で弦の音程を調節するのに対し、琴は柱が無く弦を押さえる場所で
音程を決めるという点が挙げられると思います。
琴は弦が7本であり柱は存在しませんし、音の目印となる「徽(き)」がはめ込まれており、
この目印をたよりに奏者は左手で弦をおさえ右手で弾きます。

それではどうして箏と琴が混同されているのかと言うと、その背景として、箏の字が常用漢字に含まれず、
しかも箏という文字が書きにくく馴染みがうすいと言う事で、箏と琴が同一視され混同をされている事情もあったりします。
ふたつの文字は混同されていることが少なくありません
そして箏というともう一つ誤解をされている点は、「箏は日本が発祥の伝統楽器であり、箏は日本古来の伝統楽器」と
認識されがちなのかもしれないですけど、実は箏自体は、奈良時代に中国(唐)から雅楽が輸入された時、
その中の楽器のひとつとして日本にもたらされたものです。
17世紀に近世箏曲の祖と称される八橋検校が、ほぼ現在のかたちの箏曲を完成させ、江戸時代以降の箏の世界は、
胡弓に代る新しい楽器でもある三味線とも結びついてたいへん発展し、
関西では生田検校が生田流をおこし、関東では山田検校が山田流をおこし、現在に至っています。
そして生田流でも山田流でも箏は桐の木で作った中空横長の箱状の胴に、十三本の弦が張られています。
弦の下に柱(象牙またはプラスチックまたは木製)を置き、その位置によって音の高さを合わせます。
(そうした音の高さ調整の事を「調子を合わせる」とも言うそうです)
奏者は自分の前に横に置いた楽器の右端に座り、右手の親指、人さし指、中指に琴爪をはめて演奏します。

箏ではないのですけど、日本の雅楽の楽器が管弦楽と協奏的に構成された作品として大変名高いのが、
武満徹が1967年に作曲した「ノヴェンバー・ステップ」という 琵琶、尺八とオーケストラのための音楽作品だと思います。
吹奏楽と箏(琴)の共演作品としては 櫛田胅之扶の箏と吹奏楽のための組曲「嵯峨野」や
小山清茂の吹奏楽のための「琴瑟」が挙げられると思います。
琴瑟は日中国交回復を記念して航空自衛隊航空中央音楽隊より委嘱された曲で、
瑟という中国雅楽におけるチター属絃鳴楽器 と日本の琴は必ず使用するようにという指示があるそうです。

ららマジで事を担当してるのは高校3年生のJKさんの橋本ひかりです。

身長が高くスタイルがよい美少女というよりは、ララマジ屈指の正統派美人さんだと思いますし、あの素晴らしいスレンダーな
体型は美人さんキャラに華を添えていると思います。

同じ和楽器担当でも上記の有栖川翼とは対照的に、引っ込み思案で恥ずかしがり屋な性格で、
特に男性に関して強い苦手意識を持っているというのも、アニメ・ゲームにおける美少女キャラのこれまたすてきなお約束の
一つなのかもしれないです。

面倒見がよく器楽部の後輩からは大変慕われているそうです。

稀にですけど、吹奏楽団の演奏会等で、琴や胡弓、和太鼓等の和楽器と吹奏楽をコラボした曲目が演奏されることも
ありますけど、ららマジでも橋本ひかりや有栖川翼をソリストにした協奏的な曲目を演奏するのも
すてきな事なのかもしれないですね~♪
一週間前の月曜日の記事がプロコフィエフの交響曲第5番でしたけど、それに関連して本記事においては7番の方を
簡単に触れさせて頂きたいと思います。

改めてですけどプロコフィエフの交響曲は振れ幅が極めて大きいというのか、極端から極端に移りやすいというロシア人の
基本的パーソナリティーがそっくりそのまま適用される感じがしてならないですし、特に交響曲第1番「古典的」と交響曲第2番を
単純に聴き比べをすると「本当にこの2つの交響曲を作曲した人は同一人物なのか・・!?」と多分誰しもが感じられるのかも
しれないです。

プロコフィエフの交響曲は背景的には三つの側面があります。

1.ロシア時代(交響曲第1番)

プロコフィエフはロシア革命前の帝政ロシアの時代に生まれ育ち、このロシア時代に作曲した交響曲は第1番の古典的のみ
です。
そして古典交響曲の初演前後にロシア革命が起き、共産主義政権を嫌い「西洋の自由な空気を吸いたい」ということで
プロコフィエフはロシア革命直後に間もなく欧米に亡命します。
(亡命への道中立ち寄った日本では何度かピアノリサイタルも開催したりしています)

2.アメリカとヨーロッパへの亡命時代(交響曲第2~4番)

プロコフィエフは最初にアメリカに活動の拠点を構えますが、当時のアメリカの保守的な音楽事情に嫌気が差し、
その後フランスをはじめとするヨーロッパに活動の拠点を移します。
そしてこの欧米滞在時代に作曲された交響曲が交響曲第2~4番です。
それにしても欧米時代の2~4番の交響曲は悪趣味でグロテスクな傾向が大変強く、響きは鋭角的で不協和音と奇怪な響きに
溢れていて焦燥感に満ち溢れている様な感じも無くは無いです。
特に交響曲第2番~第一楽章のつんざくような金管楽器の鋭角的で耳をつんざくような響きはプロコフィエフの作品の
中でも特に異色だと思います。
交響曲第3番は歌劇「炎の天使」という中世の宗教裁判をベースにした魔女や悪魔が登場するオカルト的内容をベースにした
作品でもありますので、曲全体が怪奇でグロテスクな悪魔の歯ぎしりみたいな絶叫感が壮絶であったりもします。
(交響曲第3番は若き日のアバド・ムーティ・シャイーなどが取り上げ、1970年代辺りから「実は隠れた名曲なのかも・・」という
評価もあったりしますし、吹奏楽コンクールにおいて花輪高校が1981年の自由曲として選曲した事で一部のファンから
熱狂的な支持をうけた曲としても知られています)
交響曲第4番はプロコフィエフが残した計7つの交響曲の中でも最も評価が低く、曲自体のフルスコアの入手すら困難という
全く人気が無い曲なのですけど、実はこの交響曲には演奏時間25分程度の原典版と演奏時間が悠に40分を超える改訂版が
あるのですけど、これはどう聴いても演奏時間25分程度の原典版の方が軽快でわかりやすく、改訂版の無駄な箇所を
全て削除したら原典版に落ち着きそうな印象もあったりします。
上記で花輪高校の81年の自由曲の交響曲第3番第一楽章の話がでましたけど、東北大会のプログラムでは
誤表記で自由曲がプロコフィエフの交響曲第4番~第三楽章とされていましたけど、さすがにあのロシアマイナーシンフォニーを
得意とされた小林先生をもってしてもプロコフィエフの交響曲第4番はさすがに自由曲にはしないよね・・という感じなのかも
しれないです。
交響曲2~4番は単独での実演やCD化は極めてまれで、「プロコフィエフ交響曲全曲特集」という企画が組まれた時のみに
そのおこぼれに預かれるという印象すらあります。

3.ソ連復帰以降(交響曲第5~7番)

欧米時代の活動の行き詰まりもありましたし望郷の念が耐え難い面もあり、プロコフィエフは1933年に十数年ぶりに
祖国復帰を果たします。
復帰後はスターリンや当時のソ連音楽官僚の監視もありましたので、さすがに亡命時代のような過激な作品を作曲する
機会はかなり減っていましたけど、そこにあるのは欧米時代の過激路線からの脱却みたいなものもあったのかもしれないです。
そうした姿勢は交響曲第5番を聴くと鮮明に伝わってきそうです。
交響曲第5番は大変な名作交響曲としても有名で、ショスタコーヴィッチの交響曲第5番、マーラーの交響曲第5番、
シベリウスの交響曲第2番などと共に20世紀の名作交響曲として定着し、
現在でもCDや演奏会の公演曲目として完全に定着化していますし、忘れることなく演奏され続けています。
実際、プロコフィエフの交響曲第5番は客観的に見てもプロコフィエフの全交響曲の中でも抜きんでた存在であり、
公平に見てもそれまでの亡命時代の欧米で作曲された三つの交響曲と比べると、何の前触れも脈絡もなく突然途方もない
大ステップが果されたような感じがあり、先週の記事でも書いた通り第一楽章の冒頭からフィナーレのラスト数小節に至るまで
霊感と才気に溢れた何の気負いも過度な表現もない引き締まった音楽が展開されていきます。

交響曲第6番はあれだけの名作交響曲を作曲してすぐに連続して書かれているのですけど、プロコフィエフはまたまたここで
先祖返りをしてしまい? 少しグロテスクで訳のわからん音楽を展開し大変な不評を浴びてしまいます。
(難解でとっつきにくい第一楽章から一転してフィナーレの第三楽章のあまりにも軽いバカ騒ぎの違和感はどうしても
感じてしまいます。難渋な第一楽章、軽快なノリで場違いみたいなフィナーレの第三楽章、名作誉れ高い交響曲第5番の
すぐ後という意味ではショスタコーヴィッチの交響曲第6番とよく似ているようにも感じられます)

交響曲第2番第一楽章や交響曲第3番の響きと交響曲第5番の響きの違いというのは、あまりにも極端すぎるほどの違い
でもありますし、「本当に同一作曲者なのか?」と感じるほどのギャップの激しさは冒頭でもふれたとおり、
極端から極端に移りやすいロシア人の気性そのままなのかもしれないです。

そしてソ連復帰後最後の交響曲にしてプロコフィエフがその生涯で完全に完成したといえる最後の作品が
交響曲第7番「青春」嬰ハ短調なのです。
(小チェロ協奏曲は未完作品ですけど、死後にカバレフスキー等が補完しました、あの有名な一連の戦争ソナタともいわれる
ピアノソナタに次ぐ作品も作曲した形跡はあるそうですけど、未完成というのはとてももったいないです・・)
プロコフィエフは第二次世界大戦以降は体調を崩し気味で、交響曲第7番の頃には医者から仕事を禁止されるほど
健康状態は悪化していましけど、それでも作曲の筆は止まることなく続けられ、生涯最後の瞬間にぱっと美しい花を
咲かせたのがこの交響曲第7番「青春」嬰ハ短調だと思いますし、これが最後の作品ということから考えるとプロコフィエフの
白鳥の歌ともいえる作品だと思います。
それにしても交響曲第7番「青春」のこのわかりやすくて美しい作品はやはりどう聴いてもあの交響曲第2~3番や
スキタイ組曲、バレエ音楽「道化師」・「道楽息子」などと同一作曲家とは思えないです。

交響曲第7番「青春」嬰ハ短調は、ロシア国立放送児童部のために簡単で平易で短いミニシンフォニーを作曲してあげようと
考え、若い青少年の聴衆を意識したわかりやすい作風と
とてもじゃないけどこの交響曲初演の5ヶ月後に彼岸のかなたに旅立たれた人とは思えないほどのみずみずしい若々しさが
目立ちナイーブな青春の雰囲気がにじみ出ているということで、副題として「青春」と呼ばれることもあります。
(青春というタイトルは一説にはプロコフィエフが命名したという話もあるそうですけど、プロコフィエフが青春というタイトルは
かなり気に入っていたようです。ただ現在はこのタイトルで呼ばれることはあまりないと思われます)

第一楽章のナイーブで霊感溢れる開始部分に呼応するわかりやすい二つの主題、第二楽章のすがすがしいワルツ、
第三楽章の人の心にまっすぐとはいりこんでくるシンプルでわかりやすい素朴なメロディーライン、
そしていかにもプロコフィエフらしい推進力溢れるフィナーレの第四楽章と聴いていても全く飽きることはないと思いますし、
全体としてはすっきり感に溢れ聴きやすさという意味ではプロコフィエフの作品としては「ピーターと狼」に匹敵すると
感じられます。
第四楽章ではラスト直前のゆったりとした部分にてシロフォン・グロッケンといった鍵盤打楽器による執拗な反復部分があり、
この箇所はなんだか吹奏楽的にはネリベルの「二つの交響的断章」や「フェスティーヴォ」の執拗な鍵盤打楽器の反復を
彷彿してしまいそうです。

この交響曲がさらにユニークである点は、第四楽章ラスト数十小節の終わらせ方に作曲者自身による二つの版があり、
どちらを選ぶかは指揮者の判断に委ねられている事だと思います。
第4楽章の終結部は、弱奏のピチカートで消えるように終わる版と、強奏で終わるものの2種類があり、
後者は初演の指揮者でもあったサモスードの要望でオリジナルの終結部に20小節ほどが追加されたもので、
スコア上ではオプションの形で記されています。
私個人の好みですけどラストは後者のように派手に強奏で終わらせたほうが楽しいですし、すっきり感はあると思います。
静かに閉じてしまうとなんとなく死の影みたいなものがちらつきそうですけど、
プロコフィエフのそれまでの生涯の極端から極端にうつる作風からも静粛に閉じるよりはどんちゃん騒ぎのような感じで
閉じたほうが作曲者の生きざまにふさわしいようにも感じたりもします。
但し、プロコフィエフ自身はこの改訂版はあまり気に入らなかったようで、出版時にはオリジナルに戻すようにと
望んだとのことです。
一応二つの版も作曲者自身の手によるものですが、作曲者としては静かに終わる方を正式な最終決定版という認識で
いたようです。

この交響曲第7番が作曲される数年前の1948年に「ジダーノフ批判」によって、交響曲第6番などが批判の対象になったり、
ピアノソナタ6番、8番が演奏禁止となったり、前妻がスパイ行為をでっちあげられ収容所送りになったりと、
プロコフィエフはソ連当局からはこの時はかなり冷淡な仕打ちを受けています。
政府からの批判をかわすためわざと「青春交響曲」という名前を使いソ連政府の社会主義リアリズム路線に即した
わかりやすい簡明な曲を作ったいう説もあったりしますし、
海外では、この交響曲第7番の初演はオーマンディ指揮のフィラデルフィア管弦楽団によるもので、演奏自体は大変好評
でしたけど、「ソ連当局に迎合した作品」とか「晩年の懐古趣味が極端に反映されたもの」といった批判が沸き起こりましたけど、
この交響曲の真価はそうしたつまらない批判や憶測に関係なく、私たちの心の中に美しく根付いているものだと
私的には感じたりもします。

_convert_20191030000041.jpg

上記で青春交響曲第四楽章のエンディング直前のゆったりとした部分にて、シロフォンとグロッケンの鍵盤打楽器の
執拗な反復はなんだかネリベルの二つの交響的断章やフェスティーヴォのやはり同じく鍵盤打楽器の執拗な反復に
近いものありそうと記しましたけど、
ららマジで、グロッケンシュピール(鉄琴)を担当している高校3年生の女の子は、神代結菜お姉さまです~♪
神代結菜は器楽部創立メンバーの一人でもあります。

余裕たっぷりの柔らかな物腰、豊満なスタイルと、まさしくお姉さまといったタイプのすてきなJKさんですけど、
その醸し出される大人の魅力は、主人公のプレイヤーすらも惑わせてしまう魅力なのだと思います。
だけど昔から優雅ですてきなお姉さまだったという訳ではなくて、実は昔は孤独にさい悩まされ、心も荒んで荒れていた時期も
あったとの事で、その意味では酸いも甘いもわかるすてきなお姉さまという事なのだと思います。

誰にでも分け隔てなく優しく接しますけど、以前の孤独の反動からなのか好意を抱いた相手には
少々暴走気味な愛情表現を見せることもあるそうでして、
マイペースすぎるあまり、時に理由なく学校をサボるという悪癖もあるそうです。

私個人としては、是非ぜひ神代結菜お姉さまにネリベルの「二つの交響的断章」の冒頭における
チャイム・シロフォーン・グロッケンの3人による執拗な反復の美技を拝見させて頂きたいものですし、
クラシック音楽としてはプロコフィエフ / 交響曲第7番「青春」嬰ハ短調も奏でて頂きたいものです~♪

プロコフィエフ / 交響曲第7番「青春」嬰ハ短調は吹奏楽コンクールの全国大会では2019年時点では、1985年の三重大学
のみに留まっていますけど、あの三重大の演奏は相当ひどかったです・・
トランペットの破裂音と高音の音のはずしがお粗末すぎて興覚めでした。
前半で花輪高校のこともちらっとふれましたけど、プロコフィエフ / 交響曲第7番「青春」は実は2004年に関先生時代に
花輪高校が自由曲として演奏していたようですけど、残念ながら県大会どまりで終わっていたのは少し残念でしたけど、
小林先生時代に3番を演奏し、小林先生からバトンを受け継がれた関先生が7番を自由曲にされるというのも
なんだかとてもすてきなお話だと感じたりもします。


「ご注文はうさぎですか??」の図書カード(ココアは本当にとってもかわいいですね~♪)

コンビニって改めてですけど本当に便利ですよね!

私が東北の田舎の実家を離れて埼玉の大宮で一人暮らしを始めた際にはコンビニ自体が今ほど店舗数も無く
当時は24時間営業と言うお店の方が少数派だったような印象もあります。
あの頃はセブンイレブンの通り、朝7時開店、夜11時閉店という感じでしたけど、それでも「なんという便利な形態!」と
感じていたものです。
当時のコンビニは今現在のような惣菜コーナー・ホットスナックコーナー等も無く、今でいう美味しいコンビニスイーツ
のようなものも少なく、お弁当とサンドイッチとおにぎりが種類も少なく控えめに売られている様な感じだったのだと思います。
当時のコンビニは、コピーすらも設置されている店舗も無く、
例えば公共料金や税金の支払いとか宅急便の受付とかチケットの予約とか本・DVD等のグッズの注文と受け取りとか
写真の現像とかFAXとかスキャナとか
アマゾンや各種ショッピングサイトでの代金支払いとか
はたまた(住基カードの提示が前提ですが)住民票の発行も取り扱い自体が無かったです。
当時のコンビニはスーパーよりもかなり価格が高いものをスーパーよりは多少遅い時間まで開けているという程度に
過ぎず、そこに置かれている商品も別に個性も何も無く、
純粋に普通の商品を普通に売っている店という印象に過ぎませんでした。
だけどそう思っていたわずか数年後にはあっという間にコンビニの世間認知度が広まっていき、商品の品揃えも豊かになり、
そのサービスもコピー機設置にはじまり写真現像などどんどんコンビニで利用可能なサービスも増えていき、
同時にコンビニオリジナルブランドのおにぎり・弁当・惣菜・冷凍食品・飲み物・スイーツ等のおいしい食べ物も
次から次へと登場し、 その「進化」には目を見張るものがあると思います!
コンビニで大変ありがたかったサービスの登場としては、90年代前半になって登場してきた電気・水道・ガス等の
公共料金の支払いがコンビニでも出来るようになった事でしたね!
80年代の頃ですら、そうした公共料金の支払いは郵貯と銀行でしかできなかったですし、
いちいち銀行等に行って長い待ち時間を経てようやく公共料金の支払いが出来たという不便さから解放された
あのコンビニでの公共料金支払いサービスはありがたいものがあったものです。

1980年代中盤のコンビニにおいて初めてコンビニの良さを実感した私でしたけど、そこから更に数十年後において
アマゾンみたいなありとあらゆる商品が何でも揃っているショッピングサイトが出来て、
その代金支払いも商品受け取りもコンビニ一つで完了してしまう時代が到来するなんて当時の私には
夢にも思っていませんでしたし想像もしていませんでした。
最近では通販サイトで購入した商品の支払いも銀行決済や振り込みを利用しなくてもコンビニで指定された決済番号を
レジで言うと自動的に支払いができるようなサービスもありますし、
例えばセブンイレブンでも「セブンミールサービス」という店頭受け取り型の惣菜等の商品受け取りサービスも品揃えは
かなり充実していますし、最近ではファミリーマートでもコインランドリー併用の店舗もあったり、
コンビニコーヒーの安くておいしいあのサービスぶりは本当に感心させられるばかりですし、今日において
コンビニのない生活というものは成り立たないのかもしれないです。

そうそう、最近のコンビニはアマゾンのごとく書店でも取り扱いが少ないような書籍・雑誌の取り扱いもできるようになり、
書店で書籍を探す手間も省けるのは大変便利なものがありますし、
最近の雑誌はおまけというのか景品がかなり豪華になっているのはよく知られている事ですが、例えばリラックマの電子メモ帳
といった一般書店では取り扱いがされていないコンビニ限定販売の雑誌の取り扱いもあったりします。

先日なのですけど、そうしたコンビニ限定販売の雑誌を購入するためにとあるコンビニに立ち寄ってレジにて会計をする時に
「そういえば自分の財布の中にはここ数年ほど未使用の図書カードがあったよな・・コンビニでクオカードと同様に
図書カードは使用できるのかな・・?」と思い、店員さんに聞いてみたところ、コンビニにおいては書籍・雑誌の取り扱いは
なされていても図書券・図書カードの使用はできないとの事でした。

図書カードを使えるお店はカード読取り機が設置されているお店のみとなります。
大型商業施設やデパートなど書店ではないけど施設の中に書店が併設されてる場合も、併設されてる書店内では
使用することが可能です。たまにビックカメラやヤマダ電機などでも書店が併設されてるところがあり、
そういった場合も使用できるようです。
コンビニのほとんどが加盟店ではないため、必然的にカード読み取り機が設置されていないため、図書カードは
使うことが出来ないそうです。

便利なコンビニも図書カードは使用できないというのは少し盲点ではありましたけど、上記の理由でそれも妥当と
いえそうですね。

図書カードはいうまでもないことですけどお釣りは出ません。1000円の図書カードで800円分購入したら、200円分は
次回購入する時まで取っておけばいいのだと思います。
昔ながらの図書券も基本的にはお釣りはでないそうですけど、店舗によってはローカルルール的に
全額おつりを出す店もたまにあったりするようですし、
100円券を単位として100円未満は現金とする場合もあれば、そのお店でのみ利用可能な図書引換券という形でお釣りを
渡しているところもあるようですし、額面以上での利用を呼びかけいかなる形でもお釣りを出さない店舗もあるようです。
私が中学生の頃辺りの田舎の書店においては例えば1000円の図書券を持って100円の文房具を購入しても
900円のお釣りを現金として渡す店もあったりして、お正月に親戚から「そろそろ受験なのだからこれで参考書でも
買いなさい」とかいわれて図書券を貰っても、そうした方法で多額の現金に換えてしまう事も出来たりして、
そういう時はちょっとしたお小遣い稼ぎになっていたものでしたけど、
数年後にはそうした店も図書券で文房具購入はNGとか原則図書券でのお釣りは出ないという方針に切り替わっていて、
当時の周辺の子供たちをガックリさせていたものでした・・

現在では図書カード利用云々の前にとにかく街中から書店がどんどん消滅していっていますので、図書カードを使用できる
お店自体が減ってきているのも時代の変化の表れといえそうです。

card-01_convert_20210119022735.jpg


平成中盤の頃辺りまでは雑誌の読者プレゼントとして図書カードというのは定番アイテムだったのかもしれないですけど、
最近は本屋自体が昔と違ってその数をどんどん減らしていっているせいもあるのか、そうしたプレゼントグッズとしての
図書カードは随分と減ったような印象もあります。
というか、最近の雑誌で読者プレゼントとして図書カードがある事自体がどちらかというと珍しい感じもしますけど、
そうした数少ない雑誌の一つがコンプティークなのかもしれないです。
だけどそのコンプティークの図書カードも東方も艦これも種類は極めて少ない感じもしますし、艦これでは白露型とか金剛型の
図書カードが過去にあったぐらいですし、
東方に至っては「鈴奈庵」がらみの霊夢と魔理沙と小鈴ぐらいしか無かったような気もします。

いずれですけどテレホンカード同様に図書カード自体が死語の世界と化してしまう可能性もなくはないのかもしれないです・・



ここから先はdream fantasy2
アミグリさんが過去に描かれた美しい絵の転載&ご紹介コーナーです。

以前の記事の中でを外界では既に忘れつつあるテレホンカード」について記した事がありましたけど、あの記事の中で
そういう場合は霊夢の博麗神社に外界で忘れ去られたモノがひょいと出没する可能性があると記しましたけど、
もしかしたら図書カード自体が外界では過去の遺物ということで、博麗神社に図書カードから出没する事が
あるのかもしれないです。

上記のコンプティークの鈴奈庵図書カードは霊夢と魔理沙に小鈴と組合せでもありましたので、ここではアミグリさんが
描かれたかわいい霊夢を2枚ほどご紹介させて頂きたいと思います。

上記の作品はアミグリさんが2014年 4 月に描かれた霊夢です。

この霊夢はとにかく華があると思います~♪

霊夢の外見的特徴というと言うまでもなくあの頭の大きな赤いリボンと袖が無く、肩・腋の露出した赤い巫女服なのですけど、
霊夢のあの紅白の巫女服はとっても見栄えがしますし、華やかですし、そしてとってもかわいいですよね~♪
スカート、袖、リボンなどヒラヒラした部分が多いのですけど、ああした白フリルの部分は大変手間がかかっていると思います。
霊夢のあの巫女さん衣装を制作しているのは誰なんだろう・・?と思われる方も多いとは思うのですが、
あれは当然ながら(?)霊夢自身がつくったものでもないですし、
魔理沙やゆかりんがつくったものでもないですし、
そうした裁縫関係が得意そうなアリスでもなくて、実際は森近霖之助に作って貰っているというのも面白い話ですね。
ちなみにですけど、霊夢の巫女さん衣装をコスプレした御方というのは、言うまでもなく華扇なのですけど、
華扇は器用そうだから、あの巫女さん衣装も全部華扇一人でつくったものなのかもしれないですよね~

霊夢のこの紅白の巫女さん衣装ですけど、
「東方地霊殿」においてさとり様は、この霊夢の事を「紅白のめでたき人間」と表現されていましたけど、
あれはなかなか素敵な表現だと思います。

上記のアミグリさんが描かれた霊夢は、まさにこのさとり様の御言葉がよくお似合いと言うのか
紅白の素敵な巫女さんだと思いますね~♪
この華やかな雰囲気がとってもすてきです!
こうした「紅白の対照性」は見た目にも大変インパクトはありますし、 この華やかな雰囲気は眩しすぎる
アミグリワールドそのものだと思います!


hpb-reimu-2016-002_convert_20160608165147.png


続きましてアミグリさんが2016年6月に描かれた霊夢です。

この霊夢は2014年1月に描かれたきらきられいむ同様にキラキラ感が見事に表現されていると思います。

2016年版の霊夢と2014年のきらきられいむとの違いの一つは髪の長さなのかもしれないです。

アミグリさんご自身も
「霊夢といえば、個人的にセミロングというイメージがあるのですが、
このイラストの霊夢は、髪が長めになっています。 髪の長い霊夢も大好きです!!」と掲載時に言われていましたけど、
髪の長さが普段より長めというと、普段よりも女の子らしさを強調しているようにも感じられますし、
その意味ではまさに女の子の魅力を普段以上に発揮した霊夢だとも思えます。
こういうセミロングの霊夢もとっても可愛いと思いますし、大人っぽさがUPしているようにも感じられると思います。

上記のアミグリさんが描かれた霊夢の権利は、
全て上記作品の絵師様であられるアミグリさんに帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全て
アミグリさんからご了解を頂いたものであり、アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきなイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにかわいい霊夢を描かれる方のブログってどんなもんなのだろう? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログdream fantasy2を ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログdream fantasy2に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

それにしても霊夢の博麗神社には外界から忘れ去られたグッズがたんまり眠っているのかもしれないですけど、
霊夢にしてみれば「なんじゃこれ・・?」というグッズばかりなのかもしれないですね~♪
アース・ウィンド・アンド・ファイアーというと日本人にとっては最もお馴染みの楽曲と言うと「宇宙のファンタジー」と
言えそうです。
意外なことにこの曲は、全米チャートの最高位は32位どまりであり必ずしも爆発的流行と言う訳では全くなかったようでして、
こういう所にも日本人とアメリカ人の音楽の趣味嗜好の微妙な違いも感じたりもします。
曲としては気持ちよくて心地よく響くファルセット・ボイスが無限に広がる宇宙の壮大さを感じさせていると思いますし、
メロディーとハーモニーのコンビネーションの素晴らしさも光っていると思います。
当時、日本のディスコでも大ヒットしましたが、単なるダンス・ナンバーの楽曲の枠にとらわれずに、日本人にとっても
どことなくすんなりと頭に入ってくるあのメロディーラインとビートの融合は今更ながら
「音楽とは素晴らしいものだ~♪」と感じてしまいそうです。
「宇宙のファンタジー」は昭和の頃のジャニーズの往年の男性アイドルのフォーリーブスがカヴァーした事もあるそうですけど、
私自身はフォーリーブスがこの曲を歌っていた事があるなんて実はつい最近まで全然知りませんでした。
平成以降ですと、The DEYが2008年にカヴァーしてヒットさせた「ギヴ・ユー・ザ・ワールド~宇宙のファンタジー2008」によって
この楽曲は再び注目を集めていたと思います。

「宇宙のファンタジー」は、1979年の「ニューサウンズインブラス」(7集)にも収録されていて、1980年代前半の
吹奏楽部の演奏会や文化祭等での演目では大人気の曲の一つでして、
特に冒頭のシンセサイザーのソロは、まさに未来サウンドとファンタジーだったと思います。
曲の中間部でもラストでもシンセサイザーは効果的に使用されていて、メロディーラインがとても
かっこいいですし、オーボエのうっとりとさせられるソロもすてきでしたし、吹いていてとても楽しい曲でもありました~♪
当時の吹奏楽アレンジ版の「宇宙のファンタジー」の冒頭のシンセサイザーやその頃ブレイクしていたYMOの音楽は
当時は未来感覚の音楽であり、当時の私の感覚は「ラブライブ! サンシャイン!!」におけるずら丸ちゃんの
ウォッシュレットやタブレット等を見ての「未来ずら・・」という反応に極めて近いものがありそうです。

ちなみにですけど、私の高校の母校は、いち早くこのシンセサイザーを定期演奏会で使用し、
喜多郎の不滅の名曲の「シルクロード」を県内で初演し、打楽器奏者のトムトムやドラの派手な叩かせ方と合せて
聴衆の度肝を抜かせていました!
私の代の頃はシンセサイザーを今度は上記で触れさせて頂きました「宇宙のファンタジー」を
1982年の私の母校の定期演奏会のポップスステージにおいてオープニングに演奏し、
会場をファンタジー感と陶酔感に溢れさせていたと思います。
ちなみにですけど、1983年の高校生最後の定期演奏会のポップスステージにおいて映画音楽「E.T」~メインテーマの
演奏をした時にもシンセサイザーを使用しましたけど、この頃になると他校も普通にシンセサイザーを定期演奏会等でも
使用していましたので、既に物珍しさは無くなっていたと思います。

今年に入って昨年の今頃とは異なりスクールバンドの中学・高校においても新しい生活様式を遵守する形で
このコロナ禍においても日常の練習やコンサートの開催も徐々に元に戻りつつありとても安堵していますけど、
先日、とある中学校の前を通り過ぎた時に音楽室から聴こえてきていたのは吹奏楽部によるこの「宇宙のファンタジー」の
演奏でした~♪
たまにですけど中学高校の前を通り過ぎると吹奏楽部の練習や全体合奏の際の曲が聴こえてくるのですけど、
その際に(めったにないですけど)宇宙のファンタジーやサタデーナイトフィーバー、バーンズのアルヴァマー序曲や
スゥエアリンジェンのチェスフォード・ポートレイトといったはるか昔に自分自身が吹いた曲が流れてくると
とてつもなく「懐かしいね~♪」と嬉しくなったりもしますし、「この吹奏楽部の指揮者の先生は自分と同年代の御方かな・・?」と
感じたりもします。
余談ですけどYouTubeにて最近の中学生の皆様による1974年の吹奏楽コンクール課題曲Bの「高度な技術への指標」の
演奏を発見した際はなんだかとてつもなく嬉しくなったものです。


nazo-ikimono!!!!!!_convert_20140616170746.png

ここから先はdream fantasy2
アミグリさんが描かれた謎の不思議生物の絵の転載&ご紹介コーナーです。
上記にて「宇宙のファンタジー」を取り上げましたので、今回は関連する形で
アミグリさんが2014年7月に描かれた「☆宇宙遊泳☆ 」とタイトルがつけられた不思議生物をお披露目させて頂きたいと
思います。

最初に見た際の第一印象としては「雪の結晶・・?」とも感じたのですけど、
このまんまるの不思議生物ちゃんたちは「宇宙空間の未知の生き物」でもあったのかも・・?という事なのですね~♪

宇宙空間から青い地球を見下ろしたこのまんまるの不思議生物ちゃんたちは何を感じているのかな・・?

「宇宙全体から見れば地球なんてちっこい惑星に過ぎないのに、こんな狭い空間でも一つにまとまることができないで
争いや諍いばかり起こしている地球の人間たちって本当に愚かだよね・・」と
もしかしたら感じているのかもしれないですし、これもすてきな一つの「宇宙のファンタジー」なのだと思います!


ohanami-02_convert_20150409170134.png


アミグリさんの描かれた謎のまんまるの不思議生物をもう一枚ご紹介させて頂きたいと思います。

上記の「不思議生物」の絵は「❀お花見②♪❀」とタイトルが付けられていて2015年4月に描かれた作品です。
すぐ上の「宇宙遊泳」同様、この不思議な感覚が別の意味でファンタジーを私たちに伝えていると思います。
謎めいた空間でもあり、同時に謎めいた癒しを感じさせる不思議な絵だと思います。

アミグリさんのこうした肩の力をふっ・・と抜いたようなこの脱力感がとても魅力的ですね~♪

この「❀お花見②♪❀」はまさに「可愛いお団子ちゃん!」という雰囲気ですし、不思議な脱力感になんか癒されるし、
このゆるさがたまらないです~♪
まんまるの黄色い物体は、黄色いだけによりナチュラルにお団子っぽい雰囲気を伝えてくれていると思います。

こんなにお団子っぽいと白玉楼のゆゆ様にぜ~んぶ食べられてしまいそうです。

背景の桜もとても美しいと思います。

上記のアミグリさんが描かれた謎生物の絵の権利は上記作品の絵師様であるアミグリさんに
帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、いつもすてきな絵の転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにかわいくて癒される不思議生物を描く人のブログってどんなもんなのだろう・・? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログdream fantasy2  を ご覧になって頂きたいと思いますし、宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy2  に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私も
とってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

宇宙のファンタジーの壮大なファンタジーも素晴らしいですし、アミグリさんの描かれた宇宙遊泳のような
少し不思議な癒されるかわいいファンタジーもどちらも本当に素晴らしいですね~♪
「浦和の調ちゃん」というのは2015年4月~6月の三か月にテレビ埼玉で放映されていた一話5分間のローカルショートアニメ
なのですけど、当ブログは、このアニメそのものの感想も勿論そうなのですけど、このローカルショートアニメで
登場してきた浦和のローカルネタ関連もかなり記事にさせて頂き、どちらかというとアニメ紹介と言うよりは
浦和というか「埼玉県」がいかに何も無くて名物とか銘菓が少ないかをテーマにしたカテゴリでもあったのですけど、
いつの間にか管理人の意外な(?)「埼玉愛」を露呈するコーナーにもなってしまいました。
このカテゴリで、十万石まんじゅうとか彩果の宝石とかゼリーフライとかねぎ味噌煎餅とか
アニメ自体には登場していませんけど、埼玉県民のローカルフードみたいな存在の「山田うどん」とか色々とネタに
させて頂いたカテゴリでもありますし、良くも悪くも埼玉県の紹介コーナーみたいな様相も呈していたと思います。

埼玉ローカルショートアニメ「浦和の調ちゃん」は見方を変えると「浦和周辺の浦和という地名が付く駅の擬人化アニメ」という
側面もあるのかもしれないです。
「浦和の調ちゃん」の基本コンセプトというのは、8つの「浦和」という地名が付く駅を擬人化してしまおうという
発想から生まれた埼玉県のご当地ショートアニメなのですけど、
改めて考えてみると、この8つの駅を「8人の女子高生」として擬人化して表現しようとする発想は、
中々そうした発想を思いつく事は出来ないもので、これはとても素晴らしいアィディアなのだと改めて感じたりもします。

ちなみにこのアニメで登場する8人の女の子たちの声優さんは全員埼玉県出身です!

浦和周辺には、「浦和」という地名が付く駅がなんと8つもあったりもします。
浦和・南浦和・東浦和・西浦和・中浦和・北浦和・武蔵浦和・浦和美園がその該当駅なのですけど
埼玉県を全然知らない人がそれを聞いてしまうと、
「東浦和と西浦和は距離が近いのかな・・・?」とお感じになる人もいるかとは思いますが、
実際はかなり遠く、車でも多分40分程度は掛かると思われます。
同様な事は、埼玉県川口市の西川口と東川口でも言えまして、西川口から東川口まで行こうと思ったら、
車だったら30分程度は掛かるのかもしれないですね~
東川口というと、感覚としてはむしろ越谷にも近いという感じもありますし、西川口はむしろ東京23区寄りでもありますので、
似たような地名だけど両者はかなり遠いと言えると思いますし、
こうした話をしても他県の方にとっては「なんじゃそれ・・?」という感じになってしまうのかもしれないですね・・
ついでに書くと、埼玉県の東大宮と西大宮も地名だけを聞くと一見近そうに感じたりもしますけど、どちらも大宮という地名は
つきますけど、西大宮はさいたま市西区に属しどちらかというとほとんど川越市という印象もあるのに対して
東大宮はさいたま市見沼区に属し、どちらかというとほとんど上尾市という印象すらありますので、
東大宮と西大宮はとてつもなく遠いです・・



47623.jpg

「浦和の調ちゃん」の大きなポイントは、前述のとおり登場キャラの8人の女の子の名前が全員、浦和周辺「実在する地名に
由来している点なのだと思います。

列挙すると・・・・

高砂調: 主人公で、「高砂」というのは浦和駅周辺の地名です。「調」は「調神社」に由来します。

上木崎常盤: 北浦和のラーメン屋の看板娘という設定、上木崎と常盤はさいたま市浦和区内の地名です。

別所子鹿: 中浦和のうなぎ屋の看板娘という設定、別所はさいたま市南区の地名です。
        浦和近辺の高級住宅街というと、常盤・別所・岸町・高砂・仲町辺りだと思いますが
        特に別所~岸町のあたりはいかにも「お金持ちが住んでいそう・・」みたいな雰囲気は間違いなくあると思います!

沼影彩湖: 武蔵浦和の模型店の看板娘という設定、沼影はさいたま市南区の地名で彩湖は人工湖でもあります。
この沼影彩湖は調たちが通う浦和第三高校の生徒会長でもあるのですけど、
         猫耳とか背中の悪魔の羽など、とてもじゃないけど生徒会長に見えず単なるコスプレイヤーにしか
         見えない所がとてもお茶目で楽しいです!
ちなみにですけど、沼影という地名の周辺にロッテの工場とかロッテの二軍球場があったりもします!

田島桜: 西浦和のそば屋の看板娘という設定、田島というのはさいたま市桜区の地名です。

道祖土緑: 東浦和の花屋の看板娘という設定、道祖土(さいど)とはさいたま市緑区の地名です。
大変おっとりとした鉄道部の部長でもあるのですけど、道祖土緑のあの胸の大きさは「これって反則じゃん・・」
        みたいな雰囲気を漂わせるほど素晴らしいものがありました!

大谷場南: 親が南浦和でライブハウスを経営と言う設定、大谷場とはさいたまし南区の地名です。
        ちなみに大谷場は、私の自宅から結構近いです・・・

三室美園: 三室はさいたま市緑区の地名で、美園にはサッカーで有名な「埼玉スタジアム」があります。

これって埼玉県というか、さいたま市周辺にお住まいの方ならすぐにピンとくる地名ばかりですし、
確かにあまりにもローカルな話すぎて
埼玉県以外の方には「何がなんだかよく分からない・・」という話かもしれませんけど、
とにかく一部の埼玉県民にとっては無性に(?)血が騒ぐようなキャラの名前でもありました~♪

CIMG8444_convert_20150621230812.jpg

2015年に浦和駅前のパルコで開催された「浦和の調ちゃん」えきしびじょんでは、調と常盤のコスプレ制服も
展示されていましたけど、「これって指定制服じゃないじゃん・・」とツッコミたくなるような彩湖のコスプレ制服も
展示されていました。

あのえきしびじょん展示にはアニメの設定資料やキャラ設定原画など貴重な資料も展示されていて見ごたえ十分でした!

「浦和の調ちゃん」は続編の「むさしの」の制作が2017年あたりから発表され、公式HPにおいても「むさしの、2019年放映開始」と
表示されていますけど、実はいまだに放映がされていない状態が3年近く続いていますので、
そろそろ正式に放映に関する正しい情報もほしいものですね~♪
(気長に待つしかないかもしれないです・・)
東京MXの再放映作品というとプリキュアシリーズやルパン三世・ドラゴンボールといった過去の名作作品というイメージが
あったりしますけど、今年・・2020年1~3月に再放送されていた作品としては「宇宙よりも遠い場所」と「SSSS.GRIDMAN」が
とてもなつかしいばかりでなく、改めて拝見させていただいてもとても面白く見させて頂けました。

SSSS.GRIDMANは、円谷プロの特撮番組「電光超人グリッドマン」のアニメ作品であり、
グリッドマン生誕25周年記念作品であると同時に円谷プロ創立55周年記念作品とも言える作品です。
東京MXでは2018年の秋アニメとして放映されていました。

新条アカネは、クラスのアイドル的存在の美少女で、才色兼備才貌両全の最強女子であり、クラス全員に好かれるという
奇跡を巻き起こしているすてきな美少女と言えそうです。
2018年の放映の際は、あの年の秋アニメのとてつもない充実のせいもあり、再放送の時よりはあまり真剣に見ていなかったり、
SSSS.GRIDMANのアニメ自体は、新条アカネが私の大の一押しでした~♪
新条アカネの口調は意外とゆるくて「武士は食わねど高楊枝」を「武士は食わねど高笑い」と言い間違えたり、
意外なことがあると硬直したりしてしまうなど一見孤高そうに見えてかなり抜けていそうなそのギャップには誰しもが
萌えを感じてしまうのだと思います。
制服の上から赤紫のパーカーを重ね着し、更にそれを胸元まで開けていたり、真夏にタイツを履いたりという独特な制服の
着こなしをしている一方で何処か浮世離れした雰囲気を持っているとても魅力的なキャラと言えるのだと思います。
アニメのエンディング映像では宝多六花と仲睦まじい様子を見せており、関連商品等でも六花とセットで登場することが
多いのですけど、実はアニメ本編ではこの二人の絡みは意外と少ないというのも面白いものがありそうです。

新条アカネは「SSSS.GRIDMAN」の中では敵対者という立ち位置でもあり、
周囲からは才色兼備な好人物として認識されているが、裏では自分の意にそぐわない人間を怪獣で殺害し
その様子に狂喜する残虐性をもっていたりもします。
怪獣でもある子飼いのアンチを平気で暴行したり結構酷い仕打ちをしていましたし、
(アンチくんはそうした事情もあり、結果的にはグリッドマンサイドについてしまいました・・)
自宅は大量のごみ袋と怪獣フィギュアで埋め尽くされており、私生活はかわいい雰囲気とは信じられないほど崩壊している
キャラともいえそうです。

2018年のリアルタイムでの放映時は謎要素ということもあり、このアニメでは新庄アカネにばかり目がいっていましたけど、
再放送を見るとなんだか今回は宝多六花の魅力に気づき始め、再放送時においてはなぜか知りませんけど
やたらと六花ばかり応援していたようにも感じられます。

6c6207ef-s.jpg

宝多六花は今どきのJKさんらしい少しクールな雰囲気を漂わせる美少女であり、どことなく気怠げな口調が魅力でも
ありましたけど、最大の魅力はあのとてつもなく短いスカートとそのスカート自体がカーディガンに隠れてよく見えなかったりする
シーンも多々あり、見方によっては「六花はスカートやズボンをはかないキャラ・・!?」とすら誤解を受けそうでもありましたし、
あの脚を組んだ様子や太ももの素晴らしさは新条アカネすらも軽く超越するものもあったと思います。

アニメでも六花が自宅でくつろいでいるときに太ももが露わに?なったシーンもいくつかありましたけど、あれを見せつけられる
たびに「SSSS.GRIDMANのスーパーヒロインは六花で決まり~♪」とすら感じたものでした。

そうした六花が登場したシーンでも私的に特に印象的だったのは、第6話での(本当は敵サイドの立ち位置のはずの)アンチを
六花が餌付けしたばかりでなく自宅にお持ち帰り(?)をし、入浴までさせてあげただけではなくて
アンチの背中を流してあげたシーンでした~♪
(新条アカネはそうした事は間違ってもやりそうもないだけに六花の天使ぶりが俄然光り輝いていたものでした!)

206d79cb-s.jpg

600f5ff3-s.jpg




第6話は物語の核心部分が少しずつ見え始めた回でもあり、アカネと内海、裕太とフード付き謎の?怪獣少女、六花とアンチ
という三者三様の不思議な?デート??を楽しみつつ、特に裕太との絡みから新条アカネの実像が明らかにされたお話でも
あったのですけど、その中にあって街中でお風呂に長期間入らなかったせいで異臭が漂い、さらにおなかをすかせていた
アンチを六花が餌付け?をしてパンを御馳走したばかりでなく、自宅にまでお持ち帰り?をして
六花自身がアンチの背中を流してあげたシーンはとても印象的で素晴らしかったです!

私も是非ぜひ六花さんによってお風呂で背中を流してほしいものです~♪

六花はある日公園内で食べ物あさりというかゴミ箱をあさっているアンチを発見し声を掛けます。

アンチ : 俺になんの用だ?

六花 : えっ?あっ…いや…おなかすいてる?

(公園内の看板の「公園内でノラ猫に餌をあげないでください」というのがいい味を出しています・・)

そして六花はアンチの異臭に気が付きます。

六花 : ねえちゃんとお風呂入ってる?

アンチ : なんだそれは?

六花 : マジか…

それにしても一度しか面識がないはずのアンチを(その真の正体も知らないで)自宅にあげお風呂に入れてあげたばかりでなく
背中を流してあげる六花の面倒見の良さは素晴らしいです!
それにしても現役JKさんの六花がほとんど制服姿のままでお風呂で男の子の体を洗ってあげるのもすてきでしたけど、
この時の六花はジャージの上からスカートを穿いていたのは少しもったいなかったです。
というか・・ジャージをはいているせいなのかいつもよりスカートが長めになっていたのは不思議でもありました。

女の子からお風呂で背中を流してもらえるとは男の子にとっては至福のひと時であるのは言うまでもないと思いますが、
私自身は女の子に背中を流してもらったのはこれまで二回ぐらいしかないかな・・?
一度目は1990年の吹奏楽コンクール関東大会を山梨からわざわざ聴きに行ったときに、山梨から朝一番の電車に乗っても
プログラム一番の演奏には全然間に合わないので、前日に千葉の市川文化会館近くの本八幡のレインボーという
カプセルサウナ付きホテルに泊ったのですけど、その際の大浴場にてなぜか・・!? おばさまを通り越した?熟女??でしたけど
「背中を流します」という三助みたいなサービスをやっていて、他人に背中を流してもらうことの気持ちよさを実感したものでした!
あ・・もちろん流してもらうのは背中のみで前は洗って貰える訳はないです・・
二度目はうちの奥様との新婚旅行みたいなお泊りをした時に
(うちはいろいろな?諸事情があり、結婚指輪も新婚旅行も結婚式も披露宴もウェディング写真もなんにもやらないで
役所に婚姻届のみを出しただけという味も素っ気も何もなかったもので、さすがに彼女からブーブー言われ煩かったもので、
一泊二日の箱根への旅行を新婚旅行と当時は称していたものでした・・
その際の部屋には個室温泉もついていたのですけど、その時にうちの奥様が新妻らしく・・?「背中を流してあげる」と
言ってくれましたので、ご厚意に甘えさせていただきました)

アンチはその後グリッドマン陣営に寝返ったことの一因にはもしかしたら六花に背中を流してもらった恩義も少しぐらいは
あるのかもしれないですけど、六花に背中を流してもらえるとは「この幸せ者め~」とやっかみを入れたい気持ちで一杯です!

rika.jpg

rica-00.jpg

宝多六花のフィギュアはいくつか発売されていますけど、コトブキヤの完成度は素晴らしいと思います!

アニメーションスタジオ TRIGGER描き下ろしのイラストを忠実に再現されていて、風によって広がるプリーツのスカートや
カーディガンの皺など細かい部分まで繊細に造形されていますし、
何よりもあの太もものむっちりとした感じは最高だと思います~♪

アニメ版よりも表情が柔和で六花本来のやさしさがにじみ出ているようにも感じられそうです。

ricca_convert_20210223211757.jpg

六花フィギュアというと、ウェディングドレスverも既に発売済です!

純白ドレスに身を包みクールな表情で佇む姿はとても美しいですし、細かく造形されたブーケの鮮やかな青がアクセントとなり、
六花をイメージしつつも気品溢れる仕上がりになっていると感じられます。
ウェディングドレスの大きく開いた背中は、ハーフアップにまとめた髪型とも相まって色気を感じさせてくれています。

制服版フィギュアとは一味も二味も違う仕上がりですし、ウェディングは女の子にとっては憧れそのものであるということが
よく伝わってきそうです~♪

_convert_20200211102958.jpg

SSSS.GRIDMANのウェディングフィギュアというと新条アカネも既に販売されています。

六花同様に15歳の設定とは到底思えない 素晴らしい美しさとボディに溢れていると思います。
表面上のキャラとはちょっと異なるハッピー感も、やはりそれはウェディングのなせる業なのかもしれないです。

完全描き下ろしイラストによる華やかなドレス姿が再現されており、流し目で微笑む表情が最高にかわいいです~♪

大きく広がったスカートのボリューム感は見応え抜群で、リボンやベールの透き通るような淡い色彩がとても美しいです。

微笑む姿もとってもキュートですし、グラマラスボディにもついつい目がいってしまいそうです!
_convert_20200331121435.jpg


本日、6月9日は鍵のロックの日でもありますし、音楽のロックの日でもありますし、東方的には
むきゅーの日という事でパチュリーさんの日でもあったりします。
どうしてむきゅーがパチュリーさんの日に繋がるのかは後述させて頂きたいと思います。

ロックの日というと「邪神ちゃんドロップキック」の第一期アニメと原作漫画でも登場していたゆりねの「ロックだわ!・・」の
お言葉とゆりねにしては珍しいドキドキした表情がとてもすてきです~♪

「邪神ちゃんドロップキック」を全然知らない方が、もしもゆりねの邪神ちゃんに対する壮絶な?お仕置きシーンだけを見てしまうと
「なんとグロテスクで残虐なブラック作品・・」と誤解されるのかもしれないですけど、その概要は
魔界出身の悪魔・邪神ちゃんと彼女を召喚した女子大生・花園ゆりねの同居生活を描いたコメディ漫画であったりします。

女子大生・花園ゆりねは魔界から悪魔・邪神ちゃんを召喚することに成功するも、邪神ちゃんを帰す方法がわからず、
そのまま邪神ちゃんを自宅に住まわせることにしたというのが物語の始まりです。
召喚者が死ねば魔界に帰れることを知っていた邪神ちゃんは、ことあるごとにドロップキックでゆりねを殺そうとしたり
はたまたよからぬ悪知恵でゆりねを亡き者にしようと画策しますけど、毎回毎回あっさりとその悪だくみがバレてしまったり、
邪神ちゃん自体は大変弱いというのか、魔界最弱レヴェルの弱さとも言われたりもしていますので、
その必殺技のドロップキックがゆりねに直撃しても、ゆりねにほとんどダメージを与えられないばかりか、
それによって毎回毎回ゆりねから例えばチェンソーで切り刻まれるなど壮絶な返り討ちを食らっていたりもします・・
ブラックで少しばかり猟奇的な要素もあると言えばあるのですけど、全体的にはギャグ要素も兼ね揃えたコメディであり。
少しばかり泣けそうなお話や百合要素も備えている作品で、
時に見られるハートフルな要素もググッ・・とくるものがありそうです。

ゆりねは小柄でそんなに強そうにも見えないのですけど、
人間ならば死んでいるレベルのお仕置きを邪神ちゃんに平然と繰り返すなどサディスティックで型破りな性格の持ち主とも
言えそうですけど、ゆりねのお仕置きというのはある意味仕返しのようなものでもありますし、
ゆりねが邪神ちゃんにお仕置きをする時は、邪神ちゃんがゆりねを殺そうと悪だくみを働いた時とか
はたまた邪神ちゃんがメデューサとぺこら等に意地悪やクズでゲスな発言を繰り返した際に限られていますので、
ゆりねのあのおぞましい??お仕置きは邪神ちゃんにほぼ100%原因があるものぱかりですし、
この漫画・アニメをご覧になった方のほとんどは、
「邪神ちゃんがすさまじいお仕置き食らうのも邪神ちゃんの自業自得みたいなものだから仕方ないよね~」と
感じられるのかもしれないです。

ゆりね自体の性格はなんだかんだいって邪神ちゃんには甘くて優しいと思わざるを得ないですね~
バイト代が入った際には邪神ちゃんや友人の悪魔たちに食事を奢ったり、
他の悪魔たちを邪神ちゃんのしつこい虐めや嫌がらせから助けるなど基本的には優しいため、
邪神ちゃんを除く面々からは大変慕われていますし、人望も大きいようです。
また、ぺこらやぽぽろん等の天使にも誠実に接していますし、いつもひもじい思いをしている天使のぺこらにも差し入れを
持っていったり、時にカレーや焼き肉を奢ってあげたりと、その性格はもしかしたらツンデレさんなのかもしれないですね~♪
そしてゆりねは意外と??見た目の雰囲気とは違ってかなりの常識人であるそうしたギャップもまたまたゆりねのすてきな魅力と
いえそうです!

冒頭のゆりねの「ロックだわ!・・」という発言は邪神ちゃんの魔界でのお友達で幼馴染の怪力女のミノスがゆりねへの
お土産として魔界から持参したお腹を押すと断末魔の叫び声を発するマンドラゴラの人形をゆりねにプレゼントした際に
発した言葉です!
確かにあの不気味な人形は大のホラー好きでサディスティックな面を持っているゆりねが喜びそうなグッズなのだと
思いますし、ゆりねが興奮して目を輝かせていたのも当然なのだと思います。
だけどこの後の展開では、ミノスと邪神ちゃんが喧嘩状態になってしまい、ヘビ神なのに実はとんでもなく弱い邪神ちゃんは
ミノスによってはねつけられてしまいその拍子にせっかくミノスがゆりねのために持参したお土産のマンドラゴラの人形を
思いっきり踏んづけてしまい、結果的にあの不気味な人形は破損してしまいました・・
そして言うまでもなく邪神ちゃんはその後ゆりねによって石抱きという壮絶な?拷問を食らってしまい、
「さーて、あの人形の代りにどんな断末魔の声を出してくれるのかな・・?」とほくそ笑むゆりねはまさに悪魔そのものでした~!
だけど普段の邪神ちゃんのあのクズな言動に慣れてしまった状態であのシーンを見ても
「それは邪神ちゃんの自業自得だよね~」と誰しもが感じてしまう邪神ちゃんのクズな性格と言動こそがこの作品の
最大の見どころといえるのかもしれないです!


_convert_20190903110416.jpg


ゆりねはオカルトとホラー映画が好きで、ゴスロリ衣装・片目の眼帯・ツインテールと中二病的な
ファッションそのもので、見た目的には「女子高生の無駄づかい」のやはり重症な中二病患者のヤマイとよく似ています。
ゆりねは高校卒業以降は親元を離れ、神保町内のぼろアパートで一人暮らしをしていました。
後述ししますけど、ゆりねの実家は神社であり、原作漫画でもゆりねの巫女さん衣装も登場していたりもします。
普段は御茶ノ水駅付近に存在するキメラ大学に通学していています。
ちなみにキメラ大学というのはアニメや漫画の学校の描写から判断すると、そのモデルは明治大学ではないのかな~と
思ったりもします。
明治大学は平成に入ってから昔のあのオンボロ校舎をまるで巨大タワーマンションみたいな校舎に建替えましたけど、
キメラ大学の雰囲気はそうしたタワーマンションみたいな雰囲気でもあったりします。
ゆりねや邪神ちゃんたちがよく遊びに行く神保町は、明治大学からすぐ近くでもあったりしますし、
秋葉原もお茶の水から一つ後の駅です。
ちなみにゆりねは秋葉原近辺のメイド喫茶でのアルバイトもしていて、その時の制服はやはりゴスロリ衣装そのものです~

そして頭にちょこんと乗っているシルクハットもとてもかわいくてよくお似合いだと思います。

そうそう、ゆりねはたまにですけど下着姿・パジャマ姿・水着姿もお披露目してくれていますけど、意外と??胸が豊かというのも
すてきなギャップともいえそうです!

巫女服装束のゆりねが登場するのは原作漫画第9巻の97話です。

ちらっと上記で既に書いていますけど、ゆりねの実家は実は神社でもあります。

神社の仕事関連で実家に戻る際に巫女さん衣装になるゆりねもいたりするのですけど、漫画版でもそうした巫女さん衣装の
ゆりねは第9巻の97話で拝めることができます!

いや~、この巫女さん衣装のゆりねは美少女そのものですね~♪

ゆりねの恰好は普段がああした中二病全開のゴスロリツインテ+眼帯なのですけど、こうした神聖な巫女さん衣装を
ゆりねが着ると美少女としてのかわいらしさと巫女さんとしての清楚さがダブルで滲み出ていると思います。

巫女さんというと私的には言うまでもなく東方の霊夢なのですけど、
霊夢は普段は妖怪退治のスペシャリストという事になっていますので、元々が巫女さんでもあるゆりねが
普段アパートで妖怪と言えば妖怪に近そうな邪神ちゃんみたいな魔物にお仕置き食らわしているのも
ある意味理に適っているのかもしれないです。

本日、6月9日はロックの日という事で、ゆりねの名言の「ロックだわ・・」というフレーズが印象的であったりもしますけど、
同時に本日は、むきゅーの日とは、6(む)月9(きゅー)日ということで、むきゅー=パチュリーさんの日であったりもします、

そしてこの日はpixiv等のお絵描きサイトでももしかしたら一年で一番多くパチュリーさん絵が投稿される日といえそうです~♪

パチュリーさんは、別名「動かない大図書館」の名前の通り、基本的には日が当たらない地下の図書館にこもりっきりで
ほぼ一日中読書に費やしています。
確かに知識は豊富なのかもしれないし、かなりの知恵者という感じが強いのですが、
俗にいう知識人の弱さとか頭でっかち・・とか「頭はいいのだけど、理屈ばかり達者で実践が出来ていない・・」を
まるで絵にしたような御方だとも思えます。
知識は豊富なのですけど、頭でっかちで、知識の源が本であり、実際の自分自身の経験ではないので、
実践的でないというのか、微妙にずれているのは否定できないのかもしれないです。
紅魔館での本来の役割というか、レミリア様から求められている「紅魔館で問題が発生した場合の解決請負人」みたいな
役割を本来は請け負っているはずなのですけど、逆にトラブルメーカーになる事も結構ありましたし、
実際、レミリア様からも「役立たずの知識人」とか
「知識人はもう間に合っている、これ以上要らない」などと言われている始末であったりもします。
レミリア様としては、「うちには完璧なメイドの咲夜がいるし、別にパチェにそうした厄介な問題に当たらせなくてもいいじゃん・・
備えあれば憂いなしなのかな・・・
そのうち何かの機会で多分ちっとは役立つんじゃないのかな・・・?
それよりも今は、私の話し相手というか相談相手としてここにいて貰おう」みたいな意識があるのかもしれないです。

パチュリーさんの魔力自体は膨大ですけど、本人が病弱・喘息持ちということもあり身体能力は人間にも劣りますけど、
調子の良いときはそれ相応の実力を示せることもたまにはあるようでして、東方紅魔郷ではEX中ボスも務めていたりもします。
萃夢想・緋想天では珍しく・・?肉弾戦を行うなど、かなりアクティブな一面を見せていたりもします。

冒頭のバチュリーさんの日が6月9日で、東方ファンの間では「むきゅーの日」として親しまれている理由として、
東方萃夢想ストーリーモードにて、自機として魔理沙を選択しパチュリーさんに勝利した時に、
敗北したパチュリーが第一声に放った言葉がこの「むきゅー」であったりもします。
パチュリーさんと言うと知識人というイメージが大変強いため、こうした動物っぽい鳴き声を敗戦時に口ずさむということで、
そうした「らしくない・・」という意外性が相当のインパクトがあったようで、パチュリーさんというとこのむきゅーというフレーズが
一躍有名となり、それがひいては語呂合わせということで、6月9日はむきゅーの日=パチュリーさんの日として
東方ファンの間では既に定着していたりもします。




ここから先はdream fantasy2
アミグリさんが過去に描かれた絵のご紹介コーナーです。
本記事において、本日は6月9日ということでいうまでもなく、アミグリさんが描かれたパチュリーさんを転載&ご紹介を
させて頂きたいと思います。

上記のミニスカートのパチュリーさんは、アミグリさんが2010年3月に描かれたかなりの初期作品です。

パチュリーさんのちょっと意外なミニスカがなんともかわいいです~♪

太ももから腰にかけてのほのかなお色気が素晴らしいと思いますし、照れているようにも強気のようにも見える
パチュリーさんの表情がとても魅力的だと思います。
普段ロングスカートの方がミニスカになるとギャップ萌え効果も期待できるという事をまさに絵でもって立証した
素晴らしきパチュリーさんだと思います~♪

紅魔館のお色気担当は間違いなく咲夜さんなのですけど、こうしたミニスカートのパチュリーさんを見てしまうと
パチュリーさんの見方がなんだか変化するようにも感じられそうです。


haro+pachuri-n_convert_20131013170237.png


続きまして、アミグリさんが2013年10月に描かれた「とりっくおあとりーと★」のふわっとしたパチュリーさんです。

チルノや光の三妖精みたいないたずら迷惑妖精がこうしたハロウィンでの
「いたずらするかお菓子をご馳走するか」と言ったとしたら、とんでもないポンコツイタズラを色々としそうな雰囲気もありますが、
パチュリーさんがそうしたセリフを言ったとしても
「どうぞ、どうぞ・・・お好きなようにしてください!!」みたいに、言われた方もニッコリとしそうな雰囲気がありそうです。
パチュリーさんは魔女みたいな魔法使いでもありますので、その気になればとてつもない魔法を色々と駆使して
すてきなイタズラを色々とお披露目してくれそうですね~♪

ふわっとした衣装がとてもかわいいですし、手にしているかぼちゃも吸血鬼の館らしいコウモリもとても見栄えがしていますし、
ハロウィンに相応しいすてきな一枚だと思います。

そして改めてパチュリーさんはすてきな魔女っぽい御方であると感じたものでした。

haroulinnpache_convert_20121019195736.png

続きいての作品も上記同様にハロウィン関連のパチュリーさんで、アミグリさんが2012年10月に描かれたデフォルメとしての
ハロウィンパチュリーさんです。

2013年10月に描かれた上記作品の姉妹作とも言えそうなハロウィンパチュリーさんですけど、
2012年のパチュリーさんはデフォルメ気味に描かれていて、ちょっとゆるかわいいちびっこい感じのパチュリーさんが
ここにいるのだと思います。
衣裳が全体的にふわふわっ&もこもこっとしているのがとても愛らしいと思います。

2013年のパチュリーさんは魔女みたいな雰囲気もありそうですけど、2012年のパチュリーさんは
デフォルメの特性を最大限活かしたまるでお人形さんみたいな置物みたいな感じもあり、そうしたかわいいお人形さんを
指でつんつんしてみたくなってしまうゆる可愛らしさに溢れていると思いますし、
デフォルメとしてのメリットを最大限発揮しているようにも感じられます。

sunset-pacyuri-_convert_20180824143329_convert_20180824184859.png

続きましてアミグリさんが2018年8月に描かれた水着パチュリーさんです。

そしてこのパチュリーさんは元々の水着パチュリーさんのサンセット背景版の方です。
元絵の背景は青空でしたけど、背景を青空から夕陽にチェンジしただけでかなり全体の雰囲気が劇的にチェンジされる
という事を華麗に提示されているとも感じられます。

パチュリーさんというと二次創作では、体力が無く虚弱体質という事でガリガリ説と
普段の運動不足から意外とぽっちゃりしている説の二つあると思うのですけど、
アミグリさんが描かれるパチュリーさんはそのどちらでもなく、むしろ健康的でスレンダーな美少女という雰囲気が漂っていて、
紫色のワンピース水着と髪の紫の統一感が見事だと思いますし、
このワンピース水着をよく見てみると、普段パチュリーさんが着ている縦縞模様のドレスをイメージさせていると思いますし、
縦縞と言う事で、パチュリーさんのスレンダーな雰囲気を醸し出していると感じられます。
流れるように美しいサラサラの長髪も美しいですし、髪のリボンもとってもすてきなアクセントになっていると思います。

ZUN帽を被っていないパチュリーさんをここまで斬新に想像されたアミグリさんの発想の豊かさは
驚嘆させられるものがあると感じました!
月の髪飾りもすてきですし、帽子を被っていない状態でのパチュリーさんの髪型が
華扇みたいなすてきなツインのお団子ヘアと言う事にはとてつもなく意表をつかれたものです!
このお団子はとってもかわいいですし、パチュリーさんによくお似合いだと思います。
そして公式ではほとんど笑う事のないパチュリーさんの満面の爽やかな笑顔は水の精霊さんにふさわしいと思います!

サンセットパチュリーさんは、夕焼けを背景にしているため元絵の青空の背景の時よりはどことなく
神秘的なものを漂わせていると言えるのかもしれないです。
水着パチュリーさんは、「凄い! 幻想郷内では間違っても見られそうもない水着のパチュリーさんだ~!」という
物珍しさがあったと思われますが、サンセットパチュリーさんは、それにプラスαとして
「しっとりとした秋の風情」というものを情緒たっぷりに伝えているのだと感じられます。

それにしてもパチュリーさんのむきゅ~という鳴き声?も魅力的でしたし、パチュリーさんは個性的な紅魔館メンバーの中でも
かなり濃厚なキャラということで異彩を放っていますけど、
dream fantasy2のアミグリさんが
描かれたパチュリーさんはとてもかわいいし美しいですね~♪
うちの奥様はぐーたら専業主婦というか何にもしない専業主婦の鑑みたいな存在(?)なのかもしれないですし、
現在は引きこもりゲーマ兼アニメおたくと化しているのかもしれないですけど、
実はその正体は我が家に棲みついてしまった妖怪・座敷童なのかもしれないです。
ま・・それはどうでもいいとして、彼女はどーせ購入したとしても全然使わないのが目に見えているような調理家電を
時々おねだりしては時に私を困らせたりもします。
過去においても、米でパンを作る製造機・・コーヒーメーカー・ヒューロムスロージューサー・ワッフルメーカー・野菜カットマシーン
など色々買わされてきたのですが、彼女の場合どちらかというと買う事で目的が終了してしまい、
後は眺めておしまい・・・というパターンが結構多かったりして、こちらとしても
「せっかく購入したのだから使えばいいじゃん!」と文句をついつい言いがちでもあるのですけど、
何か最近では色々おねだりされても「よし、買ってみよう・・」という気持ちには全然ならないものであったりもします、

毎回毎回「今度は絶対に使うから」とか「美味しい料理を作るから」の言葉に騙されて(?)きた訳なのですけど、
その一つが自動たこ焼きマシーンとも言うべき「たこ焼きトントン」です。
これ・・実際に購入したけど実は箱すらも開けていないようなので、機会があればこっそりこのマシーンをキッチンから
盗み出し? 一度くらいはたこ焼きトントンで自宅でたこ焼きを食べてみたいものです~♪


tako_convert_20210221203518.jpg

tako-00_convert_20210221203555.jpg


「自宅で作りたてを食べたい」という気持ちはあるもののたこ焼きを作る事は実はかなり大変なのかもしれないです。
街中のたこ焼き屋さんは本当に手慣れたように巧みにクルクルと鉄板からひっくり返してうまいこと回して
作っていますけど、あれを見る度に「これはプロの技だよね~♪」と感心させられそうです。

焼けたところを串または返しピックでツーッと回しクルリと返す工程は慣れもあるでしょうけど、かなりの技術を要すると
思います。
だからこそ関東のように普段日常的にたこ焼きを自宅で作らない者にとっては、たこ焼きを自宅で作るという発想自体は
ないのかもしれないです。
人によっては「自宅でも簡単にたこ焼きがつくれる調理家電があればいいのに・・」と思った人もいるのかも
しれないですけど、実はそうした自動たこ焼き製造マシーンは既に数年前からあったりもします。
それこそがうちの奥様が数年前に購入したはいいけどキッチンの収納庫で放置状態になっている「たこ焼きトントン」という
自動たこ焼き器なのです!

このたこ焼きトントンは、具とたこ焼きの素(生地)をザザーッと流し込んだら、自動的に丸くなってくれるようなマシーン
でもあったりします。
「たこ焼きトントン」は、たこ焼き作りのハイライトである返しの作業を自動でやってくれる機械です!
たこ焼きの生地をつぼの中に流し入れ、モータースイッチを入れると自動返し運転で、たこ焼きの出来上がります!
(回転を、5〜6回繰り返すと丸く焼き上がります)

ちなみにこの製品には、油引き、生地注ぎ用のポット、返しピックがついた一式セットになっていますので、
わざわざたこ焼きの道具をそろえる必要も無いので大変お得でもありそうです。

今現在は既に初夏に入った頃で暑い季節にたこ焼きはパス・・という感じなのかもしれないですけど、寒い季節になったら
このたこ焼きトントンで熱いたこ焼きを自動で作り、ふーふー言いながら食べてみたいです~♪


_convert_20191211131508.jpg


歴代プリキュアでおいしそうにたこ焼きを食べていたのはなぎさ・なおちゃんなどがとても印象的ですけど、
特に強いインパクトを残したのは2018年放映の「Hugっとプリキュア」のアンドロイドのはずのルール―が美味しそうに
たこ焼きをぱくついていたシーンでした~♪

ルール―アムールはうちの奥様の大変なお気に入りキャラでして、ルール―アムールがあまりにも美味しそうにたこ焼きを
ぱくついていましたので、それに感化される形で彼女は一時期かなりたこ焼きにはまっていた時期もあり、
その影響で冒頭の「たこ焼きトントン」をおねだりされる羽目になったものでした・・

大食いしているルール―は普段の知的な雰囲気とは別の顔みたいなものもあり、とってもかわいかったです!
それにしても、アンドロイドがプリキュアとして覚醒しただけではなくて、アンドロイドなのに大食いキャラといのも、
東方のゆゆ様が亡霊のくせに実はとてつもない大食いと同じくらい凄い話でもありそうですね~♪


15195dd3_convert_20160528181755.jpg


ハピネスチャージプリキュアの文化祭回でもたこ焼きは登場していました~♪

めぐみたちのクラスの模擬店は喫茶店なのですけど、喫茶店でたこ焼きというのも面白いものがあると思います。

めぐみやゆうゆうのいかにもメイドさんみたいなユニフォームがとっても可愛かったです。

やっぱり、めぐみはどんな衣装を身につけても全てそれが似合ってしまうすてきなプリキュアでもありましたルンッ~♪


99effab0-s_convert_20180517163537.jpg


「ラーメン大好き 小泉さん」でも一度だけたこ焼きが登場した事もあります。
というか・・食べるものはラーメンか甘いスイーツばかりというイメージが濃厚なあの小泉さんが大阪遠征編で
たこ焼きを食べていたシーンは小泉さんがラーメン以外の炭水化物を食べているという意味で大変貴重なものが
ありそうです。
小泉さんは原作漫画版もアニメ版もひたすらラーメンを食べまくっているという感じで、
小泉さんがラーメン以外のモノを食べているシーンが珍しく感じたりもしたものでした。

アニメ版第11話での大阪遠征編において、あれだけラーメンを絢音お姉ちゃんと一緒に食べまくっていたのに、小泉さんは
「これだけは別腹・・」みたいな感じで食べていたたこ焼きはとても印象的でしたし、
大阪編に相応しい一品でしたし、やはり「あの小泉さんがラーメン以外のモノを食べている~!」という感じで
大変珍しいシーンだったようにも思えます。

絢音 : あーお腹いっぱい。まさか昼だけで四杯いくとは

小泉さん : 大丈夫ですか?

絢音 : イエス!ウチの家族ばーちゃん譲りで胃袋大きいねん。つーか小泉ちゃん、更にたこ焼きて…

小泉さん : せっかくの大阪ですし・・

小泉さんの頭は、潤の言葉ではないですけど「ラーメン脳」と言えるのかもしれないですね~

小泉さんたちはこのシーンの時点で既にラーメンを4杯完食しているのですけど、小泉さんはたこ焼き程度なら
余裕で食べることができるというのは小泉さんの胃袋は無限なのかもしれないです。
美沙や潤や悠たちは小泉さんが実は大食漢である事は既に見破っていたのですけど、小泉さん自身に
「自分は実は大食いである」という自覚が皆無であるのも凄い話なのかもしれないです。

それにしても絢音お姉ちゃんもよく食べますね・・

絢音お姉ちゃんは大澤悠の年上の従妹なのですけど、悠も東京で小泉さんと共にラーメン食べまくっていて
一日だけでラーメン4~5杯程度食べているのも珍しくないのですが、こうやって見てみると、小泉さんだけでなくて、
大澤家には実は小泉さん同様の「大食いの血筋」が元々流れているのかもしれないですね。

絢音お姉ちゃんと小泉さんは、原作漫画第5巻の移転前の築地市場編にて、絢音お姉ちゃんの通勤と小泉さんの通学前の
早朝の時間帯に二人で市場内のラーメン店でラーメン2杯も完食しているシーンもありましたけど、
実は小泉さんは絢音お姉ちゃんとの待ち合わせ前にもう一杯ラーメンを食べていたことが判明し、結果的に
小泉さんは通学前に既にラーメンを3杯も余裕で平らげているという恐ろしい事実も判明していましたけど、
小泉さんの脳はラーメン脳だけど、胃袋は大食いファイター並の胃袋を持っているのかもしれないですね~♪
プロコフィエフの交響曲第5番は、みずみずしさと透明感と霊感に満ち溢れている
20世紀が残してくれた数少ない名交響曲の一つだと思います。
20世紀のロシア名交響曲というと、ショスタコーヴイッチの交響曲第5番とプロコフィエフの交響曲第5番は
絶対に外すことが出来ない名作中の名作だと思います。
プロコフィエフの交響曲は、第1番の「古典交響曲」は大変シンプルで明快でわかり易いのに、
次の交響曲第2番は、とにかく「悪趣味に満ち溢れ、終始不協和音と強奏で響き渡る」という感じになり、
更に交響曲第3番となると、オカルト色が強いというのか、悪趣味で極めて退廃的で、あの悪趣味的でグロテスクな表現の
連続は思いっきり評価が分かれると思います。
(私は1981年に花輪高校が全国大会で演奏したこのプロコフィエフの交響曲第3番~第一楽章でプロコフィエフの世界に
踏み入ったと言えると思います)
プロコフィエフの3番は悪趣味だけど同時にロシアの広大な自然さも感じるという大変稀有な雰囲気を聴かせてくれています。
ちなみに交響曲第2番第一楽章は冒頭からほぼ全てがffまみれで、弱音が出てくる箇所はわずか4小節程度に
留まっていて、そのくらい怪奇な響きが錯綜しまくっています。
だけど悪趣味でグロテスクな交響曲第2~4番を一気に聴いてしまった後で、交響曲第5番を聴くと、間違いなくですけど
「え・・これって2~4番を作った人と本当に同じ作曲家なの・・?」とか
「あまりにも違いがあり過ぎて、交響曲第2番と5番の共通性なんてほとんどない・・この人、
本当は多重人格なんじゃないの・・?」といった印象を持たれるのかもしれないです。
実際に私もそうでした! 上記でちらっと書いた通り
私の場合、吹奏楽から管弦楽という世界に入り込んだ事情があり、
一番最初に「プロコフィエフの交響曲」を知ったのは、1981年の花輪高校の第3番という特殊事情もあったのですけど、
最初に5番を聴いた時は、まさに「青天の霹靂」みたいな気分でした。
だってあまりにも違いがあり過ぎましたし、3番と5番が同じ作曲家とは到底思えないほどの明瞭すぎるほどの違いが
あると感じられます。
だけどすぐにあの霊感溢れる瑞々しい抒情性に取りつかれ、一気にこの曲の魅力に取りつかれたものでした。
ちなみにですけど、私がこの5番を聴くきっかけとなったのは、やはり吹奏楽でして、
1982年の全日本吹奏楽コンクールの東北大会にて秋田高校が演奏した第一楽章がそのきっかけを作ってくれたものでした!

言えることは、プロコフィエフの交響曲は、第2~4番、そして第6番の印象が極めて悪趣味・難解というせいもあるのですけど、
「どうもプロコフィエフの交響曲は悪趣味で好きになれない」という方も相当多いとは思うのですけど、
この交響曲第5番だけは万人から愛される資格があるのではないでしょうか・・・?

音楽解説書でもよく言われている事ですけど、何と言っても第三楽章の抒情性・美しさが本当に素晴らしいですね!!
第一楽章冒頭の霊感溢れる出たしも素晴らしいと思いますし、私はあのフルート等で奏でられる第一楽章の
テーマが流れるだけで相当気持ち的に引き締まるものがあったりもします。
第二楽章の快活さもお見事の一言に尽きると思います。

そして圧巻は第四楽章だと思います。

出たしが静かに開始されるのですけど、ホルンのポポポポポポポポという細かい刻みから開始される展開部以降は
一気にフィナーレにまで導いてくれる爽快さがあると思います。
終盤に打楽器のウッドブロックが出てきて、小太鼓とかなり面白い掛け合いを聴かせてくれます。
1990年代の後半に日本フィルの定期演奏会にて、プロコフィエフの交響曲第5番を目当てにサントリーホールまで
聴きに行ったのですけど、あいにく当日券はP席のみでした。
私の座席の位置はちょうど先程の小太鼓とウッドブロックの目の前と言う事で、
終楽章にてこの二つの楽器の掛け合いが始まった際はかなりエキサイトするものがありました!
すぐ目の前でこの楽器が音を出していてとてつもない生々しい感じはありましたけど、あの臨場感・ライブ感は
素晴らしいものがあったと思います。

この交響曲の終楽章は、聴き方によってはかなり面白いものがあると思います。

ラスト30秒くらい前だと思いますが、金管・打楽器が凄まじい叩き付けを見せ、次の瞬間から
ff→f→mp→ppと音をボリュームを落としていき、
そして、
ヴァイオリン2台・ヴィオラ2台・チェロ2台・コントラバス・ピアノ・ハープ・タンバリン・小太鼓以外の楽器は
唐突に沈黙し、上記の楽器のみによって、約10秒程度同じ音型を単調に繰り返し
そしてラストのラストで最後に全楽器が再登場し、一気呵成に曲を閉じていきます。

これは通常のシンフォニーの「クライマックス」とは明らかに異質な「アンチ・クライマックス」の世界だと思いますが、
やっぱり何か一つぐらい「仕掛け」をしないと気が済まないプロコフィエフらしい曲でもあるなと感じたものでした。

プロコフィエフの生涯最後の交響曲は、交響曲第7番「青春」というとっても可愛らしい曲です。
この曲においては難しい要素・不協和音・悪趣味な響きはほぼ皆無ですし、懐古趣味的な曲と言えるのかもしれません。
プロコフィエフは、若い頃はあんなに前衛音楽を好んで曲を作っていたのにその最後の交響曲が
ああした可憐でとてつもなく可愛い曲というのは極めて意外にも感じますし、
もしかしたら「子供の頃の記憶への幼児退行化」ともいえるものかもしれないです。

こういう前衛・悪趣味・奇怪から可愛い音楽への突然の変貌というのは、
晩年の「子供に戻る」という現象の表れと言えるのかもしれませんし、
「極端から極端へ動いてしまう」というロシア人の基本属性がそうさせるのかもしれないです。





昨年の吹奏楽コンクールは地区・県・支部・全国と全て中止なってしまいましたけど、奏者の皆様の失意を考えると
本当にいたたまれないものがありますけど、同時に聴き手にとってもコンクールでの「12分間のステージにすべてをかけてきた」
奏者の熱い演奏を聴く事ができなかったのは大変残念なものです。
本年度以降は無事に開催できることを心より祈念しています。

上記でプロコフィエフの交響曲第5番を取り上げましたが、実はこの素晴らしい名曲を知るきっかけになったのが
吹奏楽コンクールであり、1982年の東北大会にて秋田高校の吹奏楽アレンジ版におけるこの交響曲の第一楽章を聴いて
「なんと霊感に溢れた瑞々しい曲!」と感じ、これをきっかけにしてこの交響曲の素晴らしさにはまっていったという
感じでもあります。

吹奏楽コンクールは結果的に吹奏楽アレンジ版ではありますけど、クラシック音楽作品を自由曲にする事は
日常茶飯事ですが、そうした演奏をきっかけにして原曲の事をもっと知りたい・・聴いてみたい・・という事に繋がっていく
可能性もあると思いますので、そうした意味からも大変大切な音楽コンクールなのだと改めて感じたりもします。
dream fantasy2 のアミグリさんの
作風を語るに当たって一つ大きな傾向がありまして、一枚の作品で描かれるキャラは単独という事が多くて、
一枚の絵に二人、三人・・と複数キャラが描かれている事はかなり珍しいといえると思います。
(アミグリさんが描かれた一枚の絵として過去最多登場キャラというのは、2013年10月に描かれた「東方集合絵」だと
思います。ちなみにあの東方集合絵の5人は、霊夢・チルノ・妖夢・ルーミア・こいしちゃんというかなり豪華なメンバーです~♪)
そして二人組といった複数キャラを描かれる場合、勇儀とパルスィ、ゆゆみょんなどを除くとどちらかというと
アナログで描かれることが多いと言うのも絵師様としての一つのパターンと言えるのかもしれないです。
そしてこの二人組アナログ作品は、比較的初期作品に集中しているという傾向もあったりします。
東方ジャンルではなくて「プリパラ」に関しては、ソラミスマイルやトライアングルといったユニット絵ということで、
3人の集合絵がとても印象的であったりもします~♪

というか・・絵師様にとっては「一つのキャラを完成させるだけでもかなり大変なのに、2~5人の集合絵は手間暇が
相当大変」という事だと思いますし、
例えばですけど1979年に連載が開始され現在もビッグコミックで連載が続いている作・やまさき十三、画・北見けんいちによる
「釣りバカ日誌」なのですけど
(釣りバカの原作漫画は既に120巻を超えていて、なんだかゴルゴ13やワンピースクラスの凄まじい長期連載だと思います!
原作漫画はサザエさん方式で物語が進められていますけど、浜ちゃんと美知子さんの間の子供の鯉太郎の成長過程は
描かれている点は、サザエさんのタラちゃんが全く成長していない点との大きな違いがありそうです)
比較的初期の方の巻では、1月の御用始の社長年頭挨拶の話においては、鈴木建設の本社社員ほぼ全員が
大ホールに集結して鈴木社長の挨拶と訓示を聞くシーンがありましたけど、あのシーンにおいてはメインキャラに加えて
その他大勢の雑魚社員キャラ総勢100人近くを見開きページで細かく描かれていましたけど、
作画担当の北見けんいち先生によると「あの集合絵と言うか全員集合の年頭シーンを毎年描くのは作画担当にとっては
毎年頭の痛い話であり、まさに作画泣かせであった」と言われていましたけど、それはよく分かりますね~
確かに2ページに渡る見開きページの一コマであんな大量の人物を描く事になったとしたら、作画担当にとっては
地獄なのかもしれないです。

東方Projectは、旧作の設定と登場人物を一新したWindows版においては、最初の作品の東方紅魔郷から
最新の東方鬼形獣 ~ Wily Beast and Weakest Creature.に至るまで既に23作品を超えていますけど、もしもしですけど、
全ての作品の登場人物の集合絵を描いたとしたらとにかく収拾がつかないほど大変な事になってしまうのは
自明な事なのかもしれないですけど、東方紅魔郷~東方風神録までの登場人物が一堂に会した集合絵が
公式書籍で一度だけあったものです。

東方公式書籍として2007年~2009年に長期連載されていた「東方儚月抄」の漫画版の中巻にて
2007年頃に登場していた東方キャラのほぼ全員集合の一コマが登場していて、今にしてみると
あの一コマは描かれた先生は大変だったと思いますが、東方ファンにとってはとても貴重なものがあると言えるのかも
しれないです。

あの一コマは「あのキャラがここにいる!」とか
「二次創作とか憶測で言われているようなあのキャラとあのキャラが二人で会話している!」とか
「どうしてあの二人の組合せなの? 少し意外なのかも~!?」とか
東方をよく分かっている方の視点から見ると、とてつもなく興味深いシーンだと思います。
東方のゲーム・漫画・書籍でこんなにも複数のキャラがこんなに一堂に会した場面は二次創作を別にすると
多分ですけどそれほど無いと思われるだけにやはり何度見ても貴重だと思わせるものがありそうです。

この「東方儚月抄」の漫画版の中巻の頃は2008年ですので、時期的には早苗さん達が幻想郷に集団移転をしてきた
「東方風神録」とさとり様-こいしちゃん初登場の「東方地霊殿」の二つの作品の間ぐらいだと思われます。
それゆえにあの全員集合の一コマには、早苗さん・神奈子・諏訪子は登場していますけど、
さとり様・こいしちゃん・パルスィ・勇儀・お燐ちゃん・お空等の地霊殿ファミリーは全員未登場であったりもします。
そして東方地霊殿以降は、白蓮さん・神子・布都・一輪・ムラサ・ぬえ・マミゾウ・今泉影狼・正邪・少名針妙丸・堀川雷鼓・
天子ちゃん・クラウンピース・純狐・ヘカーティア様・ドレミー・サグメ・清蘭・鈴瑚・秦こころ・ナズーリン・宇佐美董子・九十九姉妹・
依神姉妹などなど少し考えただけでもこんなにキャラが思い浮かびますし、これ以外のキャラも例えば響子など
たくさんいますので、
もしも今現在の東方でキャラ全員集合という一コマを描いたとしたら、その絵師様は発狂されるのかもしれないという
とてつもない数になっていると思います。

東方儚月抄中巻の紅魔館パーティーのシーンにおいては、早苗さんが中々分かりづらくて発見するのが大変だったとか
リリーホワイトとリリーブラックが同時に存在しているのは物理的にあり得ないとか
(公式において、ZUN神主はリリーブラックとはリリーホワイトが四季映姫様のコスプレをしたものであり、
リリーブラックとリリーホワイトは実は同一人物である事を明言されていましたので、あれは単なる作画ミスなのかも
しれないです)
地霊殿異変の前の頃の話ですので、当然ながら、さとり様とかこいしちゃんとか白蓮さんや神子、秦こころは
この一コマには出てこない等色々と興味深い要素が凝縮されているように感じられます。


繝代・繝・ぅ繝シ_convert_20160524184249


この一コマは「月に到達できるロケットが完成したー!!」という事でのお披露目と命名を兼ねた
記念パーティー、通称、「紅魔館パーティー」と呼ばれる場面のワンシーンなのですけど、
この漫画が刊行された際の東方Projectとしてのキャラがほぼ全員集合という感じでもありました。

この紅魔館パーティーのあの一コマは作画担当泣かせの一枚だと思います。

この一コマの中に登場していないキャラの一人が椛というのもさすがZUN神主様公認の東方不遇キャラの為せる業とも
思えますし、ゆかりん=八雲紫様が登場されていないのは、ゆかりんがこの物語の真の黒幕でもありますので、
それはやむを得ないと思われます。
会場は紅魔館ですので、魔館の門番の美鈴は勤務中という事で未登場です。
このシーンの数ページ前にはいたのだけど、このパーティーの場面になぜか登場していないのは
慧音先生でもあったりします。
慧音先生はこうした立食形式のパーティーがお嫌いなのかもしれないですけど、妹紅がこの会場内にいますので、
妹紅を残したまま慧音が帰る事はありえませんので、多分おトイレか何かで席を外していたのかもしれないです。

この一コマについてもう少し細かく分析いたしますと・・

霊夢・魔理沙・幽々子・妖夢→主人公だけど後ろの頭しか出てきていません・・

プリズムリバー三姉妹→楽器は持っていませんでした。

光の三妖精→妖精なので低身長設定のはずですが、ここでは妖怪とほぼ同じ身長として描かれていたのが印象的です。

藍と橙→式神のみの参加という事ですので、ゆかりんは不参加です・・

永琳と萃香→実力者同士だけど、ほとんど接点が無い二人だけに大変興味深い組合せだと思います。
(一体二人で何の話をしているのでしょう?? 三月精でも登場していた酒虫の話で盛り上がっていたのかもしれないです)

レティさんとチルノ
→レティさんのかつての「あんな妖精と一緒にされては困るわ」発言以降、実は不仲と言われていただけに
 この組合せの実現はとても嬉しいです~♪
 寒気と冷気の同属性という組合せがここに実現していました。

早苗さんと静葉
→早苗さんと秋姉妹のお姉さんの組合せですね。
 最初にこのシーンを見た時、早苗さんとは気が付かなかったです。カエルの髪飾りでようやく判明したものでした。

ミスティア・ローレライとリリーブラック→この場面ではリリーホワイトもいますので、このリリーブラックは一体誰でしょう・・?
(もしかしてリリーはドッペルゲンガーの持ち主なのかもしれないですね・・)

四季映姫様と小野塚小町
→わざわざ彼岸からの参加、お疲れ様です!という感じです。

ルーミアとリグル→バカルテットのメンバーの組合せが実現しています!

諏訪子とにとり→ なんだかとても楽しそうな雰囲気の二人ですね~

神奈子→ ひとりぼっちで寂しそうです・・こういう時は早苗さんがちゃんとお相手して上げる必要がありそうです。

風見幽香 → 普段の弱い者いじめがたたってか(?)誰からも話しかけられずひとりぼっち・・・これは自業自得・・??

阿求 → 妖精メイドと談笑中ですけど、小鈴は未登場という事ですが、この時点では「東方鈴奈庵」の連載は未開始でした・・

咲夜さん→ いかにも完璧で優秀なメイド長というオーラが全身から溢れ出ていると思います。

アリスとメディスン・メランコリー→東方屈指の「かわいいお人形さんキャラ」の組合せが実現してします!
(この二人を遠くから見つめているのは鍵山雛ちゃんというのは極めて妥当だと思います!)

うどんげちゃんとてゐ→てゐは耳をぴーんと張ってうどんげがお師匠様の悪口を愚痴っていないか聞き耳立てているのかも・・?

妹紅→ひとり酒という感じですね・・・やけ酒・・??

この一コマの左上の端の部分で切れているキャラは多分ですけど、フランちゃんと輝夜だと思われます。

フランちゃんもこうした紅魔館の華やかで公式のパーティーの際には、きちんとレミリア様も妹としてお連れしているのは、
必ずしもフランちゃんは引きこもり姫ではないし、レミリア様が無理やり紅魔館地下に幽閉している訳ではないという事を
示唆しているのかもしれないです。

そして、このパーティーでの司会者は目立つこと大好きのレミリア様なのですけど、レミリア様の横にいたのは
パチュリーさんというのも当然なのかもしれないです。

東方の世界では今現在も月絡みの異変が見えないところで進展中という感じでもありますので、また何らかの形で
こうした東方キャラ全員集合の一コマは是非ぜひ見てみたいものです~♪


su-go-_convert_20131008163501.png


ここから先はdream fantasy2
アミグリさんが描かれた絵の転載&ご紹介コーナーです。
上記にてアミグリさんの描かれた4人以上の複数キャラの集合絵は極めて珍しく貴重であるとか、その代表的事例は
アミグリさんが2013年10月に描かれた「東方集合絵」であるということをちらっと触れさせて頂きましたので、
その東方集合絵を今回転載&ご紹介させて頂きたいと思います。

冒頭で触れたように、アミグリさんが描かれる絵は単体キャラが多く、例えばれいまり・れいさな・れいチル・まりさく・
にとりとチルノ、パルスィと勇儀といったツーショット絵を描かれることがどちらかというと珍しい傾向にある中で、
こうした「5人勢揃い」という作品は大変珍しいものがあるだけに大変貴重なものがあると思います。

そしてこの5人の東方集合絵は東方オールスターだと思います!
霊夢・妖夢・チルノ・こいしちゃん・ルーミア、本当にみんなとってもかわいいと思います~♪
この作品の中に、レミリア様・フランちゃん・咲夜さんという紅魔館メンバーが入っていないのは、もしかしたらこの時は
紅魔館メンバーの皆様は宴会の真っ最中と言う事でベロンベロンに酔っぱらっていて、アミグリさんからのせっかくのお誘いを
パスしていたのかもしれないですね・・
この5人の中には紅魔館メンバーは入っていないけど、「アミグリワールド」という夢の共演みたいなすてきな一枚
だと思います!
そしてとっても華やかでまるでお祭りみたいな作品のようにも感じられます。

霊夢とこいしちゃんが並んでいるのも珍しいと思いますし、この組合せは公式でももっともっと実現して欲しいです。
こいしちゃんの満面の笑顔とちょっと戸惑ったような片目の霊夢もとってもかわいいですね~♪
妖夢のちょっときょとんとしたお顔に、チルノがなぜか自信満々風にどこか勝ち誇っているような雰囲気があるのも
楽しいですし(「あたいったら最強ねっ!」とか何とか言っていそうなチルノがすてきです!)
この5人の中では最も笑顔に溢れているのがルーミアという普段何を考えているのかよくわからないふわっとした妖怪さん
というのも面白いと思います。

こうした複数キャラの絵というのは、見ている人それぞれの脳内妄想で一枚の絵から色々な物語が生まれていきそう
というのもすてきですし、なんだか私もこの一枚の東方集合絵から様々な妄想やお話が溢れ出してくる予感も
ありそうです~♪


konpaku-youmu-2016-01_convert_20160204152856.png


上記の東方集合絵は、霊夢・こいしちゃん・妖夢・チルノ・ルーミアですけど、この中で現在最も勢いがありそうなのは
2020年の東方人気投票の人妖部門で初の一位を獲得した妖夢なのかもしれないです。
上記で「東方儚月抄」の紅魔館パーティーについて触れさせて頂きましたけど、この東方儚月抄における妖夢は
本当に頼りない役立たず従者と言う感じが濃厚で、結局最後の最後までゆゆ様の真意を理解する事も出来ませんでしたし、
「何が分からないのかもわかっていない」と感じの雰囲気が満載でしたけど、
そうした頼りない時代を経て今現在の妖夢があるのかもしれないです。

上記の作品はアミグリさんが2016年2月に描かれた妖夢です。

この妖夢は素晴らしいですね~♪ 見るからに二刀流の剣士と言う凛々しい雰囲気が漲っていると思います。

アミグリさんの描かれた妖夢は、公式作品でのちょっと頼りない妖夢という感じでもないし、
「東方萃想夢」で私達をびっくり仰天させたあの問答無用といわんばかりの辻斬り妖夢のような雰囲気でも無いし、
ここにいるのは。
「ゆゆ様は私がこの命に代えても御守りさせて頂く!」という妖夢としての決意を示唆しているような毅然とした
凛々しい剣士妖夢なのだと思います!

妖夢のような少し幼い雰囲気の漂う少女が刀を手にしていると「ちょっと物騒なのかも・・」という印象もあるのかと
思うのですけど、アミグリさんが剣を手にした妖夢を描かれると「美少女剣士としての強さを感じさせる妖夢」が
そこにいるのだと思いますし、アミグリさんのすてきな妖夢愛が伝わってきていると思います。

上記のアミグリさんが描かれた東方集合絵と妖夢の権利は上記作品の絵師様であるアミグリさんに
帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、いつもすてきな絵の転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなに凛々しい妖夢を描く人のブログってどんなもんなのだろう・・? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログdream fantasy2  を ご覧になって頂きたいと思いますし、宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy2  に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私も
とってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

それにしても全キャラ登場の全員集合絵というものは絵師様・作画の皆様にとっては描き甲斐はあるのかもしれないですが、
大変なご苦労が伴いそうですね・・

 | BLOG TOP |  NEXT»»